女性落語家☆柳亭こみちの「ちょいと一回のつもりで聴いて」

【柳亭こみちのちょいと一回のつもりで聴いて】Vol.5「噺家とお茶」

2018/08/30


 

こみちVol.5

 

「飲んでみな」。
師匠に湯呑みを渡されて、(はて、前座の私にお茶を勧めるとはどういうことかな?)と思ったら。
「美味しくないから」。

2003年、師匠宅でのある朝のこと。
 
噺家は、お茶が美味しいと知っている。かく言う私もしかし、入門する前は市販のペットボトルのお茶すらほとんど飲んだことがなかった。いわんや急須でいれたお茶をや、である。
 
お茶の美味しさを知らない入門したての私がいれたお茶は、美味しくなかった。
湯呑みの中のお茶の色を見ただけでそれを察した師匠。続けてこう言った。
 
「お茶は美味しくいれれば美味しいんだぞ」。
 

こみちVol.5

 
前座時代に何杯お茶をいれるのだろうか。
師匠宅で1日約2杯として1ヶ月60杯、年に720杯が約4年間で2880杯。
寄席の楽屋では前座の下っぱがお茶をいれる役割で、1年目は1日に仮に30杯として1ヶ月で900杯。1年間で10800杯。
 
年季がたてば変動し、2年目1日10杯として年間3600杯。
3年目1日5杯として年間1800杯。
4年目1日3杯として年間1080杯。
全てを足せば修業時代総計20160杯。
単純計算だが決して大袈裟でないように思う。

うちの師匠も約2万杯前後の数のお茶をいれる修業時代があった訳だ。
入門したての私に、師匠が手本を見せてくれた。
 
「いいか。最後の一滴までこうやって急須にポタッ、ポタッといれるだろ。そん時に唱えるんだ『おいしくなーれ。おいしくなーれ』って。ほい、これ飲んでみな」。

それはとても美味しかった。
 
急須に残った最後の一滴まで大事にいれるとお茶は美味しくなる。
急須の蓋を開け、お茶っ葉の開き具合でお茶っ葉の変え時を見る。
湯飲みや茶托についた水滴は綺麗に拭き取らねば、師匠方の着物やお召し物を濡らして大変な失態となり、高座にもひびく。
自信をもって師匠方にお出しできる美味しいお茶をいれるのは、腕と経験がいる。お茶は前座の腕の見せどころだ。
 
楽屋でも緊張感を持たねばならない。
楽屋入り1年目の頃。
半世紀以上お茶を飲んでいらっしゃる、とある重鎮の師匠から
「ありがとう。色だけついたお茶を」。
と言われたことがある。
先輩前座から急須の蓋を開けられ「こみち、お茶っ葉こんなに開いてるぞ。忙しくてもお茶っ葉変えるんだ」
と言われたこともある。

前座としての経験を経て、 修業時代も2年目に入る頃には「お茶屋の店員よりも美味しくいれてやる」と、気迫を持って私はお茶をいれていた。
 
進物で時々お店でお茶っ葉を買う際には、店員さんのいれるお茶にほくそ笑み「ふふふ、あんたにゃ負けてねえぜ」と心でつぶやいた。
嫌な客だ。 

仕事でどちらかの落語会に行けば、会場の急須を見て色々察してもいた。
日頃急須を使ってお茶をいれる習慣がないのだな、とか。
この急須は、何年も使っていない急須だな、とか。
このお茶っ葉は、お茶を愛する訳ではない人が買ってきたな、とか。
嫌な女だ。
 
二ツ目になって程ない頃。入りたての前座さんに楽屋で
「このお茶、美味しくないよ。お茶っ葉変えてないでしょう。(急須の蓋を開け)ほら、こんなにお茶っ葉開いてたら美味しくないんだよ。」
なんて言ったこともある。

愛をもって忠告すれば伝わるだろうと信じていたが。私が愛を持って伝えても、相手に私への敬意がなければ聞いてくれないかも知れないとは、その頃の私には予想できなかった。私も若かった。

私自身がお茶がわからない人間だったし、世の多くの人が急須でお茶をいれる習慣があまりないのだから全て無理もないというのに、お茶の美味しさを知った後の私は、何か素晴らしいことを悟ったような心持ちで、自らを顧みることもない時代が長かった。
未熟というのは恐ろしい。

こみちVol.5

 
さて今。
真打としては下っぱも下っぱ。
近頃は、お茶が楽屋で美味しくなくても、なかなか前座さんに忠告できない。
「うるさいおばさん」と思われるのが怖いのだ。しがない若手真打。そんなこと前座さんに言うの、十年も二十年も早いような気がする。 重鎮の師匠ならともかく、人にお茶についてとやかく言うなら自分の落語を磨けよ、と己に思ってしまう。

美味しいお茶を飲みたけりゃ、ペットボトルの市販のお茶を飲んだ方がいいのだろうか。
でも先人に教わったことを後輩に伝えるのも義務だよなあ。
近い一門の前座さんだったら言ってもいいかな。
愛をもって伝えれば伝わるだろうなんて、そもそも気持ち悪い発想かもしれないぞ。

そんなことを考えつつ、今日もドキドキしながら楽屋のお茶を飲む。

ほっ!良かった。今日は美味しかった。

外は残暑。すぐ喉がかわく。
楽屋のお茶だけで、乾きは満たされなかった。でも「もう一杯もらえる?」なんて、勇気がなくて言えなかった。

市販のペットボトルのお茶でも飲んで、喉を潤すとするか。

 
 

柳亭こみち(Komichi Ryutei)

プロフィール
落語家。東村山市出身。2003年、七代目柳亭燕路に入門。前座名「こみち」。2006年、「こみち」のまま二ツ目昇進。2017年、「こみち」のまま真打昇進。歌って踊れて落語のできる女、老若男女から友達になりたいと思われるような噺家を目指している。亭主は漫才師「宮田陽・昇」の宮田昇。漫才師と落語家の夫婦は史上初。二児の母として真打に昇進したのも、落語史上初。「落語坐こみち堂」「なかの坐こみち堂」をはじめ、日々多数の落語会に出演し、ナレーション、講演活動、執筆活動、学校寄席への出演も多々。こみちが大きな出世街道となるよう、鋭意奮闘中。

※公式サイト「こみちの路」

 

■□■ 柳亭こみち☆Information ■□■
 
 

こみち

 

 
第3回 9月5日(水)19:00開演
出 演:柳亭こみち ※ゲスト有り
会 場:中野芸能小劇場
料 金:全席自由 3,000円 整理番号付

■チケットファン
チケットを購入の方はコチラ(チケットファン)
※事前に「チケットファン」の会員登録をしておくと購入がスムーズです
※入会金・年会費無料

■チケットぴあ
チケットを購入の方はコチラ(ぴあ)
※電話予約:0570-02-9999 〔Pコード:485-005〕

■オフィスエムズ http://www.mixyose.jp/
※電話予約:03-6277-7403(10:00~17:00)

 
第4回 11月5日(月)19:00開演
出 演:柳亭こみち ※ゲスト有り
会 場:中野芸能小劇場
料 金:全席自由 3,000円 整理番号付

■チケットファン
チケットを購入の方はコチラ(チケットファン)
※事前に「チケットファン」の会員登録をしておくと購入がスムーズです
※入会金・年会費無料

■チケットぴあ
チケットを購入の方はコチラ(ぴあ)
※電話予約:0570-02-9999 〔Pコード:485-005〕

■オフィスエムズ http://www.mixyose.jp/
※電話予約:03-6277-7403(10:00~17:00)


 
「落語坐こみち堂Ⅶ 柳亭こみち独演会」 12月19日(水)18:30開演
出 演:柳亭こみち ※ゲスト有り
会 場:国立演芸場
料 金:全席指定 3,000円 整理番号付

■チケットファン
チケットを購入の方はコチラ(チケットファン)
※事前に「チケットファン」の会員登録をしておくと購入がスムーズです
※入会金・年会費無料

■チケットぴあ
チケットを購入の方はコチラ(ぴあ)
※電話予約:0570-02-9999 〔Pコード:489-020〕

■オフィスエムズ http://www.mixyose.jp/
※電話予約:03-6277-7403(10:00~17:00)

———————————————————————————–
 
企画・制作・主催:サンケイリビング新聞社

問合せ:サンケイリビング新聞社・事業部
TEL03-5216-9235(平日10時~17時)

 

 

 

