チケットファン

ビリー・エリオット

宝塚歌劇月組公演『All for One』~ダルタニアンと太陽王~

謎の変奏曲

歌舞伎 落語

カテゴリー

最新記事

伊礼彼方の物見遊山

『LOVE展 :アートにみる愛のかたち』伊礼彼方コラム!!

2013/06/21


伊礼LOVE 9
草間彌生《愛が呼んでいる》2013年

 
六本木ヒルズ・森タワーの53階に美術館がある。
住むなら断然「田舎でしょう!」な自分にとって六本木は少々、いや相当慣れない街だ。両手で数えられるくらいしか足を踏み入れた事がない。
実際、美術館にたどり着くまで、案の定・・・迷った(笑)


ビルのエントランスでスタッフの方と待ち合わせをし、その後、どうやって53階に連れて行かれたのか、その道順は覚えてない。
ただ覚えているのは、ビル!ビル!ビル!六本木ビルズだ!って事。どんだけ田舎もんだよ!と自分に言いたい。

 

エレベーターで52階までは一瞬に感じた。こんなに早くて、しかも静かなエレベーターがあるのかと。
車に例えるならベンツ?いや、レクサスの方が静かな気がする。まぁそんな感じ。
エレベーターを降りるとファンキーなお出迎え。ブロードウェイに出てきそうな看板。
かっちょいいね!すぐに「カシャ!」ですよ。カシャ!

伊礼 LOVE3
バーバラ・クルーガー《無題(恋とは落ちてしまうもの)》2013年

伊礼 LOVE 4
バーバラ・クルーガー《無題(恋とは落ちてしまうもの)》2013年

 

そこからエスカレーターで階をひとつ上がったところに美術館が待っていた。
たいして考える必要のない事をよく考えてしまう。
この時も「何故53階までエレベーターじゃないんだろう?」という疑問を消化することもなく美術館に入った。

 

【10周年記念展「LOVE展:アートにみる愛のかたち」】

5つのセクションで構成されていて、いろんな国のアーティストが様々な「愛のかたち」を表現している。ここからは美術館の文言を代用させて頂きますね。
 

伊礼 LOVE5
ジェフ・クーンズ《聖なるハート》1994-2007年 ピンチュック・アートセンター蔵、キエフ ©Jeff Koons

 
1【愛ってなに?】
「愛」を象徴する記号や言葉を通じて、愛のイメージをふくらませます。親しみやすいハートマークなどに隠された、愛の秘密を探ります。
 
2【恋するふたり】
地域や文化を越えて大切なテーマである恋愛に焦点を当て、恋するふたりを取り巻く環境について考えます。
 
3【愛を失うとき】
愛を失うことによる喪失感、後悔、執着、あきらめなど、さまざまな感情の表現を探ります。
 
4【家族と愛】
人間が最初に出会う最小で密接なコミュニティーである家族と愛に着目し、その複雑な側面について考えます。
 
5【広がる愛】
物や自己へと向かう愛、平和への希求、テクノロジーの発達による新たなつながりの形態など、多様な愛と未来について考えます。

 

伊礼 LOVE 8
オーギュスト・ロダン《接吻》1882-1887年(原型) 国立西洋美術館蔵、東京(松方コレクション)

 

さて、このセクションの説明は、実際観覧したものにとっては正直物足りない。
各セクションのインパクトがものすごい強烈だからだ。

 
普遍的すぎる「愛」というテーマは、何千年もの歴史を造り出している。
そして「今」を生きている我々を造り出し、我々もまた愛をつないでいる。

若干31歳の男に愛を語ることなど容易くはないが、少なからず誰もが
愛に守られ、愛に傷つき、愛に侵され、愛に狂い、愛に執着し、愛に悩み、愛に裏切られた経験はあるでしょう。
それでも尚、愛をやめない理由が人間にはある。
人類を造りだした愛が、人類が造り出した愛で、人類を破滅に導くこともある。
普遍的だからこそ目には見えなくとも、さまざまな愛の形が存在する。
 
そしてさまざまな要素が混在する。
だからこそ僕たちは流されてはならない。
誰かのマネをしてもオリジナルは創れない。
マネはマネでしかないのだ。

伊礼 LOVE10
草間彌生《愛が呼んでいる》2013年

 

古い愛のかたちも新しい愛のかたちも、人が創った形より、あなただからこそ出来る愛のかたちを見つけて下さい。

そしてあなた自身が一番の幸せ者でいて下さい。

満たされていなければ、大切な人を満たすことは絶対にできない。
 

全セクションを回って、こんな感情が沸き上がってきた。
 
不思議だが、その瞬間は苦手な都心の存在を忘れ、人間本来の持っている本質的な潜在的な、言葉では説明がつかないが、ただただ血が流れている実感がした。
 

そんな気持ちを抱えたまま帰り際にみた高層ビルからの眺めは、
ビルだらけの都心だったが、何故か愛しく感じた。

伊礼 LOVE TOP

 

