チケットファン

☆ミュージカル『1789 バスティーユの恋人たち』

歌舞伎 落語

カテゴリー

最新記事

歌舞伎

歌舞伎一覧

2016/02/15


 
特別価格でチケット発売中!

 

『吉例顔見世大歌舞伎』

1709kabuki

〈昼の部=11:00〉一.鯉つかみ、二.奥州安達原、三.雪暮夜入谷畦道。
〈夜の部=16:30〉一.仮名手本忠臣蔵、二.新口村、三.大石最後の一日
 
〔公演日・会場〕
会 場:歌舞伎座(東銀座)
公演日:2017年11月12日(日)・24日(金)11:00、
11月13日(月)・18日(土)16:30


〔出演〕
出 演:藤十郎〈夜の部のみ〉、菊五郎〈昼の部のみ〉、幸四郎〈夜の部のみ〉、吉右衛門〈昼の部のみ〉、仁左衛門〈夜の部のみ〉、染五郎

※配役と演目はコチラから

〔料金〕
一等席 :1万8,000円 ⇒ 特別価格 1万7,000円
※4歳以上有料

■□■□ お申込み □■□■
特別価格でチケット発売中!
※お申込みはチケットファン

※事前に「チケットファン」の会員登録をしておくと購入がスムーズです
※入会金・年会費無料 

 
〔演目〕

 昼の部(=11:00 開演)

湧昇水鯉滝
一、鯉つかみ(こいつかみ)

滝窓志賀之助実は鯉の精/滝窓志賀之助 / 染五郎

 
二、奥州安達原(おうしゅうあだちがはら)
環宮明御殿の場

安倍貞任 / 吉右衛門
袖萩 / 雀右衛門
安倍宗任 / 又五郎
八幡太郎義家 / 錦之助
平傔仗直方 / 歌六
浜夕 / 東蔵

 
河竹黙阿弥 作
三、雪暮夜入谷畦道(ゆきのゆうべいりやのあぜみち)
直侍
浄瑠璃「忍逢春雪解」

片岡直次郎 / 菊五郎
三千歳 / 時蔵
暗闇の丑松 / 團蔵
按摩丈賀 / 東蔵

 

 夜の部(=16:30開演)

一、仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)
五段目 山崎街道鉄砲渡しの場
    同   二つ玉の場
六段目 与市兵衛内勘平腹切の場

早野勘平 / 仁左衛門
女房おかる / 孝太郎
斧定九郎 / 染五郎
不破数右衛門 / 彌十郎
一文字屋お才 / 秀太郎

 
恋飛脚大和往来
二、新口村(にのくちむら)

亀屋忠兵衛 / 藤十郎
傾城梅川 / 扇雀
孫右衛門 / 歌六

 
真山青果 作
真山美保 演出

元禄忠臣蔵
三、大石最後の一日(おおいしさいごのいちにち)

大石内蔵助 / 幸四郎
磯貝十郎左衛門 / 染五郎
久永内記 / 友右衛門
おみの / 児太郎
細川内記 / 金太郎
堀内伝右衛門 / 彌十郎
荒木十左衛門 / 仁左衛門

 
☆───────────────────────────────☆
 
【11月公演】特別価格でチケット発売中!

 

スーパー歌舞伎II(セカンド)『ワンピース』

 

ワンピース

(C)尾田栄一郎/集英社

 
日本全国で20万人を動員した大ヒット歌舞伎が帰ってきます!

三代目市川猿之助(現猿翁)によって創造された、かつてないスケール感と重厚な物語性を併せ持ったスーパー歌舞伎は、数々の金字塔を打ち立て、演劇界に新しいジャンルを拓いた。そのスピリットを継承した四代目市川猿之助が自らの手で創造したスーパー歌舞伎、それが「スーパー歌舞伎Ⅱ(セカンド)」。

「劇場」という大海原に飛び出し、「こんな歌舞伎、見たことない!」と大評判になったルフィと麦わらの一味の新たな冒険を今度こそ、お見逃しなく!

 

■□■BUTAKOME☆Information■□■
 

スーパー歌舞伎II(セカンド)『ワンピース』

【11月公演分】特別価格で発売中!
 
お申込みはチケットファン

 
<11月公演>
11月2日(木)・5日(日)・13日(月)・21日(火) 11時
11月6日(月)・9日(木)・12日(日)・18日(土)・24日(金) 16時30分

 
※事前に「チケットファン」の会員登録をしておくと購入がスムーズです
※入会金・年会費無料

 

通常公演

 
会 場:新橋演舞場(東銀座)

公演日:
<10月公演>好評発売中!!
2017年10月7日(土)、10日(火)、11日(水)、16日(月)、28日(土) 16:30
19日(木)、23日(月)、27日(金)、29日(日) 11:00

10月公演チケットはコチラ

※通常公演のみ(特別マチネ「麦わらの挑戦」の販売はありません

料 金:
<11:00公演>一等席 1万6,500円 ⇒ 特別価格 1万5,900円
<16:30公演>一等席 1万6,500円 ⇒ 特別価格 1万5,500円
※4歳以上有料、3歳以下のお子様はご入場いただけません。

原 作:尾田栄一郎
脚本・演出:横内謙介
演 出:市川猿之助
スーパーバイザー:市川猿翁
 
出演者:
ルフィ/ハンコック 市川 猿之助
白ひげ 市川 右團次 
ゾロ/ボン・クレー/スクアード 坂東 巳之助
サンジ/イナズマ 中村 隼人 
サディちゃん/マルコ 尾上 右近 
ナミ/サンダーソニア 坂東 新悟
アバロ・ピサロ 市川 寿猿
チョッパー 市川 右近 *
はっちゃん/戦桃丸 市川 弘太郎
ベラドンナ 坂東 竹三郎
ニョン婆 市川 笑三郎
ジンベエ/黒ひげ 市川 猿弥 
ニコ・ロビン/マリーゴールド 市川 笑也 
マゼラン 市川 男女蔵
つる 市川 門之助

エース/シャンクス 平 岳大
ブルック/赤犬サカズキ 嘉島 典俊 
イワンコフ/センゴク 浅野 和之 

※配役と演目はコチラから

 
☆───────────────────────────────☆
 

特別価格でチケット発売中!

 

『芸術祭十月大歌舞伎』

1710kabuki

〈昼の部=11:00〉マハーバーラタ戦記
〈夜の部=16:30〉一.沓手鳥孤城落月、二.漢人韓文手管始、三.秋の色種
 
〔公演日・会場〕
会 場:歌舞伎座(東銀座)
公演日:2017年10月5日(木)・14日(土)16:30、
10月18日(水)・22日(日)11:00


〔出演〕
出 演:尾上菊五郎、坂東玉三郎、中村鴈治郎、中村芝翫、尾上菊之助、中村七之助ほか

※配役と演目はコチラから

〔料金〕
一等席 :1等席1万8,000円 ⇒ 特別価格 1万7,000円
※4歳以上有料

■□■□ お申込み □■□■
特別価格でチケット発売中!
※お申込みはチケットファン

 
〔演目〕

 昼の部(=11:00 開演)

日印友好交流年記念
青木 豪 脚本
宮城 聰 演出

新作歌舞伎

極付印度伝
マハーバーラタ戦記(まはーばーらたせんき)

序幕 神々の場所より
大詰 戦場まで
世界三大叙事詩が初めて歌舞伎に
 
迦楼奈(かるな)/シヴァ神 / 菊之助
汲手姫(くんてぃひめ) / 時蔵
帝釈天 / 鴈治郎
鶴妖朶王女(づるようだおうじょ) / 七之助
阿龍樹雷王子(あるじゅらおうじ)/梵天 / 松也
羅陀(らーだー) / 萬次郎
弗機王(どるはたおう) / 團蔵
大黒天 / 楽善
太陽神 / 左團次
那羅延天(ならえんてん)/仙人 久理修那(くりしゅな) / 菊五郎

 

 夜の部(=16:30開演)

坪内逍遙 作
石川耕士 演出

一、沓手鳥孤城落月(ほととぎすこじょうのらくげつ)
大阪城内奥殿
二の丸内乱戦
城内山里糒庫階上
 
淀の方 / 玉三郎
豊臣秀頼 / 七之助
大野修理之亮 / 松也
氏家内膳 / 彦三郎
正栄尼 / 萬次郎

 
二、漢人韓文手管始 (かんじんかんもんてくだのはじまり)
唐人話
 
十木伝七 / 鴈治郎
傾城高尾 / 七之助
奴光平 / 松也
幸才典蔵 / 芝翫

 
三、秋の色種 (あきのいろくさ)
 
女 / 玉三郎


 
☆───────────────────────────────☆
 
特別価格でチケット発売中!

 

『秀山祭九月大歌舞伎』

秀山祭九月大歌舞伎

 
<昼の部 11時>
一、彦山権現誓助剱 毛谷村 
二、仮名手本忠臣蔵 道行旅路の嫁入 
三、極付幡随長兵衛「公平法門諍」 

<夜の部 16時30分>
一、ひらかな盛衰記 逆櫓 
二、再桜遇清水 桜にまよふ破戒清玄 新清水花見の場より六浦庵室の場まで

 
〔公演日・会場〕
会 場:歌舞伎座(東銀座)
公演日:9月5日(火)・17(日)16:30、
14日(木)・24日(日)11:00


〔出演〕
出 演:中村吉右衛門、市川染五郎、尾上菊之助(昼公演のみ)、坂田藤十郎(昼公演のみ)、ほか

※配役と演目はコチラから

〔料金〕
一等席 :1等席1万8,000円 ⇒ 特別価格 1万7,000円
※※4歳以上有料

■□■□ お申込み □■□■
特別価格でチケット発売中!
※お申込みはチケットファン

 
〔演目〕

 昼の部(=11:00 開演)

一、彦山権現誓助剱(ひこさんごんげんちかいのすけだち)
  毛谷村

毛谷村六助 / 染五郎
お園 / 菊之助
微塵弾正実は京極内匠 / 又五郎

 
仮名手本忠臣蔵
二、道行旅路の嫁入(みちゆきたびじのよめいり)

戸無瀬 / 藤十郎
小浪 / 壱太郎

 
河竹黙阿弥 作
三、極付 幡随長兵衛(きわめつき ばんずいちょうべえ)
  「公平法問諍」

幡随院長兵衛 / 吉右衛門
水野十郎左衛門 / 染五郎
近藤登之助 / 錦之助
坂田公平/出尻清兵衛 / 又五郎
唐犬権兵衛 / 歌六
長兵衛女房お時 / 魁春

 

 夜の部(=16:30開演)

一、ひらかな盛衰記(ひらかなせいすいき)
  逆櫓

 
船頭松右衛門実は樋口次郎兼光 / 吉右衛門
漁師権四郎 / 歌六
お筆 / 雀右衛門
船頭明神丸富蔵 / 又五郎
同 灘吉九郎作 / 錦之助
同 日吉丸又六 / 松江
松右衛門女房およし / 東蔵
畠山重忠 / 左團次

 
「遇曽我中村」より
松 貫四 作
中村吉右衛門 監修

二、再桜遇清水(さいかいざくらみそめのきよみず)
  桜にまよふ破戒清玄
  新清水花見の場より
  六浦庵室の場まで

清水法師清玄/奴浪平 / 染五郎
桜姫 / 雀右衛門
千葉之助清玄 / 錦之助
山路 / 魁春
 
☆───────────────────────────────☆
 

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

シルク・ドゥ・ソレイユ『キュリオス』リビング貸切公演

インタビュー

城田優121203

城田優

ミュージカル『ブロードウェイと銃弾』

チケット購入

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2017/11/24

趣里×中井美穂 スぺシャル対談☆『ペール・ギュント』~日韓文化交流企..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2017/11/24

