演劇・ミュージカル

インタビュー

本日開幕!ミュージカル『グレート・ギャツビー』井上芳雄インタビュー~譲れないものに出会えたことが幸せ~

2017/05/08


 
170413_inoueyoshio

撮影/ 武田徹

 

実力と華を兼ね備え、〝ミュージカル界のプリンス〟と称されてきた井上芳雄さん。ストレートプレイやドラマ、映画と幅広い活躍が続く中、新作ミュージカル『グレート・ギャツビー』についてお聞きしました。


 

ミュージカル『グレート・ギャツビー』に主演
譲れないものに出会えたことが幸せ

 
――作品の魅力は?
 
 一番は、ギャツビーという男のロマン、生き方ですね。何かを成し遂げたヒーローとは真逆で、個人的な思いを貫くために人生をかけるけれど、結局手に入れることができない、その人間くささがいいなあと思います。

 

――胸が痛む結末ですね。
 
 ただ、彼が不幸だったかというとわからないかも。結果はともかく全てを投げ打ってやりきった。誰しもが真似のできないカッコイイ生き方をしたんじゃないかな。

 
――真っすぐな思いという点では共通する部分も?
 
 彼のように人をだましてこの世界にいるわけではないですが、確かにミュージカルへの思いは尽きないし、そういう譲れないものに出会えた幸せはすごく感じます。彼の場合も、叶うかどうかではなく、出会えたことが、ある意味、幸福なんじゃないかと思います。

 
――時代背景については。
 
 1920年代のアメリカは、ジャズと禁酒法の時代。エネルギーの中に鬱屈したものもある、舞台に適した題材ですね。

 
――約100年前のアメリカの物語、演じる上で距離感はありませんか。
 
今と違うところは多々あると思いますが、人間を描いているということではどの時代も変わらないですし、違う時代や国を描きながらも、ああこんなに同じなんだ、共通項があるんだ、と発見していく喜びや面白さがありますよね。例えば、お金があるときはもてはやすけれど、無くなったときに誰ひとり残らなかったというのも、ある種の人間の真実を描いているんでしょうし。
ただ、現代だったら話はだいぶん変わってくるんじゃないですかね。今は何をしているかなど何でもわかっちゃうし…。よくわからない経歴もすぐばれちゃう(笑)

 
――抱負をお願いします。
 
 『グレート・ギャツビー』(「華麗なるギャツビー」)は、脚本・演出の小池修一郎先生が、26年前に宝塚歌劇でミュージカル化された名作で、先生の代表作の一つ。それを今回新たな演出や台本で創ってもらえるという、喜びとプレッシャーがあります。音楽は、ブロードウェイで活躍中の作曲家(リチャード・オベラッカー氏)の書き下ろし。日米の共同作業で、後に残るスタンダードを一緒に創り出すくらいの意気込みでやっていきたいです。

 

撮影 / 武田徹
取材・文 /リビング新聞編集部・草場葉子

 

 

■□■BUTAKOME☆Information ■□■
 
グレートギャツビー
 
ミュージカル『グレート・ギャツビー』
 
原作:F・スコット・フィッツジェラルド 
音楽:リチャード・オベラッカー

脚本・演出:小池修一郎
出演:井上芳雄、夢咲ねね、 広瀬友祐、畠中洋、蒼乃夕妃、AKANE LIV、田代万里生ほか

日時・会場
■東京公演
2017年5月8日(月)~29日(月) 日生劇場

■大阪公演
2017年7月4日(火)~16日(日)梅田芸術劇場メインホール

※公演の詳細は公式サイト

 

 

 

BUTAKOME ファンクラブ
【LINE@ はじめました】
先行販売・お得なチケット情報をお届けします♪

💡友達追加は下記↓をClickしてください💡

友だち追加数

 

中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪ 5周年記念スペシャル貸切公演

『謎の変奏曲』

謎の変奏曲ビジュアル
 作 :エリック=エマニュエル・シュミット
演 出:森新太郎
翻 訳:岩切正一郎

出 演:橋爪功 井上芳雄

日 時:2017年9月18日(月・祝)17:30
会 場:世田谷パブリックシアター(三軒茶屋)

【アフタートーク付き】
中井美穂のヅカヅカ聞くわよ♪ 特盛SP版
トーク出演:橋爪功×井上芳雄×森新太郎
「謎の変奏曲」観劇後(劇場にて)中井さんが作品について観客の視点で演出家・出演者にヅカヅカ質問♪

【<謎>の抽選会実施】
特盛アフタートークの後に<謎>の抽選会を実施します。
どんな賞品が登場するか、、お楽しみに♪
 
5/14(日)10時から一般発売開始!!
詳細はコチラ

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

加藤和樹3

加藤和樹

『レディ・ベス』は男性が見てもぐっとくる作品なんです

チケット購入

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2017/08/04

ビリー・ハーリガン・タイ×中井美穂 スぺシャル対談☆ブロードウェイミ..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2017/03/31

大ヒット上映中!!ディズニー映画『モアナと伝説の海』4DX/MX4D..

open

close

Profile

1985年1月30日生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。
5歳で『伽羅先代萩』の鶴千代役にて、二代目尾上松也の名で初舞台。様々な分野で活躍し、歌舞伎公演以外にも活動の幅を広げている。09年より歌舞伎自主公演『挑む』を主催。歌舞伎公演以外の主な出演作に舞台:『ロミオ&ジュリエット』、『スリル・ミー』、『アンタッチャブル』、『男の花道』、『騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談』、TVドラマ「天地人」、「永遠の0」、映画「源氏物語」ほか。今年は6月からはミュージカル『エリザベート』にルイジ・ルキーニ役としての出演。8月8日には7回目の歌舞伎自主公演『挑む ~更なる幕へ勇みし気迫(こころ)~』を神奈川芸術劇場にて開催する。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト
【Official blog】松也日記(アメブロ公式)  
【自主公演サイト】挑むオフィシャルホームページ  

2017/03/22

📹【加藤和樹のエンタメCafe No.8】〈池袋エリ..

open

close

Profile

1984年10月7日生まれ。愛知県出身。現在、LIVEや舞台・ミュージカルなどに参加幅広いファン層に支持され、歌手・俳優としても各界で注目を浴びている。

2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴び、2006年4月Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。
日本や韓国・台湾・中国でのCDリリースの他、自身のアルバムなどのTOURである「LIVE“GIG”TOUR」とラジオ公開放送のように投稿メールとリクエストを中心に構成されている「“KK−STATION”TOUR」や、日本武道館や日比谷野外音楽堂、アジア圏でも単独ライブを開催するなど精力的に活動。

同時に俳優としても活動しており、ドラマ「仮面ライダーカブト」「ホタルノヒカリ」「インディゴの夜」「赤い糸の女」「乾杯戦士アフターV」などに出演するほか、アニメ「家庭教師ヒットマンREBORN」桔梗役や時代劇アニメ「義風堂々」石田三成役、ゲーム「戦場の円舞曲」「イケメン戦国」「B-Project」などで声優としても活躍。

近年はミュージカル『ロミオ&ジュリエット』『レディ・ベス』や『タイタニック』など大型ミュージカルにも出演。2016年4月・5月『1789 バスティーユの恋人たち』で帝劇初主演、9月~10月『真田十勇士』霧隠才蔵役に挑む。2017年1月ミュージカル『フランケンシュタイン』に出演決定。

【Official HP】 公式サイト
【Official blog】 公式ブログ

2016/11/29

【木ノ下裕一の歌舞伎の“ツボ”】 Vol.7 一味違った楽しさとパワ..

open

close

Profile

木ノ下歌舞伎 主宰
1985年7月4日、和歌山生まれ。小学校3年生の時、上方落語を聞き衝撃を受けると同時に独学で落語を始め、その後、古典芸能への関心を広げつつ現代の舞台芸術を学ぶ。2006年に古典演目上演の演出や補綴・監修を自らが行う木ノ下歌舞伎を旗揚げ。
『黒塚』(’13)、『東海道四谷怪談—通し上演—』(’13)、『三人吉三』(’14)、『心中天の網島』(’15)、『義経千本桜ー渡海屋・大物浦ー』』(’16)
2015年に再演した『三人吉三』にて読売演劇大賞2015年上半期作品賞にノミネートされる。
その他古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。2015年3月に博士号(芸術博士)取得。

【Official HP】木ノ下歌舞伎 公式サイト
【Official Twitter】木ノ下裕一 Twitter

クラシック音楽界のきら星たちに注目

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING COLLECTION
  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん
  • シュフモ
  • Lei wedding net