カテゴリー

最新記事

平方元基のゲンキ★カンゲキ!!

ミュージカル「ハムレット」~平方元基・演劇コラム~

2012/02/16


BUTAKOME
写真提供/東宝演劇部

『なんでそう思いましたか?』
『どうしてそう感じましたか?』
『そう感じた理由は?』etc…

取材を受けると、よくそんな質問を受けます。
正直、そんなに一つ一つに理由がなかったりして、感覚的なことが思考の大部分を占める僕は、取材の返答が非常に苦手です(笑)

出来るだけ、自分の気持ちを100%伝えようと言葉のチョイスをするんですが、
90%くらいしか伝えられないときも多々あって・・・

だからそれがコラムと何の関係があるのかっという話なんですが。

これから僕はとんでもないことを言います!

えー、このコラムを読むよりもまず、劇場で体感してください。
この作品は観たら感じるパワーがあるんです。だから観て貰えたら、きっと、僕の言いたいこと、分かっていただけると思います。
と、軽くコラム執筆放棄(笑)・・・と言うわけにもいかないので、
僕なりに感じたことを書いてみます。

スタートが遅かった僕は最近勉強のために早送りのように舞台を観ているんですが、
その中でも一番の衝撃を受けたのが、この作品!

はい、ここ!!!!
『なんでそう思いましたか?』と僕に聞いてはダ~メ!ダ~メ~!
考えるより感じろですよ!

まず、シェークスピアってお堅いイメージ満載ですよね。
僕も、なんで簡単な話をまどろっこしく書くんだろう?と思ってました。
そうなんです!
内容は、実はそんなに頭を抱えるほど難しいものではないんですよ。

読んだあとの解釈は人それぞれですが、内容を把握するだけならそんなに難しい作品ではないんです。ハムレットも例外ではありません。

ある時代のデンマーク、王が急死し、その弟クローディアスが先王の王妃であったガートルードを妻とし、王位についた。悲嘆にくれる王子ハムレットは亡き父、先王の亡霊から死の真相を聞かされる。真実を知ったハムレットは、突然狂気にかかったような言動を始める。それは、恋人や親友までも傷つけ、恋人の家族らをも巻き込み、血で血を洗う陰謀と復讐が王宮に渦巻いていく…

というお話。これ以上の詳しいあらすじを知らなくても、ハムレットの世界に飛び込んでありのままを感じて欲しいので、あえてこれ以上の表記はしません。

勿論、僕もなにも調べないまま劇場へ飛び込んだ1人です。
ミュージカルなので、歌で大切な部分が綴られている場合が多いので、
歌詞をよーく聞くことで、理解度がぐっとますと思います。

このハムレット、なんと、チェコ初演のミュージカルなんだそう。
どおりで聞き慣れないロックミュージックのオンパレード。
役者泣かせの難しい曲ばかりで、出演者の方々はとんでもなく楽曲と戦ったことだと想像します。僕なら歌のことだけでもう頭の中がいっぱいになっていたと思います。

聞き馴染みはない音楽でしたが、僕は気づいたらグっと舞台に引き込まれていました。
それは、間違いなく芝居の迫力、強さがそこにあったからだです。

衣装もシンプルで物語に陶酔出来たポイントのひとつ。

栗山民也さんのストレートの作品は何作か拝見して細部まで拘った演出をするという印象を持っていたので、栗山さん演出のミュージカルというのも魅力的でした。
僕もいつか栗山さんの演出を受けてみたいです。

キャストのみなさんがひとつになって、いい作品を作りたいと必死に舞台上で生きている姿が圧巻でした。
特に、ハムレット役、井上芳雄さんにはこれでもか!と見せつけられました。
言わずとしれたミュージカル界の若きトップスター。
観ているこっちが痛いほど魂剥き出しの歌、芝居。
僕もいつかあんなふうに歌いたい、演じたい。そう思いました。

もう本当に、何が役者をそこまで駆り立てるのかと思うほど圧巻の迫力で、あっという間の2時間でした。

実は僕、ゲネプロも拝見したんですが、さらに本番にもう一度観たくて伺いました。

二度観劇しても、衝撃は変わらなかった、いや逆に増しました。

二回観劇したことで、不明確だった点が確認できたので、より舞台に引き込まれたのはもちろんですが、まるでハムレットのこころの闇に僕自身包まれてしまったかのように、
観劇後、なかなか現実の世界へ戻れずにいました。もう、ハムレット中毒です。

最後をこの言葉で締めくくる重みを是非、みなさん劇場で体感してください。

『おやすみなさい、殿下。』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪フォト・ギャラリー≫

BUTAKOME
初代ルフドル皇太子、井上芳雄さんとツーショ☆
井上さんハムレットに心酔した平方さん、嬉しそう!
お二人は同じ福岡出身ですね。

BUTAKOME
ジュリエット(昆 夏美さん)とティボルト(平方さん)再会のピース!
昆さんオフィーリア、特にニ幕の見せ場で涙があふれてきました。

BUTAKOME
クローディアス役・村井国夫さんとパシャリ!
怖い、悪役・クローディアス様ですが
楽屋ではユーモラスたっぷりで周りが笑顔いっぱいに。

BUTAKOME
レアティーズ役・伊礼彼方さんとハイ、チーズ!
伊礼さんはブタコメ演劇コラムニストの先輩であり、
ルドルフ役の先輩でもあります。
オフィーリア(妹)への愛情がハンパなかったです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ミュージカル
『ハムレット』

BUTAKOME

※公式HPはコチラから

【プロフィール】平方元基

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

19013003miurahiroki

三浦宏規

ミュージカル『レ・ミゼラブル』マリウス役に挑む

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2019/01/17

藤原竜也×中井美穂☆2019年新春Special対談~舞台『プラトー..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2019/01/31

【早霧せいなのビタミン“S"】其の十.ソウルSpecial編「本場の..

