LINE@

【12月8日(金)エントリー開始】宝塚歌劇花組リビング貸切公演・SS席観劇+ランチプラン<六本木テラス フィリップ・ミル>

2017/12/04


 

ROPPONGI TERRACE_food_016

※写真はイメージ
オリジナルランチコースは4品<プティサレ、前菜、メイン、オリジナルデザート(コーヒーor紅茶)>構成

 

宝塚歌劇花組リビング貸切公演 SS席4~6列で観劇
自然を感じるガーデンテラスを備えた「六本木テラス フィリップ・ミル」にて
オリジナルランチコースを


 
サンケイリビング新聞社では、宝塚歌劇花組 ミュージカル・ゴシック『ポーの一族』 貸切公演を2018年3月3日(土)に実施します。
今回のランチプランは、東京ミッドタウンガレリアにある、「六本木テラス フィリップ・ミル」のオリジナルランチコース料理と花組リビング貸切公演をSS席4~6列目でご観劇いただくプランをご用意いたしました。
 

PHILIPPE MILLE
 
「ラ・セール」、「ホテル・ムーリス」など名門レストランでの修業を経て、弱冠38歳にして国家最優秀職人賞(M.O.F.)を受賞し、現在は、シャンパーニュ地方・ランスに佇むシャトー「レ・クレイエール」の二ツ星レストラン「ル・パルク」とブラッスリー「ル・ジャルダン」の総料理長として活躍する実力派シェフ。
 
フランス料理の伝統的な技術やセオリーを忠実に守りながらも、豊かな感性を活かした現代的なスタイルの盛り付けで、食の芸術ともいえる独自の世界観を表現しています。
 
「ル・パルク」のシェフ就任からわずか2年でミシュランの二ツ星を獲得、2008年のボキューズ・ドール国際料理コンクールで3位入賞を果たすなど、“グランド・キュイジーヌの大いなる希望の星”として国内外で高く評価されてるフィリップ・ミル氏による日本初のレストラン。
 
絵画のように美しく繊細な料理を堪能した後は、花組公演でキラキラと美しい夢の世界をお楽しみください。

 

フィリップ・ミル テラス


個室

※個室またはプライベートルームでのお食事となります。

六本木テラス フィリップ・ミル

東京都港区赤坂9-7-4
東京ミッドタウン ガーデンテラス 4F

営業時間:ラ ン チ 11:00~15:30 (14:00L.O.)
     ディナー 17:30~23:00(21:00L.O.)

公式サイト 六本木テラス フィリップ・ミル

プライベートルーム

【BUTAKOME LINE@ 先行販売(抽選)】
エントリー期間:12月  8日(金)19:00~12月15日(金)18:00
抽 選 結 果:12月20日(水)13:00以降

※クレジットカード決済のみ:当選時に決済
※未就学児童申し込み不可

 
<SS席観劇+ランチプラン>
■SS席4~6列(抽選)観劇 + オリジナルランチプラン
 
参加費:1人・1万9,500円
※SS席チケット代、ランチ料金・税・サ料込み
※2名様まで申込み可能(1名様申込み可能)
※お食事のお席は、観劇チケット抽選時に決まります。
2名様の場合は「2名様テーブル」になります。
1名様の場合は「4名様テーブル」or「14名様テーブル」になります。

 
■募集人数:42名様
※ご観劇チケットは「ランチ会場」で抽選にてお渡しします。
受付時に<ご案内状>と<顔写真付き身分証(パスポート・運転免許証 等)>をご提示いただきます

■ランチ・時間:12:00頃からお食事開始、13:30 終了(予定)
※お食事終了後、各自で東京宝塚劇場に移動いただきます

 
💡SS席観劇&お食事プラン<お申込みURL>は
12月8日(金)19:00頃にBUTAKOME LINE@でお送りします

お早目にLINE@に「友だち追加」お願いします♪

※LINEアプリの「友だち追加」から ID:@butakome を検索するか、
下記の友だち追加ボタンから登録してください。
 
友だち追加数

 

【リビング一般発売】
2018年1月7日(日)正午発売開始(先着順受付)
チケットファンで発売!
※同公演の購入ページは12月中旬頃公開予定
———————————————————————————–
※事前に「チケットファン」の会員登録をしておくと購入がスムーズです
※入会金・年会費無料
———————————————————————————–
 

※関連記事
花組『ポーの一族』制作発表記者会見レポート

 

宝塚歌劇花組リビング貸切公演
ミュージカル・ゴシック
『ポーの一族』

原作/萩尾望都「ポーの一族」(小学館フラワーコミックス)
脚本・演出/小池修一郎
takarazuka_poo

(C)宝塚歌劇団 / Photographer Chagoon(www.chagoon.com)

 
出演:明日海りお、仙名彩世 他

■日時: 2018年3月3日(土)15:30開演

■会場 : 東京宝塚劇場

■料金 : SS席 12,000円、S席 8,800円、A席 5,500円、B席 3,500円、B席(2F16列目)2,500円

 
リビング貸切公演では、公演グッズなど豪華賞品が当たるお楽しみ抽選会やトップスター✨明日海りおさんへのミニインタビューも予定

※公演詳細は宝塚歌劇公式HP
 

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

シルク・ドゥ・ソレイユ『キュリオス』リビング貸切公演

インタビュー

城田優121203

城田優

ミュージカル『ブロードウェイと銃弾』

チケット購入

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2017/11/24

趣里×中井美穂 スぺシャル対談☆『ペール・ギュント』~日韓文化交流企..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2017/11/24

【本編】尾上松也のエンタメ異文化交流録『ローゼンクランツとギルデンス..

open

close

Profile

1985年1月30日生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。
5歳で『伽羅先代萩』の鶴千代役にて、二代目尾上松也の名で初舞台。様々な分野で活躍し、歌舞伎公演以外にも活動の幅を広げている。09年より歌舞伎自主公演『挑む』を主催。歌舞伎公演以外の主な出演作に舞台:『ロミオ&ジュリエット』、『スリル・ミー』、『アンタッチャブル』、『男の花道』、『騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談』、TVドラマ「天地人」、「永遠の0」、映画「源氏物語」ほか。今年は6月からはミュージカル『エリザベート』にルイジ・ルキーニ役としての出演。8月8日には7回目の歌舞伎自主公演『挑む ~更なる幕へ勇みし気迫(こころ)~』を神奈川芸術劇場にて開催する。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト
【Official blog】松也日記(アメブロ公式)  
【自主公演サイト】挑むオフィシャルホームページ  

2017/12/12NEW

【先行抽選エントリー開始!】加藤和樹のエンタメCafe in 大阪~..

open

close

Profile

1984年10月7日生まれ。愛知県出身。現在、LIVEや舞台・ミュージカルなどに参加幅広いファン層に支持され、歌手・俳優としても各界で注目を浴びている。

2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴び、2006年4月Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。
日本や韓国・台湾・中国でのCDリリースの他、自身のアルバムなどのTOURである「LIVE“GIG”TOUR」とラジオ公開放送のように投稿メールとリクエストを中心に構成されている「“KK−STATION”TOUR」や、日本武道館や日比谷野外音楽堂、アジア圏でも単独ライブを開催するなど精力的に活動。

同時に俳優としても活動しており、ドラマ「仮面ライダーカブト」「ホタルノヒカリ」「インディゴの夜」「赤い糸の女」「乾杯戦士アフターV」などに出演するほか、アニメ「家庭教師ヒットマンREBORN」桔梗役や時代劇アニメ「義風堂々」石田三成役、ゲーム「戦場の円舞曲」「イケメン戦国」「B-Project」などで声優としても活躍。

近年はミュージカル『ロミオ&ジュリエット』『レディ・ベス』や『タイタニック』など大型ミュージカルにも出演。2016年4月・5月『1789 バスティーユの恋人たち』で帝劇初主演、9月~10月『真田十勇士』霧隠才蔵役に挑む。2017年1月ミュージカル『フランケンシュタイン』に出演決定。

【Official HP】 公式サイト
【Official blog】 公式ブログ

2016/11/29

【木ノ下裕一の歌舞伎の“ツボ”】 Vol.7 一味違った楽しさとパワ..

open

close

Profile

木ノ下歌舞伎 主宰
1985年7月4日、和歌山生まれ。小学校3年生の時、上方落語を聞き衝撃を受けると同時に独学で落語を始め、その後、古典芸能への関心を広げつつ現代の舞台芸術を学ぶ。2006年に古典演目上演の演出や補綴・監修を自らが行う木ノ下歌舞伎を旗揚げ。
『黒塚』(’13)、『東海道四谷怪談—通し上演—』(’13)、『三人吉三』(’14)、『心中天の網島』(’15)、『義経千本桜ー渡海屋・大物浦ー』』(’16)
2015年に再演した『三人吉三』にて読売演劇大賞2015年上半期作品賞にノミネートされる。
その他古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。2015年3月に博士号(芸術博士)取得。

【Official HP】木ノ下歌舞伎 公式サイト
【Official Twitter】木ノ下裕一 Twitter

クラシック音楽界のきら星たちに注目

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING COLLECTION
  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん
  • シュフモ
  • Lei wedding net