BUTAKOME編集部

ソン・シギョンSPECIAL インタビュー☆日本1stアルバム『DRAMA』発売&四大都市ジャパンツアー決定 ~チケット発売中!!

2017/11/22


 
コンサートチケット好評発売中!

 

ソン・シギョン

撮影:吉原朱美

 
12月20日発売のアルバム『DRAMA』で本格的に日本デビューを果たす“韓国バラード界の皇帝”ソン・シギョンさん。韓国映画やドラマのOST(オリジナル・サウンド・トラック)で数々のヒットを飛ばしているシギョンさんは、以前から日本でコンサート活動はされていましたが、このたび初の東京・愛知・福岡・大阪の四大都市を回るツアーを敢行します。日本語で歌った楽曲のアルバムを携えて、日本全国のファンに出会う今の率直な気持ちを、流暢な日本語で!語っていただきました。

会話の糸口に……と筆者が持参したのは、シギョンさんの2ndアルバム『Melodie d’ Amour』。2000年に歌手デビューしたシギョンさんが、2002年に発表したCDです。「わあ、僕のCDをインタビューで個人的に持ってきた人は初めてです」と笑顔満面のシギョンさんとの、ユーモア&自虐ギャグ!? 炸裂のインタビューが始まりました!

 
——こちらのCD、発売当時に韓国人の友人が「今、一番ヒットしているのは彼!」と言って買ってくれたんです。
 
ああ〜、そうですか。ま、当時は“そうでした”ですね(笑)。

 
——過去形じゃないですよ! いよいよ日本でアルバムデビューを迎えます。シギョンさんはすでに2006年から日本でコンサート活動をされていますが、こうして本格的にデビューすることを以前から考えていたんですか?
 
最初に日本に来たきっかけはチャン・ナラさんとのジョイントコンサート(2003年)で、まあ気楽な気持ちで来たんですよ。僕自身は自分のことを“韓流スター”とは言えないと思っています。ドラマに出ていないし、アイドルでもないし。なのに不思議なのは、それから段々に日本のファンの皆さんが増えてきてくれて、会場のサイズも大きくなっていって…。このままいったら武道館も夢じゃない!? なんて冗談で思ったりして(笑)。日本で何の活動もやっていないのに、本当に不思議で、来るたびにありがたいなと感謝していたんです。その頃は僕、日本語も全然しゃべれなかったんですよ。

 
——では、その頃から少しずつ勉強して、今のような素晴らしい実力に?
 
いいえ、違います。その頃はただ「日本語の曲を2曲くらい、歌うことになるから」とスタッフに言われて……。僕は、歌詞の内容がわからなかったら歌えません。だからその2曲はちゃんと覚えて、あとはオープニングと最後の挨拶くらいを覚えて……それくらいの語彙力でした(笑)。それで申し訳ない気持ちになっちゃって、ライブで皆さんに正直に話したこともありますよ。「実は今、僕がしゃべっている日本語は、全部覚えたヤツです。……と今、言っていることも覚えました。…って今、言っていることも……」って。(一同笑)皆さん、笑ってくれましたけど。日本語の勉強を本格的に始めたのは、今年になってから。本当に頑張らなきゃ!と思って。ひとりで勉強するのはつらかったです。でも、それが外国語の勉強じゃないかなと。そうしたつらい時間は、いいことだと。僕は好きです。

 
——語学が好きなんですか?
 
そうとは言えないですね(笑)。勉強が好きな人ってあんまりいないじゃないですか。でも必要だし。僕は英語もひとりで勉強したんですけど、頑張って勉強したことを、いい状況で使って、皆をワ〜ッと驚かせる、その瞬間の楽しさが大好きなんですよね。

 
——徐々に日本のファンが増えたことで、日本デビュー、さらに四大都市ツアーへと繋がっていったんですね。
 
この10年間ほど、ずっと待っていてくれていた人たちへの恩返しだと思っているんです。たとえるなら、結婚したのにず〜っと奥さんにお金をあげていなかった旦那さんの気持ち。(一同笑)でも、迷って戻ってくると、奥さんはいつでも温かいゴハンを作ってくれる。早く仕事を探して、早く給料を奥さんにあげたいのに…!という申し訳ない気持ちでいたんだけど、10年経って、やっとアルバムができた。このアルバムが、給料ですよね(笑)。今、持っています。あげたら喜んでくれるんじゃないかとドキドキしていますね。給料をあげたら、その後は一緒に外食にでも行けたらいいな……って、これがツアーですよね。

