チケットファン

ミュージカル『マリー・アントワネット』

『天(そら)は赤い河のほとり』/『シトラスの風-Sunrise-』3/24(土)正午より発売開始!

ミュージカル『モーツァルト!』

歌舞伎 落語

カテゴリー

最新記事

BUTAKOME編集部

【バンキシャは見た!加藤和樹レポ☆真夏のSP編】デビュー10周年からの再スタート!▽『Kazuki Kato 10 th Anniversary Special Live』▽舞台『真田十勇士』会見▽ミュージカル『フランケンシュタイン』会見

2016/08/26


 

バンキシャ0826

 
 今年晴れてCDデビュー10周年を迎えた加藤和樹さん。この4月に開催した10周年LIVE“GIG”2016を皮切りに、舞台やライブで華やかに10年目のリスタート・ダッシュを見せています。BUTAKOME番記者Nはそんなカズキの爆走を、息も絶え絶え必死に追いかけながら、その動向を熱く見つめてまいりました。今回は7月末のライブを中心としたこの夏の加藤さん関連イベントから、番記者Nが目撃したカズキのツボをご紹介していきたいと思います!

 
 まずは7月23日と24日の二日間、恵比寿LIQUIDROOMで行われた『Kazuki Kato 10 th Anniversary Special Live “GIG” 〜Laugh & Peace〜』です。タイトル長い……ゼイゼイ。…ってタイトルの長さで驚いてる場合じゃないです! 名古屋、梅田と続いて恵比寿が最終GIGとなるこのライブは、加藤さんご本人名義による楽曲80曲強を二日間で演奏するというとてつもない熱い夜! 番記者Nが拝見した初日に披露された楽曲は、41曲くらいだったでしょうか。会場のあまりの熱気に途中から数がわからなくなりましたスイマセン。もうスタートから加藤さんのハイテンション&観客席の応援パッション、その息の合った掛け合いに感動しきり。ファンの皆さんのリストバンドをつけた拳が力強く突き上がる光景は壮観! 気心の知れたバンドメンバーの皆さんと、オールスタンディングの客席を埋め尽くすファンの皆さん。ああ〜加藤さんは10年の月日をかけて、この幸せな空気を築き上げてきたんだなあ…ということがひしひしと伝わってくる素敵な時間を味わわせていただきました。

バンキシャ0826-2

 
 ライブのラスト、もう汗ダクでシャツが背中に張り付いちゃってる状態の加藤さんが「明日も来る人〜」と客席に声をかけると、ほとんどの人が「ハーイ!」と手を上げたことにもびっくりぽん。す……すごい。だって3時間越えのライブ、加藤さんもファンの皆さんも運動量はハンパじゃないです! 後日、取材でお会いした際にライブ後の体の状態をうかがったら、「全然大丈夫です。とくに何もしてないです。やめてた二郎(ラーメンですね)をちょっと食べて、お風呂入って寝たくらい。」という答え。超人か!? 
「俺もう、ライブ終わったら速攻で二郎食べようって決めてたんですよ! ニンニク入れて〜♪」と語る加藤さんの嬉しそうな思い出し笑いがツボでした。
「次は15周年で全曲ライブやりましょう、なんてお客さんの声もあったりして(笑)。できたらやりたいと思いますけど、ま、ちょっと考えます。体は大丈夫でも、頭のほうがついていかないかも〜」と苦笑いしていた加藤さん。いやいや、まったく問題ないでしょう! 15周年ライブ、期待しております!

 
 そしてBUTAKOMEでもレポートしました舞台『真田十勇士』制作発表では、加藤さんは真っ赤なシャツで登壇。

バンキシャ0826-3

撮影/吉原朱美

 

バンキシャ0826-4

 
 再演の今回は主演の中村勘九郎さんのお隣で、終始背筋を正し、凛々しい微笑みをふりまいておりました。ふと、以前に「仕事に入ったら一日一食で、その日の仕事が終わってからやっと食べる」と言っていったことを思い出した番記者Nは、制作発表後のインタビューで「もしや今日も?」とうかがったところ、「そうです」とクールなお答え。「クラクラしません?」としつこくたずねても、「大丈夫です」と不敵なカズキスマイル…。
「舞台をやっていない時は、朝にちょっと食べたりしますけどね。でも『真田十勇士』の稽古に入ったらもう一日一食ですね。そのほうが集中力が続くんですよ。あとは単純に食べることが好きだから、夜ゴハンがますます楽しみになるっていう♪ んもお〜! 夜が来たら好きなものを食べますよ!」
 今はお稽古の真っ最中。加藤さん、夜ゴハンのお楽しみを原動力に頑張っているのでしょうね〜。

 
 さらに! 8月中旬にはミュージカル『フランケンシュタイン』の制作発表も行われました。

バンキシャ082605

撮影/吉原朱美

 
フランケンシュタイン博士(中川晃教さん、柿澤勇人さんのWキャスト)の友人“アンリ”と、博士が生み出す“怪物”、その二役を演じる加藤さんは、アンリの衣装をまとって颯爽と登場! ……のはずが、中川さんにオーディエンスへのお手フリをうながされ、恥ずかしそうに手をふるカズキ…。質疑応答では、答えようとしてマイクを口にぶつける天然ぶりも披露。隣で大ウケしている中川さんに、「こういうとこ、あるのー」と言い訳していたのはオイシすぎるツボでありました。

 プレスのほか、5000通の応募の中から選ばれた200名のオーディエンスの方々も招待したゴージャスな『フランケンシュタイン』制作発表の模様については、後日しっかりレポートさせていただく予定です。そちらもぜひお楽しみに! 

バンキシャ082606

 

バンキシャ0826-07

 
「バンキシャは見た!」シリーズも、またいつの日か! 
ユル〜く楽しみにしていただけたら幸いです♪

 

取材・文/ BUTAKOME編集部・N

 

加藤和樹(Kato Kazuki)★プロフィール

1984年10月7日生まれ。愛知県出身。現在、LIVEや舞台・ミュージカルなどに参加幅広いファン層に支持され、歌手・俳優としても各界で注目を浴びている。

2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴び、2006年4月Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。
日本や韓国・台湾・中国でのCDリリースの他、自身のアルバムなどのTOURである「LIVE“GIG”TOUR」とラジオ公開放送のように投稿メールとリクエストを中心に構成されている「“KK−STATION”TOUR」や、日本武道館や日比谷野外音楽堂、アジア圏でも単独ライブを開催するなど精力的に活動。

同時に俳優としても活動しており、ドラマ「仮面ライダーカブト」「ホタルノヒカリ」「インディゴの夜」「赤い糸の女」「乾杯戦士アフターV」などに出演するほか、アニメ「家庭教師ヒットマンREBORN」桔梗役や時代劇アニメ「義風堂々」石田三成役、ゲーム「戦場の円舞曲」「イケメン戦国」「B-Project」などで声優としても活躍。

近年はミュージカル『ロミオ&ジュリエット』『レディ・ベス』や『タイタニック』など大型ミュージカルにも出演。2016年4月・5月『1789 バスティーユの恋人たち』で帝劇初主演、9月~10月『真田十勇士』霧隠才蔵役に挑む。
2017年1月ミュージカル『フランケンシュタイン』に出演決定、秋にはミュージカル『レディ・ベス』再演に出演予定。

※加藤和樹オフォシャルサイトオフィシャルブログ

 

■□■BUTAKOME☆Information ■□■

【舞台】

『真田十勇士』
2016年9月11日(日)~10月3日(月)新国立劇場中劇場
2016年10月9日(土)~10日(月・祝)KAAT神奈川芸術劇場
2016年10月14日(金)~23日(日)兵庫県立芸術文化センターKOBELCO大ホール
舞台版 sanada

 

『フランケンシュタイン』
2017年1月8日(日)~29日(日)日生劇場 
2017年2月2日(木)~5日(日)梅田芸術劇場メインホール
2017年2月10日(金)~12日(日)キャナルシティ福岡
2017年2月17日(金)~18日(土)愛知県芸術劇場大ホール
フランケンシュタイン

 
『レディ・ベス』
2017年10・11月 帝国劇場
レディベス2017

 

【映画】

『真田十勇士』
9月22日(木・祝)全国拡大ロードショー
加藤和樹 真田映画

 

【LIVE TOUR】

加藤和樹04294

 
■KAZUKI KATO 10th Anniversary Special Live “GIG” ~Laugh & Peace~
KK-station2016 TOUR (リクエストメール&カバー曲でお届けするアコースティックライブ)
・2016年10月30日(日) 新宿 FACE
・2016年11月3日(木・祝) 仙台 Rensa
・2016年11月5日(土)梅田 AKASO
・2016年11月6日(日)名古屋 ダイアモンドホール
・2016年11月12日(土)福岡 DRUM LOGOS
・2016年11月13日(日)広島 CLUB QUATTRO
・2016年11月19日(土)新宿 FACE

■KAZUKI KATO 10th Anniversary Special Live “GIG” ~Laugh & Peace~THE FINAL
・2017年3月4日(土)新宿 ブレイズ
・2017年3月5日(日)新宿 ブレイズ

 

【加藤和樹☆Infomation】

natsukoi_main

ニューシングル「夏恋/秋恋」

2016年9月28日 ON SALE

加藤和樹デビュー10周年第2弾シングル「夏恋/秋恋」9月に発売
&先行配信される「夏恋」は大人気恋愛ゲームとのタイアップも決定!

 
今年、歌手デビュー10周年を迎えた加藤和樹がニューシングル「夏恋/秋恋」を9月28日(水)にリリースする事が決定、7月20日より先行配信される「夏恋」は夏らしいビジュアルも公開された。
同曲は2曲とも4月にリリースされた「春恋」の続編となるもので、前作同様、幅広い女性に支持されているシンガーソングライター・CHIHIROによる描き下ろし。

 

 
●「夏恋」ミュージックビデオver. 品番:TECI-520 価格¥1800+税
●「秋恋」ミュージックビデオver.品番:TECI-521 価格¥1800+税
●「夏恋/秋恋」通常盤品番:TECI-522 価格¥1000+税

 
※アルバムの詳細はhttp://www.teichiku.co.jp/artist/kato-kazuki/
「イケメン夏祭り」オフィシャルサイト

 

 
BUTAKOME関連記事
【バンキシャは見た!加藤和樹レポート】
Vol.1 ファンクラブイベントに潜入!独占レポ♪ 
Vol.2 祝!帝劇初主演、東宝ミュージカル『1789』開幕
Vol.3 10周年記念ワンマンライブに潜入!

 

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

0524Matsuya

尾上松也

『百傾繚乱』&『メタルマクベス』

チケット購入

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2018/04/05

鈴村健一×中井美穂 スぺシャル対談☆人気演目「AD-LIVE」は90..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2018/05/12

【早霧せいなのビタミン“S”】其のニ .「カラーメガネ」

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2018/05/24NEW

尾上松也Specialインタビュー☆この夏、小淵沢で新プロジェクト『..

open

close

Profile

1985年1月30日生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。
5歳で『伽羅先代萩』の鶴千代役にて、二代目尾上松也の名で初舞台。様々な分野で活躍し、歌舞伎公演以外にも活動の幅を広げている。09年より歌舞伎自主公演『挑む』を主催。歌舞伎公演以外の主な出演作に舞台:『ロミオ&ジュリエット』、『スリル・ミー』、『アンタッチャブル』、『男の花道』、『騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談』、TVドラマ「天地人」、「永遠の0」、映画「源氏物語」ほか。今年は6月からはミュージカル『エリザベート』にルイジ・ルキーニ役としての出演。8月8日には7回目の歌舞伎自主公演『挑む ~更なる幕へ勇みし気迫(こころ)~』を神奈川芸術劇場にて開催する。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト
【Official blog】松也日記(アメブロ公式)  
【自主公演サイト】挑むオフィシャルホームページ  

2018/05/18

📹【加藤和樹のエンタメCafe No.17】〈三軒茶..

open

close

Profile

1984年10月7日生まれ。愛知県出身。現在、LIVEや舞台・ミュージカルなどに参加幅広いファン層に支持され、歌手・俳優としても各界で注目を浴びている。

2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴び、2006年4月Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。
日本や韓国・台湾・中国でのCDリリースの他、自身のアルバムなどのTOURである「LIVE“GIG”TOUR」とラジオ公開放送のように投稿メールとリクエストを中心に構成されている「“KK−STATION”TOUR」や、日本武道館や日比谷野外音楽堂、アジア圏でも単独ライブを開催するなど精力的に活動。

同時に俳優としても活動しており、ドラマ「仮面ライダーカブト」「ホタルノヒカリ」「インディゴの夜」「赤い糸の女」「乾杯戦士アフターV」などに出演するほか、アニメ「家庭教師ヒットマンREBORN」桔梗役や時代劇アニメ「義風堂々」石田三成役、ゲーム「戦場の円舞曲」「イケメン戦国」「B-Project」などで声優としても活躍。

近年はミュージカル『ロミオ&ジュリエット』『レディ・ベス』や『タイタニック』など大型ミュージカルにも出演。2016年4月・5月『1789 バスティーユの恋人たち』で帝劇初主演、9月~10月『真田十勇士』霧隠才蔵役に挑む。2017年1月ミュージカル『フランケンシュタイン』に出演決定。

【Official HP】 公式サイト
【Official blog】 公式ブログ

2018/05/08

【柳亭こみちのちょいと一回のつもりで聴いて】Vol.1「噺家的 困難..

open

close

Profile

東村山市出身。2003年、七代目柳亭燕路に入門。前座名「こみち」。2006年、「こみち」のまま二ツ目昇進。2017年、「こみち」のまま真打昇進。歌って踊れて落語のできる女、老若男女から友達になりたいと思われるような噺家を目指している。亭主は漫才師「宮田陽・昇」の宮田昇。漫才師と落語家の夫婦は史上初。二児の母として真打に昇進したのも、落語史上初。「落語坐こみち堂」「なかの坐こみち堂」をはじめ、日々多数の落語会に出演し、ナレーション、講演活動、執筆活動、学校寄席への出演も多々。こみちが大きな出世街道となるよう、鋭意奮闘中
【Official HP】 こみちの路

2018/02/23

【木ノ下裕一の歌舞伎の“ツボ”】 Vol.8『勧進帳』

open

close

Profile

木ノ下歌舞伎 主宰
1985年7月4日、和歌山生まれ。小学校3年生の時、上方落語を聞き衝撃を受けると同時に独学で落語を始め、その後、古典芸能への関心を広げつつ現代の舞台芸術を学ぶ。2006年に古典演目上演の演出や補綴・監修を自らが行う木ノ下歌舞伎を旗揚げ。
『黒塚』(’13)、『東海道四谷怪談—通し上演—』(’13)、『三人吉三』(’14)、『心中天の網島』(’15)、『義経千本桜ー渡海屋・大物浦ー』』(’16)
2015年に再演した『三人吉三』にて読売演劇大賞2015年上半期作品賞にノミネートされる。
その他古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。2015年3月に博士号(芸術博士)取得。

【Official HP】木ノ下歌舞伎 公式サイト
【Official Twitter】木ノ下裕一 Twitter

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん