中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪

趣里×中井美穂 スぺシャル対談☆『ペール・ギュント』~日韓文化交流企画 世田谷パブリックシアター開場20周年記念公演~

2017/11/24


 

中井美穂・趣里

撮影/吉原朱美

 
12月6日に世田谷パブリックシアターにて開幕する日韓文化交流企画『ペール・ギュント』主人公ペールの波乱万丈の“自分探しの旅”が描かれた、ノルウェーの劇作家イプセンによる壮大な思想劇です。今回、中井さんは、浦井健治さんが扮するペールの旅の終わりを待ち続ける、恋人ソールヴェイ役で出演する趣里さんにお話をうかがってきました。対談の前に行われた制作発表にも参席した中井さんは、韓国人演出家ヤン・ジョンウンさんやキャストの浦井さん、趣里さん、マルシアさんなどが舞台について熱く語る姿、またカンパニーの雰囲気の良さを目の当たりにして、さらに興味をそそられたようでした。日韓の俳優総勢20名によって立ち上がる舞台、気になります!

 
中井:最初はこの舞台のためのワークショップを受けられたのですね。昨年ですか?
 
趣里:そうです。日韓合同舞台のワークショップ・オーディションがあるから、と聞いて。日韓合同で何かをやるなんて、滅多にない機会だぞ!と。どんな出会いがあるのか、どういう世界が見られるだろう……とワクワクして、絶対に受けたいと思ったんです。
 
中井:ワークショップではどんなことをしたのですか?
 
趣里:具体的に言いますと、ペアを組んで、相手を鏡に映る自分と見立てて……。リーダー、フォロワーを決めて、リーダーが動いたらフォロワーもそれに合わせて動く、っていう。音楽もかけながら、“鳥になる”というシチュエーションだったり、途中で「ハイ、叫んでください!」って指示が出たりして。
 
中井:鳥として!?
 
趣里:鳥として(笑)。キャアアーーー!みたいな。あと、『ペール・ギュント』に精神病院のシーンがあるんですけど、「神様が来るので、自分の悩みを訴えてください」とか、「神様が願いを叶えてくれないので、皆さん、自分のタイミングで死んでいってください」みたいな(笑)。なかなかそういうふうにパッと意識を持っていけない人は苦戦しますよね。
 
中井:趣里さんは、すんなり入っていけるほうですか?
 
趣里:時と場合によりますね。やりながらも、もちろん客観的な自分もいて。でも、「すごくいい経験をしているぞ!」って感じていましたね。
 
中井:『ペール・ギュント』の戯曲はそれ以前にも読んでいたのですか? クラシック音楽にもありますよね。
 
趣里:はい、何かしらで耳にして知ってはいましたし、家にイプセンの戯曲があったので、なんとなくは読んでいたんですが……。
 
中井:なかなか理解するのが難しい世界観ですよね。『ファウスト』『キャンディード』など、自分自身を探しに行く、それが時空を超えたり、神様が出てきたりして、目の前で起こっていることの意味がわからなくなったりする一連の作品などありますが、『ペール・ギュント』もそんな感じですよね。
 
趣里:そう、膨大なイメージを抱かせる作品なので、取りかかりが難しいなと感じました。今も稽古場で、「これは現実なのか。そうじゃないかもしれない……」と皆で話し合ったりしています。
 
中井:演出のヤンさんが韓国で上演した『ペール・ギュント』の舞台の映像を拝見したのですが、衣裳がものすごくポップで、舞台全体も色彩豊か。これをそのままやるのか!と最初は思いましたが、今回はスタッフはすべて日本人なのですね。
 
趣里:そう、音楽も。「新しいことを見つけたい」とヤンさんがおっしゃっているので、結構変わっていくと思います。これまでの舞台の稽古場では、作品の細かな背景を探ったり、自分と役を重ね合わせる作業は個人的にやっていって、いきなり立ち稽古というパターンが多かったんですけど、今回はそういったすべてを全員で共有しているんですね。それで、「困ったことが起こっても、皆がいるから」という連帯感をすごく感じて。舞台って本来そういうものなんですけど、こんなに感じたことはないっていうくらいに。
 
中井:ヤンさんや韓国人キャストの皆さんの挨拶を記者会見で聞いていて、表現力と説得力がすごい!と皆さんご自身の「言葉」があるなと感動しました。日本人の俳優さんたちだと、なかなかあそこまで述べる人はいないから。
 
趣里:そうなんです。「愛について」とか「つながりについて」とかいった話がけっして表面的じゃなく、本心からの言葉だということが韓国人の皆さんからは感じられるんですよね。それによって私たち日本人もどんどんオープンになっていって。
 
中井マルシアさんが「本読みを1日8時間やっている」っておっしゃっていましたね。
 
趣里:はい。上演台本を読んで、原作も皆で読んで、「どう感じましたか?」って話し合って。「こんな視点もあって、僕はこう感じた」って誰かが言うと、そこからまたさらに話が広がって。自分の個人的な話をしてくれる人もいて……。それに影響されて自分も話したくなったり、いろんなことを考えたり……。これまで一人でやってきたそうしたことを、皆でやってる。その面白さがあります。
 
中井:へえ〜! 会ってまだ数週間くらいしかたっていない人に、これまで話したことのないような個人的なことを話している状況って面白いですね。
 
趣里:はい、客観的に見たら、何やってるんだろ!?って気にならないと言ったら嘘になりますけど(笑)。でも本当に、すごくいい経験をしている、その実感はあります。
 
中井:皆さんそれぞれ、今まで生きてきた長さ分の経験しか持ってないですよね。肉体も、感情も、そこの差がある。年齢だけでなく、本人の器も、質も……。そういうものを見せなくちゃいけない。怖くないですか?
 
趣里:怖いですね。でもお芝居って本来、そういうことだと思うんです。自分の経験や感じていることを、役として出す。……というか、出ちゃう。皆の前であえてそれを言わなくても、今回の現場は皆ダダ漏れ……みたいな(笑)。しゃべらなくても、動きだけでもそれぞれの人生観が出てしまう。それを受け入れてくれて、見ていられる現場ってなかなかないなって。そこにいられる自分を幸せに思います。

 

<次のページ>
この作品には、“生きる”ということがそのまま詰まっている

 

 

■□■BUTAKOME☆Information ■□■
 
『ペール・ギュント』
~日韓文化交流企画 世田谷パブリックシアター開場20周年記念公演~

原作:ヘンリック・イプセン
翻訳:クァク・ボクロク
上演台本・演出:ヤン・ジョンウン
上演台本翻訳:石川樹里
出演:浦井健治、趣里、ユン ダギョン、マルシアほか

公演期間:2017年12月6日(水)~24日(日)

会場:世田谷パブリックシアター

料金:S席(1・2階)8,800円、A席(3階)5,400円 ほか
※未就学児入場不可

※12月30日(土)・31日(日)兵庫公演あり

※公演の詳細は公式HP

 

『ペール・ギュント』
ライブビューイング決定!!

日時:2017年12月20日(水)18:30開演

会場:全国各地の映画館

チケット料金:3,800円(全席指定/税込)
※3歳以上有料

制作発表会の様子や出演者のインタビューなどを織り交ぜた映画館限定のスペシャル映像も上映!

※ライブ・ビューイング情報ページはこちら

 

 

 

BUTAKOME ファンクラブ
【LINE@ はじめました】
先行販売・お得なチケット情報をお届けします♪

LINEアプリの「友だち追加」から
ID:@butakome を検索するか、
下記の友だち追加ボタンから登録してください。

友だち追加数

 

1 2 3 4 5

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

シルク・ドゥ・ソレイユ『キュリオス』リビング貸切公演

インタビュー

城田優121203

城田優

ミュージカル『ブロードウェイと銃弾』

チケット購入

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2017/11/24

趣里×中井美穂 スぺシャル対談☆『ペール・ギュント』~日韓文化交流企..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2017/11/24

【本編】尾上松也のエンタメ異文化交流録『ローゼンクランツとギルデンス..

open

close

Profile

1985年1月30日生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。
5歳で『伽羅先代萩』の鶴千代役にて、二代目尾上松也の名で初舞台。様々な分野で活躍し、歌舞伎公演以外にも活動の幅を広げている。09年より歌舞伎自主公演『挑む』を主催。歌舞伎公演以外の主な出演作に舞台:『ロミオ&ジュリエット』、『スリル・ミー』、『アンタッチャブル』、『男の花道』、『騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談』、TVドラマ「天地人」、「永遠の0」、映画「源氏物語」ほか。今年は6月からはミュージカル『エリザベート』にルイジ・ルキーニ役としての出演。8月8日には7回目の歌舞伎自主公演『挑む ~更なる幕へ勇みし気迫(こころ)~』を神奈川芸術劇場にて開催する。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト
【Official blog】松也日記(アメブロ公式)  
【自主公演サイト】挑むオフィシャルホームページ  

2017/12/12NEW

【先行抽選エントリー開始!】加藤和樹のエンタメCafe in 大阪~..

open

close

Profile

1984年10月7日生まれ。愛知県出身。現在、LIVEや舞台・ミュージカルなどに参加幅広いファン層に支持され、歌手・俳優としても各界で注目を浴びている。

2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴び、2006年4月Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。
日本や韓国・台湾・中国でのCDリリースの他、自身のアルバムなどのTOURである「LIVE“GIG”TOUR」とラジオ公開放送のように投稿メールとリクエストを中心に構成されている「“KK−STATION”TOUR」や、日本武道館や日比谷野外音楽堂、アジア圏でも単独ライブを開催するなど精力的に活動。

同時に俳優としても活動しており、ドラマ「仮面ライダーカブト」「ホタルノヒカリ」「インディゴの夜」「赤い糸の女」「乾杯戦士アフターV」などに出演するほか、アニメ「家庭教師ヒットマンREBORN」桔梗役や時代劇アニメ「義風堂々」石田三成役、ゲーム「戦場の円舞曲」「イケメン戦国」「B-Project」などで声優としても活躍。

近年はミュージカル『ロミオ&ジュリエット』『レディ・ベス』や『タイタニック』など大型ミュージカルにも出演。2016年4月・5月『1789 バスティーユの恋人たち』で帝劇初主演、9月~10月『真田十勇士』霧隠才蔵役に挑む。2017年1月ミュージカル『フランケンシュタイン』に出演決定。

【Official HP】 公式サイト
【Official blog】 公式ブログ

2016/11/29

【木ノ下裕一の歌舞伎の“ツボ”】 Vol.7 一味違った楽しさとパワ..

open

close

Profile

木ノ下歌舞伎 主宰
1985年7月4日、和歌山生まれ。小学校3年生の時、上方落語を聞き衝撃を受けると同時に独学で落語を始め、その後、古典芸能への関心を広げつつ現代の舞台芸術を学ぶ。2006年に古典演目上演の演出や補綴・監修を自らが行う木ノ下歌舞伎を旗揚げ。
『黒塚』(’13)、『東海道四谷怪談—通し上演—』(’13)、『三人吉三』(’14)、『心中天の網島』(’15)、『義経千本桜ー渡海屋・大物浦ー』』(’16)
2015年に再演した『三人吉三』にて読売演劇大賞2015年上半期作品賞にノミネートされる。
その他古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。2015年3月に博士号(芸術博士)取得。

【Official HP】木ノ下歌舞伎 公式サイト
【Official Twitter】木ノ下裕一 Twitter

クラシック音楽界のきら星たちに注目

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING COLLECTION
  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん
  • シュフモ
  • Lei wedding net