チケットファン

ビリー・エリオット

宝塚歌劇月組公演『All for One』~ダルタニアンと太陽王~

謎の変奏曲

歌舞伎 落語

カテゴリー

最新記事

木ノ下裕一の歌舞伎の“ツボ”

【木ノ下裕一の歌舞伎の“ツボ”】 Vol.7 一味違った楽しさとパワーがある 『新春浅草歌舞伎』~新年早々、“他人と自分の前途を祈る”ような気持ちになれる…~

2016/11/29


 

1611_kinoshita

イラスト/木ノ下裕一

 
新年早々、浅草公会堂で行われる『新春浅草歌舞伎』は、ぜひ、多くの若い方々、とりわけ中高生のフレッシュな皆さんにご覧いただきたいものです。

 
だいたい古典芸能というものは、若い頃から観るに限る!と、私は、自身の経験上、そう思っております。こう云うと、「そんな若い頃から古典芸能好きになってしまったら、お前のような、妙に爺(じじ)むさい“若者”になってしまって始末におえないじゃないか…」という声がどこからともなく聞こえてきそうですが、まあ、それはその通りなのです。

同年代の友達よりもお年寄りと話しているほうがテンションの合う中学生になり、ケイタイをいじっているクラスメートの中、ひとり『歌舞伎名作全集』の頁をめくる高校生になってしまう可能性大です。経験者が語るのですから、嘘ではありません。

とどのつまりは、大学の「キャリアデザイン」という謎の授業(「キャリアって意図的にデザインできるものなのだろうか?“人生成り行き”という概念はここにはないのだろうか?」とそんなことばかりに気を取られ、私がまったく集中できなかった授業の一つ)で、就職希望の有無を問わず受けさせられた「就活面接のリハーサル」において、教員から「君には、“若々しさ”がないっ!」と、これまた謎のダメ出しを頂戴するような20歳になってしまうかもしれません。

 

“悩める高校生”の眼に眩しく映ったのは…
 
それでも、やはり、古典芸能は若い頃から観ておくことを、強くおすすめしたいのです。

ひとつには、古典芸能家(歌舞伎俳優や文楽の技芸員など)と一緒に歳を重ねていく楽しさがあります。

高校時代の私は関西に住んでおりましたから、東京ほど歌舞伎は頻繁に観ることができず、文楽の方が盛んでした。ですから、国立文楽劇場にはよく通いました。

文楽に血道を上げる高校生だって、フツーの高校生のように進路には悩むものです。やはり無難に一般大学に行くべきか、本当は芸術系の大学に行きたいけどそれにはちょっと勇気がいる、進学を機に東京に出ようか、落語家になりたいという幼い頃の夢は本当に捨てていいのか、などなど。そんな、“ハムレットの出来損ない”のような高校生の眼に、眩しく映ったのは、自分とさほど歳の変わらないであろう文楽の技芸員さんたちの姿でした。

必死に師匠連についていこうと撥を振るう三味線奏者、黒い頭巾の中では汗をダラダラ流しているであろう足遣い(若手はまず人形の足の操作を担当する)、師匠の語る浄瑠璃にじっと耳を傾けるまだ少年の面影を残した大夫のダマゴ(若手の大夫には、師匠が語る床の後方に控えつつ、師の芸を吸収する「白湯汲み」という修行がある)。

「この人たちは、すでに自分が邁進すべき“道”を見つけているんだ…」。

少し羨ましく、なにより励まされたものです。その日から約15年…近年、当時まだ最若手であった技芸員さんたちが、大役に挑戦したり、興行の芯を支えることが目立ってきましたが、これまた、“我が事”のように嬉しいものです。感慨深さにしみじみしたり、「自分も頑張らねば…」と喝を入れたり…知らず知らずのうちに、古典芸能に自身の人生を投影しているのでしょう。今となっては、私の大切な“支え”の一つです。

 

<次のページ>
一味違った楽しさとパワーがある『新春浅草歌舞伎』

 

※関連記事
BUTAKOME 中井美穂×木ノ下裕一対談記事

 

■□■BUTAKOME☆Information ■□■
 
 

『新春浅草歌舞伎』

kabuki

———————————————————————————–
特別価格でチケット発売中!
1等席9,000円 ⇒ 特別価格 8,400円

チケット購入はチケットファン

———————————————————————————–

出演: 尾上松也、坂東巳之助、中村隼人、中村壱太郎(1部のみ)ほか/中村 錦之助(2部のみ)

【チケットファン販売日程】
日時:2017年1月18日(水)・20日(金)・26日(木)13:00、
1月16日(月)・21日(土)・24日(火)15:00
会場:浅草公会堂
料金:1等席9,000円 ⇒ 特別価格 8,400円
※4歳以上有料

 
〔演目〕

 第一部(=11:00 開演)

お年玉〈年始ご挨拶〉


近松門左衛門 作
一、傾城反魂香(けいせいはんごんこう)
土佐将監閑居の場

浮世又平後に土佐又平光起 / 坂東 巳之助
又平女房おとく / 中村 壱太郎
狩野雅楽之助 / 中村 隼人
土佐修理之助 / 中村 梅丸
将監北の方 / 中村 歌女之丞
土佐将監光信 / 大谷 桂三

 
義経千本桜
二、吉野山(よしのやま)

佐藤忠信実は源九郎狐 / 尾上 松也
早見藤太 / 坂東 巳之助
静御前 / 中村 壱太郎

 

 第二部(=15:00)

お年玉〈年始ご挨拶〉

双蝶々曲輪日記
一、角力場(すもうば)

放駒長吉 / 尾上 松也
山崎屋与五郎 / 中村 隼人
藤屋吾妻 / 中村 梅丸
濡髪長五郎 / 中村 錦之助

 
四世鶴屋南北 作
二、御存 鈴ヶ森(ごぞんじすずがもり)

白井権八 / 中村 隼人
幡随院長兵衛 / 中村 錦之助

 
岡村柿紅 作
三、棒しばり(ぼうしばり)

次郎冠者 / 尾上 松也
曽根松兵衛 / 中村 隼人
太郎冠者 / 坂東 巳之助

 
 

 

BUTAKOME ファンクラブ
【LINE@ はじめました】
先行販売・お得なチケット情報をお届けします♪
詳細はコチラ

💡お友達追加は下記↓をClickしてください💡

友だち追加数

 

1 2

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

加藤和樹3

加藤和樹

『レディ・ベス』は男性が見てもぐっとくる作品なんです

チケット購入

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2017/08/04

ビリー・ハーリガン・タイ×中井美穂 スぺシャル対談☆ブロードウェイミ..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2017/03/31

大ヒット上映中!!ディズニー映画『モアナと伝説の海』4DX/MX4D..

open

close

Profile

1985年1月30日生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。
5歳で『伽羅先代萩』の鶴千代役にて、二代目尾上松也の名で初舞台。様々な分野で活躍し、歌舞伎公演以外にも活動の幅を広げている。09年より歌舞伎自主公演『挑む』を主催。歌舞伎公演以外の主な出演作に舞台:『ロミオ&ジュリエット』、『スリル・ミー』、『アンタッチャブル』、『男の花道』、『騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談』、TVドラマ「天地人」、「永遠の0」、映画「源氏物語」ほか。今年は6月からはミュージカル『エリザベート』にルイジ・ルキーニ役としての出演。8月8日には7回目の歌舞伎自主公演『挑む ~更なる幕へ勇みし気迫(こころ)~』を神奈川芸術劇場にて開催する。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト
【Official blog】松也日記(アメブロ公式)  
【自主公演サイト】挑むオフィシャルホームページ  

2017/03/22

📹【加藤和樹のエンタメCafe No.8】〈池袋エリ..

open

close

Profile

1984年10月7日生まれ。愛知県出身。現在、LIVEや舞台・ミュージカルなどに参加幅広いファン層に支持され、歌手・俳優としても各界で注目を浴びている。

2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴び、2006年4月Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。
日本や韓国・台湾・中国でのCDリリースの他、自身のアルバムなどのTOURである「LIVE“GIG”TOUR」とラジオ公開放送のように投稿メールとリクエストを中心に構成されている「“KK−STATION”TOUR」や、日本武道館や日比谷野外音楽堂、アジア圏でも単独ライブを開催するなど精力的に活動。

同時に俳優としても活動しており、ドラマ「仮面ライダーカブト」「ホタルノヒカリ」「インディゴの夜」「赤い糸の女」「乾杯戦士アフターV」などに出演するほか、アニメ「家庭教師ヒットマンREBORN」桔梗役や時代劇アニメ「義風堂々」石田三成役、ゲーム「戦場の円舞曲」「イケメン戦国」「B-Project」などで声優としても活躍。

近年はミュージカル『ロミオ&ジュリエット』『レディ・ベス』や『タイタニック』など大型ミュージカルにも出演。2016年4月・5月『1789 バスティーユの恋人たち』で帝劇初主演、9月~10月『真田十勇士』霧隠才蔵役に挑む。2017年1月ミュージカル『フランケンシュタイン』に出演決定。

【Official HP】 公式サイト
【Official blog】 公式ブログ

2016/11/29

【木ノ下裕一の歌舞伎の“ツボ”】 Vol.7 一味違った楽しさとパワ..

open

close

Profile

木ノ下歌舞伎 主宰
1985年7月4日、和歌山生まれ。小学校3年生の時、上方落語を聞き衝撃を受けると同時に独学で落語を始め、その後、古典芸能への関心を広げつつ現代の舞台芸術を学ぶ。2006年に古典演目上演の演出や補綴・監修を自らが行う木ノ下歌舞伎を旗揚げ。
『黒塚』(’13)、『東海道四谷怪談—通し上演—』(’13)、『三人吉三』(’14)、『心中天の網島』(’15)、『義経千本桜ー渡海屋・大物浦ー』』(’16)
2015年に再演した『三人吉三』にて読売演劇大賞2015年上半期作品賞にノミネートされる。
その他古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。2015年3月に博士号(芸術博士)取得。

【Official HP】木ノ下歌舞伎 公式サイト
【Official Twitter】木ノ下裕一 Twitter

クラシック音楽界のきら星たちに注目

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING COLLECTION
  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん
  • シュフモ
  • Lei wedding net