LOVE展 メインビジュアル

森美術館10周年記念
『LOVE展:アートにみる愛のかたち―シャガールから草間彌生、初音ミクまで』
会  期:2013年4月26日(金)~9月1日(日)
開館時間:10:00~22:00(火曜日のみ17:00まで)
     会期中無休(入館は閉館時間の30分前まで)
会  場:森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)

 
※展覧会詳細は『LOVE展:アートにみる愛のかたち』公式HP

※「LOVE展」では、いろいろなイベントも実施中!!
【7月】
・森美術館スタッフによるハイライトツアー
・担当キュレーターによるトーク「恋とエロス」
・夏休み特別企画「おやこで作ろう!ぼく、わたしのスペシャル家族物語」
などなど・・・詳しくはイベントカレンダーをCheck!! 要予約☆

 

※関連記事
伊礼彼方の物見遊山『ヴロンスキー宇宙に行く!!』

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

andy071402

アンディ・セニョールJr.

今年の『RENT』は非常に力強いキャストが集まっています

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2017/07/02

藤田俊太郎×中井美穂 スぺシャル対談☆ブロードウェイミュージカル『ピ..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2017/03/31

大ヒット上映中!!ディズニー映画『モアナと伝説の海』4DX/MX4D..

open

close

Profile

1985年1月30日生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。
5歳で『伽羅先代萩』の鶴千代役にて、二代目尾上松也の名で初舞台。様々な分野で活躍し、歌舞伎公演以外にも活動の幅を広げている。09年より歌舞伎自主公演『挑む』を主催。歌舞伎公演以外の主な出演作に舞台:『ロミオ&ジュリエット』、『スリル・ミー』、『アンタッチャブル』、『男の花道』、『騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談』、TVドラマ「天地人」、「永遠の0」、映画「源氏物語」ほか。今年は6月からはミュージカル『エリザベート』にルイジ・ルキーニ役としての出演。8月8日には7回目の歌舞伎自主公演『挑む ~更なる幕へ勇みし気迫(こころ)~』を神奈川芸術劇場にて開催する。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト
【Official blog】松也日記(アメブロ公式)  
【自主公演サイト】挑むオフィシャルホームページ  

2017/03/22

📹【加藤和樹のエンタメCafe No.8】〈池袋エリ..

open

close

Profile

1984年10月7日生まれ。愛知県出身。現在、LIVEや舞台・ミュージカルなどに参加幅広いファン層に支持され、歌手・俳優としても各界で注目を浴びている。

2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴び、2006年4月Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。
日本や韓国・台湾・中国でのCDリリースの他、自身のアルバムなどのTOURである「LIVE“GIG”TOUR」とラジオ公開放送のように投稿メールとリクエストを中心に構成されている「“KK−STATION”TOUR」や、日本武道館や日比谷野外音楽堂、アジア圏でも単独ライブを開催するなど精力的に活動。

同時に俳優としても活動しており、ドラマ「仮面ライダーカブト」「ホタルノヒカリ」「インディゴの夜」「赤い糸の女」「乾杯戦士アフターV」などに出演するほか、アニメ「家庭教師ヒットマンREBORN」桔梗役や時代劇アニメ「義風堂々」石田三成役、ゲーム「戦場の円舞曲」「イケメン戦国」「B-Project」などで声優としても活躍。

近年はミュージカル『ロミオ&ジュリエット』『レディ・ベス』や『タイタニック』など大型ミュージカルにも出演。2016年4月・5月『1789 バスティーユの恋人たち』で帝劇初主演、9月~10月『真田十勇士』霧隠才蔵役に挑む。2017年1月ミュージカル『フランケンシュタイン』に出演決定。

【Official HP】 公式サイト
【Official blog】 公式ブログ

2016/11/29

【木ノ下裕一の歌舞伎の“ツボ”】 Vol.7 一味違った楽しさとパワ..

open

close

Profile

木ノ下歌舞伎 主宰
1985年7月4日、和歌山生まれ。小学校3年生の時、上方落語を聞き衝撃を受けると同時に独学で落語を始め、その後、古典芸能への関心を広げつつ現代の舞台芸術を学ぶ。2006年に古典演目上演の演出や補綴・監修を自らが行う木ノ下歌舞伎を旗揚げ。
『黒塚』(’13)、『東海道四谷怪談—通し上演—』(’13)、『三人吉三』(’14)、『心中天の網島』(’15)、『義経千本桜ー渡海屋・大物浦ー』』(’16)
2015年に再演した『三人吉三』にて読売演劇大賞2015年上半期作品賞にノミネートされる。
その他古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。2015年3月に博士号(芸術博士)取得。

【Official HP】木ノ下歌舞伎 公式サイト
【Official Twitter】木ノ下裕一 Twitter

クラシック音楽界のきら星たちに注目

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING COLLECTION
  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん
  • シュフモ
  • Lei wedding net