チケットファン

歌舞伎 落語

謎の変奏曲

宝塚雪組貸切公演

ビリー・エリオット

カテゴリー

最新記事

彩乃かなみのふわっとレポ

『宝塚BOYS』~彩乃かなみコラム本編~

2013/08/06


BOYS フィナーレ
写真提供/東宝演劇部

 
こんにちは

彩乃かなみです!

 

今回の観劇コラムは…、

その題名を耳にしたら絶対に一度は観ておかねばならないでしょう!…と、長らく気になりつつも、今まで拝見したことがなかった『宝塚BOYS』

こちらを拝見させて戴きました。

 

宝塚歌劇団は来年100周年を迎えます。

古くは温泉街の小さな劇場から始まり、現在の宝塚本拠地・宝塚大劇場及び日比谷の東京宝塚劇場に至るまで、その長きに渡り【女性が男性を演じる】という独自の演劇スタイルを保ち続けてきました。

演者が女性だけで構成されるこの劇団に、かつて『男子部』があった。

というお話は、皆さんご存知でしょうか…?

 

BOYS 舞台1

 

かくいう私も

「そんなことがあったらしい。」程度に知ったのは、宝塚音楽学校入学後のことです。

 

100年近くの歴史の中では、たった数年…数ページの出来事…かもしれません

でも確かにあった、確かにいらした。

1945年終戦直後、様々な変貌を遂げていく日本の中で、私達と同じように宝塚の舞台に立つことを夢見てレッスンを重ね、ひたすら待ち続けた方々…

BOYS 舞台3

そんな皆さんのお話。

 

私自身、宝塚にとてもお世話になったので、共感できる部分も多々あるかと今回は涙涙になるのを覚悟でティッシュ片手に万全の態勢で観劇に臨んだのですが(笑)
なぜか、予想に反して作品の中に没頭していくよりも、もっと大きな流れの中にある、運命的なもの、時代を経て共有していく出来事の必然性や不思議な魅力を感じていたのです。

 

 

ちょっと脱線して…個人的なお話で恐縮ですが、

私はつい先日まで【ひめゆり】という太平洋戦争末期の沖縄の、ひめゆり学徒隊を元にした作品に出演しておりました。

作品自体は実際に起こった事実として観る方には辛くなる場面もあったかと。

でも…私自身は、私の身体や魂を通して当時の出来事をお伝えするお役目、責任、機会を与えて頂いた運命を感じ、

開演前、『皆様の思いが伝わりますよう…見守っていてください。』と、ひめゆり学徒隊の方々に黙祷を捧げ、毎公演のぞんでいました。

 

忘れてはならない事実を、今を生きる私たちが受け継ぎ、渡し伝えていく使命

そのことを深く考えていたのに、

…なのに、なぜか不思議とそれ以上に、

 

『ありがとう』

 

と、学徒隊に言われているようなむしろこちらが受け取る思いが溢れている感覚でした。

劇場全体が包まれる温かな空気

「わたし達が生きた証を伝えてくれてありがとう」

「あなた方が今、生きているという事の素晴らしさを感じてくれたら、それで充分なのです。」というような・・・

 

霊感とかそんなのはありません(笑)

そんな話ではなくてですね

 

 

なぜこのお話を出したかといいますと

 

 

『宝塚BOYS』

この作品にも優しく温かな、それでいて色んなことを感じさせられる空気があり、空間だったのです。。。

 

BOYS 舞台4

どこか

「こういう事実があったんですよ」

という内容を超えた、何か。。。

 

勿論、何かを見て聴いて、感じる…というのは舞台以外にも音楽・映画、様々あります。

でも、そういった空気感や感じ取るエネルギーのようなものは、やはり生で同じ時間同じ場所を共有できるからこそと…

 

元・宝塚男子部の方々には、ご存命の方も、すでにお亡くなりになられた方もいらっしゃいます。

観劇後、偶然演出の鈴木裕美さんにお会いできたので、知りたかった宝塚男子部解散後の皆さんのお話を伺ったところ、その後、演劇人になられた方、バレエ団を設立された方、まったく違う道に進まれた方、様々いらしたと聞くことができました。

 

なんだか少しほっとした気持ちになったと同時に、いつか伺った大先輩の俳優さんのお話を思い出しました

 

 

『駆け引きも何もいらない。望むものに誠実にまっすぐに向き合い、ただ想いを注ぎなさい。

例えそれがうまくいかなかった結果に終わっても、神様はもっと素晴らしい世界を見られるチャンスをくださるから。』

 

 

作品を見てこうして何かをふと思い出したり

全く繋がりのなかった話に不思議な共通点を見いだせた時に

喜びと感動を感じられる…

小さな幸せをたくさん観劇後にいただきました

 

 

今回は、この辺で…

 

BOYS 初風さんと彩乃さん
宝塚歌劇の大先輩、初代マリー・アントワネットの初風諄さんとパチリ。初風さんの♪ハルスミレ~サキ~♪の歌声にさらに胸がアツくなりました。

