チケットファン

歌舞伎 落語

カテゴリー

最新記事

落語「J亭」

広瀬和生の「J亭を聴いた」(平成29年9月分)<87>

2017/09/14


J亭_0191
9月7日(木)、「J亭落語会 柳家三三独演会」。演目は以下のとおり。

柳家わさび『ぼたもち小僧』
柳家三三『万両婿』
~仲入り~
柳家三三『藪入り』

開口一番を務めたのは今注目の人気二ツ目の一人、柳家わさび。「今日は圓朝作品を…」と言って演じたのは『ぼたもち小僧』。おつかい賃としてボタ餅をもらった小僧の定吉が、自分が遣いに行っている間に小僧仲間に食べられてしまうのではないかと恐れ、ボタ餅に「自分以外の誰かに見つかったらカエルになれよ」と言いつけて出かけると、それを見た主人がボタ餅とカエルを入れ替えて定吉を驚かせようとする、という噺。圓朝全集に『日本の小僧』として載っている小咄をアレンジしたものだ。わさびはこの噺を、今年二月に国立演芸場の「圓朝に挑む!」に出演した時に、同じく圓朝全集に載っていた西洋小咄『西洋の丁稚』と組み合わせ、『西洋の丁稚 日本の小僧』として演じた。その後、『日本の小僧』だけを練り直して『ぼたもち小僧』として演っている。江戸落語に同内容の『蛙の牡丹餅』があるが、そちらのサゲは小僧が蛙に向かって「そんなに跳ねると餡が落ちる」と言うもの。わさびの『ぼたもち小僧』では、蛙で驚かせた後に本物のボタ餅を定吉にあげようとした主人の袂からアマガエルが飛び出したのを見て定吉が「あっ旦那、袂からウグイス餅が出てきた」と言ってサゲ。民話調のほのぼのとした内容がわさびのトボケたキャラに合っていて、実に楽しい。

三三の一席目は『万両婿』。落語で言うところの『小間物屋政談』で、講談では『万両婿』という。現行の『小間物屋政談』は六代目三遊亭圓生がこしらえた型(「このご恩は背負いきれません」「そのほうは若狭屋甚兵衛になったのだ、もう背負うには及ばん」というサゲも圓生オリジナルで、落語研究家・山本進氏のアイディアを取り入れたもの)が基盤となっているものがほとんどだが、三三は講釈師の宝井琴柳から習ったので『万両婿』。若狭屋や小四郎の従弟、大家などの固有名詞が圓生系の『小間物屋政談』と異なるのもそのせいだ。箱根山で身ぐるみ剥がれた若狭屋が「木に縛られている」のではなく「裸でウロウロしていて、いきなり小四郎に話しかけてくる」というのも『小間物屋政談』との違い。相変わらず「万事、私に任せておきなさい!」と請け負う大家のキャラが可笑しい。もっともこの大家、『小間物屋政談』のように独断で女房のお時に縁談を持ち込むのではなく、藤助という男の発案に乗っかっていく、という形。これによって大家が必要以上に悪者にならず、自然に聴ける。

二〇一三年二月の「J亭」でも三三『万両婿』を演じている。この日、マクラで「毎度おなじみのところを申し上げる、と言っても本当におなじみの演目だと『またかよ』ということになる。でもロック・コンサートだったら新曲よりもおなじみの曲が一番盛り上がるわけで…」という話をしたのは、それもあってのことかもしれない。

仲入り後に三三が演じたのは『藪入り』。昔の「奉公」と「薮入り」に説明し、「ネズミを獲って届けると小遣いがもらえる」こと、さらに「ネズミの懸賞」について説明してから噺に入る。この噺の主役は「三年ぶりに息子に会うのが待ち遠し過ぎて自分が制御できなくなる父親」だ。この父親に共感できるかどうかが『藪入り』のすべてと言ってもいい。小三治は頑固親父の可愛さを見事に描いて聴き手を引き込んだ。三三『藪入り』も基本形は小三治と同じだが、父親をもう少しオッチョコチョイな人物に描き、人情噺くささを希薄にしている。一方で、三三は母親をよりしっかりした女性として描いていて、父親に殴られて泣いている亀を「亀! お前がいけないよ」とまず叱り、続いて優しく語りかけた後で「泣いてちゃわからない!」とビシッと言うのが魅力的。亀の財布に入っていた十五円がネズミの懸賞に当たったものだったことが判明し、父親は「そりゃよかった、誉めてやろう。これからもご主人様に忠義を尽くさなきゃいけねぇ」とは言うものの、「これもみんなチュウ(忠)のおかげだ」という従来のサゲ(ネズミの「チュウ」という鳴き声と「忠」を引っかけたもの)には行かず、「腹へったな、メシ食おう」と女房に語りかけ、「こんな騒ぎがあったから何も用意してないよ、おかずが沢庵しかないの」「沢庵? 結構だよ、孝行(香々)息子にゃぴったりだ」でサゲ。奉公でしつけられたものの実はまだまだ子供、という亀吉の描き方も含め、「三三らしさ」を随所に感じさせる『藪入り』だった。

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

シルク・ドゥ・ソレイユ『キュリオス』リビング貸切公演

インタビュー

望海風斗

望海風斗

宝塚歌劇雪組トップスター・望海風斗さんインタビュー

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2017/09/17

【中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪<番外編>】『謎の変奏曲』橋爪功さん×..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2017/11/17NEW

【速報】尾上松也さんが『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』..

open

close

Profile

1985年1月30日生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。
5歳で『伽羅先代萩』の鶴千代役にて、二代目尾上松也の名で初舞台。様々な分野で活躍し、歌舞伎公演以外にも活動の幅を広げている。09年より歌舞伎自主公演『挑む』を主催。歌舞伎公演以外の主な出演作に舞台:『ロミオ&ジュリエット』、『スリル・ミー』、『アンタッチャブル』、『男の花道』、『騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談』、TVドラマ「天地人」、「永遠の0」、映画「源氏物語」ほか。今年は6月からはミュージカル『エリザベート』にルイジ・ルキーニ役としての出演。8月8日には7回目の歌舞伎自主公演『挑む ~更なる幕へ勇みし気迫(こころ)~』を神奈川芸術劇場にて開催する。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト
【Official blog】松也日記(アメブロ公式)  
【自主公演サイト】挑むオフィシャルホームページ  

2017/11/12

📹【加藤和樹のエンタメCafe No.10】〈銀座エ..

open

close

Profile

1984年10月7日生まれ。愛知県出身。現在、LIVEや舞台・ミュージカルなどに参加幅広いファン層に支持され、歌手・俳優としても各界で注目を浴びている。

2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴び、2006年4月Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。
日本や韓国・台湾・中国でのCDリリースの他、自身のアルバムなどのTOURである「LIVE“GIG”TOUR」とラジオ公開放送のように投稿メールとリクエストを中心に構成されている「“KK−STATION”TOUR」や、日本武道館や日比谷野外音楽堂、アジア圏でも単独ライブを開催するなど精力的に活動。

同時に俳優としても活動しており、ドラマ「仮面ライダーカブト」「ホタルノヒカリ」「インディゴの夜」「赤い糸の女」「乾杯戦士アフターV」などに出演するほか、アニメ「家庭教師ヒットマンREBORN」桔梗役や時代劇アニメ「義風堂々」石田三成役、ゲーム「戦場の円舞曲」「イケメン戦国」「B-Project」などで声優としても活躍。

近年はミュージカル『ロミオ&ジュリエット』『レディ・ベス』や『タイタニック』など大型ミュージカルにも出演。2016年4月・5月『1789 バスティーユの恋人たち』で帝劇初主演、9月~10月『真田十勇士』霧隠才蔵役に挑む。2017年1月ミュージカル『フランケンシュタイン』に出演決定。

【Official HP】 公式サイト
【Official blog】 公式ブログ

2016/11/29

【木ノ下裕一の歌舞伎の“ツボ”】 Vol.7 一味違った楽しさとパワ..

open

close

Profile

木ノ下歌舞伎 主宰
1985年7月4日、和歌山生まれ。小学校3年生の時、上方落語を聞き衝撃を受けると同時に独学で落語を始め、その後、古典芸能への関心を広げつつ現代の舞台芸術を学ぶ。2006年に古典演目上演の演出や補綴・監修を自らが行う木ノ下歌舞伎を旗揚げ。
『黒塚』(’13)、『東海道四谷怪談—通し上演—』(’13)、『三人吉三』(’14)、『心中天の網島』(’15)、『義経千本桜ー渡海屋・大物浦ー』』(’16)
2015年に再演した『三人吉三』にて読売演劇大賞2015年上半期作品賞にノミネートされる。
その他古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。2015年3月に博士号(芸術博士)取得。

【Official HP】木ノ下歌舞伎 公式サイト
【Official Twitter】木ノ下裕一 Twitter

クラシック音楽界のきら星たちに注目

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING COLLECTION
  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん
  • シュフモ
  • Lei wedding net