中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪

ビリー・ハーリガン・タイ×中井美穂 スぺシャル対談☆ブロードウェイミュージカル『ファインディング・ネバーランド』

2017/08/04


 

ビリー×中井

撮影/吉原朱美

 
9月に来日公演を行うブロードウェイミュージカル『ファインディング・ネバーランド』ジョニー・デップ主演の映画「ネバーランド」を舞台化した同作では、創作に行き詰まった劇作家J.M.バリがある家族と交流を深めることで次第に子どものころの心を取り戻し、名作「ピーターパン」を書き上げるまでが描かれます。その公演に先駆け、7月某日、バリ役のビリー・ハーリガン・タイさんがプロモーションのために初来日。製作発表会見では作品の魅力や見どころをアピールするのはもちろん、劇中より物語の転換期となるビッグナンバー《Finding Neverland》《Stronger》の2曲を披露し、情感豊かな歌声で同作の応援サポーター、坂上忍さんや2019年に上演予定の日本版のバリ役、石丸幹二さんら会場に駆け付けた人々を魅了していました。そんなビリーさんの素顔に中井美穂さんが迫ります!

 
作品の核となるのは想像力と創造力、そして信じる力

 
中井:『ファインディング・ネバーランド』はピーターパンの生みの親J.M.バリと彼が出会った家族にフォーカスしています。もとになった映画(邦題「ネバーランド」/04年)はどのタイミングでご覧になりましたか?
 
ビリー:公開当時に拝見し、素晴らしい物語だと思いました。それからオーディションを受ける前にも見ました。バリ役に注目してね。
 
中井:とても舞台向きのお話でしたよね。イマジネーションにあふれていて。
 
ビリー:ええ。核となるテーマが、想像力と創造力、そして信じる力。それらの要素が舞台に向いていたんだと思います。また、その三つの力が何かを生み出すという物語ですから、観客の皆さんにもできるだけ想像し、強く信じていただいて、魔法が生まれる瞬間を目の当たりにしていただきたい。スタッフも含め、みんなが一丸となって物語に息を吹き込むために働いていて。舞台上に存在しないようなものを形にし、皆さんに見て、感じていただけるようにしています。本当に素晴らしい世界観だと思います。
 
中井:観客として初めてミュージカル版を観た時、どこに一番惹かれましたか?
 
ビリー:演劇という世界で私が好きなことがすべて詰まっているところ。バリと同じように僕らアーティストそれぞれがショーや仕事を通して、芸術的表現を追求している。それらを一つずつ積み重ねていくと、キャリアになる。この作品は僕に、アーティストとしてのこれからの道筋はもちろん、自分の才能がいかに大切か、仕事を続けていくことがいかに大切かということを教えてくれるんです。
 
中井:私は昨年ニューヨークで『ファインディング・ネバーランド』を拝見し、フック船長が出てくるところが大好きでした。ワイルドで、すごく面白かった!
 
ビリー:ある人物がフック船長の衣裳や口ひげを着けた途端、急にワイルドになるんですよね。その役の方を含め、年配の役者さんたちがとにかくストイックで。長いキャリアを持っている彼らが、まるで少年のように生き生きと演じているのを見て、ステキだなと思うと同時に尊敬の念を覚えるんです。僕なんてまだまだ若輩者だなと。
 
中井:あと、映像のような最新技術を使っているところと、人の力で表現するアナログ的なところとのバランスがよくとれている舞台だなと思いました。アナログ的な部分、つまりご自身の肉体を駆使し表現する場面では、どこが一番大変ですか?
 
ビリー:1幕の最後、フック船長や海賊船が出てくる《Stronger》ですかね。刀を持って、周りの海賊たちに煽られてと、とても楽しい場面なので抑えるのが大変。そこで力を110%出してしまったら、その後歌えなくなってしまいますから(苦笑)。観客にその時バリが感じているすべてを伝えると同時に、頭の中で自分がどこまでアウトプットできるかを計りつつ、疲れないように調節する。次の回のお客さんのためにもね(笑)。“ファインディング・バランス”(バランスの見極め)が大事なんです。
 
中井:私が観に行った時も、英語が分からない人もいれば子どもからお年を召した方まで、あらゆる世代の人が客席にいて、そのみんなが心を動かされていた。その大きな要因は何だと思いますか?
 

ビリー×中井

 
ビリー:二つあると思います。まずは、演出家のダイアン・パウルス。物語を視覚的に伝えることにおいて、彼女はエキスパートです。加えてダイアンの演出の素晴らしさは、キャラクターの心の底、せりふにないようなところまで観客に感じさせられるところ。本作においても、映像と僕ら役者の動きとで、たとえ言葉がなくとも物語を伝えられると思います。そしてもう一つの要因が、皆さんにとって普遍的な存在のピーターパンを描いている点。例えば、海賊や決闘モノが好きだったりする6歳児から、時間や命の大切さ、そして死というものをちゃんと理解している80歳のお年寄りまで、どのような年齢、どのような環境に育った人でも何かしら共感できるメタファーがピーターパンの物語に含まれているんです。
 
中井:日本でピーターパンというと、子ども向けと思われがち。ぜひこの舞台を観て、いろんなメタファーがあるってことを多くの人に知ってほしいなと思います。
 
ビリー:アメリカでもピーターパン=ディズニー映画の印象が強いので、まず剣を使った闘いやフライングといったものを連想されます。でもバリが実際に書いた戯曲は、もっともっと複雑だったんですよね。そしてこの『ファインディング・ネバーランド』は、人生や文化、人と人の関係性といった要素が盛り込まれた複雑なストーリーを、親しみやすい形で届けてくれる。この作品に参加して、子どものころには分からなかったピーターパンの本当の姿を受け止めることができていると思っています。
 

<次のページ>
演じるということは、ピーターパンそのものかも

 

 

■□■BUTAKOME☆Information ■□■
 

ファインディング・ネバーランド

ブロードウェイミュージカル
『ファインディング・ネバーランド』

———————————————————————————–

特別価格でチケット発売中!

チケット購入はコチラ

———————————————————————————–

出演:ビリー・ハーリガン・タイ、クリスティン・ドワイヤー、トム・ヒューイット、カレン・マーフィー
アメリカ・カンパニー来日公演
作詞・作曲:ゲイリー・バーロウ/エリオット・ケネディ
脚本:ジェームズ・グラハム
演出:ダイアン・パウルス
振付:ミア・マイケルズ

日時:
9月9日(土)・16日(土)・17日(日)13:00、
10日(日)18:00、13日(水)・20日(水)・21日(木)14:00、
15日(金)19:00、23日(土・祝)13:00・18:00、
24日(日)12:00

会場:東急シアターオーブ(渋谷)

料金:
S席1万3000円 ⇒ 特別価格 1万800円(土・日曜、祝日は1万1800円)

※生演奏、英語上演、日本語字幕あり
※未就学児入場不可

※詳細は公式HP

 

 

 

BUTAKOME ファンクラブ
【LINE@ はじめました】
先行販売・お得なチケット情報をお届けします♪

LINEアプリの「友だち追加」から
ID:@butakome を検索するか、
下記の友だち追加ボタンから登録してください。

友だち追加数

 

1 2 3 4

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

シルク・ドゥ・ソレイユ『キュリオス』リビング貸切公演

インタビュー

古川雄大091301

古川雄大

『レディ・ベス』ちょっと異質なスペインの風を吹かせたい...

チケット購入

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2017/09/17

【中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪<番外編>】『謎の変奏曲』橋爪功さん×..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2017/09/06

【尾上松也のエンタメ異文化交流録】『ヤングフランケンシュタイン』

open

close

Profile

1985年1月30日生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。
5歳で『伽羅先代萩』の鶴千代役にて、二代目尾上松也の名で初舞台。様々な分野で活躍し、歌舞伎公演以外にも活動の幅を広げている。09年より歌舞伎自主公演『挑む』を主催。歌舞伎公演以外の主な出演作に舞台:『ロミオ&ジュリエット』、『スリル・ミー』、『アンタッチャブル』、『男の花道』、『騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談』、TVドラマ「天地人」、「永遠の0」、映画「源氏物語」ほか。今年は6月からはミュージカル『エリザベート』にルイジ・ルキーニ役としての出演。8月8日には7回目の歌舞伎自主公演『挑む ~更なる幕へ勇みし気迫(こころ)~』を神奈川芸術劇場にて開催する。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト
【Official blog】松也日記(アメブロ公式)  
【自主公演サイト】挑むオフィシャルホームページ  

2017/03/22

📹【加藤和樹のエンタメCafe No.8】〈池袋エリ..

open

close

Profile

1984年10月7日生まれ。愛知県出身。現在、LIVEや舞台・ミュージカルなどに参加幅広いファン層に支持され、歌手・俳優としても各界で注目を浴びている。

2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴び、2006年4月Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。
日本や韓国・台湾・中国でのCDリリースの他、自身のアルバムなどのTOURである「LIVE“GIG”TOUR」とラジオ公開放送のように投稿メールとリクエストを中心に構成されている「“KK−STATION”TOUR」や、日本武道館や日比谷野外音楽堂、アジア圏でも単独ライブを開催するなど精力的に活動。

同時に俳優としても活動しており、ドラマ「仮面ライダーカブト」「ホタルノヒカリ」「インディゴの夜」「赤い糸の女」「乾杯戦士アフターV」などに出演するほか、アニメ「家庭教師ヒットマンREBORN」桔梗役や時代劇アニメ「義風堂々」石田三成役、ゲーム「戦場の円舞曲」「イケメン戦国」「B-Project」などで声優としても活躍。

近年はミュージカル『ロミオ&ジュリエット』『レディ・ベス』や『タイタニック』など大型ミュージカルにも出演。2016年4月・5月『1789 バスティーユの恋人たち』で帝劇初主演、9月~10月『真田十勇士』霧隠才蔵役に挑む。2017年1月ミュージカル『フランケンシュタイン』に出演決定。

【Official HP】 公式サイト
【Official blog】 公式ブログ

2016/11/29

【木ノ下裕一の歌舞伎の“ツボ”】 Vol.7 一味違った楽しさとパワ..

open

close

Profile

木ノ下歌舞伎 主宰
1985年7月4日、和歌山生まれ。小学校3年生の時、上方落語を聞き衝撃を受けると同時に独学で落語を始め、その後、古典芸能への関心を広げつつ現代の舞台芸術を学ぶ。2006年に古典演目上演の演出や補綴・監修を自らが行う木ノ下歌舞伎を旗揚げ。
『黒塚』(’13)、『東海道四谷怪談—通し上演—』(’13)、『三人吉三』(’14)、『心中天の網島』(’15)、『義経千本桜ー渡海屋・大物浦ー』』(’16)
2015年に再演した『三人吉三』にて読売演劇大賞2015年上半期作品賞にノミネートされる。
その他古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。2015年3月に博士号(芸術博士)取得。

【Official HP】木ノ下歌舞伎 公式サイト
【Official Twitter】木ノ下裕一 Twitter

クラシック音楽界のきら星たちに注目

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING COLLECTION
  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん
  • シュフモ
  • Lei wedding net