チケットファン

ビリー・エリオット

宝塚歌劇月組公演『All for One』~ダルタニアンと太陽王~

謎の変奏曲

歌舞伎 落語

カテゴリー

最新記事

平方元基のゲンキ★カンゲキ!!

平方元基Specialインタビュー☆2013年を振り返って、交響劇『船に乗れ!』に挑戦!

2013/12/01


 
『船に乗れ!』のチケットはコチラ

 

平方元基インタビュー1
Photo by Akemi Yoshihara

 
 BUTAKOMEコラムニストとしてお馴染みの平方元基さんが、“交響劇”という新スタイルのミュージカル『船に乗れ!』に出演します! 「クラシック音楽と青春哲学ドラマの融合」という何とも気になる舞台で、今度はどんな姿を見せてくれるのでしょうか。振り返れば、2011年の『ロミオ&ジュリエット』初演で本格ミュージカルにデビューしてから早2年。その間、次から次へと話題作へ挑戦し続け、実力&評価を高めてグングン注目度を上げていった平方さん。この2013年を締め括る舞台を前に、あらためて舞台について、俳優である自分自身について語っていただきました。

 

「次はどこを目指す? 前だけを見ていた2年間」

——今年は『シラノ』『マイ・フェア・レディ』『ロミオ&ジュリエット』と大舞台が続き、また新たな作品に今、向き合っているところですね。とても濃い一年だと感じているのでは?

 本当に、毎日がこんなに早く過ぎていくのか!?って思うくらいです。昔は、こんな風に仕事で忙しく過ごすことを願っていたんだけど、実際にそうなってみると、時間の流れにしっかり対応していくのは大変なことだな…と。一つ一つの仕事にちゃんと全力で向かえているのか、ちょっとおざなりになっているんじゃないか…なんて心配が出てきたり、その時々でいろんな悩みも出てきます。でも、それも含めて楽しめている自分を感じますね。今この時を逃したら僕の人生で一番もったいないことになる! そんな気がしています。

——『シラノ』は確か、平方さんが上京してきて最初に観たミュージカルでしたよね。

 そう、その『シラノ』に取り組んでいた時は、終始ドキドキしていたように思います。それまでの出演作の中では一番台詞も多く、主演の鹿賀丈史さんと一緒に歌うナンバーもあって、すごく稽古に熱中していたのを思い出しますね。

——この作品を経たことで、自身の成長の実感などは?

 う〜ん、それはいまだに自分ではわからない。周りの人がアドバイスしてくださったり、ファンの方のお手紙とか、入り待ち、出待ちの時にいろいろ言ってくださることで、今の自分について気づくくらいで…。それくらい、この(『R&J』初演からの)2年間はあっという間に感じています。成長を振り返るのももったいない、まだ前に進まなきゃ!と思っているのかもしれません。
 でも、作品が終わるごとにマネージャーさんと話はたくさんします。ただ振り返るんじゃなくて、前を見て、次はどこを目指していく?といったことをテーマに話し合いますね。次の目標にたどり着くには、今の僕はここが足りないから、そこを少しでも成長できるように頑張ろう…とか、そういう積み重ねの2年間だったように思います。

——続く『マイ・フェア・レディ』では、フレディ役をシングルキャストで任されました。

 この作品には、まだミュージカルの経験が浅い僕でも、またこれまでミュージカルをまったく観たことのない僕の友人でも知っているくらい有名なナンバーが揃っていますよね。その一つ、『君が住む街』を歌ったんですが、歌の稽古をしている時がすごくキツかったのが印象に残っています。始めてシングルでキャストを任されたから気負ってしまうかと思ったんですが、逆に周りを気にしなくてやれたんじゃないかな、と。この作品には僕のフレディしかいないんだ、と開き直れた感じですね(笑)。より心をこめて歌えるように、自分のナンバーについて歌唱指導の先生に相談もしました。作品に対して自分の意見をはっきり言うようになって、ディスカッションができるようになったのは新たな収穫でしたね。
 
 

<次のページ> 「自分の居場所は舞台にある、と確信した一年」

 

■□■BUTAKOME☆Information ■□■

船に乗れ!

