チケットファン

歌舞伎 落語

謎の変奏曲

宝塚雪組貸切公演

ビリー・エリオット

カテゴリー

最新記事

伊礼彼方の物見遊山

『ジャンヌ』観劇レポ☆熱演!伊礼彼方スペシャルコメント

2013/09/16


ジャンヌ1

 
 フランスの英雄として名を残した聖女ジャンヌ・ダルクを描いた舞台『ジャンヌ』が世田谷パブリックシアターで好評上演中です。
 
 この舞台、主人公ジャンヌ役を演じる笹本玲奈さん以外の14名の出演者は、全員男性俳優なんですよね! その中には我らがブタコメ・ファミリー伊礼彼方さんもいらっしゃいます。ノーベル賞作家であるバーナード・ショーの傑作戯曲と呼ばれる話題作をさっそく鑑賞してきました!


 
 英仏百年戦争のさなか、「神の声を聞いた」ことによって颯爽と戦場へ向かった少女ジャンヌ。私たちが持っていたイメージは、勇敢で正義感にあふれた男勝りな少女の姿ではないでしょうか。でもこの舞台に出てくるジャンヌは、ごく普通の田舎娘。第一場で登場する笹本ジャンヌは、ドレスを着て豊かな髪をなびかせて走る美しい少女です。神を自らの“主人”と呼び、目上である領主の前に出ても臆することなく「私に鎧を!」とせまるその表情は、あまりに無邪気であっけらかん。それゆえに周囲を圧倒する、どこか神がかった不思議な力強さを放っていました。

 
ジャンヌ2

  
 その後、笹本ジャンヌは短髪となって勇ましい戦闘の装いを見せますが、この舞台では戦いのシーンは出てきません。ジャンヌと、彼女を取り巻く王様や大司教や戦友たちとの対話によって、ジャンヌの勇猛果敢な行いの経緯とその影響がスリリングに私たちに知らされていくのです。物怖じしないジャンヌの言葉に翻弄される男性陣の、狡猾かつ滑稽、優柔不断な仕種が、ところどころで笑いを誘います。でもジャンヌはつねに強い心を持っているわけではありません。時に恐ろしさに激しく泣き、また伊礼さん扮する戦友デュノアを相手に語る表情には、乙女の恋心が見えたようにも感じました。
 
ジャンヌ3 murai nakajima
 
ジャンヌ sasamoto irei2
 
 
 笹本さんは、現実的に前を見据えた引き締まった表情、何かに取り憑かれて精神に異常をきたしたかのような表情、幼い子供に戻ったかのような夢遊の表情など、さまざまなジャンヌの顔を見せて客席を魅了します。その不安定な多面性が、ジャンヌ・ダルクは決して特別な存在ではなく、私たち自身と変わらない人間であることを強く感じさせるのです。
 
ジャンヌ sasamoto murai 2
 
 後半、ジャンヌがイギリス側に引き渡され、異端者として宗教裁判にかけられる場面は緊張の山場です。村井國夫さん扮する司教コーションや、中嶋しゅうさん扮する審問官ルメートルなど男性陣に囲まれ、厳しい言葉を突きつけられるジャンヌ。
 
ジャンヌ sasamoto murai nakajima oosawa
 
ジャンヌ sasamoto others
 
  
 ついには火刑台に送られて……。多くの人が知っているジャンヌ・ダルクの物語はここで終わりますが、舞台はこの後、エピローグへと突入します。しかしっ! ここがエピローグにしてはあまりにも作品の肝となる、重要で濃密な最終章となっています。鵜山仁さんの演出手腕に感嘆!「えっ、こうなるとは!」とこれまでの劇空間が様変わりする驚きは、ぜひとも劇場で直に味わっていただきたいと思います。

 

熱演!伊礼彼方☆スペシャルコメント 

 終演後は、デュノア役を凛々しく好演していた伊礼彼方さんにコメントをいただいてきましたよ! ジャンヌを囲む人々の中で、デュノアは最も彼女と心を通わせ、真摯に向き合う人物です。いずれ劣らぬ芸達者の男優陣のなか、温かみのある低音ボイスと美しい立ち姿で、芯のある表現を見せてくれました。
 
「面白いなと思うのは、稽古場で迷っていたことを、本番でお客さんが教えてくれるように感じるんですよね。緊張はするんですけど、舞台に出ると冷静になれる。お客さんからエネルギーをもらっているのだと思います」
開口一番、そう語った伊礼さん。

村井さんや中嶋さん、小林勝也さんなど大ベテランの方々と同じ舞台に立つことに喜びを感じながらも、やはりそのプレッシャーは大きかったそうです。

「どんなに頑張っても経験には勝てないと実感しました。でも、こんなに経験を積んだ方々も、皆ゼロから作品を作るので、やっぱり悩み、苦しむんですよね。先輩方が苦しんで作っていく過程を見ることができたのは、すごく励みになりました。自分はまだまだ。でも、まだまだ先があるぞ、という希望が見えたんです。
 稽古している時から面白さを感じてはいましたが、幕が開いて、あらためてこんなに面白い作品なんだ!と思いました。それもお客さんに教えてもらったんだなと。難しいんじゃないかと思っている方もいると思いますが、意外に現代に通じるものがたくさん込められている話です。優柔不断な男たちがたくさん出てきますので(笑)、男性は自分の欠点を見せられているような気になるかもしれない。女性は、自分の思い描く理想をみつけて勇気をもらえるんじゃないかな。ぜひ多くの方に観ていただいて、いろんなものを感じ取っていただきたいと思います」

 

 休憩を入れて3時間を越える大作ですが、始まりから衝撃のエピローグまで、グイグイと引き込まれて時間の長さをまったく感じませんでした。今を生きる私たちに多くの問いを投げかける、興奮の話題作をぜひお見逃しなく!

 

取材・文/上野紀子
撮  影/谷古宇 正彦
写真提供/世田谷パブリックシアター

 

□■BUTAKOME Information■□

伊礼彼方 お寺 速報 ジャンヌチラシ

『ジャンヌ』

公演日程:2013年9月5日(木)~24日(火)
劇場:世田谷パブリックシアター
出演:笹本玲奈、今井朋彦、伊礼彼方、大沢健、浅野雅博、馬場徹、小林勝也、中嶋しゅう、村井國夫 ほか

※公演スケジュール、購入方法など詳細はコチラから

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

島田歌穂さん0419

島田歌穂

『ビリー・エリオット』"絶対やりたい!”と、これまでのミュージカル人生をかける...

チケット購入

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2017/04/04

市川染五郎×中井美穂 スぺシャル対談 ☆『氷艶 hyoen2017 ..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)、「松任谷正隆のディア・パートナー」(FM東京)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2017/03/31

大ヒット上映中!!ディズニー映画『モアナと伝説の海』4DX/MX4D..

open

close

Profile

1985年1月30日生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。
5歳で『伽羅先代萩』の鶴千代役にて、二代目尾上松也の名で初舞台。様々な分野で活躍し、歌舞伎公演以外にも活動の幅を広げている。09年より歌舞伎自主公演『挑む』を主催。歌舞伎公演以外の主な出演作に舞台:『ロミオ&ジュリエット』、『スリル・ミー』、『アンタッチャブル』、『男の花道』、『騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談』、TVドラマ「天地人」、「永遠の0」、映画「源氏物語」ほか。今年は6月からはミュージカル『エリザベート』にルイジ・ルキーニ役としての出演。8月8日には7回目の歌舞伎自主公演『挑む ~更なる幕へ勇みし気迫(こころ)~』を神奈川芸術劇場にて開催する。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト
【Official blog】松也日記(アメブロ公式)  
【自主公演サイト】挑むオフィシャルホームページ  

2017/03/22

📹【加藤和樹のエンタメCafe No.8】〈池袋エリ..

open

close

Profile

1984年10月7日生まれ。愛知県出身。現在、LIVEや舞台・ミュージカルなどに参加幅広いファン層に支持され、歌手・俳優としても各界で注目を浴びている。

2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴び、2006年4月Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。
日本や韓国・台湾・中国でのCDリリースの他、自身のアルバムなどのTOURである「LIVE“GIG”TOUR」とラジオ公開放送のように投稿メールとリクエストを中心に構成されている「“KK−STATION”TOUR」や、日本武道館や日比谷野外音楽堂、アジア圏でも単独ライブを開催するなど精力的に活動。

同時に俳優としても活動しており、ドラマ「仮面ライダーカブト」「ホタルノヒカリ」「インディゴの夜」「赤い糸の女」「乾杯戦士アフターV」などに出演するほか、アニメ「家庭教師ヒットマンREBORN」桔梗役や時代劇アニメ「義風堂々」石田三成役、ゲーム「戦場の円舞曲」「イケメン戦国」「B-Project」などで声優としても活躍。

近年はミュージカル『ロミオ&ジュリエット』『レディ・ベス』や『タイタニック』など大型ミュージカルにも出演。2016年4月・5月『1789 バスティーユの恋人たち』で帝劇初主演、9月~10月『真田十勇士』霧隠才蔵役に挑む。2017年1月ミュージカル『フランケンシュタイン』に出演決定。

【Official HP】 公式サイト
【Official blog】 公式ブログ

2016/11/29

【木ノ下裕一の歌舞伎の“ツボ”】 Vol.7 一味違った楽しさとパワ..

open

close

Profile

木ノ下歌舞伎 主宰
1985年7月4日、和歌山生まれ。小学校3年生の時、上方落語を聞き衝撃を受けると同時に独学で落語を始め、その後、古典芸能への関心を広げつつ現代の舞台芸術を学ぶ。2006年に古典演目上演の演出や補綴・監修を自らが行う木ノ下歌舞伎を旗揚げ。
『黒塚』(’13)、『東海道四谷怪談—通し上演—』(’13)、『三人吉三』(’14)、『心中天の網島』(’15)、『義経千本桜ー渡海屋・大物浦ー』』(’16)
2015年に再演した『三人吉三』にて読売演劇大賞2015年上半期作品賞にノミネートされる。
その他古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。2015年3月に博士号(芸術博士)取得。

【Official HP】木ノ下歌舞伎 公式サイト
【Official Twitter】木ノ下裕一 Twitter

クラシック音楽界のきら星たちに注目

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING COLLECTION
  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん
  • シュフモ
  • Lei wedding net