カテゴリー

最新記事

コンサート

【K-Musical Concert 2013】平方元基インタビュー

2013/03/10


K-Musical コンサート Hirakata

韓国と日本のミュージカルスターが競演する夢のコンサート、「K-Musical Stars Concert」が4月1日、赤坂ACTシアターで開催されます。

栄えある日本チームの一人として出演するのは、ブタコメ演劇コラムニストでおなじみの平方元基さん。こ、これはある意味、国家代表では!? 責任重大っ! ……と周囲から聞こえてくるプレッシャーの声をものともせず、ご当人はいつものゲンキスマイルで「楽しみますっ!」と伸び伸び宣言。さすが九州男児!? キモが座ってます! 日韓のファンが熱視線を注ぐコンサートへ向けて、平方さんが気負いのない、率直な思いを語ってくれました。

 

——日韓両国のミュージカル界の実力派が集結したコンサートが開かれますが、そのメンバーの一人として舞台に立ちますね。

もうドキドキですよ! 圧倒的な歌唱力を持つ韓国スターの方々を、僕と姿月あさとさんとでお迎えするといった形になりますよね。俳優同士でどのようにフレンドシップをはかり、いかにお客さんを巻き込んで「日本と韓国のミュージカルをもっと盛り上げていこう!」って手を取り合える内容にするのかが課題だな、と考えています。

——日本を代表して韓国キャストの皆さんをお迎えするとは、重大な任務じゃないですか!?

そうなんです。韓国の皆さんに「また日本の舞台に立ちたい」と思っていただけるようにしないといけませんよね。僕が韓国の舞台を観に行った時に強く感じたのは、お客さんの反応がすごく熱くてわかりやすいことだったんです。ヒュー!なんて歓声が上がることは日本の劇場ではあまり見られませんから。でもそこは日本なりの歓迎の仕方、感動の示し方というのがあるので、そのギャップを韓国の俳優さんたちが誤解することのないように、日本のスタイルの中で存分に実力を見せていただきたいなと。韓国の俳優さんたちのパフォーマンスを客席に伝え、またお客さんの感動を韓国の俳優さんたちに感じてもらう、そんな架け橋になれるよう頑張りたいですね。でもそんなに気負わずに、まずは自分が楽しむことが一番じゃないかな、とも思っています。

——韓国チームの中には、日本と韓国で一緒にイベントをやったり、平方さんのライブにも駆けつけてくださった頼れるヒョン(兄貴)、キム・スンデさんがいます。

そう、心強い! コンサートとして本格的に一緒に歌を歌うのは初めてなので、やっと念願がかなったかなと。しかも、ヒョンが舞台で共演している仲間の皆さんと一緒というのも嬉しくて。僕、コンサートの前に、取材もかねてソウルに行くんですよ。ヒョンと会って一緒に舞台を観たり、ゴハンを食べるのをすごく楽しみにしてるんです!
(編集部注:インタビューはソウル行きの前に行われました。平方さんのソウルレポについてはコンサート公式HPで近日アップされるそうです!!)
僕とスンデさんの交流がミュージカルの交流につながって、もっと大げさに言っちゃうと日本と韓国の交流になる。嬉しいし、ありがたいことだなって。そんな人たちが増えていけばいいなあと思います。

——今回、コンサートのプロモーションのために来日したイム・テギョンさんとは初対面ですね。

はい。テギョンさんも僕から見たらお兄さんなんですが、あまり年齢の差を感じさせないキュートな方でした。『ロミオ&ジュリエット』でロミオ役を演じられていて、僕はティボルトを演じているので作品での共通点があるし。また日本食がお好きなんだそうです。僕が「焼酎が好き」と言ったら、テギョンさんも飲めるほうだと(笑)。すぐに「ゴハンに行こうよ」「ぜひ」と盛り上がりました。なんだかスウ〜ッと受け入れてくれるおおらかさがあって、本音で会話をしてくれているのがわかるんですよね。

K-Musical インタビュー hirakata 3ショット

 

——チョン・ドンソクさんとは、ブタコメでレポートしたミュージカル『ウェルテルの恋』の観劇の際にお会いしていますよね。

はい。意外でしたけどドンソクさんは僕よりも年下なんですよ。でも身体が大きくてびっくりしました。自分より大きい人にあんまり会ったことがなかったから(笑)。タテに大きいだけじゃなく胸板もガッシリしていて、兵役で鍛えられている韓国の方特有の体型ですね。だけどウェルテルも、『エリザベート』でルドルフを演じられていた時も思ったけど、はかなげな雰囲気の役がとても似合うんですよね。歌い方も柔らかくて繊細で、あの大きな身体とのギャップが魅力なんじゃないかな。どんなナンバーを歌ってくれるのか、とても楽しみですね。

 

——そして今回の韓国チームの歌姫は、オク・ジュヒョンさんです。平方さんは韓国でジュヒョンさん主演の『エリザベート』をご覧になっていますね。

そう、あの熱演に圧倒されました。ジュヒョンさんのように思い切り声を張り上げて歌うヒロインはそれまで見たことがなかったんですよ。「あ、こういう表現もあるんだ!」とすごく心を揺さぶられた。自分の固定概念が取り払われてスカッとしたのもありましたね。自分の納得する歌い方をやってみればいいんだ、と。その感覚を教えてくれた方なので、お会いするのが楽しみでしょうがないですね。

——そんな素敵な韓国スターの皆さんをお迎えする日本側の歌姫は、姿月あさとさんです。

僕、宝塚の『エリザベート』でトートを演じられた方だと伺って、すごくシャープな氷の柱のような(笑)、クールな方なんじゃないかというイメージを勝手に持っていたんですね。でもお会いしたらとてもおおらかで、いろいろ話しかけてくださる朗らかな方でした。大先輩だけれど、自分の思いを素直に話せる、とけ込みやすい空気を持った素敵なお姉さんといった感じ。日本チームは姿月さんと僕の二人だけなので、おおいに頼らせていただきたいです(笑)。

——こうしてあらためて見ると、本当にそうそうたるメンバーですよね。普通なら不安や気負いを持つのも仕方のないように思うのですが

そうですね。声楽を専門的に学んで来た方もいらっしゃるし、たどってきた音楽の環境を見ると、僕はまったく違う道を歩いてきているのだろうと。でも僕にとってはその道がすべてで、音楽が、歌が好きだからここまで来たといった感じです。僕の歌をどのように聴いてもらえるかはお客様におまかせして、僕自身はあんまり頭で考えずに、楽しく歌いたいなと。もちろん向上するための努力はし続けなきゃいけないけれど、その努力も楽しんでできる自分でいたいと思います。

——今回は日本でお迎えして、次回はソウルで!といった展開になったら素敵ですね。

いいですよね! そう、一回やったからこれで終わりじゃダメで、続けていかなくちゃ交流の意味がない。今回のコンサートが本当に初めの一歩です。ここからがスタート。ちょっと真剣に韓国語の勉強も始めようかな(笑)。

——では最後に、今回のコンサートでのご自身への期待や意気込みを聞かせてください。

僕はまだミュージカルを始めて2年くらいです。これまで自分が経験してきたナンバーを歌おうと思っていますが、当然、舞台に立って歌っていた当時とはまったく違う感情で歌うことになるだろうし、短い間にちょっとずつ蓄積してきたレッスンの成果がきっと反映されると期待しています。舞台で観た時とは違う平方元基の歌を聴きにいらしてほしいですね。韓国のスターの皆さんの間に入って歌うのは、身の引き締まる思いです。その中で自分がどう楽しんで歌を表現することができるのか。その挑戦から何か一つでも、次につながる手応えをみつけられたらいいなと思っています。

 

構成・文/上野紀子
撮  影/吉原朱美

 

BUTAKOME編集部セレクト★SHOT★
K-Musical インタビュー Hirakata 2ショット
音楽監督・指揮の塩田先生とは、まるで漫才コンビのように、
賑やかにテンポよく撮影w
『エリザベート』や『シラノ』でご一緒しているからこそ、
息がピッタリなんですね!(編集部/W)

 

『K-Musical Stars Concert 2013』
(c)All rights reversed by EMK Musical Company Co.,Ltd.4月1日(月)14:00 / 18:30
赤坂ACTシアター
料金:全席指定 10,000円(税込み)※未就学児童入場不可
出演:イム・テギョン、オク・ジュヒョン、キム・スンデ、チョン・ドンソク
姿月あさと、平方元基
音楽監督・指揮:塩田明弘

「K-Musical Stars concert」公式HP
◆Ticket Information◆
チケットファン
お申し込みはコチラ

キョードー東京 0570・550・799 http://kyodotokyo.com/k_msc
チケットぴあ 0570・02・9999(Pコード:191-097)
ローソンチケット 0570・084・003(Lコード:76589)

お問い合わせ/キョードー東京 0570・550・799

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

フランク・ワイルドホーン、城田優

フランク・ワイルドホーンpresents 『Special Musical C...

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2019/01/17

藤原竜也×中井美穂☆2019年新春Special対談~舞台『プラトー..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2019/03/31

【韓国探訪SP☆総集編☆】早霧せいなのビタミン”S" in ソウル ..

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2018/12/27

尾上松也さんSpecialインタビュー▷平成最後の『新春浅草歌舞伎』..

open

close

Profile

1985年1月30日生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。
5歳で『伽羅先代萩』の鶴千代役にて、二代目尾上松也の名で初舞台。様々な分野で活躍し、歌舞伎公演以外にも活動の幅を広げている。09年より歌舞伎自主公演『挑む』を主催。歌舞伎公演以外の主な出演作に舞台:『ロミオ&ジュリエット』、『スリル・ミー』、『アンタッチャブル』、『男の花道』、『騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談』、TVドラマ「天地人」、「永遠の0」、映画「源氏物語」ほか。今年は6月からはミュージカル『エリザベート』にルイジ・ルキーニ役としての出演。8月8日には7回目の歌舞伎自主公演『挑む ~更なる幕へ勇みし気迫(こころ)~』を神奈川芸術劇場にて開催する。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト
【Official blog】松也日記(アメブロ公式)  
【自主公演サイト】挑むオフィシャルホームページ  

2018/08/06

📹【加藤和樹のエンタメCafe 番外編】〈大阪・梅田..

open

close

Profile

1984年10月7日生まれ。愛知県出身。現在、LIVEや舞台・ミュージカルなどに参加幅広いファン層に支持され、歌手・俳優としても各界で注目を浴びている。

2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴び、2006年4月Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。
日本や韓国・台湾・中国でのCDリリースの他、自身のアルバムなどのTOURである「LIVE“GIG”TOUR」とラジオ公開放送のように投稿メールとリクエストを中心に構成されている「“KK−STATION”TOUR」や、日本武道館や日比谷野外音楽堂、アジア圏でも単独ライブを開催するなど精力的に活動。

同時に俳優としても活動しており、ドラマ「仮面ライダーカブト」「ホタルノヒカリ」「インディゴの夜」「赤い糸の女」「乾杯戦士アフターV」などに出演するほか、アニメ「家庭教師ヒットマンREBORN」桔梗役や時代劇アニメ「義風堂々」石田三成役、ゲーム「戦場の円舞曲」「イケメン戦国」「B-Project」などで声優としても活躍。

近年はミュージカル『ロミオ&ジュリエット』『レディ・ベス』や『タイタニック』など大型ミュージカルにも出演。2016年4月・5月『1789 バスティーユの恋人たち』で帝劇初主演、9月~10月『真田十勇士』霧隠才蔵役に挑む。2017年1月ミュージカル『フランケンシュタイン』に出演決定。

【Official HP】 公式サイト
【Official blog】 公式ブログ

2018/11/20

【柳亭こみちのちょいと一回のつもりで聴いて】Vol.7「女のお喋り」

open

close

Profile

東村山市出身。2003年、七代目柳亭燕路に入門。前座名「こみち」。2006年、「こみち」のまま二ツ目昇進。2017年、「こみち」のまま真打昇進。歌って踊れて落語のできる女、老若男女から友達になりたいと思われるような噺家を目指している。亭主は漫才師「宮田陽・昇」の宮田昇。漫才師と落語家の夫婦は史上初。二児の母として真打に昇進したのも、落語史上初。「落語坐こみち堂」「なかの坐こみち堂」をはじめ、日々多数の落語会に出演し、ナレーション、講演活動、執筆活動、学校寄席への出演も多々。こみちが大きな出世街道となるよう、鋭意奮闘中
【Official HP】 こみちの路

2018/02/23

【木ノ下裕一の歌舞伎の“ツボ”】 Vol.8『勧進帳』

open

close

Profile

木ノ下歌舞伎 主宰
1985年7月4日、和歌山生まれ。小学校3年生の時、上方落語を聞き衝撃を受けると同時に独学で落語を始め、その後、古典芸能への関心を広げつつ現代の舞台芸術を学ぶ。2006年に古典演目上演の演出や補綴・監修を自らが行う木ノ下歌舞伎を旗揚げ。
『黒塚』(’13)、『東海道四谷怪談—通し上演—』(’13)、『三人吉三』(’14)、『心中天の網島』(’15)、『義経千本桜ー渡海屋・大物浦ー』』(’16)
2015年に再演した『三人吉三』にて読売演劇大賞2015年上半期作品賞にノミネートされる。
その他古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。2015年3月に博士号(芸術博士)取得。

【Official HP】木ノ下歌舞伎 公式サイト
【Official Twitter】木ノ下裕一 Twitter

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん