チケットファン

ビリー・エリオット

宝塚歌劇月組公演『All for One』~ダルタニアンと太陽王~

謎の変奏曲

歌舞伎 落語

カテゴリー

最新記事

BUTAKOME編集部

BUTAKOME動画チャンネル

大ヒット上映中!!ディズニー映画『モアナと伝説の海』4DX/MX4Dの上映決定!!▽吹替版のモアナ役・屋比久知奈さん&マウイ役・尾上松也さん直筆サイン入りプレゼント♪

2017/03/31


 
sub2

(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

 
すべての女性のための応援歌
ディズニー映画『モアナと伝説の海』大ヒット上映中!!
4/8(土)~4/20(木)4DX/MX4Dの上映が緊急決定


『モアナと伝説の海』が大ヒットしている理由のひとつは、ディズニーの最新技術で誕生したダイナミックでリアルで美しい海。
この世界観がたまらなく好き!という声が続出している中、嬉しいNEWSが発表されました。

風や波しぶきを感じながらモアナと一緒に大海原へ冒険しているかのような気分を味わうことが出来る<4DX/MX4D>の上映が期間限定で決定!!
上映期間は4/8(土)~4/20(木)、上映館など詳細はディズニー公式HP

 

『モアナと伝説の海』プレミアイベントの模様とお二人にBUTAKOME編集部が直撃!

屋比久知奈さん&尾上松也さん直筆サイン入り
『モアナと伝説の海』オリジナルノート プレゼント!

抽選で2名様に♪

BUTAKOME LINE@(ホーム🏠)から応募してください♪

💡ブタコメLNE「友だち追加」は↓をClickしてください💡

友だち追加数

 

■演劇ライター・大原薫の『モアナと伝説の海』コラム
 

モアナと伝説の海

(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

 
演劇ライター・大原薫さんは、ブロードウェイ・ミュージカル通、そしてリン=マニュエル・ミランダ氏の『ハミルトン』をなんと4回も観劇したという強運の持ち主。
大原さんならではの視点でこの作品の魅力を奥深くひも解いてくれました。必見です!!

 

モアナと伝説の海2-0123

(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

松也さんは初めてのディズニー声優とは思えないほど、堂々とした声を披露

「僕の幼少期はディズニーなしでは語れない」という松也さん。ディズニー・アニメーションの声優を担当できたら最高だと思っていた松也さんが、ついに夢が叶って日本版声優として登場した。

今回松也さんが声の出演をするのは、変身の達人であり伝説の英雄、マウイ。
豊かな自然に囲まれた自然の楽園で、海に選ばれた少女モアナが、命の女神テ・フィティの盗まれた<心>を取り戻し、世界を闇から救うために大海原に飛び出す。実はテ・フィティの<心>を盗んだのはマウイ。変身の力を失ってしまったマウイは、再び英雄になるためにモアナと共に冒険の旅に出る。

松也さんは初めてのディズニー声優とは思えないほど、堂々とした声を披露した。一番の聞かせどころは「俺様のおかげさどういたしまして」と自信過剰(!?)に歌うマウイのナンバー「俺のおかげさ/You’re Welcome」。音楽のリン=マニュエル・ミランダらしいラップ調でノリがいい歌をコミカル、かつ表現力豊かに聞かせた。

松也さんの声で魅力的なのは、歌と台詞の部分にまったく違和感がないこと。「台詞を言うときは歌うように、歌を歌うときは台詞のように語れ」という言葉があるけれど、まさにそのとおり。台詞のままで歌えているから、その歌声から実に自然に物語に入り込むことができるのだ。
松也さんが声を演じるとキャラクターがひときわ明確になる。マウイの怖いもの知らずの振る舞いの中にあるナイーブな部分ものぞかせながら彼の心の変化をしっかりと見せて、ドラマを息づかせた。

 

自分の手で運命を切り開こうとするモアナを応援するうちに、
次第に心には勇気が満ちてくる

moana4

(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

主役のモアナの声の出演をするのは、新人の屋比久知奈さん。ディズニーヒロイン史上最大級のオーディションで選ばれて、本作で初めて声優を務めた。実は屋比久さんは、全国拡大版ミュージカル・ワークショップ「集まれ!ミュージカルのど自慢」に出演し『ミス・サイゴン』の「命をあげよう」を歌って、応募総数2000余組の中から帝国劇場グランドファイナル最優秀賞を受賞した実力の持ち主だ。沖縄県出身の屋比久さんが大海原を冒険の旅に出るモアナを演じるのはまさにぴったりだと言えよう。

屋比久さんは『モアナと伝説の海』の代表的なナンバーである「どこまでも~How Far I’ll Go~」を透明感のある歌声で歌い上げる。自分の夢に向かって旅立とうと力強いメッセージが伝わってきた。

『モアナと伝説の海』の見どころはダイナミックな「海」の表現。実写と間違えるほどのリアルな海が、豊かな生命と意志を持っているかのような動きを見せて、その映像美に心躍らされた。海を愛し、海に選ばれた少女モアナ。ディズニーの女性主人公でポリネシアの少女が選ばれたのは初めてとのことだ。モアナは初めは小さな心のうずきに過ぎなかった海への憧れを実行に移す。「私はプリンセスじゃない」という台詞があるが、王子様が迎えに来るのを待つのでなく、自分の手で運命を切り開こうとするモアナを応援するうちに、次第に心には勇気が満ちてくるのだ。

 

<次のページ>
『ハミルトン』のリン=マニュエル・ミランダが新たな扉を開く

 

■□■BUTAKOME☆Information ■□■

『モアナと伝説の海』

大ヒット上映中!!全国ロードショーモアナと伝説の海ポスター

▼【STORY】
海に選ばれた少女モアナ──
海が大好きな彼女は、島の外に出ることを禁じられながらも、幼い頃に海と“ある出会い”をしたことで、愛する人々を救うべく運命づけられる。それは、命の女神テ・フィティの盗まれた“心”を取り戻し、世界を闇から守ること。
神秘の大海原へ飛び出した彼女は、伝説の英雄マウイと出会い、世界を救う冒険に挑む。立ちはだかる困難に悩み傷つきながらも、自分の進むべき道を見つけていくモアナだったが…。
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン


※詳細は公式HP

 

1 2

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

加藤和樹3

加藤和樹

『レディ・ベス』は男性が見てもぐっとくる作品なんです

チケット購入

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2017/08/04

ビリー・ハーリガン・タイ×中井美穂 スぺシャル対談☆ブロードウェイミ..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2017/03/31

大ヒット上映中!!ディズニー映画『モアナと伝説の海』4DX/MX4D..

open

close

Profile

1985年1月30日生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。
5歳で『伽羅先代萩』の鶴千代役にて、二代目尾上松也の名で初舞台。様々な分野で活躍し、歌舞伎公演以外にも活動の幅を広げている。09年より歌舞伎自主公演『挑む』を主催。歌舞伎公演以外の主な出演作に舞台:『ロミオ&ジュリエット』、『スリル・ミー』、『アンタッチャブル』、『男の花道』、『騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談』、TVドラマ「天地人」、「永遠の0」、映画「源氏物語」ほか。今年は6月からはミュージカル『エリザベート』にルイジ・ルキーニ役としての出演。8月8日には7回目の歌舞伎自主公演『挑む ~更なる幕へ勇みし気迫(こころ)~』を神奈川芸術劇場にて開催する。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト
【Official blog】松也日記(アメブロ公式)  
【自主公演サイト】挑むオフィシャルホームページ  

2017/03/22

📹【加藤和樹のエンタメCafe No.8】〈池袋エリ..

open

close

Profile

1984年10月7日生まれ。愛知県出身。現在、LIVEや舞台・ミュージカルなどに参加幅広いファン層に支持され、歌手・俳優としても各界で注目を浴びている。

2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴び、2006年4月Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。
日本や韓国・台湾・中国でのCDリリースの他、自身のアルバムなどのTOURである「LIVE“GIG”TOUR」とラジオ公開放送のように投稿メールとリクエストを中心に構成されている「“KK−STATION”TOUR」や、日本武道館や日比谷野外音楽堂、アジア圏でも単独ライブを開催するなど精力的に活動。

同時に俳優としても活動しており、ドラマ「仮面ライダーカブト」「ホタルノヒカリ」「インディゴの夜」「赤い糸の女」「乾杯戦士アフターV」などに出演するほか、アニメ「家庭教師ヒットマンREBORN」桔梗役や時代劇アニメ「義風堂々」石田三成役、ゲーム「戦場の円舞曲」「イケメン戦国」「B-Project」などで声優としても活躍。

近年はミュージカル『ロミオ&ジュリエット』『レディ・ベス』や『タイタニック』など大型ミュージカルにも出演。2016年4月・5月『1789 バスティーユの恋人たち』で帝劇初主演、9月~10月『真田十勇士』霧隠才蔵役に挑む。2017年1月ミュージカル『フランケンシュタイン』に出演決定。

【Official HP】 公式サイト
【Official blog】 公式ブログ

2016/11/29

【木ノ下裕一の歌舞伎の“ツボ”】 Vol.7 一味違った楽しさとパワ..

open

close

Profile

木ノ下歌舞伎 主宰
1985年7月4日、和歌山生まれ。小学校3年生の時、上方落語を聞き衝撃を受けると同時に独学で落語を始め、その後、古典芸能への関心を広げつつ現代の舞台芸術を学ぶ。2006年に古典演目上演の演出や補綴・監修を自らが行う木ノ下歌舞伎を旗揚げ。
『黒塚』(’13)、『東海道四谷怪談—通し上演—』(’13)、『三人吉三』(’14)、『心中天の網島』(’15)、『義経千本桜ー渡海屋・大物浦ー』』(’16)
2015年に再演した『三人吉三』にて読売演劇大賞2015年上半期作品賞にノミネートされる。
その他古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。2015年3月に博士号(芸術博士)取得。

【Official HP】木ノ下歌舞伎 公式サイト
【Official Twitter】木ノ下裕一 Twitter

クラシック音楽界のきら星たちに注目

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING COLLECTION
  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん
  • シュフモ
  • Lei wedding net