 

 

□■BUTAKOME Information■□
『宝塚BOYS』
公演日程:
東京公演  2013年7月23日(火)~8月11日(日) シアタークリエ
名古屋公演 2013年8月13日(火) 愛知県芸術劇場 大ホール
兵庫公演  2013年8月24日(土)・25日(日) 兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
横浜公演  2013年9月3日(火)~5日(木) 県立青少年センター
新潟公演  2013年9月11日(水) 新潟 りゅーとぴあ・劇場
千葉公演  2013年9月15日(日) 四街道市文化センター
      2013年9月17日(火)~20日(金) 千葉市民会館

出  演:吉沢悠、良知真次、中河内雅貴、入野自由、上山竜司、小林大介、板倉チヒロ、初風諄、山路和弘

※公演の詳細は『宝塚BOYS』公式HP

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

海宝直人

海宝直人

海宝直人さん~壁はぶつかれば壊れるものだと思って、自分はチャレンジしていくしか...

チケット購入

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2017/04/27NEW

【中井美穂の幕内対談】 Vol.2 堀尾幸男さん~シンデレラ城から髑..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)、「松任谷正隆のディア・パートナー」(FM東京)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2017/03/31

大ヒット上映中!!ディズニー映画『モアナと伝説の海』4DX/MX4D..

open

close

Profile

1985年1月30日生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。
5歳で『伽羅先代萩』の鶴千代役にて、二代目尾上松也の名で初舞台。様々な分野で活躍し、歌舞伎公演以外にも活動の幅を広げている。09年より歌舞伎自主公演『挑む』を主催。歌舞伎公演以外の主な出演作に舞台:『ロミオ&ジュリエット』、『スリル・ミー』、『アンタッチャブル』、『男の花道』、『騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談』、TVドラマ「天地人」、「永遠の0」、映画「源氏物語」ほか。今年は6月からはミュージカル『エリザベート』にルイジ・ルキーニ役としての出演。8月8日には7回目の歌舞伎自主公演『挑む ~更なる幕へ勇みし気迫(こころ)~』を神奈川芸術劇場にて開催する。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト
【Official blog】松也日記(アメブロ公式)  
【自主公演サイト】挑むオフィシャルホームページ  

2017/03/22

📹【加藤和樹のエンタメCafe No.8】〈池袋エリ..

open

close

Profile

1984年10月7日生まれ。愛知県出身。現在、LIVEや舞台・ミュージカルなどに参加幅広いファン層に支持され、歌手・俳優としても各界で注目を浴びている。

2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴び、2006年4月Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。
日本や韓国・台湾・中国でのCDリリースの他、自身のアルバムなどのTOURである「LIVE“GIG”TOUR」とラジオ公開放送のように投稿メールとリクエストを中心に構成されている「“KK−STATION”TOUR」や、日本武道館や日比谷野外音楽堂、アジア圏でも単独ライブを開催するなど精力的に活動。

同時に俳優としても活動しており、ドラマ「仮面ライダーカブト」「ホタルノヒカリ」「インディゴの夜」「赤い糸の女」「乾杯戦士アフターV」などに出演するほか、アニメ「家庭教師ヒットマンREBORN」桔梗役や時代劇アニメ「義風堂々」石田三成役、ゲーム「戦場の円舞曲」「イケメン戦国」「B-Project」などで声優としても活躍。

近年はミュージカル『ロミオ&ジュリエット』『レディ・ベス』や『タイタニック』など大型ミュージカルにも出演。2016年4月・5月『1789 バスティーユの恋人たち』で帝劇初主演、9月~10月『真田十勇士』霧隠才蔵役に挑む。2017年1月ミュージカル『フランケンシュタイン』に出演決定。

【Official HP】 公式サイト
【Official blog】 公式ブログ

2016/11/29

【木ノ下裕一の歌舞伎の“ツボ”】 Vol.7 一味違った楽しさとパワ..

open

close

Profile

木ノ下歌舞伎 主宰
1985年7月4日、和歌山生まれ。小学校3年生の時、上方落語を聞き衝撃を受けると同時に独学で落語を始め、その後、古典芸能への関心を広げつつ現代の舞台芸術を学ぶ。2006年に古典演目上演の演出や補綴・監修を自らが行う木ノ下歌舞伎を旗揚げ。
『黒塚』(’13)、『東海道四谷怪談—通し上演—』(’13)、『三人吉三』(’14)、『心中天の網島』(’15)、『義経千本桜ー渡海屋・大物浦ー』』(’16)
2015年に再演した『三人吉三』にて読売演劇大賞2015年上半期作品賞にノミネートされる。
その他古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。2015年3月に博士号(芸術博士)取得。

【Official HP】木ノ下歌舞伎 公式サイト
【Official Twitter】木ノ下裕一 Twitter

クラシック音楽界のきら星たちに注目

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING COLLECTION
  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん
  • シュフモ
  • Lei wedding net