カテゴリー

最新記事

平方元基のゲンキ★カンゲキ!!

「ローマの休日」~平方元基・演劇コラム~

2012/06/20


BUTAKOME

現代では起こり得ないような
ドラマチックな切ないラブストーリー。

世界中の女性に愛されている理由が分かったような気がしました。
自由を求める女性。
それはきっと女性の憧れなのでしょう。
お城から抜け出すまででは無くても、窮屈な毎日、自分の周りの環境から抜け出したいって思うことは皆さんにもありすよね?

勝手に、ママのことと重ねてしまいました。
あ、ママっていうのは、エリザベートのことですよ(笑)
自由を求める女性像は、演劇界の永遠のテーマの一つなのかもしれません。

しかし、この舞台、たった三人の出演者で物語が進んで行くんです。
出演者が多い方が、世界観が大きく豪華に見えそうに思いますが、
たったの三人だからこそ、より物語の核心に深く触れられたように感じます。

BUTAKOME

ジョーの一見華奢で優しそうな見た目とは真逆の渋さが際立つ存在と、
アンの気品だけでない無垢で無邪気なスペシャルな可愛らしい佇まい、
そして天才的なお茶らけキャラで自由な存在感、ジョーの親友アーヴィング

僕は、このハッキリとわかりやすいキャラクター設定にもキュンキュンしてしまいました。
キャラクターがハッキリしてると物語が理解しやすいですね!

ここで「ローマの休日」をまだご存知でない方に簡単なあらすじを。

舞台は1950年、イタリアはローマ。ある日、新聞記者のジョーは、ベンチで眠りこけていた風変わりな娘と出会う。翌朝には、ヨーロッパ各地を表敬訪問中のアン王女の記者会見なのだが、意識朦朧としている彼女の面倒を仕方なくみることに。翌朝、彼女をみてジョーは気づく。そう。そこに寝ているのは、アン王女なのだ。彼女は身分を隠そうとするが、ジョーは王女だと確信する。スクープをつかみたいジョー。自由を求める彼女と一日だけローマの名所巡りをすることに。しかし、そのうち、二人の間には、予想外の感情が芽生え始めていた。そんな輝かしいローマでの時間。たった一日の出来事が、二人の人生をより深く、それぞれの道を歩き出させるのであった。

BUTAKOME

そう。この物語はたった一日の奇跡とも言える二人の時間に、
人を愛すること、信じることの簡単なようでなかなか出来ない大切なことが詰め込まれています。
たった一日の物語なのに、こんなにも人の心をぎゅっとつかむこの作品。
僕たちが何気なく過ごしている時間の中にも、いろんな奇跡が転がっているのかもしれません。
そう思うと、一日という時間も大切に生きていたいと想うものです。

BUTAKOME

柔らかな雰囲気の中、薄いレースのカーテンがそよ風でヒラヒラと揺れ、その部屋には沢山の光が差し込む。
だが、その部屋には誰もいない。
でも二人はあの日、たしかにそこに居て、その思い出だけがそれぞれの道を歩んでいく二人をつなぐものなのでしょう。

すっと心に溶け込んで、穏やかな気持ちにさせてくれる、
そんな素敵な舞台に触れ合えたことに感謝しながら。。。

平方元基でした。

撮影:岸隆子

【プロフィール】平方元基

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

KAIさん191226002

KAI

2020年1月12日(日)マイクレスコンサート第3弾を東京で開催!『ファントム...

チケット購入

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2020/02/06

【中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪ Vol.46】麻実れい×中井美穂 S..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2020/01/21

【早霧せいなのビタミン“S"】其の二十二.「ダウントン・アビーの世界..

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2019/06/07

尾上松也さんSpecialインタビュー▷第二回『百傾繚乱』8月24日..

open

close

Profile

1985 年生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。父は六代目尾上松助。1990 年 5 月、「伽羅先代萩」の鶴千代役にて二代目 尾上松也を名のり初舞台。近年は立役として注目され、2015年より、次世代の歌舞伎界を担う花形俳優が顔を揃える「新春浅草歌舞伎」に出演し、「仮名手本忠臣蔵」早野勘平、「義経千本桜」狐忠信、「義経千本桜 吉野山」佐藤忠信 実は 源九郎狐などの大役を勤める。一方、2009 年からは歌舞伎自主公演 「挑む」を主宰している。

歌舞伎の以外でも、ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」(2013)ベンヴォーリオ役、「エリザベート」(2015)ルイジ・ルキーニ役、ディズニーアニメーション映画「モアナと伝説の海」日本語吹替版のマウイ役、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK)今川氏真役、初の主演ドラマ「さぼリーマン甘太朗」等、活躍の場を広げている。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん