宝塚

【囲み会見】宝塚歌劇月組『カンパニー/BADDY(バッディ)』東京宝塚劇場公演開幕!

2018/03/30


カンパニー

撮影/吉原朱美

 
3月30日、宝塚歌劇月組公演ミュージカル・プレイ『カンパニー -努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー)-』ショー・テント・タカラヅカ『BADDY(バッディ)-悪党(ヤツ)は月からやって来る-が東京宝塚劇場で開幕しました。初日通し舞台稽古後に、月組トップスター・珠城りょうさん、トップ娘役・愛希れいか さんの囲み会見が行われました。

まずは珠城さん、愛希さんよりご挨拶。
 

カンパニー

珠城: 本日は、お忙しい中、お集まりいただきありがとうございます。
 
今日からいよいよ東京公演が始まります。大劇場が始まるときは、正直、お芝居も宝塚では珍しい現代の日本を舞台にした作品、ショーは今までとは違う、ストーリー仕立てのショー作品ということで、それが皆様にどのように受け入れていただけるのか不安もあったのですが、すごく皆様が温かく見守ってくださいましたので、東京公演もその勢いで、見に来てくださるお客様により熱い舞台をお届けできますよう、気合を十分にやってまいりました。

本日より頑張って参りたいと思いますので、よろしくお願いします。
 
愛希: 本日は、お忙しい中、お集まりいただきまして誠にありがとうございます。
お芝居もショーも本当に新たな挑戦をさせていただいております。東京のお客様に楽しんでいただけますよう、精一杯務めて参りたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 
——現代版の芝居と斬新なショーですがそれぞれの見どころは?
 
珠城: 見どころはたくさんあるんですけど、私は結構フラッシュモブのシーンは好きですね。盆踊りから始まって、現代的なナンバーになっていくのですが、そこにちょっとコミカルさもあり、電飾を付けたお衣裳を着た子たちも客席に登場したりと、いろいろ楽しんでもらえるんじゃないかと思います。

いろいろな人がいろいろな所ですごく細かいお芝居をしているので、端の方にいる子たちまで見ていただきたいと思います。

月組のみんなは、すごくお芝居が好きな子が多いので、至るところで細かく役作りをして、舞台の上に存在しているので、余すところなく見ていただきたいなと思います。
 

カンパニー

 
愛希: 見どころは全部、といいたいんですけど、お芝居は現代劇ということで、お客様に身近に感じていただけるところが見どころで・・・
 
珠城: コンビニじゃないの(笑)?
 
愛希: (笑)コンビニであったりとか会社の話であったりとか、(珠城さんの方を見て)こんなかっこいいサラリーマンの方がいたらいいなと思ってくださったら嬉しいなと、ちょっと夢見ていただけるところが見どころかなと思います。

ショーは、珠城さんがおっしゃったように個性豊かな月組メンバーで作り上げていますので
どこを見ても楽しんでいただけるかなと思います。

 
——ショーが斬新なんですが、最初聞いた時に一番驚いた点は?
 

珠城: 最初、台本をいただいても、どういう風になるのか想像ができなくて、今まで体験したことないような感じでした。どういう風に仕上がっていくのか想像がつかなかったんですが、ワクワクして楽しみでもありました。
 
愛希: 私もどうなるんであろうという気持ちでいっぱいでした。稽古重ねていく段階でも先が見えなくて、初日が開いて初めてこういう風になったんだと、びっくりしました。

 
——現代劇ですがそれぞれの役柄に共感する部分などありますか
 

珠城: 青柳誠二はすごく誠実であるということもそうなんですけど、関わっていく人、一人一人に対してまっすぐちゃんと向き合う人だなと、感じました。
私が常日頃関わる人間にはまっすぐ向き合いたいなと思って過ごしているので、そういうところは青柳さんとも共感できるところだなと思いました
 

カンパニー

 
愛希: バレエ団で舞台を作るという意味では私も舞台に携わらせていただいているので、そういうところでの姿勢や、カンパニーの中での色々な感情、人々との出会い、そういうところはすごく共感する部分が多いと思います。

 
——斬新なショーに取り組む中で、月組の皆さんの意気込みあ稽古場でのエピソードなどありますか
 

珠城: とにかく体当たりでやってみる。初めてこういう形のショーに挑ませていただいたということもあるんですけど、演出の上田先生自身も私たちがやることによってどういう形になっていくのかというのも探りながら作っていかれたので、スタッフ、先生、月組生みんなで与えていただいたものを掘り下げつつも全力で信じてやるということろを一番にやってきました。

稽古場のエピソードではないんですけど、ユニークな場面が多く、私も宇宙服とか着て、初めてのお衣裳を身に着けたり、また、エビとかオイスターとか出たときなどの、初日のお客様の反応がすごく新鮮で自分もすごく楽しく新鮮な気持ちで演じることができました。
 
愛希: 稽古場では笑いが絶えなかった印象がありました。でも、楽しみながらも表現するのが難しいところがたくさんあったのですけど、楽しみながらみんなで作っていったという感じがしました。

 

カンパニー

 

撮影/吉原朱美
取材・文/BUTAKOME編集部・M

 

※同公演・舞台写真はコチラ

【関連記事】
『カンパニー/BADDY』親子観劇DAYエントリー

 

■□■BUTAKOME☆Information ■□■
 
ミュージカル・プレイ
『カンパニー -努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー)-』
~原作 伊吹 有喜『カンパニー』(新潮社刊)~
脚本・演出/石田 昌也

ショー・テント・タカラヅカ
『BADDY(バッディ)-悪党(ヤツ)は月からやって来る-』
作・演出/上田 久美子

 

■月組東京宝塚劇場公演
2018年3月30日(金)~ 5月6日(日)
※公演の詳細情報は宝塚歌劇公式HP

 
 

 

BUTAKOME ファンクラブ
【LINE@ はじめました】
先行販売・お得なチケット情報をお届けします♪

LINEアプリの「友だち追加」から
ID:@butakome を検索するか、
下記の友だち追加ボタンから登録してください。

友だち追加数

 

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

妃海 風

『SHOW STOPPERS!!』三谷作品を経て参加するこの作品でまた新たな自...

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2018/04/05

鈴村健一×中井美穂 スぺシャル対談☆人気演目「AD-LIVE」は90..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2018/04/08

【早霧せいなのビタミン“S”】其の一 .「桜」

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2017/11/24

【本編】尾上松也のエンタメ異文化交流録『ローゼンクランツとギルデンス..

open

close

Profile

1985年1月30日生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。
5歳で『伽羅先代萩』の鶴千代役にて、二代目尾上松也の名で初舞台。様々な分野で活躍し、歌舞伎公演以外にも活動の幅を広げている。09年より歌舞伎自主公演『挑む』を主催。歌舞伎公演以外の主な出演作に舞台:『ロミオ&ジュリエット』、『スリル・ミー』、『アンタッチャブル』、『男の花道』、『騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談』、TVドラマ「天地人」、「永遠の0」、映画「源氏物語」ほか。今年は6月からはミュージカル『エリザベート』にルイジ・ルキーニ役としての出演。8月8日には7回目の歌舞伎自主公演『挑む ~更なる幕へ勇みし気迫(こころ)~』を神奈川芸術劇場にて開催する。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト
【Official blog】松也日記(アメブロ公式)  
【自主公演サイト】挑むオフィシャルホームページ  

2018/03/29

📹【加藤和樹のエンタメCafe No.15】〈丸の内..

open

close

Profile

1984年10月7日生まれ。愛知県出身。現在、LIVEや舞台・ミュージカルなどに参加幅広いファン層に支持され、歌手・俳優としても各界で注目を浴びている。

2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴び、2006年4月Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。
日本や韓国・台湾・中国でのCDリリースの他、自身のアルバムなどのTOURである「LIVE“GIG”TOUR」とラジオ公開放送のように投稿メールとリクエストを中心に構成されている「“KK−STATION”TOUR」や、日本武道館や日比谷野外音楽堂、アジア圏でも単独ライブを開催するなど精力的に活動。

同時に俳優としても活動しており、ドラマ「仮面ライダーカブト」「ホタルノヒカリ」「インディゴの夜」「赤い糸の女」「乾杯戦士アフターV」などに出演するほか、アニメ「家庭教師ヒットマンREBORN」桔梗役や時代劇アニメ「義風堂々」石田三成役、ゲーム「戦場の円舞曲」「イケメン戦国」「B-Project」などで声優としても活躍。

近年はミュージカル『ロミオ&ジュリエット』『レディ・ベス』や『タイタニック』など大型ミュージカルにも出演。2016年4月・5月『1789 バスティーユの恋人たち』で帝劇初主演、9月~10月『真田十勇士』霧隠才蔵役に挑む。2017年1月ミュージカル『フランケンシュタイン』に出演決定。

【Official HP】 公式サイト
【Official blog】 公式ブログ

2018/02/23

【木ノ下裕一の歌舞伎の“ツボ”】 Vol.8『勧進帳』

open

close

Profile

木ノ下歌舞伎 主宰
1985年7月4日、和歌山生まれ。小学校3年生の時、上方落語を聞き衝撃を受けると同時に独学で落語を始め、その後、古典芸能への関心を広げつつ現代の舞台芸術を学ぶ。2006年に古典演目上演の演出や補綴・監修を自らが行う木ノ下歌舞伎を旗揚げ。
『黒塚』(’13)、『東海道四谷怪談—通し上演—』(’13)、『三人吉三』(’14)、『心中天の網島』(’15)、『義経千本桜ー渡海屋・大物浦ー』』(’16)
2015年に再演した『三人吉三』にて読売演劇大賞2015年上半期作品賞にノミネートされる。
その他古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。2015年3月に博士号(芸術博士)取得。

【Official HP】木ノ下歌舞伎 公式サイト
【Official Twitter】木ノ下裕一 Twitter

クラシック音楽界のきら星たちに注目

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん