チケットファン

ビリー・エリオット

宝塚歌劇月組公演『All for One』~ダルタニアンと太陽王~

謎の変奏曲

歌舞伎 落語

カテゴリー

最新記事

尾上松也のエンタメ異文化交流録

尾上松也スペシャルインタビュー☆歌舞伎座『十二月大歌舞伎』

2016/11/16


 

尾上松也SI

撮影/吉原朱美

尾上松也が新作歌舞伎『あらしのよるに』でヤギのめいに!

歌舞伎座で上演される『十二月大歌舞伎』に出演する尾上松也さん。第一部ではきむらゆういちさん原作の童話を舞台化する新作歌舞伎『あらしのよるに』で、ヤギのめい役。第二部では『吹雪峠』助蔵『寺子屋』武部源蔵と大役を演じます。「一部二部とも出ずっぱりです!」という大活躍の松也さんに意気込みを伺いました。

 
――去年、京都南座で初演された『あらしのよるに』。BUTAKOME観劇会も開催しましたが、連日満員でしたね!

 実は前半の何日かは客席に空席もありまして・・・。ですが、僕や(オオカミのがぶ役の中村)獅童さんは作品自体に確固たる自信がありました。そう思って演じていたら、あっという間に満席、札止めになったんです。獅童さんと「いろいろなところで上演したい、東京なら歌舞伎座で演じたいね」とお互いに話していた、その目標が実現しましたのでたいへん嬉しいです。ちなみに去年は『エリザベート』ルキーニの翌月が『あらしのよるに』のめいだったんですよ(笑)。
 
――『あらしのよるに』はオオカミのがぶとヤギのめいの友情を描いた作品です。

 がぶとめいは種族が違う、結ばれない運命の二人。食べるものであり、食べられるものであるという関係の不条理さがあるんです。ちゃんと掘り下げれば大人でも十分楽しめる深い話でもありますし、子供が見ても楽しめる要素がふんだんに詰め込まれています。実はめいは原作では性別が男か女か、明らかにされていないんですよ。僕がめいをやらせてもらうと決まったとき、めいは男の子に見えても女の子に見えてもいいと思ったんですね。がぶとめいの関係は、純粋に友情に見える人もいれば、恋愛に見えても、同性愛に見えてもいい。いろいろな解釈ができるようにしたいなと思ったんです。

――それは歌舞伎ならではですね!

 そうですね。白塗りにして、台詞の言い方や立ち居振る舞いで中性的に見せられますから。
 
――この作品で伝えたいことは?

 友達になれるはずがないがぶとめいが、お互いに絆を深め、信念を強く持つことで周りを変えていく。これは社会一般にも通じる話ですよね。愛情や絆があれば、たとえ立場が違う同士でもそんなことは関係ないんだということがこの作品では描かれているんです。
 
――『あらしのよるに』を歌舞伎として上演するにあたって、心がけたことは?

 現代的な要素をなるべく使わずに、古典の空気を大事にして、歌舞伎らしい手作り感をお見せしたいと思いました。僕が思う新作歌舞伎というのは一回限りの企画物でなく、いろいろな人が演じて、代が変わっても受け継がれていくものを創っていきたいと思うんです。
 
――最近は、市川猿之助さんのスーパー歌舞伎Ⅱ『ワンピース』や獅童さんが初音ミクとコラボした超歌舞伎『今昔饗宴千本桜』など新世代に向けての新たな試みが目立ちますよね。

 そうですね。昔からいろいろチャレンジしてきたからこそ今の歌舞伎がある。『寺子屋』だって何百年前は新作として上演されたんですから。今の自分たちのベストを尽くして新しいものを創っていかないといけないですし、古典を上演しているだけでは未来に歌舞伎を残せないのではないか、という気持ちは皆持っていると思いますよ。

 

<次のページ>
『寺子屋』は同世代ならではのチームワークで演じたい

 

■□■BUTAKOME☆Information ■□■

『十二月大歌舞伎』

kabuki1610

〔公演日・会場〕
会 場:歌舞伎座(東銀座)
公演日:2016年12月3日(土)6日(火)18:30、
2016年12月8日(木)21日(水)15:00、
2016年12月11日(日)16日(金)11:00

〔出演〕
玉三郎(三部のみ)、獅童(一部のみ)、勘九郎(二部・三部のみ)、七之助(二部・三部のみ)、中車(一部・二部のみ)、松也(一部・二部のみ)ほか

〔料金〕
一等席 15,000円 ⇒ 特別価格 14,500円
※4歳以上有料

■□■□ お申込み □■□■
特別価格でチケット発売中!
※お申込みはチケットファン

 
〔演目〕

 第一部(=11:00 開演)


きむらゆういち 原作(講談社刊)
今井豊茂 脚本
藤間勘十郎 演出・振付
新作歌舞伎
一、あらしのよるに

がぶ / 獅童
めい / 松也
みい姫 / 梅枝
たぷ / 萬太郎
はく / 竹松
山羊のおじじ / 橘太郎
がい / 権十郎
狼のおばば / 萬次郎
ぎろ / 中車

 

 第二部(=15:00)

