演劇・ミュージカル

「ニューヨークに行きたい!」ロビーパフォーマンス・レポート

2011/11/16

BUTAKOME

皆さん、こんばんは!

まだニューヨークに行ったことながない事業部Wです。

帝劇100周年を迎えた今年もいよいよ11月後半になり、
『ニューヨークに行きたい!!』が絶賛上演中です。

瀬奈じゅんさんが、宝塚退団後、初の現代もの、ハッピーなミュージカルに挑まれています。

「恋と仕事は両立できるわけないじゃない!!」と思い込んでいる
バリバリ、キャリアウーマンのキャスター役。

でも、瀬奈じゅんさんご本人は
「両方(恋も仕事も)とも絶対、手に入れましょ!!入れられます!」
インタビューで力強いお言葉をいただきました◎

そして、皆様にお知らせです!!
[ 続きを読む.. ]

平方元基のゲンキ★カンゲキ!!

平方元基~アメスタ プレミアム放送に出演 レポート!!

2011/11/10

BUTAKOME

こんにちは!!
事業部Wです。

ブタコメ演劇コラムニスト平方元基さんが
「アメーバスタジオ(アメスタ)プレミアム放送に出演☆」
という素敵な情報をキャッチ。

しかも平方さんの部屋(と呼ぶらしい)に
ゲストとしてブタコメ映画コラムニスト
白石隼也さんが登場されると☆

こりゃ、黙ってられない、じっとしてられない、放っておけない、
と11/8その現場に行ってきました。

しかし、時代に乗り遅れているWには、
「アメスタ」ってとちゃんと把握できず。。

「どこのスタジオで公開放送するの?」
「スタジオは何人キャパ?」とトンチンカン。。
頭の中が「?」マークが飛び交ったのでしたが
とにかく現場へGO!!

生放送開始10分前に
平方さんルームに到着。

BUTAKOME
アメーバウォーターもあるんだ(W)
[ 続きを読む.. ]

落語

8月/桃月庵白酒独演会(2011年8月26日(金))

2011/11/09

8月26日(金)の「J亭」は「桃月庵白酒独演会」…だが今回はゲストに白酒の師匠である五街道雲助を迎えての「親子会」となった。当日の演目は以下のとおり。

林家扇『真田小僧』
桃月庵白酒『錦の袈裟』
五街道雲助『もう半分』
~仲入り~
桃月庵白酒『船徳』

白酒の一席目は与太郎が主役の『錦の袈裟』。吉原で自分達をバカにしていたという隣町の連中の鼻を明かすべく、高価な錦でそろいの褌をこしらえて座敷でワッと騒ごうと相談をしていた長屋の若い連中。話を聞いていた与太郎が「自分も…」と参加を志願するが、「お前は女房の尻に敷かれてるから『みんなで女郎買いに行くのにそろいの錦の褌が必要』なんて言えないだろう」と言われる。それをそのまま家で与太郎が女房に報告すると、女房は「お寺の和尚から錦の袈裟を借りておいで」と入れ知恵、与太郎はありがたい袈裟を褌代わりにして、みんなと一緒に吉原へ。店では「殿様の隠れ遊び」だと誤解し、中でも特別性の褌を着用している与太郎こそが一番偉い殿様だと誤解し、与太郎だけ女にモテモテ…。全編オリジナルギャグ満載の爆笑編だ。
[ 続きを読む.. ]

イベント・その他

Living 40th Special Live シリーズ 水夏希【Guys From The Earth】クリスマスライブ 

2011/11/02

BUTAKOME

BUTAKOME

創刊40周年を迎えたサンケイリビング新聞社では、
記念すべき40周年のクリスマス・ウィークに魅力的なアーティストが日替わりで登場するクリスマスライブを赤坂BLITZで4日間開催します。

12月24日の第2弾は元宝塚雪組男役トップの水夏希が率いるユニット
「Guys From The Earth」が登場!!

ライブでは、オリジナルナンバーをはじめ、クリスマスナンバーや、ウインターラブソングなどをクールでカッコイイダンスとともに披露予定。

今年のクリスマスイヴは、赤坂BLITZで
スペシャルなひとときをご一緒しませんか?

[ 続きを読む.. ]

平方元基のゲンキ★カンゲキ!!

「眠れぬ雪獅子」~平方元基・演劇コラム~

2011/11/01

BUTAKOME
撮影:岩村美佳

みなさんお待たせいたしました!
平方元基の観劇コラム第一回!
え!?待ってないって!?

いえいえ、待っていなくても、待ったなしで、どんどんお届けしてまいりますよ。
→うまいこと言ったドヤ顔なんてしてませんよ(笑)

今回観劇させていただいたのは、
TSミュージカルファンデーション「眠れぬ雪獅子」

この作品の舞台は、843年と1940年のアジアの何処かの国。同じ空間に二つの時代が交差、展開されていくのですが、先の時代の登場人物が、同じ心を共有する生まれ変わりとして後の時代に登場します。
前世では兄弟だったもの達が千年の時を越えて再び出会い、正義を貫く戦いを繰り広げていきます。
果たして、時を越えた運命で出会ったもの達の行く末は?どこへ辿り着くのか…。
答えは劇場にしっかりとありました。

会場は、世田谷パブリックシアター、通称セタパブです。
[ 続きを読む.. ]

イベント・その他

Butakome TALK&LIVE Vol.2 良知真次×平方元基

2011/10/26

SOLD OUT!

BUTAKOME BUTAKOME
左・良知真次、右・平方元基

今年40周年を迎えたサンケイリビング新聞社。

エンタメブログ「舞台袖より愛をこめて(通称:ブタコメ)」
もますますパワーアップ!!

そんなブタコメでは今春、初のイベント「Butakome TALK&LIVE Vol.1」を開催。
ブタコメ演劇&映画コラムニストが大集合し、お客様と一体となって楽しいひとときを過ごさせて頂きました。
【この時、“東日本大震災チャリティー”として、ご出演者のご協力を得てオリジナルチャリティTシャツを販売し、多くのお客様にご購入いただき、売上金 13万3953円を日本赤十字社へ寄付いたしました。
改めて御礼申し上げます。】

そこで大好評にお応えして第二弾、開催決定!!
ブタコメファンにはもうお馴染み、「ロミオ&ジュリエット」など数々のミュージカルで魅力を発揮している俳優・良知真次さんと、
今年「ロミオ&ジュリエット」で鮮烈なミュージカルデビューを果たし、ブタコメ演劇コラムニストとしてもデビューほやほやの平方元基さんが
トーク&ライブに登場☆

今回は趣向を変え、
「笑って笑って90分!腹筋を鍛えよう◎」
がテーマ。
[ 続きを読む.. ]

平方元基のゲンキ★カンゲキ!!

『眠れぬ雪獅子』速報!~平方元基・演劇コラム~

2011/10/25

みなさん、はじめまして!!

平方元基です。

この度、ブタコメの演劇コラムニストをやらせて頂くことになりました。

僕もまだまだ舞台は初心者なので、皆さんと一緒にお芝居を楽しみながら成長していけたらいいと思っています。

と、いうわけで、記念すべき第1回目に観劇してきた作品は
TSミュージカルファンデーション
『眠れぬ雪獅子』

です!!

僕も『ロミオ&ジュリエット』で初ミュージカルの舞台を経験したのですがその際も大きなテーマとなっていた【争うことの醜さ、愚かさ】をこの作品でも感じました。

日本人は“愛”について正面から向き合うことが恥ずかしかったり、希薄になりがちな毎日を皆、過ごしているような気がするんですが

でも“愛”が無いわけじゃなく
きっとどこかでいつもそれを感じているはず。

自分がもっている“愛情”を確認させてくれ、
その喜びを感じさせてくれる作品でした。

BUTAKOME
[ 続きを読む.. ]

白石隼也の映画コラム

『ゲーテの恋』~白石隼也・映画コラム~(AG)

2011/10/25

BUTAKOME

リンリンリンリン、虫は一晩中鳴き続け

ガツガツガツガツ、鹿は命を懸けて闘い

チュンチュン、鳥は歌って踊り

ムンムンムンムン、ゴキブリはフェロモンを出す。

1772年、ドイツのある田舎町で23歳の青年もまた恋に落ちました。

今回、紹介する作品は10月29日公開の映画
『ゲーテの恋』

そう、その青年の名前は、後にドイツが世界に誇る文豪となったヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ
この物語は、ゲーテが23歳で恋に落ち、彼を一躍有名にした『若きウェルテルの悩み』を書き上げるまでを描いた「若きゲーテの悩み」
小難しい文学的な映画ではありません。
今からたった240年前の恋のお話です。
[ 続きを読む.. ]

演劇・ミュージカル

『ピアフ』初日観劇レポート

2011/10/21

BUTAKOME

シャンソンの女王エディット・ピアフの生涯を描いた舞台
『ピアフ』が13日、シアタークリエにて開幕しました。

ピアフといえば『愛の讃歌』『バラ色の人生』…、誰もが耳にしたことのあるメロディではないでしょうか。
華やかな歌手人生の裏側ではつねに苦悩と孤独を抱え、全身で愛を求め続けたピアフ。
イギリスの劇作家パム・ジェムスによる本作は、ピアフが二十歳そこそこで街頭に立ち歌を歌っていた頃に始まり、才能を見出されて歌手として成功し、数々の恋愛、別れを経験。

BUTAKOME

孤独との闘い、薬物依存…、そして最後の恋人に看取られるまでの壮絶な生きざまを綴っています。
[ 続きを読む.. ]

平方元基のゲンキ★カンゲキ!!

平方元基~ブタコメ演劇コラムニスト ニューフェイス登場!~

2011/10/16

BUTAKOME

若手俳優、赤丸急上昇中の平方元基さんが
このたび、ブタコメ演劇コラムニストに就任!!

今まで主に、テレビ(ドラマ・バラエティ)を中心に活動されていた平方さん。

「ロミオ&ジュリエット」でミュージカル初舞台という事実に驚かれたミュージカルファンの方も
多いのではないでしょうか?

そんな彼が、新鮮かつ素朴な視点で観劇し、自身が得た感情や考え方を通して、
作品(舞台)の魅力を発信してくれます。

ブタコメ演劇コラムニストの伊礼彼方さん、彩乃かなみさん、平方元基さんのコラムを
キッカケに一人でも多くの方が劇場に足を運んでくださったら嬉しいです。

一人で初めて劇場に行くのは不安だわ~、という方のために
「ブタコメ観劇ツアー」も企画中です。
[ 続きを読む.. ]