チケットファン

歌舞伎 落語

ビリー・エリオット

カテゴリー

最新記事

白石隼也の映画コラム

『魔女と呼ばれた少女』〜白石隼也・映画コラム〜

2013/03/28


「もしもし、ばあば。久しぶり」
「ああ、しゅんやか。どないした」
「元気かい」
「うん、最近またちょっと脚が痛いけど、元気だよ。お前ちゃんとご飯食べてるのか」
「食べてるよ。しっかり一日三食。今もトンカツ食べてきた」
「トンカツ?今、ばあばもトンカツ屋さんにいるんだよ。お前トンカツ好きだったから連れてきたかったなぁってちょうど思ってたんだよ」
「それは奇遇だね」
「ねぇ。それでどないした」
「ちょっとオレの力だけじゃ難しい仕事があって、ばあばに手助けしてほしくて」
「なんや」
「戦争について話を聞きたいんだ」
「ははは。戦争の話か。今日ちょうど友達ともそんな話しとったわ」
「それは奇遇だね」

今回紹介する作品は、現在公開中の映画『魔女と呼ばれた少女』

白石 魔女5


魔女。なかなかファンタスティックな言葉なような気がする。『白雪姫』に毒リンゴを食べさせる悪い魔女とか『魔女の宅急便』のキキとか、例えば、日本昔ばなしに出てくるような鬼とか金太郎とかお爺さんなんかと同じで空想上の世界でしばし登場するものだと認識している人が大概ではないだろうか。

舞台はアフリカ、コンゴ民主共和国。貧しいながらも両親と共に平和な暮らしを送っていた少女コモナ(ラシェル・ムワンザ)は、突如現れた反政府軍に拉致され12歳にして兵士となった。反政府軍は実の両親を自らの手でコモナに殺させ、麻薬を連れてきた子供兵に飲ませ洗脳するのだった。麻薬の作用で白い亡霊の幻覚を見ることとなるコモナは、戦況を有利に運ぶ勝利の女神として総帥の魔女になるのだった。

白石 魔女3

 

先日、ある雑誌を読んでいたらこんな事が書いてあった。「いきなり銃を持った兵士に目隠しをされ、銃を渡された。恐怖で言われるがままに持っていた銃の引き金を引き、目隠しを外された。するとさっきまで一緒に遊んでいた友達が血まみれになって横たわっていた。」これはPTSDに悩む元兵士への支援組織についての記事で確かアフリカでの出来事ではなかったが、このような行為はコモナのような少年少女を洗脳させるため実際に現代で行われていることなのだ。

僕は今、『仮面ライダーウィザード』という番組の中で魔法使いの役を演じている。
物語の本筋とは全く関係はないが、アフリカにおける魔術とか呪術について元々興味があって魔法使いというものを歴史的に理解していてもいいんじゃないかということでそれとなくそれらについて調べていたらここでも目を疑うような記事を見付けた。
そこには、一昨年のタンザニアでの魔女狩りによる被害者数が600人にも上ることが記されていた。想像に絶する数だ。もちろんこれはタンザニアだけの問題ではなく、コモナの住むコンゴ民主共和国やその周辺の国々も例外ではない。情報や医療が隔絶されたアフリカの貧しい国々では、病気や災害などの解決策として現在でも魔術が用いられている。
要するに、この物語は『白雪姫』のようなファンタスティックなお伽噺なんかではなく、現実に起きていても何にもおかしくないアフリカの実像なのだ。

白石 魔女1

 

総帥の魔女となり13歳のコモナは組織の中でも尊ぶ存在となったのだが、彼女に好意を寄せていたアルビノの少年マジシャン(セルジュ・カニンダ)は総帥の魔女となった女性達が戦況の行方により次々に殺されていくことを知る。マジシャンはコモナを連れて逃げだし、プロポーズをした。
「この世で一番探すのが難しい白いオンドリを探して」とコモナは答える。

大人達の醜い争いによって犠牲となった少年と少女は、この絶望的な状況の中でもひとつの希望を見出していた。コモナはマジシャンという希望を。そして、マジシャンはコモナという希望を。しかし、そこはやはり少年と少女。愛の告白をしたはいいが、愛のカタチが分からずに右往左往する姿はやはり子供なんだなと思わせられる。

アルビノの少年と白いオンドリ。
アルビノというのは先天的にメラニンが欠乏し色素がない人または動物のことで、例えば真っ白な体に赤い目の実験用マウスのような個体のことだ。アフリカの一部地域ではこのアルビノの人というのは魔力を持つとされ、差別を受けたり、体の一部がお守りの材料として高値で売れることから殺害されたりする現実がある。マジシャンが探し出すこの白いオンドリというのは要するに彼と同じオンドリのアルビノなのだ。なかなか見付けることの出来ない特別な存在である白いオンドリ。そして、コモナにとってマジシャンも白いオンドリと同様に特別な存在だということを粋な表現で示される。シックだ。
二人なりの愛のカタチを手探りでかたどっていく。

白石 魔女4

 

マジシャンの叔父さんの所へ身を寄せることになった二人は、平穏な日常を取り戻し幸福な時間を過ごしていた矢先。反政府軍の追っ手が総帥の魔女である彼女を捕らえにやってきた。抵抗する二人だったが結局コモナは連れ戻され、マジシャンは殺された。14歳のコモナは再び戦地に戻され、今度は部隊長の夜の相手をさせられることになる。マジシャン、オンドリ、両親の亡霊。白い力に導かれるように決意したコモナは大きなお腹を抱えて灯ひとつ見えない真っ暗闇に逃げるのだった。

 

僕の祖母が終戦を迎えたのは10歳だったいう。
B29が日本の上空をカラスのように飛び回っている頃、祖母は兵庫の田舎まちに疎開をしていて無事だった。が、終戦後GHQが占拠し日本中が貧しい状況のなか父親を病気で亡くしてからが苦労したそうだ。働き口がなく誰もが路頭を彷徨っている頃、街を蔓延る米軍兵を相手に売春を行う女性たちが沢山いたと話をしてくれた。そして、その中には自分の友人も含まれていたということも。
「中学入学した時にはもう身長が160はあったから、アメリカ兵にいつも声かけられて。物凄く怖くて駅から全速力で走って家に帰ってたよ。家にまで『お宅のお嬢ちゃんどうですか』って来たりしてね。でも、私はまだ良かったの。母親がいたから。駅に竹刀を持って母が待っててくれてたりしたんだから。」「でも、戦争で両親を亡くして身寄りのない人たちはそうやって生きていくしかなかったのよ。特に女は。男になんか負けてたまるかって心のどこかでずっと思ってた気がする。」「だから女は強いよ。本当に。」

 

と、色んな方向へ話が飛び散ってしまいました。本来ならここでまとめの作業に入り、何かしら気の利いたシックなことを言って終わりにしたいのですが、今回は敢えて話を飛び散らしたまま終わろうと思います。
あとは皆さんに映画を観てもらってそれぞれに感じてほしいなと思います。
どうかご勘弁を。

 

追記
そういや、映画の作り手のほうに全く触れていなかったので、ここで。
そもそも作り手のほうに全く触れなかったのは、途中映画を観ているんだかドキュメンタリーを観ているんだが分からなくなるくらいにリアリティを追求しているせいです。コモナ役のラシェル・ムワンザちゃんは、本作でベルリン国際映画祭で銀熊賞を獲得したのですが、なんと現地のオープンオーディションで選ばれたピカピカの新人。生まれてきてからずっとカメラに追われてたんじゃないかってくらいにナチュラルにそこに居るんだよね。
© 2012 Productions KOMONA inc.

【BUTAKOME Information】
『魔女と呼ばれた少女』
シネマート新宿絶賛公開中!!
3/30千葉劇場、4/6名古屋名演小劇場 4月下旬大阪第七藝術劇場他全国順次公開

詳細は「魔女と呼ばれた少女」公式HP

■レイティング
R-15
■配給
彩プロ
■宣伝
Cloud heaven

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2017/03/03

アダム・クーパー×中井美穂 スぺシャル対談 ☆ミュージカル『SING..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)、「松任谷正隆のディア・パートナー」(FM東京)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2017/03/09

【動画📹 屋比久知奈&尾上松也 インタビュー】3月1..

open

close

Profile

1985年1月30日生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。
5歳で『伽羅先代萩』の鶴千代役にて、二代目尾上松也の名で初舞台。様々な分野で活躍し、歌舞伎公演以外にも活動の幅を広げている。09年より歌舞伎自主公演『挑む』を主催。歌舞伎公演以外の主な出演作に舞台:『ロミオ&ジュリエット』、『スリル・ミー』、『アンタッチャブル』、『男の花道』、『騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談』、TVドラマ「天地人」、「永遠の0」、映画「源氏物語」ほか。今年は6月からはミュージカル『エリザベート』にルイジ・ルキーニ役としての出演。8月8日には7回目の歌舞伎自主公演『挑む ~更なる幕へ勇みし気迫(こころ)~』を神奈川芸術劇場にて開催する。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト
【Official blog】松也日記(アメブロ公式)  
【自主公演サイト】挑むオフィシャルホームページ  

2017/03/22NEW

📹【加藤和樹のエンタメCafe No.8】〈池袋エリ..

open

close

Profile

1984年10月7日生まれ。愛知県出身。現在、LIVEや舞台・ミュージカルなどに参加幅広いファン層に支持され、歌手・俳優としても各界で注目を浴びている。

2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴び、2006年4月Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。
日本や韓国・台湾・中国でのCDリリースの他、自身のアルバムなどのTOURである「LIVE“GIG”TOUR」とラジオ公開放送のように投稿メールとリクエストを中心に構成されている「“KK−STATION”TOUR」や、日本武道館や日比谷野外音楽堂、アジア圏でも単独ライブを開催するなど精力的に活動。

同時に俳優としても活動しており、ドラマ「仮面ライダーカブト」「ホタルノヒカリ」「インディゴの夜」「赤い糸の女」「乾杯戦士アフターV」などに出演するほか、アニメ「家庭教師ヒットマンREBORN」桔梗役や時代劇アニメ「義風堂々」石田三成役、ゲーム「戦場の円舞曲」「イケメン戦国」「B-Project」などで声優としても活躍。

近年はミュージカル『ロミオ&ジュリエット』『レディ・ベス』や『タイタニック』など大型ミュージカルにも出演。2016年4月・5月『1789 バスティーユの恋人たち』で帝劇初主演、9月~10月『真田十勇士』霧隠才蔵役に挑む。2017年1月ミュージカル『フランケンシュタイン』に出演決定。

【Official HP】 公式サイト
【Official blog】 公式ブログ

2016/11/29

【木ノ下裕一の歌舞伎の“ツボ”】 Vol.7 一味違った楽しさとパワ..

open

close

Profile

木ノ下歌舞伎 主宰
1985年7月4日、和歌山生まれ。小学校3年生の時、上方落語を聞き衝撃を受けると同時に独学で落語を始め、その後、古典芸能への関心を広げつつ現代の舞台芸術を学ぶ。2006年に古典演目上演の演出や補綴・監修を自らが行う木ノ下歌舞伎を旗揚げ。
『黒塚』(’13)、『東海道四谷怪談—通し上演—』(’13)、『三人吉三』(’14)、『心中天の網島』(’15)、『義経千本桜ー渡海屋・大物浦ー』』(’16)
2015年に再演した『三人吉三』にて読売演劇大賞2015年上半期作品賞にノミネートされる。
その他古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。2015年3月に博士号(芸術博士)取得。

【Official HP】木ノ下歌舞伎 公式サイト
【Official Twitter】木ノ下裕一 Twitter

クラシック音楽界のきら星たちに注目

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING COLLECTION
  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん
  • シュフモ
  • Lei wedding net