中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪

【中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪<番外編>】『謎の変奏曲』橋爪功さん×中井美穂さん ~9/18(月・祝)リビング貸切公演<補助席>当日券販売決定!

2017/09/17


 

謎の変奏曲0917001

 
『謎の変奏曲』本番直前に稽古場で行ったスペシャル対談最終回は、いよいよ橋爪功さんにご登場いただきます!
登場人物はノルウェーの孤島に住むノーベル賞作家アベル・ズノルコ橋爪さん)と、地方新聞の記者を名乗るエリック・ラルセン井上芳雄さん)の二人だけ。森新太郎さんの演出により、二人の男の緊密で、時にはおかしみのあるやりとりから、様々な「謎」が提示されていきます。
橋爪功さんと中井美穂さんのトークをお届します!

 
森新太郎は任せられる演出家だね
 
中井:今日お話を伺う中井と申します。
 
橋爪:前、お会いしましたよね。
 
中井:はい、私は野際(陽子)さんとずっと一緒に番組をやらせていただいていたので、橋爪さんのことは野際さんからお聞きしていました。橋爪さんと森(新太郎)さんでお演りになった『景清』を見せていただいて、大好きだったんです。見ていてたまらない気持ちになりました。あんな『景清』は見たことない。
 
橋爪:不思議な芝居だったね。あいつ(森さん)がやり放題やって。
 
中井:森さんのことは大好きなんですよね?
 
橋爪:いや、別に大好きじゃないですよ(笑)。好きですけど、特に今、稽古中だからどんどん好きじゃなくなってくる。
 
中井:お好きなんですね。演出家・森新太郎はどこが魅力的ですか?
 
橋爪:任せられる。丸投げできるっていうかね。意外と任せられる演出家というのはそうはいないんじゃないかと思う。役者は稽古に入ると、どんどん全体が見えなくなって、自分のことだけになってしまう。そこで信頼できる演出家がいるかいないかで違ってくると思う。
 
中井:『謎の変奏曲』は読み込んで、悩むところは?
 
橋爪:本当言うとね、一回読んでめんどくせえなと思って(笑)。よくわからないから。あなた、(台本を)お読みになりました?
 
中井:読みました。ズノルコとラルセンのバランスが傾いて、攻め込んだり守ったり、愛し合ったり憎みあったりするさまが見えるのが面白かったです。
 
橋爪:女の人から見て、どうなの?
 
中井:女の人はこの話を好きだと思います。少なくとも私は好きですね。
 
橋爪:この男たちは何をいじいじやってるんだって、多少上から目線で見られるよね(笑)。
 
中井:この膨大な台詞と、二人きりしか出てこないワンシチュエーションで。
 
橋爪:そう、年を取ってやる芝居じゃないですよね。
 
中井:でもズノルコは年を取らないとできない役ですよね。
 
橋爪:それはそうなんだけどね(笑)。
 
中井:でも受けちゃったんですから。ご自分で決められたんですよね(笑)。
 
橋爪:いや、モリシン(森)が引き受けないと思ったんですよ。これは言ってみればある種のウェルメイドでしょう?
 
中井:ええ、森さんも「自分の得意な点は全部封じ込められている」とおっしゃってました。
 
橋爪:だから、モリシンが断ったら俺もやめようと思ったら、引き受けやがった(笑)。なおかつ「意外とウェルメイドって面白いですね」と言い出した。
 
中井:(笑)そうやってスタートして、役者はどんな気持ちなんですか?
 
橋爪:大変ですよ。よくわからないもの。
 
中井:そういうとき頼りになるのは、何ですか? ご自分の肉体と……
 
橋爪:あいつ。
 
中井:森さん?
 
橋爪:それしかないですね。まだ楽しむところまでいっていないし、幕が開いてもそうだと思う。何か一か所に寄りかかれるような台本じゃないし、やってもわからないし。
 
中井:「やりきった!」みたいな気持ちよさは……
 
橋爪:ないでしょうね。
 
中井:天気と一緒ですよね。台本の冒頭に「窓から波だけ見える」と書いてありましたけど、空模様がぐるぐる変わって、雨が降ったり晴れ間が差したりするけど、誰も選べない。天気なんて受け入れるしかないじゃないですか。
 

橋爪:あなた、よいこと言ってくれますね(笑)。
 
中井:(笑)誰も恨み言は言えない。
 

「あなた、役者以外にやりようがないものね」と言われたんだよ(笑)
 
中井:この作品は、突然背の高いひょろっとした若い男(ラルセン)が訪れるところから始まりますね。
 
橋爪:まぁ、(ズノルコが)自分から呼んだんだけどね。
 
中井:それはズノルコの方が寂しいということ?
 
橋爪:いや、わからないね。
 
中井:井上さんは初めてですか?
 
橋爪:相手役をするのは初めて。よく聞かれるのは「井上さん、どうですか?」と。
 
中井:言われますよね。
 
橋爪:そんなことは、感じてる余裕がない(笑)。ときどき「背が高いな」とか思いますけどね、それくらいで。まあ、ベティ・デイヴィスジョーン・クロフォードの昔の映画(『何がジェーンに起ったか?』)みたいな確執にはならないでしょうね。
 
中井:なるほど。初日までもうすぐですが。
 
橋爪:どうしようか、できるのかと思って。
 
中井:いつもそうですか?
 
橋爪:そう。
 
中井:でも、必ず幕は開くんですものね。
 
橋爪:そう、それで何があっても必ず幕は降りるからね。
 
中井:役者さんというのは自分の体を貸し出して、こんなつらい作業をするなんて、すごい職業だなと思います。
 
橋爪:むかし、童話作家の佐野洋子さんがパーティーでそばに寄ってきて「あなた、よかったわねぇ」と言うの。「何がですか?」と聞いたら「役者になって、よかったねえ。他にやりようがないもんね」と言われた(笑)。
 
中井:ご自分で心当たりはあるんですか?
 
橋爪:なくはない。自分の肉体的なこともあるけど、僕は自分から離れていくのが好きなタイプの役者だから。「私です!」というタイプじゃない。自分の殻から離れて動き回るのが好きなタイプの役者だから、フィクションしかないんですよね。
 
中井:この作品は、自分の人生が本物か作り物なのか、誰のものなのか、というテーマがありますよね。
 
橋爪:そうなんだよ。だから、理解することはやめたんだけど。見終わった後、お客様お一人お一人から手紙をいただきたいですね。読まないと思うけど(笑)。
 
中井:(笑)
 
橋爪:でも、そういう芝居でしょ? これは。
 
中井:そうですね。
 
橋爪:見る人によって全部違うし、最後のシーンも「私、全部わかった」という人も出てくるかもしれない。
 
中井:わかるという人もいるかもしれないけど、私にはわからない……。わからないけど、ズノルコとラルセンに通い合うものが不思議。人って不思議ですね。
 
橋爪:でも、通い合ったことを舞台上で表現する芝居でもないでしょ?
 
中井:それは見る人が考えることですよね。
 
橋爪:そうそう、「通い合ってるのかな」「あ、コンタクトを取ったんだ」というのを俳優同士が表現する芝居ではない気がする。
 
中井:そうですね。
 
橋爪:その分、肩が凝りますね。
 
中井:本番の舞台を拝見するのが楽しみです。9月18日のサンケイリビングの貸切公演と、その後のトークショーもよろしくお願いします。
 
橋爪:あ! それもあなたの……?
 
中井:はい、それも私がまいります。
 
橋爪:話はずーっと井上君に振ってくださいね(笑)。
 
中井:(笑)よろしくお願いします。

 

取材・文 /演劇ライター・大原薫
写真提供/テレビ朝日

 

 

リビング貸切公演<補助席>当日券販売決定!!

『謎の変奏曲』
中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪ 5周年記念☆リビング貸切公演
2017年9月18日(月・祝)17:30

 
当日券は開演1時間前から、劇場にて先着順にて販売します。
お支払い方法は「現金」のみになります。
※補助席は、座席の形状が指定席とは異なるお席です。 
※未就学児童入場不可

 

■□■BUTAKOME☆Information ■□■
 

謎の変奏曲ビジュアル

 
作:エリック=エマニュエル・シュミット
演出:森新太郎
翻訳:岩切正一郎

出演:橋爪功 井上芳雄
会場:世田谷パブリックシアター(三軒茶屋)
 
『謎の変奏曲』
中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪ 5周年記念☆リビング貸切公演
2017年9月18日(月・祝)17:30

 
【アフタートーク付き】
中井美穂のヅカヅカ聞くわよ♪ 特盛SP版
トーク出演:橋爪功×井上芳雄×森新太郎
「謎の変奏曲」観劇後(劇場にて)中井さんが作品について観客の視点で演出家・出演者にヅカヅカ質問♪

【<謎>の抽選会実施】
特盛アフタートークの後に<謎>の抽選会を実施♪

 
※公演の詳細は『謎の変奏曲』公式HP
 

💡『謎の変奏曲』関連記事
井上芳雄さんスペシャルインタビュー<前編><後編>

 
※【中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪】
森新太郎さん・井上芳雄さん<対談プレイバック編>
井上芳雄さん×中井美穂さんスペシャル対談
森新太郎さん×中井美穂さんスペシャル対談

 

 

 

BUTAKOME ファンクラブ
【LINE@ はじめました】
先行販売・お得なチケット情報をお届けします♪

LINEアプリの「友だち追加」から
ID:@butakome を検索するか、
下記の友だち追加ボタンから登録してください。

友だち追加数

 

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

シルク・ドゥ・ソレイユ『キュリオス』リビング貸切公演

インタビュー

城田優121203

城田優

ミュージカル『ブロードウェイと銃弾』

チケット購入

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2017/11/24

趣里×中井美穂 スぺシャル対談☆『ペール・ギュント』~日韓文化交流企..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2017/11/24

【本編】尾上松也のエンタメ異文化交流録『ローゼンクランツとギルデンス..

open

close

Profile

1985年1月30日生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。
5歳で『伽羅先代萩』の鶴千代役にて、二代目尾上松也の名で初舞台。様々な分野で活躍し、歌舞伎公演以外にも活動の幅を広げている。09年より歌舞伎自主公演『挑む』を主催。歌舞伎公演以外の主な出演作に舞台:『ロミオ&ジュリエット』、『スリル・ミー』、『アンタッチャブル』、『男の花道』、『騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談』、TVドラマ「天地人」、「永遠の0」、映画「源氏物語」ほか。今年は6月からはミュージカル『エリザベート』にルイジ・ルキーニ役としての出演。8月8日には7回目の歌舞伎自主公演『挑む ~更なる幕へ勇みし気迫(こころ)~』を神奈川芸術劇場にて開催する。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト
【Official blog】松也日記(アメブロ公式)  
【自主公演サイト】挑むオフィシャルホームページ  

2017/12/12NEW

【先行抽選エントリー開始!】加藤和樹のエンタメCafe in 大阪~..

open

close

Profile

1984年10月7日生まれ。愛知県出身。現在、LIVEや舞台・ミュージカルなどに参加幅広いファン層に支持され、歌手・俳優としても各界で注目を浴びている。

2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴び、2006年4月Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。
日本や韓国・台湾・中国でのCDリリースの他、自身のアルバムなどのTOURである「LIVE“GIG”TOUR」とラジオ公開放送のように投稿メールとリクエストを中心に構成されている「“KK−STATION”TOUR」や、日本武道館や日比谷野外音楽堂、アジア圏でも単独ライブを開催するなど精力的に活動。

同時に俳優としても活動しており、ドラマ「仮面ライダーカブト」「ホタルノヒカリ」「インディゴの夜」「赤い糸の女」「乾杯戦士アフターV」などに出演するほか、アニメ「家庭教師ヒットマンREBORN」桔梗役や時代劇アニメ「義風堂々」石田三成役、ゲーム「戦場の円舞曲」「イケメン戦国」「B-Project」などで声優としても活躍。

近年はミュージカル『ロミオ&ジュリエット』『レディ・ベス』や『タイタニック』など大型ミュージカルにも出演。2016年4月・5月『1789 バスティーユの恋人たち』で帝劇初主演、9月~10月『真田十勇士』霧隠才蔵役に挑む。2017年1月ミュージカル『フランケンシュタイン』に出演決定。

【Official HP】 公式サイト
【Official blog】 公式ブログ

2016/11/29

【木ノ下裕一の歌舞伎の“ツボ”】 Vol.7 一味違った楽しさとパワ..

open

close

Profile

木ノ下歌舞伎 主宰
1985年7月4日、和歌山生まれ。小学校3年生の時、上方落語を聞き衝撃を受けると同時に独学で落語を始め、その後、古典芸能への関心を広げつつ現代の舞台芸術を学ぶ。2006年に古典演目上演の演出や補綴・監修を自らが行う木ノ下歌舞伎を旗揚げ。
『黒塚』(’13)、『東海道四谷怪談—通し上演—』(’13)、『三人吉三』(’14)、『心中天の網島』(’15)、『義経千本桜ー渡海屋・大物浦ー』』(’16)
2015年に再演した『三人吉三』にて読売演劇大賞2015年上半期作品賞にノミネートされる。
その他古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。2015年3月に博士号(芸術博士)取得。

【Official HP】木ノ下歌舞伎 公式サイト
【Official Twitter】木ノ下裕一 Twitter

クラシック音楽界のきら星たちに注目

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING COLLECTION
  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん
  • シュフモ
  • Lei wedding net