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2018/12/27

尾上松也さんSpecialインタビュー▷平成最後の『新春浅草歌舞伎』..

open

close

Profile

1985年1月30日生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。
5歳で『伽羅先代萩』の鶴千代役にて、二代目尾上松也の名で初舞台。様々な分野で活躍し、歌舞伎公演以外にも活動の幅を広げている。09年より歌舞伎自主公演『挑む』を主催。歌舞伎公演以外の主な出演作に舞台:『ロミオ&ジュリエット』、『スリル・ミー』、『アンタッチャブル』、『男の花道』、『騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談』、TVドラマ「天地人」、「永遠の0」、映画「源氏物語」ほか。今年は6月からはミュージカル『エリザベート』にルイジ・ルキーニ役としての出演。8月8日には7回目の歌舞伎自主公演『挑む ~更なる幕へ勇みし気迫(こころ)~』を神奈川芸術劇場にて開催する。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト
【Official blog】松也日記(アメブロ公式)  
【自主公演サイト】挑むオフィシャルホームページ  

2018/08/06

📹【加藤和樹のエンタメCafe 番外編】〈大阪・梅田..

open

close

Profile

1984年10月7日生まれ。愛知県出身。現在、LIVEや舞台・ミュージカルなどに参加幅広いファン層に支持され、歌手・俳優としても各界で注目を浴びている。

2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴び、2006年4月Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。
日本や韓国・台湾・中国でのCDリリースの他、自身のアルバムなどのTOURである「LIVE“GIG”TOUR」とラジオ公開放送のように投稿メールとリクエストを中心に構成されている「“KK−STATION”TOUR」や、日本武道館や日比谷野外音楽堂、アジア圏でも単独ライブを開催するなど精力的に活動。

同時に俳優としても活動しており、ドラマ「仮面ライダーカブト」「ホタルノヒカリ」「インディゴの夜」「赤い糸の女」「乾杯戦士アフターV」などに出演するほか、アニメ「家庭教師ヒットマンREBORN」桔梗役や時代劇アニメ「義風堂々」石田三成役、ゲーム「戦場の円舞曲」「イケメン戦国」「B-Project」などで声優としても活躍。

近年はミュージカル『ロミオ&ジュリエット』『レディ・ベス』や『タイタニック』など大型ミュージカルにも出演。2016年4月・5月『1789 バスティーユの恋人たち』で帝劇初主演、9月~10月『真田十勇士』霧隠才蔵役に挑む。2017年1月ミュージカル『フランケンシュタイン』に出演決定。

【Official HP】 公式サイト
【Official blog】 公式ブログ

2018/11/20

【柳亭こみちのちょいと一回のつもりで聴いて】Vol.7「女のお喋り」

open

close

Profile

東村山市出身。2003年、七代目柳亭燕路に入門。前座名「こみち」。2006年、「こみち」のまま二ツ目昇進。2017年、「こみち」のまま真打昇進。歌って踊れて落語のできる女、老若男女から友達になりたいと思われるような噺家を目指している。亭主は漫才師「宮田陽・昇」の宮田昇。漫才師と落語家の夫婦は史上初。二児の母として真打に昇進したのも、落語史上初。「落語坐こみち堂」「なかの坐こみち堂」をはじめ、日々多数の落語会に出演し、ナレーション、講演活動、執筆活動、学校寄席への出演も多々。こみちが大きな出世街道となるよう、鋭意奮闘中
【Official HP】 こみちの路

2018/02/23

【木ノ下裕一の歌舞伎の“ツボ”】 Vol.8『勧進帳』

open

close

Profile

木ノ下歌舞伎 主宰
1985年7月4日、和歌山生まれ。小学校3年生の時、上方落語を聞き衝撃を受けると同時に独学で落語を始め、その後、古典芸能への関心を広げつつ現代の舞台芸術を学ぶ。2006年に古典演目上演の演出や補綴・監修を自らが行う木ノ下歌舞伎を旗揚げ。
『黒塚』(’13)、『東海道四谷怪談—通し上演—』(’13)、『三人吉三』(’14)、『心中天の網島』(’15)、『義経千本桜ー渡海屋・大物浦ー』』(’16)
2015年に再演した『三人吉三』にて読売演劇大賞2015年上半期作品賞にノミネートされる。
その他古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。2015年3月に博士号(芸術博士)取得。

【Official HP】木ノ下歌舞伎 公式サイト
【Official Twitter】木ノ下裕一 Twitter

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん