チケットファン

歌舞伎 落語

ビリー・エリオット

SINGIN’ IN THE RAIN

カテゴリー

最新記事

加藤和樹のエンタメCafe

【加藤和樹のエンタメCafe No.6】〈新宿エリア 〉 「パティスリー・プティトリー」

2016/09/25


 

エンタメカフェ6-1

 

〈新宿エリア〉
「パティスリー・プティトリー」

劇場近くのオススメ「スイーツ&ごはん」を紹介する『加藤和樹のエンタメCafe』新国立劇場周辺・新宿編第3弾は、加藤和樹さんが霧隠才蔵として熱演中の極上のエンターテインメント・スペクタクル時代劇『真田十勇士』が上演される新国立劇場(10/3まで上演)の最寄り駅「初台」にある「パティスリー・プティトリー」です。

都会の真ん中にありながら、ホッと一息つける落ち着いた空間。劇場からも近いので、スイーツを楽しみながら『真田十勇士』観劇後に感想を語り合うのもGOOD♪ 加藤さんには「パティスリー・プティトリー」で人気の2品を召し上がっていただきました。

 

MENU1.『フルーツのショートケーキ』

旬のフルーツが楽しめる
しっとりスポンジのショートケーキ

 

加藤和樹2

 
それでは俺の大好物(笑)のショートケーキ(写真左)からいただきます!うーん、上に載ったキウィとマンゴーとラズベリーとブルーベリーがフレッシュで季節感が感じられますね。このスポンジ、少しピンクがかっているのはラズベリー味のシロップを染み込ませているからなんですね。ふわふわっていうよりは、ちょっとジュワッていう、しっとり感。間に挟まっているカスタードクリームはバニラビーンズの風味がすごくします。生クリームが少なくてフルーツがメインだからさっぱりして美味しい。
 

MENU2.「栗と抹茶」

クリーム?アイス?
温度と食感で楽しめる和のテイスト

 
エンタメカフェ6-2  あ!栗が二種類、甘露煮とマロングラッセが載っている。こちらはグリーンと白のストライプがきれいだな。上は抹茶のババロア、下の生地はちょっとの歯ごたえがあって食感が違いますね。ん?真ん中のクリームすごくヒンヤリしているけどアイスクリームではない、すごく面白い食感がする、小豆も入っているんだ。下にはキャラメルソース。抹茶とキャラメルの取り合わせってあまりないよね。ケーキの中にいろんな手法を織り込んであるから食べていて楽しいし、これもうまいです!
繁華街から道を一本入るだけで落ち着いた空間があるんだね。知り合いの家の居間で寛いでいるようなこじんまりと居心地の良い空間。天気の良い日は外のテラスでゆっくりできるし、ちょっと隠れ家的なお店だね。
 

加藤和樹5

▲ 季節によってトッピングのフルーツが変わる「フルーツのショートケーキ」525円(左)/「栗と抹茶」525円(右)
お店に合わせて女性ティーブレンダーがチョイスした紅茶も楽しめます。

 

加藤和樹3

▲ 可愛らしいピンクの外壁のお店。ロゴの前でパチリ

 

※『真田十勇士』関連記事
加藤和樹インタビュー
公開舞台稽古「大阪夏の陣」Photo Selection

 

 

「パティスリー・プティトリー」

Information

◆—————————————————-◆
住所 / 東京都渋谷区初台1-38-10 第二近江ビル 1F
TEL / 03-6300-0747
営業時間 / 11:00~20:00
席数 / 10席(オープンテラス有)
定休日 / 毎月2・3・12・13・22・23日
 
※詳細はhttp://www.petiterie.jp/
 
◆—————————————————-◆

 

エンタメカフェ6-0924

 
「半焼きチョコレート(8個入り・1260円)」もお店の看板スイーツ。テレビの情報番組で紹介されたこともあるこのチョコレートは、やさしく加熱されているので、豊かな薫りが引き出され、口の中でまろやかに溶けていく絶妙なバランスがたまならない。

 

加藤和樹6

 
カフェの利用はもちろん、持ち帰りOKの可愛らしいケーキや、お店と女性ブレンダーのWネームの紅茶などが楽しめるパティスリー。
京王新線初台南口徒歩1分という立地の良さも魅力。
 

 

加藤和樹(Kato Kazuki)★プロフィール

1984年10月7日生まれ。愛知県出身。現在、LIVEや舞台・ミュージカルなどに参加幅広いファン層に支持され、歌手・俳優としても各界で注目を浴びている。

2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴び、2006年4月Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。
日本や韓国・台湾・中国でのCDリリースの他、自身のアルバムなどのTOURである「LIVE“GIG”TOUR」とラジオ公開放送のように投稿メールとリクエストを中心に構成されている「“KK−STATION”TOUR」や、日本武道館や日比谷野外音楽堂、アジア圏でも単独ライブを開催するなど精力的に活動。

同時に俳優としても活動しており、ドラマ「仮面ライダーカブト」「ホタルノヒカリ」「インディゴの夜」「赤い糸の女」「乾杯戦士アフターV」などに出演するほか、アニメ「家庭教師ヒットマンREBORN」桔梗役や時代劇アニメ「義風堂々」石田三成役、ゲーム「戦場の円舞曲」「イケメン戦国」「B-Project」などで声優としても活躍。

近年はミュージカル『ロミオ&ジュリエット』『レディ・ベス』や『タイタニック』など大型ミュージカルにも出演。2016年4月・5月『1789 バスティーユの恋人たち』で帝劇初主演、9月~10月『真田十勇士』霧隠才蔵役に挑む。
2017年1月ミュージカル『フランケンシュタイン』に出演決定、秋にはミュージカル『レディ・ベス』再演に出演予定。

※加藤和樹オフォシャルサイトオフィシャルブログ

 

■□■BUTAKOME☆Information ■□■

【舞台】

『真田十勇士』
2016年9月11日(日)~10月3日(月)新国立劇場中劇場
2016年10月9日(土)~10日(月・祝)KAAT神奈川芸術劇場
2016年10月14日(金)~23日(日)兵庫県立芸術文化センターKOBELCO大ホール

舞台版 sanada

 

『フランケンシュタイン』
2017年1月8日(日)~29日(日)日生劇場 
———————————————————————————–
日生劇場公演・特別価格でチケット発売中!
チケット購入はチケットファン

———————————————————————————–

2017年2月2日(木)~5日(日)梅田芸術劇場メインホール
2017年2月10日(金)~12日(日)キャナルシティ福岡
2017年2月17日(金)~18日(土)愛知県芸術劇場大ホール
フランケンシュタイン

 
『レディ・ベス』
2017年10・11月 帝国劇場
レディベス2017

 

【映画】

『真田十勇士』
9月22日(木・祝)全国拡大ロードショー
加藤和樹 真田映画

 

【LIVE TOUR】

加藤和樹04294

 
■KAZUKI KATO 10th Anniversary Special Live “GIG” ~Laugh & Peace~
KK-station2016 TOUR (リクエストメール&カバー曲でお届けするアコースティックライブ)
・2016年10月30日(日) 新宿 FACE
・2016年11月3日(木・祝) 仙台 Rensa
・2016年11月5日(土)梅田 AKASO
・2016年11月6日(日)名古屋 ダイアモンドホール
・2016年11月12日(土)福岡 DRUM LOGOS
・2016年11月13日(日)広島 CLUB QUATTRO
・2016年11月19日(土)新宿 FACE

■KAZUKI KATO 10th Anniversary Special Live “GIG” ~Laugh & Peace~THE FINAL
・2017年3月4日(土)新宿 ブレイズ
・2017年3月5日(日)新宿 ブレイズ

 

【加藤和樹☆Infomation】

natsukoi_main

ニューシングル「夏恋/秋恋」

2016年9月28日 ON SALE

加藤和樹デビュー10周年第2弾シングル「夏恋/秋恋」9月に発売
&先行配信される「夏恋」は大人気恋愛ゲームとのタイアップも決定!

 
今年、歌手デビュー10周年を迎えた加藤和樹がニューシングル「夏恋/秋恋」を9月28日(水)にリリースする事が決定、7月20日より先行配信される「夏恋」は夏らしいビジュアルも公開された。
同曲は2曲とも4月にリリースされた「春恋」の続編となるもので、前作同様、幅広い女性に支持されているシンガーソングライター・CHIHIROによる描き下ろし。

 

 
●「夏恋」ミュージックビデオver. 品番:TECI-520 価格¥1800+税
●「秋恋」ミュージックビデオver.品番:TECI-521 価格¥1800+税
●「夏恋/秋恋」通常盤品番:TECI-522 価格¥1000+税

 
※アルバムの詳細はhttp://www.teichiku.co.jp/artist/kato-kazuki/
「イケメン夏祭り」オフィシャルサイト

 

 
BUTAKOME関連記事
【バンキシャは見た!加藤和樹レポート】
Vol.1 ファンクラブイベントに潜入!独占レポ♪ 
Vol.2 祝!帝劇初主演、東宝ミュージカル『1789』開幕
Vol.3 10周年記念ワンマンライブに潜入!

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

連載☆エンタメコラム

2017/02/02

【中井美穂の幕内対談】 Vol.1 堀越希実子さん~市川團十郎さんの..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)、「松任谷正隆のディア・パートナー」(FM東京)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2017/02/03

尾上松也さんインタビュー☆大河ドラマ「おんな城主 直虎」2月5日(日..

open

close

Profile

1985年1月30日生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。
5歳で『伽羅先代萩』の鶴千代役にて、二代目尾上松也の名で初舞台。様々な分野で活躍し、歌舞伎公演以外にも活動の幅を広げている。09年より歌舞伎自主公演『挑む』を主催。歌舞伎公演以外の主な出演作に舞台:『ロミオ&ジュリエット』、『スリル・ミー』、『アンタッチャブル』、『男の花道』、『騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談』、TVドラマ「天地人」、「永遠の0」、映画「源氏物語」ほか。今年は6月からはミュージカル『エリザベート』にルイジ・ルキーニ役としての出演。8月8日には7回目の歌舞伎自主公演『挑む ~更なる幕へ勇みし気迫(こころ)~』を神奈川芸術劇場にて開催する。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト
【Official blog】松也日記(アメブロ公式)  
【自主公演サイト】挑むオフィシャルホームページ  

2016/09/25

【加藤和樹のエンタメCafe No.6】〈新宿エリア 〉 「パティス..

open

close

Profile

1984年10月7日生まれ。愛知県出身。現在、LIVEや舞台・ミュージカルなどに参加幅広いファン層に支持され、歌手・俳優としても各界で注目を浴びている。

2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴び、2006年4月Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。
日本や韓国・台湾・中国でのCDリリースの他、自身のアルバムなどのTOURである「LIVE“GIG”TOUR」とラジオ公開放送のように投稿メールとリクエストを中心に構成されている「“KK−STATION”TOUR」や、日本武道館や日比谷野外音楽堂、アジア圏でも単独ライブを開催するなど精力的に活動。

同時に俳優としても活動しており、ドラマ「仮面ライダーカブト」「ホタルノヒカリ」「インディゴの夜」「赤い糸の女」「乾杯戦士アフターV」などに出演するほか、アニメ「家庭教師ヒットマンREBORN」桔梗役や時代劇アニメ「義風堂々」石田三成役、ゲーム「戦場の円舞曲」「イケメン戦国」「B-Project」などで声優としても活躍。

近年はミュージカル『ロミオ&ジュリエット』『レディ・ベス』や『タイタニック』など大型ミュージカルにも出演。2016年4月・5月『1789 バスティーユの恋人たち』で帝劇初主演、9月~10月『真田十勇士』霧隠才蔵役に挑む。2017年1月ミュージカル『フランケンシュタイン』に出演決定。

【Official HP】 公式サイト
【Official blog】 公式ブログ

2016/11/29

【木ノ下裕一の歌舞伎の“ツボ”】 Vol.7 一味違った楽しさとパワ..

open

close

Profile

木ノ下歌舞伎 主宰
1985年7月4日、和歌山生まれ。小学校3年生の時、上方落語を聞き衝撃を受けると同時に独学で落語を始め、その後、古典芸能への関心を広げつつ現代の舞台芸術を学ぶ。2006年に古典演目上演の演出や補綴・監修を自らが行う木ノ下歌舞伎を旗揚げ。
『黒塚』(’13)、『東海道四谷怪談—通し上演—』(’13)、『三人吉三』(’14)、『心中天の網島』(’15)、『義経千本桜ー渡海屋・大物浦ー』』(’16)
2015年に再演した『三人吉三』にて読売演劇大賞2015年上半期作品賞にノミネートされる。
その他古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。2015年3月に博士号(芸術博士)取得。

【Official HP】木ノ下歌舞伎 公式サイト
【Official Twitter】木ノ下裕一 Twitter

クラシック音楽界のきら星たちに注目

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING COLLECTION
  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん
  • シュフモ
  • Lei wedding net