チケットファン

歌舞伎 落語

謎の変奏曲

宝塚雪組貸切公演

ビリー・エリオット

カテゴリー

最新記事

中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪

井上芳雄×中井美穂 2014新春スペシャル対談☆『ダディ・ロング・レッグズ~足ながおじさんより~』

2014/01/06


 
『ダディ・ロング・レッグズ』のチケットはコチラ

 

井上芳雄_中井美穂
撮影/崎元栄一郎

 

抜群の歌唱力と声量、透明感のある演技で「ミュージカル界のプリンス」と呼ばれ、近年ではストレートプレイや映像、歌手や声優としても、人気と実力を高めている井上芳雄さん

そんな井上さんが昨年9月に出演したミュージカル『ダディ・ロング・レッグズ~足ながおじさんより~』は、好評を博して4カ月後にアンコール公演が実現、さらには数々の演劇賞を受賞、そして、いよいよこの春には再演!と、これはこの先も何度でも観客の心をゆさぶる名作ミュージカルのひとつになる予感がします。

早速、井上さんに再演にかける意気込みや本作品の魅力、2014年の抱負について伺ってきました。

 
「あぁ!こんな人がいたんだ!!」っていう衝撃を、
その後もなかなか得られていないように思います(中井)

中井:デビュー作のミュージカル『エリザベート』のときは、おいくつだったのですか?

井上:20歳でした。いま34歳になりました。

中井:あのとき、あまりにも衝撃だったのを覚えています。しかも、「あぁ!こんな人がいたんだ!!」っていう衝撃。その後は、同じような衝撃をなかなか得られていないように思います。

井上:当時は大学(東京芸術大学)で勉強中だったのですが、いきなりミュージカルの舞台に出演させていただけるということが珍しかったからかもしれないですね。

中井:役柄のもっている魅力と、井上さんがもっている白くて無垢で新しいところがあまりにも合致するところがありましたよね。

井上:ビギナーズラックですよ!

中井:いえいえ、なにをおっしゃる。今、これだけ活躍されていて~ (笑)

井上:『エリザベート』以降も頑張りましたから(笑)

 
やっぱりジョン・ケアードはすごかった!
舞台にのったときに、魔法のように、
お客さまが笑うし、泣く(井上)

中井:さて、初演が大変好評で、いよいよ今年3月に再演されることになった『ダディ・ロング・レッグズ~足ながおじさんより~』。再演の声がかかるというのは、満足度の高い作品だからこそ。お客様の要望は相当多かったのでしょうね。

井上:再演の要望はたくさんいただいたと聞いています。

中井:若き慈善家のジャーヴィスを演じる井上芳雄さんと、孤児のジルーシャを演じる坂本真綾さんの二人だけのミュージカルなんですよね。”ニューミュージカルロマンス“とチラシにも書いてありましたけど、本当に新しくて誰もができるわけではないミュージカル。非常によくできた脚本と、イメージに合った、技術の高いお二人がいないと成り立たない作品ですよね。

井上:演出家のジョン・ケアードと、音楽を担当したポール・ゴードンが時間をかけて作り出した“演劇の魔法”みたいなものが散りばめられている作品なんです。

翻訳はジョンの奥様である今井麻緒子さんで、最初に題材を探していたときに奥様がすすめたのがウェブスターの「足ながおじさん」。日本ではとても有名な話ですが、実はアメリカではそれほど知られていなかったそうです。

それが10年くらい前の話で、最初は踊りだけでやろうとか、いろいろと試行錯誤したと聞いています。原作は、ジルーシャのジャーヴィスへの手紙だけで構成された物語なので、この作品のジャーヴィスの気持ちはジョンが想像し作り出したものなんです。

中井:セットもそれほど動かないのに、月日が経っていって、役者はほとんどはけずに、歌ったり、一つの手紙を二人で読んだり。演じる側は大変でしょうね。

井上:ジョン・ケアードの作品は、主な人物が舞台上からほとんどはけないんです。僕はちょっと着替えるところはありますけど、ジルーシャはほとんど出ずっぱり。

ジョン曰く、無意味な中断でお客さんの集中力を削がないためだと。僕がちょっとはけるところに関しても、書斎はリアルに作ってあるから、書斎から奥の部屋に行ったんだなとわかるからOK。

でも、ジルーシャは何もないところでやっているから、急にはけるとどこに行ったんだろうということになる。それがジョン・ケアードの方針なんですよね。

初演の稽古をしている間は、これってどう見えるのか全くわからなかった。ジョンは、最初から「これはコメディーなんだ」と言っていたのですが、脚本を読んだ限りはどこがコメディーなんだろう?と……。

譜面に、笑い待ちという箇所があったんです。確かにロマンティックな話ではあるんだけど、そんなに笑えるところがあるのかな、どうなんだろうと不安でした。でも、やっぱりジョン・ケアードはすごかった! 舞台にのったときに、魔法のように、お客さんが笑うし、泣くし、本番を迎えて初めてお客様の反応にびっくりしました。

演劇って、具体的なものを全部出せばいいものではないし抽象的なものばかりではわからないと思いますが、ジョン・ケアードはどうしたらどう見えるかをすごくよくわかっていて、それが本当にそう見えたときに感情を揺さぶるようにしている。コメディーでもあるから笑いもたくさんあるのですが、女性はもちろん男性も、それも年配の方が泣くくらい心をつかんじゃう。

笑いとジーンとするところが交互にくるんですよね。実際、音響のベテランスタッフも泣いちゃったそうです。

 

<次のページ> 一回観たら、もう一回観たくなる作品でした

 

■□■BUTAKOME☆Ticket☆Information ■□■

ダディ 宣伝用写真

 
ミュージカル・ロマンス
『ダディ・ロング・レッグズ ~足ながおじさんより~』

公演日:2014/3/1(土)~3/22(土)

会 場:シアタークリエ

出  演:井上芳雄 坂本真綾

料 金:全席指定 9,000円 ⇒ リビング特別価格8,700円
※未就学児入場不可
 
リビング特別価格のチケット購入はチケットファンへ!!

1 2 3 4 5

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

海宝直人

海宝直人

海宝直人さん~壁はぶつかれば壊れるものだと思って、自分はチャレンジしていくしか...

チケット購入

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2017/04/27NEW

【中井美穂の幕内対談】 Vol.2 堀尾幸男さん~シンデレラ城から髑..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)、「松任谷正隆のディア・パートナー」(FM東京)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2017/03/31

大ヒット上映中!!ディズニー映画『モアナと伝説の海』4DX/MX4D..

open

close

Profile

1985年1月30日生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。
5歳で『伽羅先代萩』の鶴千代役にて、二代目尾上松也の名で初舞台。様々な分野で活躍し、歌舞伎公演以外にも活動の幅を広げている。09年より歌舞伎自主公演『挑む』を主催。歌舞伎公演以外の主な出演作に舞台:『ロミオ&ジュリエット』、『スリル・ミー』、『アンタッチャブル』、『男の花道』、『騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談』、TVドラマ「天地人」、「永遠の0」、映画「源氏物語」ほか。今年は6月からはミュージカル『エリザベート』にルイジ・ルキーニ役としての出演。8月8日には7回目の歌舞伎自主公演『挑む ~更なる幕へ勇みし気迫(こころ)~』を神奈川芸術劇場にて開催する。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト
【Official blog】松也日記(アメブロ公式)  
【自主公演サイト】挑むオフィシャルホームページ  

2017/03/22

📹【加藤和樹のエンタメCafe No.8】〈池袋エリ..

open

close

Profile

1984年10月7日生まれ。愛知県出身。現在、LIVEや舞台・ミュージカルなどに参加幅広いファン層に支持され、歌手・俳優としても各界で注目を浴びている。

2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴び、2006年4月Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。
日本や韓国・台湾・中国でのCDリリースの他、自身のアルバムなどのTOURである「LIVE“GIG”TOUR」とラジオ公開放送のように投稿メールとリクエストを中心に構成されている「“KK−STATION”TOUR」や、日本武道館や日比谷野外音楽堂、アジア圏でも単独ライブを開催するなど精力的に活動。

同時に俳優としても活動しており、ドラマ「仮面ライダーカブト」「ホタルノヒカリ」「インディゴの夜」「赤い糸の女」「乾杯戦士アフターV」などに出演するほか、アニメ「家庭教師ヒットマンREBORN」桔梗役や時代劇アニメ「義風堂々」石田三成役、ゲーム「戦場の円舞曲」「イケメン戦国」「B-Project」などで声優としても活躍。

近年はミュージカル『ロミオ&ジュリエット』『レディ・ベス』や『タイタニック』など大型ミュージカルにも出演。2016年4月・5月『1789 バスティーユの恋人たち』で帝劇初主演、9月~10月『真田十勇士』霧隠才蔵役に挑む。2017年1月ミュージカル『フランケンシュタイン』に出演決定。

【Official HP】 公式サイト
【Official blog】 公式ブログ

2016/11/29

【木ノ下裕一の歌舞伎の“ツボ”】 Vol.7 一味違った楽しさとパワ..

open

close

Profile

木ノ下歌舞伎 主宰
1985年7月4日、和歌山生まれ。小学校3年生の時、上方落語を聞き衝撃を受けると同時に独学で落語を始め、その後、古典芸能への関心を広げつつ現代の舞台芸術を学ぶ。2006年に古典演目上演の演出や補綴・監修を自らが行う木ノ下歌舞伎を旗揚げ。
『黒塚』(’13)、『東海道四谷怪談—通し上演—』(’13)、『三人吉三』(’14)、『心中天の網島』(’15)、『義経千本桜ー渡海屋・大物浦ー』』(’16)
2015年に再演した『三人吉三』にて読売演劇大賞2015年上半期作品賞にノミネートされる。
その他古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。2015年3月に博士号(芸術博士)取得。

【Official HP】木ノ下歌舞伎 公式サイト
【Official Twitter】木ノ下裕一 Twitter

クラシック音楽界のきら星たちに注目

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING COLLECTION
  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん
  • シュフモ
  • Lei wedding net