BUTAKOME編集部

窪田正孝さん・柚希礼音さんのインタビューが到着!▶「唐版 風の又三郎」6月29日(土)WOWOWライブにて放送!

2019/06/28


唐版 風の又三郎

(写真 左より)柚希礼音さん・窪田正孝さん

 

窪田正孝×柚希礼音「唐版 風の又三郎」
6月29日(土)WOWOWライブにて放送!

 

今年2月に渋谷Bunkamuraシアターコクーンで公演が行われた、チケット完売の舞台『唐版 風の又三郎』が6月29日(土)WOWOWにて放送されます。2013年『唐版 滝の白糸』以来6年ぶりの舞台となる窪田正孝さん、元宝塚歌劇団星組トップスターの柚希礼音さんがダブル主演を務め、北村有起哉さん、丸山智己さん、江口のりこさん、風間杜夫さんら豪華キャストが集結。演出は蜷川幸雄さん、唐十郎さんに師事した金守珍さんが務め、注目を集めました。

今回ダブル主演を務める窪田さん、柚希さんのインタビューが到着!
2人へのインタビューでは、演じた役柄や、稽古場での裏話などを語っており、舞台本編に加えて放送されます。アングラ演劇の雄・唐十郎の傑作戯曲『唐版 風の又三郎』もWOWOWで放送されますので、ぜひ、お楽しみください♪

 

窪田正孝×柚希礼音インタビュー

 
――互いの印象について

窪田: すごく頼れる方でした。舞台の上で、貫録があって、すごく安心感があって、相乗効果が生まれる感じでした。僕は、毎回1つとして同じ公演はないと思っていて。ちょっと変えてやってみたいなというところも、お芝居の中でできていく、というのが毎回すごく楽しみでした。

柚希: とても可愛いなと思います。そして、本当にお芝居が上手だなぁ、と。毎回の公演で、少しずつ変えるときは、窪田君が先に変えてきてくれました。稽古場の最初の頃は、それを感じることができないくらいに必死だったけど、とにかく織部だけに集中してやろうと思いだしたら、毎日がすごく楽しかったですね。

 
――窪田さんは、「唐版 滝の白糸」以来6年ぶりの舞台ですが、オファーがあった時の心境や舞台に戻ってきて何か思うことは

窪田: ドラマや映画を中心にやらせていただいていましたが、30歳になって新しいことに挑戦したいなと思っていて。その時にこのお話をいただいたので、是非やらせていただきたいです、と二つ返事で受けさせていただきました。今回、自分の感覚が変わったからなのか、すんなりと入ってくる感じがあって。6年前は正直、舞台がちょっと嫌になったりもしたのですが、今回は本当に舞台をすごく好きになりましたね。それが本当に自分の中で一番大きな変化でした。

 
――柚希さん、今回の稽古の中で助けになった言葉、共演者などはいますか?

柚希: 私はアングラのお芝居をするのが初めてなので、演出の金さんへも“教えてください”という状態からスタートしました。金さんは、ダメなところはいろいろ教えてくださりつつも、私のこの骨格・肉体がまずアングラ向きなんだ、とか、宝塚で学んできたことはこの作品のためだったと思う、とかおっしゃってくださいました。金さんの演出が本当に素晴らしく、ありがたく過ごしていました。風間杜夫さんや六平直政さんからもいろいろと教わり、芸歴20周年の時期に教えてくださる方々に出会えて、ありがたいなと思いました。

 

■□■BUTAKOME☆Information ■□■
 
「唐版 風の又三郎」
 窪田正孝×柚希礼音
 放送日:6月29日(土)16:00~ WOWOWライブ

 
<関連番組>
「唐版 滝の白糸」
 蜷川幸雄×大空ゆうひ×窪田正孝×平幹二朗
 放送日:7月13日(土)16:00~ WOWOWライブ
 
詳細は公式サイトへ

 
 

 

BUTAKOME【LINE@】

宝塚歌劇やミュージカルの先行販売情報やコラム等の記事更新情報をお届けします♪

LINEアプリの「友だち追加」から
ID:@butakome を検索するか、
下記の友だち追加ボタンから登録してください。

友だち追加数

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

インタビューTOP

中村隼人

スーパー歌舞伎II(セカンド)『新版 オグリ』▷若さと熱量でオグリを演じたい

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2019/09/01

【中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪ Vol.43(後編)】稲垣吾郎×中井..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2019/09/30

【早霧せいなのビタミン“S”】其の十八.「自然を直に感じること」

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2019/06/07

尾上松也さんSpecialインタビュー▷第二回『百傾繚乱』8月24日..

open

close

Profile

1985 年生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。父は六代目尾上松助。1990 年 5 月、「伽羅先代萩」の鶴千代役にて二代目 尾上松也を名のり初舞台。近年は立役として注目され、2015年より、次世代の歌舞伎界を担う花形俳優が顔を揃える「新春浅草歌舞伎」に出演し、「仮名手本忠臣蔵」早野勘平、「義経千本桜」狐忠信、「義経千本桜 吉野山」佐藤忠信 実は 源九郎狐などの大役を勤める。一方、2009 年からは歌舞伎自主公演 「挑む」を主宰している。

歌舞伎の以外でも、ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」(2013)ベンヴォーリオ役、「エリザベート」(2015)ルイジ・ルキーニ役、ディズニーアニメーション映画「モアナと伝説の海」日本語吹替版のマウイ役、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK)今川氏真役、初の主演ドラマ「さぼリーマン甘太朗」等、活躍の場を広げている。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト

2018/11/20

【柳亭こみちのちょいと一回のつもりで聴いて】Vol.7「女のお喋り」

open

close

Profile

東村山市出身。2003年、七代目柳亭燕路に入門。前座名「こみち」。2006年、「こみち」のまま二ツ目昇進。2017年、「こみち」のまま真打昇進。歌って踊れて落語のできる女、老若男女から友達になりたいと思われるような噺家を目指している。亭主は漫才師「宮田陽・昇」の宮田昇。漫才師と落語家の夫婦は史上初。二児の母として真打に昇進したのも、落語史上初。「落語坐こみち堂」「なかの坐こみち堂」をはじめ、日々多数の落語会に出演し、ナレーション、講演活動、執筆活動、学校寄席への出演も多々。こみちが大きな出世街道となるよう、鋭意奮闘中
【Official HP】 こみちの路

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん