演劇・ミュージカル

インタビュー

壮一帆さんスペシャルインタビュー~元男役だからこそ難しい? “男装の麗人” ~『魔都夜曲』☆特別価格でチケット発売中!

2017/06/23


『魔都夜曲』チケット購入はコチラから

 

 

0623壮一帆001

撮影/吉原朱美

 
宝塚を退団して3年。ミュージカル『エドウィン・ドルードの謎』、翻訳劇『扉の向こう側』『細雪』と、舞台に立つたびに、「こんな役も?」と、うれしい驚きをくれる壮一帆さん。いつのまにか、ちょっとマニッシュだけれど、そこがチャーミングな女優さんに。ライブツアー『SO BAR 2017』を終え、7月からは、音楽劇『魔都夜曲』で、あの“男装の麗人”川島芳子となって登場します。いつも気取らずほがらかで、素直な気持ちを話してくれる壮さんに、この作品に向けた思いをお聞きしました。

 

元男役だからこそ難しい? “男装の麗人”

 
――稽古が始まって、10日あまり。今回は“男装の麗人”として知られる実在の人物、川島芳子を演じます。どんなイメージをお持ちですか?

面白かったのが、川島芳子を演じると言うと、李香蘭と間違える方が多かったんです。
「川島芳子? ああ、あの『夜来香』の?」
「いや、それは李香蘭・山口淑子」

お二人が、”芳子(よしこ)”と”淑子(よしこ)”と同じお名前であったり、親しい関係性だったこともあるんでしょうけれど、意外と皆さん、そのあたりゴチャゴチャなんですね(笑)。演じるにあたっては、本を読んだり、真矢ミキさんが芳子を演じたドラマ(『男装の麗人~川島芳子の生涯』)も見ましたね。

実際にどういう活躍をし、だから男装するようになったんだ、こういう性格の人だったんだなと、自分なりに理解していきました。スパイをしていたと言われる期間は意外と短くて、2年ぐらいなんですよ。ある意味イメージキャラクターとして有名になっていったん気がするのですけど、読んだ本も面白かったですね。

 
――清朝最後の王女として生まれ、日本に養女に出され、歴史の渦に巻き込まれていきます。

孤独だったと思いますよ。そりゃあこういうふうにもなるかなって(笑)。それで、あの時代に男装をするようになった。何を思ってそういうことをしていたのか。ある意味、女性を捨てたんでしょうね。

 
――「男装の麗人」ですから、宝塚の男役を極めた壮さんにはやりやすいのでは?

いや、逆に難しいなと思いました。宝塚では男を演じるじゃないですか。でも、川島芳子は女なんですよ。ちゃんと恋人もいたし。だから、今回本読みの段階でも役の軸を掴み損ねて、最後まで悩むパターンだろうなって思いながら演ってます(笑)。

二幕になると、芳子自身も動き出すので、最終的に地に足を着けることができたらなって。今、具体的に自分に足りないもの、クリアしていかなきゃいけないものが明確に見えてきたところですね。キャスト陣も、いろんなお芝居をする方が集まっているので、その中での自分の居どころとか、芝居の質をどうするかみたいなことも考えながら、楽しんで演っていきたいと思います。

 
――今回は、所属されている事務所キューブの20周年記念公演。稽古場の雰囲気はいかがでしょう。

とても収穫の多い稽古場です。私にとって鼻血が出るような俳優さん、名優さんたちが、目の前にいらっしゃるんですよ(笑)。だから、恥をかなぐり捨て、あつかましく芝居の話をお聞きしています。

 
――宝塚時代からのファンの方には、男装もお楽しみの一つですね。

男装したらファンの方は喜ぶでしょうって言われるんですけど、逆に私はそれが嫌で。男役ってやっぱり現役のものですから。宝塚を退団して3年経ち、声も、顔つきも変わり、もちろん体型も変わりましたから、再び男装をすることには抵抗があります。筋肉が3日で衰えるのと一緒で、3年の月日は自分の中ではブランクで、あの頃の姿のままお見せできないのが分かっていますから。

だから、現役時代とは違うところで、今の自分というものを川島芳子というキャラクターに反映させてご覧いただけるところまで昇華する。それが今回の課題です。

 
――『細雪』の妙子のような役とは違って、壮さんらしく、ナチュラルに演じられるのでは?

と、思うでしょう? でも、『細雪』ぐらい自分の中にないものを演じるほうが、想像して突き進めるんです(笑)。男装となると、リアルに自分自身の体幹になっているところだから、バランスの取り方とかが分からなくなるんです。

 
――無理に演ろうとしないほうが、壮さんらしい色気が出てくるかもしれませんね。

私、頑張っちゃうんですよねえ(笑)。だから、舞台でちゃんと呼吸をしたいですね。いろんな役者さんと、そういう話もしていました。芝居ってなんだろう、色ってなんだろうとか。でも、頭でっかちにならないように(笑)、しっかりやっていきたいと思います。

 

<次のページ>
壮一帆的な見せ場は…?

 

💡音楽劇『魔都夜曲』関連記事
藤木直人さんスペシャルインタビュー【後編】
藤木直人さんスペシャルインタビュー【前編】
藤木直人さん動画コメント

 

■□■BUTAKOME☆Information ■□■
 


 
cube 20th. presents 音楽劇『魔都夜曲』
———————————————————————————–
リビング読者特別価格で発売中!

チケット購入はコチラ
———————————————————————————–

 作 :マキノノゾミ
演 出:河原雅彦
出 演:藤木直人、マイコ、小西遼生、壮一帆、松下洸平、秋夢乃、
    高嶋菜七、浜崎香帆、
    中谷優心、キッド咲麗花、村上貴亮、吉岡麻由子、前田悟、
    板倉チヒロ、
    田鍋謙一郎、奥田達士、コング桑田、春風ひとみ、山西惇、
    村井國夫、橋本さとし

日 時:7月9日(日)・15日(土)・17日(月・祝) 18:00、
    7月10日(月)・13日(木)・14日(金)・24日(月) 19:00、
    7月25日(火) 14:00、
    7月28日(金) 17:00

会 場:Bunkamura シアターコクーン (渋谷)

料 金:S席1万1000円 ⇒ リビング読者特別価格 で販売!
チケット購入はコチラ

※未就学児童入場不可

※詳細は公式HP

 
 

 

BUTAKOME ファンクラブ
【LINE@ はじめました】
先行販売・お得なチケット情報をお届けします♪

LINEアプリの「友だち追加」から
ID:@butakome を検索するか、
下記の友だち追加ボタンから登録してください。

友だち追加数

 

 

1 2 3

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

シルク・ドゥ・ソレイユ『キュリオス』リビング貸切公演

インタビュー

望海風斗

望海風斗

宝塚歌劇雪組トップスター・望海風斗さんインタビュー

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2017/09/17

【中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪<番外編>】『謎の変奏曲』橋爪功さん×..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2017/11/17NEW

【速報】尾上松也さんが『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』..

open

close

Profile

1985年1月30日生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。
5歳で『伽羅先代萩』の鶴千代役にて、二代目尾上松也の名で初舞台。様々な分野で活躍し、歌舞伎公演以外にも活動の幅を広げている。09年より歌舞伎自主公演『挑む』を主催。歌舞伎公演以外の主な出演作に舞台:『ロミオ&ジュリエット』、『スリル・ミー』、『アンタッチャブル』、『男の花道』、『騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談』、TVドラマ「天地人」、「永遠の0」、映画「源氏物語」ほか。今年は6月からはミュージカル『エリザベート』にルイジ・ルキーニ役としての出演。8月8日には7回目の歌舞伎自主公演『挑む ~更なる幕へ勇みし気迫(こころ)~』を神奈川芸術劇場にて開催する。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト
【Official blog】松也日記(アメブロ公式)  
【自主公演サイト】挑むオフィシャルホームページ  

2017/11/12

📹【加藤和樹のエンタメCafe No.10】〈銀座エ..

open

close

Profile

1984年10月7日生まれ。愛知県出身。現在、LIVEや舞台・ミュージカルなどに参加幅広いファン層に支持され、歌手・俳優としても各界で注目を浴びている。

2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴び、2006年4月Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。
日本や韓国・台湾・中国でのCDリリースの他、自身のアルバムなどのTOURである「LIVE“GIG”TOUR」とラジオ公開放送のように投稿メールとリクエストを中心に構成されている「“KK−STATION”TOUR」や、日本武道館や日比谷野外音楽堂、アジア圏でも単独ライブを開催するなど精力的に活動。

同時に俳優としても活動しており、ドラマ「仮面ライダーカブト」「ホタルノヒカリ」「インディゴの夜」「赤い糸の女」「乾杯戦士アフターV」などに出演するほか、アニメ「家庭教師ヒットマンREBORN」桔梗役や時代劇アニメ「義風堂々」石田三成役、ゲーム「戦場の円舞曲」「イケメン戦国」「B-Project」などで声優としても活躍。

近年はミュージカル『ロミオ&ジュリエット』『レディ・ベス』や『タイタニック』など大型ミュージカルにも出演。2016年4月・5月『1789 バスティーユの恋人たち』で帝劇初主演、9月~10月『真田十勇士』霧隠才蔵役に挑む。2017年1月ミュージカル『フランケンシュタイン』に出演決定。

【Official HP】 公式サイト
【Official blog】 公式ブログ

2016/11/29

【木ノ下裕一の歌舞伎の“ツボ”】 Vol.7 一味違った楽しさとパワ..

open

close

Profile

木ノ下歌舞伎 主宰
1985年7月4日、和歌山生まれ。小学校3年生の時、上方落語を聞き衝撃を受けると同時に独学で落語を始め、その後、古典芸能への関心を広げつつ現代の舞台芸術を学ぶ。2006年に古典演目上演の演出や補綴・監修を自らが行う木ノ下歌舞伎を旗揚げ。
『黒塚』(’13)、『東海道四谷怪談—通し上演—』(’13)、『三人吉三』(’14)、『心中天の網島』(’15)、『義経千本桜ー渡海屋・大物浦ー』』(’16)
2015年に再演した『三人吉三』にて読売演劇大賞2015年上半期作品賞にノミネートされる。
その他古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。2015年3月に博士号(芸術博士)取得。

【Official HP】木ノ下歌舞伎 公式サイト
【Official Twitter】木ノ下裕一 Twitter

クラシック音楽界のきら星たちに注目

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING COLLECTION
  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん
  • シュフモ
  • Lei wedding net