【本編】尾上松也のエンタメ異文化交流録『ローゼンクランツとギルデンス..

open

close

Profile

1985年1月30日生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。
5歳で『伽羅先代萩』の鶴千代役にて、二代目尾上松也の名で初舞台。様々な分野で活躍し、歌舞伎公演以外にも活動の幅を広げている。09年より歌舞伎自主公演『挑む』を主催。歌舞伎公演以外の主な出演作に舞台:『ロミオ&ジュリエット』、『スリル・ミー』、『アンタッチャブル』、『男の花道』、『騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談』、TVドラマ「天地人」、「永遠の0」、映画「源氏物語」ほか。今年は6月からはミュージカル『エリザベート』にルイジ・ルキーニ役としての出演。8月8日には7回目の歌舞伎自主公演『挑む ~更なる幕へ勇みし気迫(こころ)~』を神奈川芸術劇場にて開催する。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト
【Official blog】松也日記(アメブロ公式)  
【自主公演サイト】挑むオフィシャルホームページ  

2017/12/12NEW

【先行抽選エントリー開始!】加藤和樹のエンタメCafe in 大阪~..

open

close

Profile

1984年10月7日生まれ。愛知県出身。現在、LIVEや舞台・ミュージカルなどに参加幅広いファン層に支持され、歌手・俳優としても各界で注目を浴びている。

2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴び、2006年4月Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。
日本や韓国・台湾・中国でのCDリリースの他、自身のアルバムなどのTOURである「LIVE“GIG”TOUR」とラジオ公開放送のように投稿メールとリクエストを中心に構成されている「“KK−STATION”TOUR」や、日本武道館や日比谷野外音楽堂、アジア圏でも単独ライブを開催するなど精力的に活動。

同時に俳優としても活動しており、ドラマ「仮面ライダーカブト」「ホタルノヒカリ」「インディゴの夜」「赤い糸の女」「乾杯戦士アフターV」などに出演するほか、アニメ「家庭教師ヒットマンREBORN」桔梗役や時代劇アニメ「義風堂々」石田三成役、ゲーム「戦場の円舞曲」「イケメン戦国」「B-Project」などで声優としても活躍。

近年はミュージカル『ロミオ&ジュリエット』『レディ・ベス』や『タイタニック』など大型ミュージカルにも出演。2016年4月・5月『1789 バスティーユの恋人たち』で帝劇初主演、9月~10月『真田十勇士』霧隠才蔵役に挑む。2017年1月ミュージカル『フランケンシュタイン』に出演決定。

【Official HP】 公式サイト
【Official blog】 公式ブログ

2016/11/29

【木ノ下裕一の歌舞伎の“ツボ”】 Vol.7 一味違った楽しさとパワ..

open

close

Profile

木ノ下歌舞伎 主宰
1985年7月4日、和歌山生まれ。小学校3年生の時、上方落語を聞き衝撃を受けると同時に独学で落語を始め、その後、古典芸能への関心を広げつつ現代の舞台芸術を学ぶ。2006年に古典演目上演の演出や補綴・監修を自らが行う木ノ下歌舞伎を旗揚げ。
『黒塚』(’13)、『東海道四谷怪談—通し上演—』(’13)、『三人吉三』(’14)、『心中天の網島』(’15)、『義経千本桜ー渡海屋・大物浦ー』』(’16)
2015年に再演した『三人吉三』にて読売演劇大賞2015年上半期作品賞にノミネートされる。
その他古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。2015年3月に博士号(芸術博士)取得。

【Official HP】木ノ下歌舞伎 公式サイト
【Official Twitter】木ノ下裕一 Twitter

クラシック音楽界のきら星たちに注目

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING COLLECTION
  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん
  • シュフモ
  • Lei wedding net