宇野信夫 作
一、吹雪峠(ふぶきとうげ)

直吉 / 中車
助蔵 / 松也
おえん / 七之助

 
二、菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)
寺子屋
寺入りよりいろは送りまで

松王丸 / 勘九郎
武部源蔵 / 松也
戸浪 / 梅枝
園生の前 / 新悟
春藤玄蕃 / 猿弥
千代 / 七之助

 

 第三部(=18:30)

一、二人椀久(ににんわんきゅう)

松山太夫 / 玉三郎
椀屋久兵衛 / 勘九郎

 
二、京鹿子娘五人道成寺(きょうかのこむすめごにんどうじょうじ)
道行より鐘入りまで

白拍子花子 / 玉三郎
白拍子花子 / 勘九郎
白拍子花子 / 七之助
白拍子花子 / 梅枝
白拍子花子 / 児太郎

 
 

 

BUTAKOME ファンクラブ
【LINE@ はじめます】
先行販売・お得なチケット情報をお届けします♪
詳細はコチラ

💡お友達追加は下記↓をClickしてください💡

友だち追加数

 

1 2 3

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

JCミッチェル01

ジョン・キャメロン・ミッチェル

『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』SPECIAL SHOW~失われた片割...

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2017/07/25NEW

ムロツヨシ×中井美穂 スぺシャル対談☆ミュージカル『ヤングフランケン..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2017/03/31

大ヒット上映中!!ディズニー映画『モアナと伝説の海』4DX/MX4D..

open

close

Profile

1985年1月30日生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。
5歳で『伽羅先代萩』の鶴千代役にて、二代目尾上松也の名で初舞台。様々な分野で活躍し、歌舞伎公演以外にも活動の幅を広げている。09年より歌舞伎自主公演『挑む』を主催。歌舞伎公演以外の主な出演作に舞台:『ロミオ&ジュリエット』、『スリル・ミー』、『アンタッチャブル』、『男の花道』、『騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談』、TVドラマ「天地人」、「永遠の0」、映画「源氏物語」ほか。今年は6月からはミュージカル『エリザベート』にルイジ・ルキーニ役としての出演。8月8日には7回目の歌舞伎自主公演『挑む ~更なる幕へ勇みし気迫(こころ)~』を神奈川芸術劇場にて開催する。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト
【Official blog】松也日記(アメブロ公式)  
【自主公演サイト】挑むオフィシャルホームページ  

2017/03/22

📹【加藤和樹のエンタメCafe No.8】〈池袋エリ..

open

close

Profile

1984年10月7日生まれ。愛知県出身。現在、LIVEや舞台・ミュージカルなどに参加幅広いファン層に支持され、歌手・俳優としても各界で注目を浴びている。

2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴び、2006年4月Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。
日本や韓国・台湾・中国でのCDリリースの他、自身のアルバムなどのTOURである「LIVE“GIG”TOUR」とラジオ公開放送のように投稿メールとリクエストを中心に構成されている「“KK−STATION”TOUR」や、日本武道館や日比谷野外音楽堂、アジア圏でも単独ライブを開催するなど精力的に活動。

同時に俳優としても活動しており、ドラマ「仮面ライダーカブト」「ホタルノヒカリ」「インディゴの夜」「赤い糸の女」「乾杯戦士アフターV」などに出演するほか、アニメ「家庭教師ヒットマンREBORN」桔梗役や時代劇アニメ「義風堂々」石田三成役、ゲーム「戦場の円舞曲」「イケメン戦国」「B-Project」などで声優としても活躍。

近年はミュージカル『ロミオ&ジュリエット』『レディ・ベス』や『タイタニック』など大型ミュージカルにも出演。2016年4月・5月『1789 バスティーユの恋人たち』で帝劇初主演、9月~10月『真田十勇士』霧隠才蔵役に挑む。2017年1月ミュージカル『フランケンシュタイン』に出演決定。

【Official HP】 公式サイト
【Official blog】 公式ブログ

2016/11/29

【木ノ下裕一の歌舞伎の“ツボ”】 Vol.7 一味違った楽しさとパワ..

open

close

Profile

木ノ下歌舞伎 主宰
1985年7月4日、和歌山生まれ。小学校3年生の時、上方落語を聞き衝撃を受けると同時に独学で落語を始め、その後、古典芸能への関心を広げつつ現代の舞台芸術を学ぶ。2006年に古典演目上演の演出や補綴・監修を自らが行う木ノ下歌舞伎を旗揚げ。
『黒塚』(’13)、『東海道四谷怪談—通し上演—』(’13)、『三人吉三』(’14)、『心中天の網島』(’15)、『義経千本桜ー渡海屋・大物浦ー』』(’16)
2015年に再演した『三人吉三』にて読売演劇大賞2015年上半期作品賞にノミネートされる。
その他古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。2015年3月に博士号(芸術博士)取得。

【Official HP】木ノ下歌舞伎 公式サイト
【Official Twitter】木ノ下裕一 Twitter

クラシック音楽界のきら星たちに注目

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING COLLECTION
  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん
  • シュフモ
  • Lei wedding net