100年分のありがとう。ハウス食品PRESENTS
アトリエ・ダンカンプロデュース 
交響劇『船に乗れ!』

公演日程:2013/12/13(金)~12/21(日)

会  場:東急シアターオーブ

出  演:山崎育三郎 福井晶一 小川真奈 平方元基 増田有華 谷口ゆうな 松岡卓弥 加藤雅美 入野自由 石井一彰 輝馬 前山剛久 木内健人 西岡優妃 吉田萌美 / 金沢映子 加藤虎ノ介 田中麗奈 木の実ナナ 小野武彦

料 金:S席 10,000円 ⇒ リビング特別価格9,500円
※未就学児入場不可
 
チケット購入はコチラから

 

1 2 3 4

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

JCミッチェル01

ジョン・キャメロン・ミッチェル

『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』SPECIAL SHOW~失われた片割...

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2017/07/25NEW

ムロツヨシ×中井美穂 スぺシャル対談☆ミュージカル『ヤングフランケン..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2017/03/31

大ヒット上映中!!ディズニー映画『モアナと伝説の海』4DX/MX4D..

open

close

Profile

1985年1月30日生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。
5歳で『伽羅先代萩』の鶴千代役にて、二代目尾上松也の名で初舞台。様々な分野で活躍し、歌舞伎公演以外にも活動の幅を広げている。09年より歌舞伎自主公演『挑む』を主催。歌舞伎公演以外の主な出演作に舞台:『ロミオ&ジュリエット』、『スリル・ミー』、『アンタッチャブル』、『男の花道』、『騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談』、TVドラマ「天地人」、「永遠の0」、映画「源氏物語」ほか。今年は6月からはミュージカル『エリザベート』にルイジ・ルキーニ役としての出演。8月8日には7回目の歌舞伎自主公演『挑む ~更なる幕へ勇みし気迫(こころ)~』を神奈川芸術劇場にて開催する。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト
【Official blog】松也日記(アメブロ公式)  
【自主公演サイト】挑むオフィシャルホームページ  

2017/03/22

📹【加藤和樹のエンタメCafe No.8】〈池袋エリ..

open

close

Profile

1984年10月7日生まれ。愛知県出身。現在、LIVEや舞台・ミュージカルなどに参加幅広いファン層に支持され、歌手・俳優としても各界で注目を浴びている。

2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴び、2006年4月Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。
日本や韓国・台湾・中国でのCDリリースの他、自身のアルバムなどのTOURである「LIVE“GIG”TOUR」とラジオ公開放送のように投稿メールとリクエストを中心に構成されている「“KK−STATION”TOUR」や、日本武道館や日比谷野外音楽堂、アジア圏でも単独ライブを開催するなど精力的に活動。

同時に俳優としても活動しており、ドラマ「仮面ライダーカブト」「ホタルノヒカリ」「インディゴの夜」「赤い糸の女」「乾杯戦士アフターV」などに出演するほか、アニメ「家庭教師ヒットマンREBORN」桔梗役や時代劇アニメ「義風堂々」石田三成役、ゲーム「戦場の円舞曲」「イケメン戦国」「B-Project」などで声優としても活躍。

近年はミュージカル『ロミオ&ジュリエット』『レディ・ベス』や『タイタニック』など大型ミュージカルにも出演。2016年4月・5月『1789 バスティーユの恋人たち』で帝劇初主演、9月~10月『真田十勇士』霧隠才蔵役に挑む。2017年1月ミュージカル『フランケンシュタイン』に出演決定。

【Official HP】 公式サイト
【Official blog】 公式ブログ

2016/11/29

【木ノ下裕一の歌舞伎の“ツボ”】 Vol.7 一味違った楽しさとパワ..

open

close

Profile

木ノ下歌舞伎 主宰
1985年7月4日、和歌山生まれ。小学校3年生の時、上方落語を聞き衝撃を受けると同時に独学で落語を始め、その後、古典芸能への関心を広げつつ現代の舞台芸術を学ぶ。2006年に古典演目上演の演出や補綴・監修を自らが行う木ノ下歌舞伎を旗揚げ。
『黒塚』(’13)、『東海道四谷怪談—通し上演—』(’13)、『三人吉三』(’14)、『心中天の網島』(’15)、『義経千本桜ー渡海屋・大物浦ー』』(’16)
2015年に再演した『三人吉三』にて読売演劇大賞2015年上半期作品賞にノミネートされる。
その他古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。2015年3月に博士号(芸術博士)取得。

【Official HP】木ノ下歌舞伎 公式サイト
【Official Twitter】木ノ下裕一 Twitter

クラシック音楽界のきら星たちに注目

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING COLLECTION
  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん
  • シュフモ
  • Lei wedding net