チケットファン

☆ミュージカル『1789 バスティーユの恋人たち』

歌舞伎 落語

カテゴリー

最新記事

コンサート

インタビュー

井上芳雄スペシャルインタビュー☆世界的なトップスターとの連続共演でさらに上を目指したい~『イディナ・メンゼル コンサート』~

2017/03/23


 
この公演のチケット購入はコチラから

 

 

井上芳雄170317

撮影/ 武田徹

 
日本のミュージカル界を牽引する一人である井上芳雄さんが、イディナ・メンゼルさんのコンサートへのゲスト出演が決定! 『トニー賞コンサート in TOKYO』ではケリー・オハラさん、マシュー・モリソンさんと共演するなど、ブロードウェイでも超一流のトップスターとの共演が続きます。井上さんのコラボレーションから日本のミュージカル界の新たな夜明けが期待できそうです。井上さんに意気込みをお聞きしました。


 

イディナからも「とても楽しみです」と
メッセージをいただきました

 
――4月1日にイディナ・メンゼルさんのコンサートにゲスト出演されますね。特にケリーさん、イディナさんのお二人はトニー賞主演女優賞を取っていて、まさにブロードウェイが誇るトップミュージカル女優です。そういう方々と共演されるお気持ちは?
 
 自分でも大丈夫かな? と思うんですよ(笑)。そういう方たちと一緒に歌って通用するのかどうか。でも、もちろん不安はあるけど、そのチャンスをもらえるだけもありがたいし、まず挑戦してそこから学ぶことはたくさんあると思う。もしかしたら、そういうチャンスをいただけるというのが僕の才能かもしれないし(笑)、機会がいただけたことが嬉しいですね。

 やっぱり人って会ってみないとわからないじゃないですか。今までは遠くからただ憧れたり「すごいなあ」と思っていたりしたところで止まっていたけど、その先に進んでいけたらいいなと思います。

 

――イディナさんに対する印象は?
 
 イディナさんからも「とても楽しみです」というメッセージをいただいたんです。イディナさんはCDで聞いていても「うわー、上手いな」と思いますからね。イディナさんは日本だと(『アナと雪の女王』の)「レット・イット・ゴー~ありのままで~」で有名ですが、それ以外にも『RENT』『ウィキッド』などたくさんの作品に出演されています。自分のオリジナル曲のアルバムを出していらっしゃるので、たとえるならセリーヌ・ディオンみたいな方なんですよ。

 
――イディナさんとのデュエットも期待できますか?
 
 もちろん! イディナさんの今までの出演作のナンバーをデュエットさせていただけると思います。僕はデュエットするのが大好きなので嬉しいですね。

 

井上芳雄17031702

撮影/ 武田徹

プレッシャーがあるからこそ頑張れる

――世界的なスターとの共演が続きますが、プレッシャーは感じませんか?

 いや、毎回プレッシャーですよ。プレッシャーがない仕事なんてつまらないですからね。そういう意味では、トニー賞コンサートもイディナのコンサートもこれ以上のものはないですね、ハハハ。

 
――そんなに!?

 もう逃げ場がないですからね、やるっきゃないです。でも、そういう状況にならないと、なかなか自分って変われないし。「何か新しいものを手に入れたい」とか「お芝居がうまくなりたい」と思ってもぼーっと待っているだけでは無理だから、そういう場をもらうことがまず大事。そこで頑張るのは自分ですから、もう、やるしかない。

 
大河ドラマ『おんな城主 直虎』出演など幅広くお仕事をされて、ミュージカルの分野でも新しいことに取り組んで、成功していらっしゃる。そのエネルギー源はどこから来ているんでしょうか?

 自分でも、なんだろう?って思うんですよね(笑)。でも、いろいろなことをさせていただけるのが嬉しいし、お話をいただくとスケジュール的に忙しくても「はっ、イディナ・メンゼルだって?」「こりゃ、やるしかないだろう!」みたいになりますよ(笑)。
 でも、やればやっただけ得るものがあって。17年くらいこの仕事をしてきて、その奥深さがだんだんわかってきたのかもしれない。最近思うのは「上手くなりたいな」ということ。歌も芝居も、もっともっと上手くなりたいという思いが最近強いです。

 
――今まではあんまりそういうお気持ちがなかった?

 上手いと思ってたのかもしれない、ハハハハ。
 

――いや、もちろんお上手でいらっしゃいますが。
 
 いやいや、ありがたいことに皆さんがそう言ってくださったり、芝居も最初の頃は何の根拠もなく「そこそこ上手いんじゃないか」と思ったりしてましたからね。でも、経験を積めばそうじゃないことがわかるし、上手い人は世の中にたくさんいらっしゃる。そして、上手さだけが必要なことじゃないというのもわかる。表現するための技術や心の部分を含めて、今日より明日はもっと上手くなりたい。こうやったらちょっとでも上手くなるじゃないかと思うんです。欲張りなんでしょうかね。

 
――そう思い続けられるのも才能ですよね。
 
 きっと、もっと上手くなりたいと自分に期待しているのかもしれない。根拠もないけど、もうちょっと上手くなれないかなとかばかり思ってますよ。

 
――井上さんのそういうアグレッシブなところに惹かれて、皆さん劇場に足を運ばれるんだと思います。

 「あ、またこんなことやるんだ」とか「なんか今回はちょっと違う」とかね。止まることも必要かもしれないけど、今は止まりたくない。前へ前へと進んでいきたいなと思いますね。

 

聞き手/ リビング新聞編集部・草場葉子
構成・文/演劇ライター・大原薫

 

■□■BUTAKOME☆Information ■□■

『イディナ・メンゼルコンサート』

0306イディナメンゼル

 
———————————————————————————–
サンケイリビング新聞社では東京公演のチケットを発売中!
チケット販売はチケットファン

———————————————————————————–

 
〈JAPAN TOUR2017〉
3/29(水) 大阪・フェスティバルホール
3/30(木) 名古屋・名古屋市公会堂
4/1(土) 東京・日本武道館 ★スペシャルゲスト:井上芳雄
※ゲスト出演は東京公演のみ

公演詳細はこちらから http://udo.jp/concert/IdinaMenzel

<コンサート曲目予定>
『ウィキッド』より
・Defying Gravity
・The Wizard And I
・For Good

『RENT』より
・No Day But Today
・Take Me or Leave Me

『アナと雪の女王』より
・Let It Go

…and more

※上記曲目は予定です。
曲目は予告なしに変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

 
 

■□■BUTAKOME☆Information ■□■
 
グレートギャツビー

ミュージカル『グレート・ギャツビー』
 

原作:F・スコット・フィッツジェラルド 音楽:リチャード・オベ ラッカー
脚本・演出:小池修一郎
出演:井上芳雄、夢咲ねね、 広瀬友祐、畠中洋、蒼乃夕妃、AKANE LIV、田代万里生ほか

日時・会場
■東京公演
2017年5月8日(月)~29日(月) 日生劇場

■大阪公演
2017年7月4日(火)~16日(日)梅田芸術劇場メインホール

※公演の詳細は公式サイト

 

 

BUTAKOME☆INFORMATION

グリーンフラッグス

WOWOWオリジナルミュージカルコメディ
福田雄一×井上芳雄「グリーン&ブラックス」

4月29日(土・祝)深夜0:00スタート(全12回/月1回放送)

ゲスト出演者:中川晃教、柿澤勇人、加藤和樹、渡辺麻友、愛原実花、相葉裕樹 ほか

WOWOWでは福田雄一さん脚本・監督による第2弾放送決定! レギュラー出演はミュージカル界のトップスター・井上芳雄さん。さらに、毎回ミュージカル界オールスターがゲストとして続々登場します。井上さん司会によるゲストとのトークコーナーや、ミュージカルナンバーが堪能できるミュージックショーなど見どころが満載♪

———————————————————————————–
詳しくはWOWOW公式HP
———————————————————————————–

 

 

 

BUTAKOME ファンクラブ
【LINE@ はじめました】
先行販売・お得なチケット情報をお届けします♪

💡友達追加は下記↓をClickしてください💡

友だち追加数

 

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

シルク・ドゥ・ソレイユ『キュリオス』リビング貸切公演

インタビュー

城田優121203

城田優

ミュージカル『ブロードウェイと銃弾』

チケット購入

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2017/11/24

趣里×中井美穂 スぺシャル対談☆『ペール・ギュント』~日韓文化交流企..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2017/11/24

【本編】尾上松也のエンタメ異文化交流録『ローゼンクランツとギルデンス..

open

close

Profile

1985年1月30日生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。
5歳で『伽羅先代萩』の鶴千代役にて、二代目尾上松也の名で初舞台。様々な分野で活躍し、歌舞伎公演以外にも活動の幅を広げている。09年より歌舞伎自主公演『挑む』を主催。歌舞伎公演以外の主な出演作に舞台:『ロミオ&ジュリエット』、『スリル・ミー』、『アンタッチャブル』、『男の花道』、『騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談』、TVドラマ「天地人」、「永遠の0」、映画「源氏物語」ほか。今年は6月からはミュージカル『エリザベート』にルイジ・ルキーニ役としての出演。8月8日には7回目の歌舞伎自主公演『挑む ~更なる幕へ勇みし気迫(こころ)~』を神奈川芸術劇場にて開催する。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト
【Official blog】松也日記(アメブロ公式)  
【自主公演サイト】挑むオフィシャルホームページ  

2017/12/12NEW

【先行抽選エントリー開始!】加藤和樹のエンタメCafe in 大阪~..

open

close

Profile

1984年10月7日生まれ。愛知県出身。現在、LIVEや舞台・ミュージカルなどに参加幅広いファン層に支持され、歌手・俳優としても各界で注目を浴びている。

2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴び、2006年4月Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。
日本や韓国・台湾・中国でのCDリリースの他、自身のアルバムなどのTOURである「LIVE“GIG”TOUR」とラジオ公開放送のように投稿メールとリクエストを中心に構成されている「“KK−STATION”TOUR」や、日本武道館や日比谷野外音楽堂、アジア圏でも単独ライブを開催するなど精力的に活動。

同時に俳優としても活動しており、ドラマ「仮面ライダーカブト」「ホタルノヒカリ」「インディゴの夜」「赤い糸の女」「乾杯戦士アフターV」などに出演するほか、アニメ「家庭教師ヒットマンREBORN」桔梗役や時代劇アニメ「義風堂々」石田三成役、ゲーム「戦場の円舞曲」「イケメン戦国」「B-Project」などで声優としても活躍。

近年はミュージカル『ロミオ&ジュリエット』『レディ・ベス』や『タイタニック』など大型ミュージカルにも出演。2016年4月・5月『1789 バスティーユの恋人たち』で帝劇初主演、9月~10月『真田十勇士』霧隠才蔵役に挑む。2017年1月ミュージカル『フランケンシュタイン』に出演決定。

【Official HP】 公式サイト
【Official blog】 公式ブログ

2016/11/29

【木ノ下裕一の歌舞伎の“ツボ”】 Vol.7 一味違った楽しさとパワ..

open

close

Profile

木ノ下歌舞伎 主宰
1985年7月4日、和歌山生まれ。小学校3年生の時、上方落語を聞き衝撃を受けると同時に独学で落語を始め、その後、古典芸能への関心を広げつつ現代の舞台芸術を学ぶ。2006年に古典演目上演の演出や補綴・監修を自らが行う木ノ下歌舞伎を旗揚げ。
『黒塚』(’13)、『東海道四谷怪談—通し上演—』(’13)、『三人吉三』(’14)、『心中天の網島』(’15)、『義経千本桜ー渡海屋・大物浦ー』』(’16)
2015年に再演した『三人吉三』にて読売演劇大賞2015年上半期作品賞にノミネートされる。
その他古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。2015年3月に博士号(芸術博士)取得。

【Official HP】木ノ下歌舞伎 公式サイト
【Official Twitter】木ノ下裕一 Twitter

クラシック音楽界のきら星たちに注目

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING COLLECTION
  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん
  • シュフモ
  • Lei wedding net