演劇・ミュージカル

インタビュー

山崎育三郎さんスペシャルインタビュー☆ミュージカル『モーツァルト!』

2018/01/19


 

 
 

1801yamasaki

 
今年5月、4年ぶりにミュージカル『モーツァルト!』が帝国劇場に帰ってきます! 主演(Wキャスト)を務めるのは、これが三度目の挑戦となる山崎育三郎さんと、ニューフェイスの古川雄大さん。これまで中川晃教さん、井上芳雄さんが演じてきたヴォルフガング・モーツァルトという大役を引き継ぐ山崎さんには、今回、経験者としてのリーダーシップや、その進化にも熱い期待が注がれています。今や舞台のみならず、映像の分野でも華々しい活躍を見せる山崎さんに、本作への思い、昨年末までの自身の変化やその実感などについて、たっぷりとうかがってきました。

 
——2010年公演、2014年公演に続く、三度目の『モーツァルト!』への挑戦ですね。

4年おきに……オリンピックですね(笑)。そうか、『モーツァルト!』ってそんなに間が空いていたんですね。もっと短いスパンでやっていたような感覚があって…。この役は本当に、自分のすべてを出し切らないとできないんです。今の自分をさらけ出す、丸裸になるような役。だから、今の自分に何ができるのかが楽しみなんです。この数年で、自分自身の環境が想像もつかなかったくらいに変わっていっているので、今、30歳を過ぎた自分が『モーツァルト!』に向き合った時に、どんな風に感じるんだろう? その感覚を大事にしたいなと思っています。最初に演じた時は僕、23歳でしたから。

 
——2010年に初めてヴォルフガング役を担った時と、2014年の再演の時を比べても、きっと大きな変化を感じていたのでは?

そうですね。2010年の時はもう、しんどかった記憶しかなくて(笑)。通し稽古で一幕が終わった後、もうできない!と思いましたから。無我夢中で一幕をやり過ぎたのもあるんですけど、立てなくなっちゃって、二幕なんかできないっ! と思ったくらいつらかった。そんな時、山口祐一郎さんが「大丈夫だよ〜。カッコいいよ〜今日も〜」って毎回言ってくれたんです。優しいな〜って。(一同笑! 祐一郎さんの声真似をする山崎さん、すごく似てます!)
 

モーツァルト!

写真提供:東宝演劇部(2014年公演より)

 
それこそ2010年の時は、芳雄さんとちゃんと話した記憶もないんですよ。自分自身でいっぱいいっぱいだったから。でも2014年の時は、いろんなコミュニケーションを取りながらできたように思います。演出の小池修一郎先生に、4年経ってこういうこともできるようになったというところを見せたい、そんな思いもありました。でもやっぱり、4年経ったとはいえ楽にできる役ではないので、大変でした。あらためてすごい作品だな!と思ったし。

例えるなら、飛行機に乗った気分になるんですよ。この舞台って始まってしまうと、自分でコントロールしなくても、役と作品が最後まで連れていってくれるんです。気がついたら終わってた、という感じで(笑)。集中力はものすごく使うんですよ。でも一回乗っかったら、ふわ〜んって作品が最後まで連れていってくれる感覚。役に自分をゆだねる、というか。だから「何かをしてやろう」なんて考えたりできなかったです。

 
——その感覚を、また今年も味わうことになるのでしょうね。今回Wキャストでヴォルフガング役を担うのは、初参加となる古川雄大さんです。

芳雄さんが「モーツァルトが亡くなった年齢で卒業する」と言っていて、ホントかな?と思っていたら本当だとなった時に、僕は直感で「次は雄大だな」と思ったんです。彼のステージを初めて観た時から、すごく華があって魅力的で、この人はスターになるだろうなと思っていたから。ずっと以前に本人にも「次のヴォルフガングは絶対、雄大だよ」って言ったことがあって。「そんな、俺なんか無理っすよ」って言ってたけど(笑)、やっぱりなと。彼も今、すごく緊張しているとは言ってましたね。

 
——芳雄さんがやって来られたように、次は山崎さんが先頭に立たないと、ですね。

雄大は後輩ではあるけれど、年齢は二つしか違わないですからね。雄大は「先輩」と言ってくれるけど、僕はその意識はありません。一緒に作品を作っていく仲間は先輩も後輩もないと思うし、ヴォルフガングは「どれだけ自分と向き合えるか」という役なので。俺について来い、なんて気持ちはまったくないけど(笑)、彼が作品に集中できるような存在ではいたいと思います。

 
——先ほどの「自分でコントロールするのではなく、役にゆだねる」というお話と矛盾するかもしれませんが、ヴォルフガングをどのような人間として表出できたら……といった思いはありますか?

純粋でいたいなと思います。自分の思いや言っていることに、嘘のない人間として…。うーん、でも言葉で説明するのは本当に難しいんです、ヴォルフガングって。稽古が始まれば、自分の中で見えてくるものがあると思うんですけど。今回、自分がどのように役を思うのか、まだわからないので。2010年と2014年でも、やってみて違うものが見えてきましたから。

 

<次のページ>
新しい挑戦は怖かったけれど、
得たものもたくさんある

 

■□■BUTAKOME☆Information ■□■
 
ポスター

Photo by Leslie Kee

 
ミュージカル『モーツァルト!』
 
———————————————————————————–

リビング半館貸切公演・予定枚数販売終了

チケット購入はコチラ

———————————————————————————–
 
脚本/歌詞:ミヒャエル・クンツェ
音楽/編曲:シルヴェスター・リーヴァイ
演出/訳詞:小池修一郎

 
出演:山崎育三郎、木下晴香、和音美桜、香寿たつき、山口祐一郎、市村正親、ほか
 
【リビング新聞・半館貸切公演】
日時:2018年6月17日(日)12:30
 
料金:S席13,500円→12,900円 SOLD OUT
   A席  9,000円→8,500円 SOLD OUT
   B席  4,000円→3,800円 SOLD OUT
 
会場:帝国劇場
 
※公演の詳細は公式サイト
 

 
 

 

BUTAKOME ファンクラブ
【LINE@ はじめました】
先行販売・お得なチケット情報をお届けします♪

LINEアプリの「友だち追加」から
ID:@butakome を検索するか、
下記の友だち追加ボタンから登録してください。

友だち追加数

 

 

1 2

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

0524Matsuya

尾上松也

『百傾繚乱』&『メタルマクベス』

チケット購入

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2018/06/09

堤 真一×中井美穂 スぺシャル対談▷6月16日開幕!『お蘭、登場』

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2018/05/12

【早霧せいなのビタミン“S”】其のニ .「カラーメガネ」

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2018/06/04

尾上松也のエンタメ異文化交流録▷ミュージカル『メリー・ポピンズ』大阪..

open

close

Profile

1985年1月30日生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。
5歳で『伽羅先代萩』の鶴千代役にて、二代目尾上松也の名で初舞台。様々な分野で活躍し、歌舞伎公演以外にも活動の幅を広げている。09年より歌舞伎自主公演『挑む』を主催。歌舞伎公演以外の主な出演作に舞台:『ロミオ&ジュリエット』、『スリル・ミー』、『アンタッチャブル』、『男の花道』、『騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談』、TVドラマ「天地人」、「永遠の0」、映画「源氏物語」ほか。今年は6月からはミュージカル『エリザベート』にルイジ・ルキーニ役としての出演。8月8日には7回目の歌舞伎自主公演『挑む ~更なる幕へ勇みし気迫(こころ)~』を神奈川芸術劇場にて開催する。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト
【Official blog】松也日記(アメブロ公式)  
【自主公演サイト】挑むオフィシャルホームページ  

2018/05/18

📹【加藤和樹のエンタメCafe No.17】〈三軒茶..

open

close

Profile

1984年10月7日生まれ。愛知県出身。現在、LIVEや舞台・ミュージカルなどに参加幅広いファン層に支持され、歌手・俳優としても各界で注目を浴びている。

2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴び、2006年4月Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。
日本や韓国・台湾・中国でのCDリリースの他、自身のアルバムなどのTOURである「LIVE“GIG”TOUR」とラジオ公開放送のように投稿メールとリクエストを中心に構成されている「“KK−STATION”TOUR」や、日本武道館や日比谷野外音楽堂、アジア圏でも単独ライブを開催するなど精力的に活動。

同時に俳優としても活動しており、ドラマ「仮面ライダーカブト」「ホタルノヒカリ」「インディゴの夜」「赤い糸の女」「乾杯戦士アフターV」などに出演するほか、アニメ「家庭教師ヒットマンREBORN」桔梗役や時代劇アニメ「義風堂々」石田三成役、ゲーム「戦場の円舞曲」「イケメン戦国」「B-Project」などで声優としても活躍。

近年はミュージカル『ロミオ&ジュリエット』『レディ・ベス』や『タイタニック』など大型ミュージカルにも出演。2016年4月・5月『1789 バスティーユの恋人たち』で帝劇初主演、9月~10月『真田十勇士』霧隠才蔵役に挑む。2017年1月ミュージカル『フランケンシュタイン』に出演決定。

【Official HP】 公式サイト
【Official blog】 公式ブログ

2018/06/04

【柳亭こみちのちょいと一回のつもりで聴いて】Vol.2「そんな質問さ..

open

close

Profile

東村山市出身。2003年、七代目柳亭燕路に入門。前座名「こみち」。2006年、「こみち」のまま二ツ目昇進。2017年、「こみち」のまま真打昇進。歌って踊れて落語のできる女、老若男女から友達になりたいと思われるような噺家を目指している。亭主は漫才師「宮田陽・昇」の宮田昇。漫才師と落語家の夫婦は史上初。二児の母として真打に昇進したのも、落語史上初。「落語坐こみち堂」「なかの坐こみち堂」をはじめ、日々多数の落語会に出演し、ナレーション、講演活動、執筆活動、学校寄席への出演も多々。こみちが大きな出世街道となるよう、鋭意奮闘中
【Official HP】 こみちの路

2018/02/23

【木ノ下裕一の歌舞伎の“ツボ”】 Vol.8『勧進帳』

open

close

Profile

木ノ下歌舞伎 主宰
1985年7月4日、和歌山生まれ。小学校3年生の時、上方落語を聞き衝撃を受けると同時に独学で落語を始め、その後、古典芸能への関心を広げつつ現代の舞台芸術を学ぶ。2006年に古典演目上演の演出や補綴・監修を自らが行う木ノ下歌舞伎を旗揚げ。
『黒塚』(’13)、『東海道四谷怪談—通し上演—』(’13)、『三人吉三』(’14)、『心中天の網島』(’15)、『義経千本桜ー渡海屋・大物浦ー』』(’16)
2015年に再演した『三人吉三』にて読売演劇大賞2015年上半期作品賞にノミネートされる。
その他古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。2015年3月に博士号(芸術博士)取得。

【Official HP】木ノ下歌舞伎 公式サイト
【Official Twitter】木ノ下裕一 Twitter

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん