チケットファン

歌舞伎 落語

謎の変奏曲

宝塚雪組貸切公演

ビリー・エリオット

カテゴリー

最新記事

Shining star of Classic music

【チケット好評発売中!】人気ピアニスト・反田恭平からのメッセージ☆

2016/07/28


チケット好評発売中!

 

アップ

 
『反田恭平 3夜連続ピアノコンサート(追加公演)』
9月7日(水)・8日(木)・9日(金)の午後2時から開演!

 
チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院に留学中の人気ピアニスト、反田恭平さんが帰国し、さらに洗練された演奏を各地で披露。7月26日・27日にサントリーホールで開催された『第10回はじめてのクラシック~中学生・高校生のために~2016年』のコンサートでは、コバケンこと、巨匠・小林研一郎指揮でチャイコフスキーの協奏曲を演奏し、各方面から称賛されています。
 
チケットファンで好評発売中の『反田恭平 3夜連続ピアノコンサート(追加公演)』について、多忙を極める反田恭平さんからメッセージが届きました。

 
ひき
 
今年1月のデビューリサイタルはたった1日といういことで、天候のこともあり、ご都合がつかず聴きにいらしゃれなかった方も多かったと聞きました。
 
そこで、今回はより多くの人に聴いていただきたいと、3日間の演奏会を考えました。3日間演奏するからには、もっとピアニスト反田恭平を知っていただけたらと思い、各日のテーマを決めることにしました。
 
まずは、現在住んでいるということもありロシア。この国の作品をもっともっと深く知っていただきたいと思っています。つぎに、ロシア音楽はフランス文化の影響をうけた作曲家や作品が多いことからフランス。さらに、音楽の父、クラシックの基盤ともいれるバッハ、それにベートーヴェン、ブラームスという‟3大B”といわれているドイツ音楽にも挑戦します。
 
時代の移り変わりがわかりやすいように、ドイツを初日に、フランス、ロシアと順番にもこだわりました。
 
今の自分の思いの詰まったコンサートです。
是非、会場でお会いしましょう!
 
2016年7月27日 反田恭平

 
イタリアの若手‟三羽がらす”と称され、現在は東京フィルハーモニー交響楽団の常任指揮者も務めるマエストロ、アンドレア・バッティストーニと録音した今秋リリース予定のCDが早くも‟名盤”との呼び声も高く、絶好調の反田恭平さん。ロシアに戻る前の貴重な演奏の機会をお見逃しなく!
 

■□■Ticket☆Information■□■
 
info
 
好評発売中!
『反田恭平 3夜連続ピアノコンサート 追加公演 』

※公演はいずれも午後2時開演の昼公演。ドイツ、フランス、ロシアを各日のテーマに違うプログラムを演奏予定
 

■会場:浜離宮朝日ホール (東京都)
■日時:9月7日(水)・8日(木)・9日(金)
開演 午後2時(開場は午後1時30分)
※未就学児入場不可
■料金:全席指定 4000円
■曲目:
<9月7日(水) ドイツ>
J.Sバッハ:パルティータ No.2 より「シンフォニア」
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番ハ短調 「悲愴」
シューベルト:ピアノ・ソナタ第13番イ長調 Op120
リスト:伝説より 波の上を渡るパオラの聖フランチェスコ
シューベルト:4つの即興曲 作品142 D935 より第2番 変イ長調
シューマン/リスト :献呈
<9月8日(木)フランス>
リスト:詩的で宗教的な調べより第7番「葬送」
ショパン:ノクターン第17番 ロ長調 Op.62-1
ショパン:スケルツォ第2番 変ロ短調 Op.31
ショパン:アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ
ラヴェル:夜のガスパール
<9月9日(金) ロシア> ※ピアノ ニューヨークスタインウェイ(ホロヴィッツ愛奏ピアノ)
スクリャービン : 幻想曲 ロ短調op.28
ラフマニノフ : 絵画的練習曲 op.39 より抜粋
ストラヴィンスキー : ペトルーシュカより「ロシアの踊り」
ラフマニノフ :ピアノ・ソナタ第2番 変ロ短調 Op.36

■チケットはコチラから♪

■公式サイト:反田恭平オフィシャルファンクラブ  http://soritakyohei.club/
■問合せ:サンライズプロモーション東京
電話=0570-00-3337(全日10:00~18:00)

 

反田恭平 プロフィール

1994年生まれ
2012年 高校在学中に、第81回日本音楽コンクール第1位入賞(高校生での優勝は11年ぶり、併せて聴衆賞を受賞)。2013年、桐朋学園大学音楽学部に入学するも、同年9月M.ヴォスクレセンスキー氏の推薦によりロシアへ留学。2014年チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院に首席(日本人初の最高得点)で入学。2014、15年度(財)ロームミュージックファンデーション奨学生。

2015年5月「チッタ・ディ・カントゥ国際ピアノ協奏曲コンクール」古典派部門で優勝。同年7月、デビューアルバム「リスト」を日本コロムビアより発売。
9月には、東京フィルハーモニー交響楽団定期への異例の大抜擢を受け、ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲 を(指揮:Aバッティストーニ)熱演し、満員の会場で大きな反響を呼び、同月27日は、新日本フィルハーモニー交響楽団と「フレッシュ名曲コンサート」にてチャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番(指揮:円光寺雅彦)を演奏し観客を魅了した。

12月には「ロシア国際音楽祭」にてマリインスキー劇場管弦楽団とのコンチェルト「パガニーニの主題による狂詩曲」と、リサイタルでマリインスキー劇場デビューを果たす。

2016年1月のデビュー・リサイタルは、サントリーホール2000席が完売し、圧倒的な演奏で観客を惹きつけた。現在、M.ヴォスクレセンスキー、S.クドリャコフ、A.ガマレイ各氏に師事し、ロシアを拠点にし、国内外にて演奏活動を意欲的に行っている。

オフィシャルHP http://soritakyohei.com/
オフィシャルファンクラブ http://soritakyohei.club/
YouTube Channel https://www.youtube.com/channel/UCBnjvF0bRbyP2lX1qYc_aqA/
Facebook https://www.facebook.com/KyoheiSorita        
Twitter @kyohei0901
 
■反田恭平関連記事はコチラ☆
反田恭平インタビュー(後編)→ http://ent.living.jp/concert/56534/
反田恭平インタビュー(前篇)→ http://ent.living.jp/concert/56417/

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

島田歌穂さん0419

島田歌穂

『ビリー・エリオット』"絶対やりたい!”と、これまでのミュージカル人生をかける...

チケット購入

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2017/04/04

市川染五郎×中井美穂 スぺシャル対談 ☆『氷艶 hyoen2017 ..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)、「松任谷正隆のディア・パートナー」(FM東京)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2017/03/31

大ヒット上映中!!ディズニー映画『モアナと伝説の海』4DX/MX4D..

open

close

Profile

1985年1月30日生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。
5歳で『伽羅先代萩』の鶴千代役にて、二代目尾上松也の名で初舞台。様々な分野で活躍し、歌舞伎公演以外にも活動の幅を広げている。09年より歌舞伎自主公演『挑む』を主催。歌舞伎公演以外の主な出演作に舞台:『ロミオ&ジュリエット』、『スリル・ミー』、『アンタッチャブル』、『男の花道』、『騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談』、TVドラマ「天地人」、「永遠の0」、映画「源氏物語」ほか。今年は6月からはミュージカル『エリザベート』にルイジ・ルキーニ役としての出演。8月8日には7回目の歌舞伎自主公演『挑む ~更なる幕へ勇みし気迫(こころ)~』を神奈川芸術劇場にて開催する。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト
【Official blog】松也日記(アメブロ公式)  
【自主公演サイト】挑むオフィシャルホームページ  

2017/03/22

📹【加藤和樹のエンタメCafe No.8】〈池袋エリ..

open

close

Profile

1984年10月7日生まれ。愛知県出身。現在、LIVEや舞台・ミュージカルなどに参加幅広いファン層に支持され、歌手・俳優としても各界で注目を浴びている。

2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴び、2006年4月Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。
日本や韓国・台湾・中国でのCDリリースの他、自身のアルバムなどのTOURである「LIVE“GIG”TOUR」とラジオ公開放送のように投稿メールとリクエストを中心に構成されている「“KK−STATION”TOUR」や、日本武道館や日比谷野外音楽堂、アジア圏でも単独ライブを開催するなど精力的に活動。

同時に俳優としても活動しており、ドラマ「仮面ライダーカブト」「ホタルノヒカリ」「インディゴの夜」「赤い糸の女」「乾杯戦士アフターV」などに出演するほか、アニメ「家庭教師ヒットマンREBORN」桔梗役や時代劇アニメ「義風堂々」石田三成役、ゲーム「戦場の円舞曲」「イケメン戦国」「B-Project」などで声優としても活躍。

近年はミュージカル『ロミオ&ジュリエット』『レディ・ベス』や『タイタニック』など大型ミュージカルにも出演。2016年4月・5月『1789 バスティーユの恋人たち』で帝劇初主演、9月~10月『真田十勇士』霧隠才蔵役に挑む。2017年1月ミュージカル『フランケンシュタイン』に出演決定。

【Official HP】 公式サイト
【Official blog】 公式ブログ

2016/11/29

【木ノ下裕一の歌舞伎の“ツボ”】 Vol.7 一味違った楽しさとパワ..

open

close

Profile

木ノ下歌舞伎 主宰
1985年7月4日、和歌山生まれ。小学校3年生の時、上方落語を聞き衝撃を受けると同時に独学で落語を始め、その後、古典芸能への関心を広げつつ現代の舞台芸術を学ぶ。2006年に古典演目上演の演出や補綴・監修を自らが行う木ノ下歌舞伎を旗揚げ。
『黒塚』(’13)、『東海道四谷怪談—通し上演—』(’13)、『三人吉三』(’14)、『心中天の網島』(’15)、『義経千本桜ー渡海屋・大物浦ー』』(’16)
2015年に再演した『三人吉三』にて読売演劇大賞2015年上半期作品賞にノミネートされる。
その他古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。2015年3月に博士号(芸術博士)取得。

【Official HP】木ノ下歌舞伎 公式サイト
【Official Twitter】木ノ下裕一 Twitter

クラシック音楽界のきら星たちに注目

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING COLLECTION
  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん
  • シュフモ
  • Lei wedding net