 
——たとえ話が面白過ぎます! 待望のお給料の(笑)アルバム『DRAMA』ですが、まずはこのタイトルについて。ラインナップを見れば、その理由がわかりますね。
 
たぶん日本のスタッフの皆さんが、打ち合わせで「ソン・シギョンのウリは何か?」と相談したんでしょう。それで、僕が自分で言うのもナンですけど、韓国では僕がOSTで参加したドラマが結構、成功しているんですよね。だから「OSTで有名なソン・シギョン」というイメージがあって。また日本のドラマのOSTをカバーするのは、すでに日本で認められている曲なので安心だし、歌手としても面白い挑戦なんですよ。それで、日本でヒットしたドラマOSTから6曲くらいを選んでカバーして、あとは韓国ドラマOSTの日本語バージョンと、新曲とで、12曲入ったアルバムに仕上がっています。

 

<次のページ>
僕もそれが一番気に入った曲でしたよ!

 

💡 プレゼント 💡

ソン・シギョンさん直筆サイン入りポラロイド写真
抽選で1名様にプレゼント!!

締切:11月30日(木)23:59まで

 

ソン・シギョン

プロフィール
1979年4月17日生まれ。2000年秋にインターネット音楽専門サイト「ドリーム・ミュージック」が初めて開催したサイバー新人歌手選抜大会「トゥアク・フェスティバル」で入賞して歌手活動をスタート。ポップバラード歌手として最良の武器となる、情感豊かな声の持ち主として、デビューして以来、注目を集め「バラードの皇帝」として韓国ばかりでなく国境を越えて女性の心を虜にしている。

★日本ファーストアルバム12月20日(水)発売!!
詳細は 公式サイト

▷オフィシャルサイト http://sungsikyung.jp/

 


 

 

 

■□■BUTAKOME☆Information ■□■
 

ソン・シギョン

SUNG SI KYUNG Japan Tour 2017 “DRAMA”

-------------------------------------------------------------

好評発売中!

チケット購入はコチラ

料金:全席指定 9,800円
※3歳以上有料。3歳未満入場不可。
※録音・録画機材(携帯電話)使用禁止
※営利目的の転売禁止

※発券は12月上旬を予定しています

事前に「チケットファン」の会員登録をしておくと購入がスムーズです
※入会金・年会費無料

-------------------------------------------------------------

【東京公演】
2017年12月21日(木) 開場17:30/開演18:30
会場:府中の森芸術劇場
(問)KMミュージック 045-201-9999

【愛知公演】
2017年12月23日(土) 開場17:00/開演18:00
会場:アイプラザ豊橋
(問)サンデーフォークプロモーション
052-320-9100(全日10:00~18:00)

【福岡公演】
2017年12月25日(月) 開場17:30/開演18:30
会場:福岡国際会議場メインホール
(問)キョードー西日本 092-714-0159

【大阪公演】
2017年12月27日(水) 開場17:30/開演18:30
2017年12月28日(木) 開場17:30/開演18:30
会場:NHK大阪ホール
(問)夢番地 06-6341-3525

※詳細はオフィシャルHP

 

ソン・シギョン 韓国映画・ドラマOSTリスト

2016年
「優しく さようなら」(韓国ドラマ「雲が描いた月明かり」)
「どこかでいつか」(韓国ドラマ「青い海の伝説」)

2014年
「君のすべての瞬間」(韓国ドラマ「星から来たあなた」)

2013年
「君に」(韓国ドラマ「応答せよ 1994」)

2012年
「僕が生きて行く場所」(韓国ドラマ「ウララ・カップル」)

2011年
「まぶしい告白」(韓国ドラマ「逆転の女王」)
「一度だけの愛」(韓国ドラマ「千日の約束」)

2010年
「君は僕の春だ」(韓国ドラマ「シークレット・ガーデン」)

2008年
「さよなら僕の愛」(韓国ドラマ「君は僕の運命」)
「未練」(韓国ドラマ「彼らが生きる世界」)

2006年
「季節が戻って来るように」(韓国ドラマ「春のワルツ」)

2004年
「その日から」(韓国ドラマ「いつか楽園で」)

2003年
「フィジェ」(韓国映画「菊花の香り」)

2002年
「サボテン」(韓国映画「永遠の片思い」)

2001年
「許されなかった愛」(韓国ドラマ「ソニジニ」)

 

 

 

BUTAKOME ファンクラブ
【LINE@ はじめました】
先行販売・お得なチケット情報をお届けします♪

LINEアプリの「友だち追加」から
ID:@butakome を検索するか、
下記の友だち追加ボタンから登録してください。

友だち追加数

 

1 2 3

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

シルク・ドゥ・ソレイユ『キュリオス』リビング貸切公演

インタビュー

城田優121203

城田優

ミュージカル『ブロードウェイと銃弾』

チケット購入

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2017/11/24

趣里×中井美穂 スぺシャル対談☆『ペール・ギュント』~日韓文化交流企..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2017/11/24

【本編】尾上松也のエンタメ異文化交流録『ローゼンクランツとギルデンス..

open

close

Profile

1985年1月30日生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。
5歳で『伽羅先代萩』の鶴千代役にて、二代目尾上松也の名で初舞台。様々な分野で活躍し、歌舞伎公演以外にも活動の幅を広げている。09年より歌舞伎自主公演『挑む』を主催。歌舞伎公演以外の主な出演作に舞台:『ロミオ&ジュリエット』、『スリル・ミー』、『アンタッチャブル』、『男の花道』、『騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談』、TVドラマ「天地人」、「永遠の0」、映画「源氏物語」ほか。今年は6月からはミュージカル『エリザベート』にルイジ・ルキーニ役としての出演。8月8日には7回目の歌舞伎自主公演『挑む ~更なる幕へ勇みし気迫(こころ)~』を神奈川芸術劇場にて開催する。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト
【Official blog】松也日記(アメブロ公式)  
【自主公演サイト】挑むオフィシャルホームページ  

2017/12/12NEW

【先行抽選エントリー開始!】加藤和樹のエンタメCafe in 大阪~..

open

close

Profile

1984年10月7日生まれ。愛知県出身。現在、LIVEや舞台・ミュージカルなどに参加幅広いファン層に支持され、歌手・俳優としても各界で注目を浴びている。

2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴び、2006年4月Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。
日本や韓国・台湾・中国でのCDリリースの他、自身のアルバムなどのTOURである「LIVE“GIG”TOUR」とラジオ公開放送のように投稿メールとリクエストを中心に構成されている「“KK−STATION”TOUR」や、日本武道館や日比谷野外音楽堂、アジア圏でも単独ライブを開催するなど精力的に活動。

同時に俳優としても活動しており、ドラマ「仮面ライダーカブト」「ホタルノヒカリ」「インディゴの夜」「赤い糸の女」「乾杯戦士アフターV」などに出演するほか、アニメ「家庭教師ヒットマンREBORN」桔梗役や時代劇アニメ「義風堂々」石田三成役、ゲーム「戦場の円舞曲」「イケメン戦国」「B-Project」などで声優としても活躍。

近年はミュージカル『ロミオ&ジュリエット』『レディ・ベス』や『タイタニック』など大型ミュージカルにも出演。2016年4月・5月『1789 バスティーユの恋人たち』で帝劇初主演、9月~10月『真田十勇士』霧隠才蔵役に挑む。2017年1月ミュージカル『フランケンシュタイン』に出演決定。

【Official HP】 公式サイト
【Official blog】 公式ブログ

2016/11/29

【木ノ下裕一の歌舞伎の“ツボ”】 Vol.7 一味違った楽しさとパワ..

open

close

Profile

木ノ下歌舞伎 主宰
1985年7月4日、和歌山生まれ。小学校3年生の時、上方落語を聞き衝撃を受けると同時に独学で落語を始め、その後、古典芸能への関心を広げつつ現代の舞台芸術を学ぶ。2006年に古典演目上演の演出や補綴・監修を自らが行う木ノ下歌舞伎を旗揚げ。
『黒塚』(’13)、『東海道四谷怪談—通し上演—』(’13)、『三人吉三』(’14)、『心中天の網島』(’15)、『義経千本桜ー渡海屋・大物浦ー』』(’16)
2015年に再演した『三人吉三』にて読売演劇大賞2015年上半期作品賞にノミネートされる。
その他古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。2015年3月に博士号(芸術博士)取得。

【Official HP】木ノ下歌舞伎 公式サイト
【Official Twitter】木ノ下裕一 Twitter

クラシック音楽界のきら星たちに注目

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING COLLECTION
  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん
  • シュフモ
  • Lei wedding net