加藤和樹のエンタメCafe

BUTAKOME動画チャンネル

📹【加藤和樹のエンタメCafe No.11】〈六本木エリア〉ukafe ★速報★イベント開催決定!!エンタメCafe in 大阪

2017/12/06



 

BUTAKOMEオリジナル企画
【加藤和樹のエンタメCafe☕】

今回は「六本木エリア」に進出!
東京ミッドタウンにある「ukafe」(ウカフェ)さんをご紹介します。

ukafe自慢の美と健康のためのビューティージュース。6種類の中から加藤さんが選んだジュースは!?
そして、ハプニング発生!?めずらしく汗をかく加藤さんに注目です。
 
ukafe
 

「ukafe」
Information

 
◆—————————————————-◆

ukafelogo

 
〒104-0061 東京都港区赤坂9丁目7番4号 
東京ミッドタウン ガレリア2F ビューティ&ヘルスケアフロア

アクセス 

03-6438-9920

営業時間: 11:00~22:00(LO:フード 21:00、ドリンク 21:30 )

定休日:不定休(東京ミッドタウンに準ずる)

※詳細はHP

◆—————————————————-◆ 

 
ukafe 

オーガニックを、毎日のどこかに。

トータルビューティーサロンukaが展開すカフェは、オーガニック素材を中心とした、気軽に毎日立ち寄れてカラダが喜ぶメニューがそろったお店。
ランチタイムは、サラダや、無農薬玄米を使った丼ぶりなど、ヘルシーだけどしっかり食べられて、ほっとするラインナップ。
夜のバータイムには、こだわりの魚介や野菜料理を中心に、オーガニックのビールやハウスワイン、など、美容にもよくておいしいものをご提供します。

 

■ちょい呑みセット 1,500円

ちょい呑み
お飲物とおつまみがついたお得なセット!

○お飲物(1ドリンク)
サンサンオーガニックビール、オーガニックワイン(赤or白)
※ビューティージュース以外のソフトドリンク の中からお選びください

○おつまみ シェフのおまかせ盛り
牛肉ときのこの赤ワイン煮 / スモークサーモンとかぶのマリネ / フライドポテトトリュフオイル

 

■酵素玄米プレート 1,240円

酵素玄米プレート
ファストザイム米を使った酵素玄米プレート。
メインのおかずは日替わりですのでお楽しみに!

+++ファストザイム米 +++

米作りの匠が手塩にかけて育てた「ほんもののお米の味」がするお米。土にこだわり、15年以上続く無農薬有機栽培を行っている土地で手間暇を惜しまずに育てられました。酵素農法によりミネラルやビタミンなどの栄養素や繊維質が豊富に含まれたこだわりの玄米です。

■うっとりチーズケーキ プレーン 510円

チーズケーキ
オープン当時から人気のukafeオリジナルチーズケーキ。
生クリームと桃のソースを添えて。お好みでご一緒にお召し上がりください。

※12月下旬より一部メニューの価格が変更になります。

 

加藤和樹のエンタメCafe in 大阪★イベント開催決定!!

2018年6月16日(土)・17日(日)夕方頃実施
会場:大阪・梅田界隈のカフェ

 
先行抽選販売:12月12日(火)から受付開始!!

イベントのみの参加はもちろん、加藤さん主演ミュージカル『1789 -バスティーユの恋人たち- 』大阪公演の観劇チケット付きプランもご用意します♪

『1789 ―バスティーユの恋人たち―』大阪公演
お取扱い公演日時:2018年6月8日(金)・13日(水)・19日(火)・21日(木)13:00、6月14日(木)18:00、6月16日(土)12:00

劇場:新歌舞伎座

※ミュージカル『1789』大阪公演の詳細はコチラ
 

イベントの詳細は、近日発表!!

 

加藤和樹(Kato Kazuki)★プロフィール

1984年10月7日生まれ。愛知県出身。現在、LIVEや舞台・ミュージカルなどに参加幅広いファン層に支持され、歌手・俳優としても各界で注目を浴びている。

2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴び、2006年4月Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。
日本や韓国・台湾・中国でのCDリリースの他、自身のアルバムなどのTOURである「LIVE“GIG”TOUR」とラジオ公開放送のように投稿メールとリクエストを中心に構成されている「“㏍−STATION”TOUR」や、日本武道館や日比谷野外音楽堂、アジア圏でも単独ライブを開催するなど精力的に活動。

同時に俳優としても活動しており、ドラマ「仮面ライダーカブト」「ホタルノヒカリ」「インディゴの夜」「赤い糸の女」「乾杯戦士アフターV」などに出演するほか、アニメ「家庭教師ヒットマンREBORN」桔梗役や時代劇アニメ「義風堂々」石田三成役、ゲーム「戦場の円舞曲」「イケメン戦国」「B-Project」などで声優としても活躍。

近年はミュージカル『ロミオ&ジュリエット』『レディ・ベス』や『タイタニック』など大型ミュージカルにも出演。2016年4月・5月『1789 バスティーユの恋人たち』で帝劇初主演、9月~10月『真田十勇士』霧隠才蔵役を好演。
現在、ミュージカル『レディ・ベス』に出演中。2018年1月にはミュージカル『マタ・ハリ』、10月にはミュージカル『タイタニック』に出演予定。
 

※加藤和樹オフォシャルサイトオフォシャルブログ

 

4th MINI ALBUM「SPICY BOX」
発売中!!

  • 通常盤
    [初回限定盤]TECI-1558 ¥3,000(税込)
  • 初回限定盤
    [通常盤]TECI-1559 ¥2,000(税込)

 
[CD収録曲]
01.con・fu・sion
02.Myself
03.Heart Beat
04.君はFragile
05.I’ll be there
06.to you

※加藤和樹IMPERIAL RECORDS サイト

 

■□■BUTAKOME☆Information ■□■
 
レディ・べス

ミュージカル『レディ・べス』

劇作・脚本・作詞 ミヒャエル・クンツェ

音楽 シルヴェスター・リーヴァイ

演出・翻訳 小池修一郎

出演:花總まり、平野綾(Wキャスト)、山崎育三郎、加藤和樹(Wキャスト)、平方元基、古川雄大(Wキャスト)、未来優希、吉沢梨絵(Wキャスト)和音美桜、吉野圭吾、石川 禅、涼風真世、山口祐一郎 ほか

<大阪公演>
日程:2017年11月28日(火)~12月10日(日)
会場:梅田芸術劇場メインホール

料金:S席 13,500円 A席 9,000円 B席 5,000円
※未就学児入場不可

詳細は『レディ・べス』公式HP

 

■□■Kazuki Kato☆Information.1 ■□■
 
マタ・ハリ

ミュージカル『マタ・ハリ』

劇作・脚本:アイヴァン・メンチェル

作曲:フランク・ワイルドホーン

作詞:ジャック・マーフィー  翻訳・演出:石丸さち子(訳詞)

出演:柚希礼音、加藤和樹(Wキャスト=ラドゥー・アルマン役)、佐藤隆紀(LE VELVETS) (Wキャスト)、東啓介(Wキャスト) 、西川大貴、百名ヒロキ(Wキャスト)、栗原英雄、和音美桜、福井晶一 ほか

日程:2018年1月21日(日) ~1月28日(日)<大阪公演>
2018年2月3日(土) ~2月18日(日) <東京公演>

会場:梅田芸術劇場メインホール<大阪公演>
東京国際フォーラム ホールC<東京公演>

料金:S席13、000円 、 A席9、000円 、 B席5、000円
※未就学児入場不可

詳細は『マタ・ハリ』公式HP

 

■□■Kazuki Kato☆Information.2 ■□■
 
1789

『1789 ―バスティーユの恋人たち ―』

潤色/演出:小池修一郎

出演:小池徹平、加藤和樹(Wキャスト=ロナン役)、神田沙也加、夢咲ねね(Wキャスト=オランプ役)、凰稀かなめ、龍真咲(Wキャスト=マリー・アントワネット役役) ほか

■東京公演 公式HP
2018年4月9日(月) ~5月12日(土)
会場:帝国劇場
料金:S席13、000円 、A席9、000円 、B席5、000円

■大阪公演 公式HP
2018年6月2日(土)~6月25日(月)
会場:新歌舞伎座
料金:S席13、000円 、A席9、000円 、B席5、000円

■福岡公演 公式HP
2018年7月3日(火)~7月30日(月)
会場:博多座
料金:未定

※未就学児入場不可

 

■□■Kazuki Kato☆Information.3 ■□■
 
titanic
 

ミュージカル『タイタニック』

脚本:ピーター・ストーン

作詞・作曲:モーリー・イェストン

出演:加藤和樹、石川禅、藤岡正明、戸井勝海、相葉裕樹、津田英佑、渡辺大輔、上口耕平 、小野田龍之介、木内健人、百名ヒロキ、吉田広大、栗原英雄、霧矢大夢、菊地美香、小南満佑子、屋比久知奈、豊原江理佳、安寿ミラ、佐山陽規、鈴木壮麻

日程:2018年10月より上演開始

会場:日本青年館ホール(東京)
梅田芸術劇場・シアタードラマシティ(大阪)

チケット:発売日未定

詳細は『タイタニック』公式HP

 

BUTAKOME☆INFORMATION

グリーンフラッグス

WOWOWオリジナルミュージカルコメディ
福田雄一×井上芳雄「グリーン&ブラックス」

12月23日(土・祝)深夜0:00スタート(全12回/月1回放送)

ゲスト出演者:中川晃教、柿澤勇人、加藤和樹、渡辺麻友、愛原実花、相葉裕樹 ほか

WOWOWでは福田雄一さん脚本・監督による第2弾放送決定! レギュラー出演はミュージカル界のトップスター・井上芳雄さん。さらに、毎回ミュージカル界オールスターがゲストとして続々登場します。井上さん司会によるゲストとのトークコーナーや、ミュージカルナンバーが堪能できるミュージックショーなど見どころが満載♪

———————————————————————————–
詳しくはWOWOW公式HP
———————————————————————————–

 

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

シルク・ドゥ・ソレイユ『キュリオス』リビング貸切公演

インタビュー

城田優121203

城田優

ミュージカル『ブロードウェイと銃弾』

チケット購入

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2017/11/24

趣里×中井美穂 スぺシャル対談☆『ペール・ギュント』~日韓文化交流企..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2017/11/24

【本編】尾上松也のエンタメ異文化交流録『ローゼンクランツとギルデンス..

open

close

Profile

1985年1月30日生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。
5歳で『伽羅先代萩』の鶴千代役にて、二代目尾上松也の名で初舞台。様々な分野で活躍し、歌舞伎公演以外にも活動の幅を広げている。09年より歌舞伎自主公演『挑む』を主催。歌舞伎公演以外の主な出演作に舞台:『ロミオ&ジュリエット』、『スリル・ミー』、『アンタッチャブル』、『男の花道』、『騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談』、TVドラマ「天地人」、「永遠の0」、映画「源氏物語」ほか。今年は6月からはミュージカル『エリザベート』にルイジ・ルキーニ役としての出演。8月8日には7回目の歌舞伎自主公演『挑む ~更なる幕へ勇みし気迫(こころ)~』を神奈川芸術劇場にて開催する。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト
【Official blog】松也日記(アメブロ公式)  
【自主公演サイト】挑むオフィシャルホームページ  

2017/12/12NEW

【先行抽選エントリー開始!】加藤和樹のエンタメCafe in 大阪~..

open

close

Profile

1984年10月7日生まれ。愛知県出身。現在、LIVEや舞台・ミュージカルなどに参加幅広いファン層に支持され、歌手・俳優としても各界で注目を浴びている。

2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴び、2006年4月Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。
日本や韓国・台湾・中国でのCDリリースの他、自身のアルバムなどのTOURである「LIVE“GIG”TOUR」とラジオ公開放送のように投稿メールとリクエストを中心に構成されている「“KK−STATION”TOUR」や、日本武道館や日比谷野外音楽堂、アジア圏でも単独ライブを開催するなど精力的に活動。

同時に俳優としても活動しており、ドラマ「仮面ライダーカブト」「ホタルノヒカリ」「インディゴの夜」「赤い糸の女」「乾杯戦士アフターV」などに出演するほか、アニメ「家庭教師ヒットマンREBORN」桔梗役や時代劇アニメ「義風堂々」石田三成役、ゲーム「戦場の円舞曲」「イケメン戦国」「B-Project」などで声優としても活躍。

近年はミュージカル『ロミオ&ジュリエット』『レディ・ベス』や『タイタニック』など大型ミュージカルにも出演。2016年4月・5月『1789 バスティーユの恋人たち』で帝劇初主演、9月~10月『真田十勇士』霧隠才蔵役に挑む。2017年1月ミュージカル『フランケンシュタイン』に出演決定。

【Official HP】 公式サイト
【Official blog】 公式ブログ

2016/11/29

【木ノ下裕一の歌舞伎の“ツボ”】 Vol.7 一味違った楽しさとパワ..

open

close

Profile

木ノ下歌舞伎 主宰
1985年7月4日、和歌山生まれ。小学校3年生の時、上方落語を聞き衝撃を受けると同時に独学で落語を始め、その後、古典芸能への関心を広げつつ現代の舞台芸術を学ぶ。2006年に古典演目上演の演出や補綴・監修を自らが行う木ノ下歌舞伎を旗揚げ。
『黒塚』(’13)、『東海道四谷怪談—通し上演—』(’13)、『三人吉三』(’14)、『心中天の網島』(’15)、『義経千本桜ー渡海屋・大物浦ー』』(’16)
2015年に再演した『三人吉三』にて読売演劇大賞2015年上半期作品賞にノミネートされる。
その他古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。2015年3月に博士号(芸術博士)取得。

【Official HP】木ノ下歌舞伎 公式サイト
【Official Twitter】木ノ下裕一 Twitter

クラシック音楽界のきら星たちに注目

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING COLLECTION
  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん
  • シュフモ
  • Lei wedding net