BUTAKOME ファンクラブ
【LINE@ はじめました】
先行販売・お得なチケット情報をお届けします♪

LINEアプリの「友だち追加」から
ID:@butakome を検索するか、
下記の友だち追加ボタンから登録してください。

友だち追加数

 

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

海宝直人_後編

海宝直人

<後編>音楽で運ばれていく『ジャージー・ボーイズ』の醍醐味

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2018/10/10

【中井美穂の幕内対談】Vol.4 殺陣師・栗原直樹さん ▷明日いよ..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2018/10/30

【早霧せいなのビタミン“S”】其の七.「時には力を抜くこと」

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2018/10/11

尾上松也さんに直撃!「究極のエンターテインメントでランダムスターの人..

open

close

Profile

1985年1月30日生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。
5歳で『伽羅先代萩』の鶴千代役にて、二代目尾上松也の名で初舞台。様々な分野で活躍し、歌舞伎公演以外にも活動の幅を広げている。09年より歌舞伎自主公演『挑む』を主催。歌舞伎公演以外の主な出演作に舞台:『ロミオ&ジュリエット』、『スリル・ミー』、『アンタッチャブル』、『男の花道』、『騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談』、TVドラマ「天地人」、「永遠の0」、映画「源氏物語」ほか。今年は6月からはミュージカル『エリザベート』にルイジ・ルキーニ役としての出演。8月8日には7回目の歌舞伎自主公演『挑む ~更なる幕へ勇みし気迫(こころ)~』を神奈川芸術劇場にて開催する。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト
【Official blog】松也日記(アメブロ公式)  
【自主公演サイト】挑むオフィシャルホームページ  

2018/08/06

📹【加藤和樹のエンタメCafe 番外編】〈大阪・梅田..

open

close

Profile

1984年10月7日生まれ。愛知県出身。現在、LIVEや舞台・ミュージカルなどに参加幅広いファン層に支持され、歌手・俳優としても各界で注目を浴びている。

2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴び、2006年4月Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。
日本や韓国・台湾・中国でのCDリリースの他、自身のアルバムなどのTOURである「LIVE“GIG”TOUR」とラジオ公開放送のように投稿メールとリクエストを中心に構成されている「“KK−STATION”TOUR」や、日本武道館や日比谷野外音楽堂、アジア圏でも単独ライブを開催するなど精力的に活動。

同時に俳優としても活動しており、ドラマ「仮面ライダーカブト」「ホタルノヒカリ」「インディゴの夜」「赤い糸の女」「乾杯戦士アフターV」などに出演するほか、アニメ「家庭教師ヒットマンREBORN」桔梗役や時代劇アニメ「義風堂々」石田三成役、ゲーム「戦場の円舞曲」「イケメン戦国」「B-Project」などで声優としても活躍。

近年はミュージカル『ロミオ&ジュリエット』『レディ・ベス』や『タイタニック』など大型ミュージカルにも出演。2016年4月・5月『1789 バスティーユの恋人たち』で帝劇初主演、9月~10月『真田十勇士』霧隠才蔵役に挑む。2017年1月ミュージカル『フランケンシュタイン』に出演決定。

【Official HP】 公式サイト
【Official blog】 公式ブログ

2018/09/30

【柳亭こみちのちょいと一回のつもりで聴いて】Vol.6「燃えよタンモ..

open

close

Profile

東村山市出身。2003年、七代目柳亭燕路に入門。前座名「こみち」。2006年、「こみち」のまま二ツ目昇進。2017年、「こみち」のまま真打昇進。歌って踊れて落語のできる女、老若男女から友達になりたいと思われるような噺家を目指している。亭主は漫才師「宮田陽・昇」の宮田昇。漫才師と落語家の夫婦は史上初。二児の母として真打に昇進したのも、落語史上初。「落語坐こみち堂」「なかの坐こみち堂」をはじめ、日々多数の落語会に出演し、ナレーション、講演活動、執筆活動、学校寄席への出演も多々。こみちが大きな出世街道となるよう、鋭意奮闘中
【Official HP】 こみちの路

2018/02/23

【木ノ下裕一の歌舞伎の“ツボ”】 Vol.8『勧進帳』

open

close

Profile

木ノ下歌舞伎 主宰
1985年7月4日、和歌山生まれ。小学校3年生の時、上方落語を聞き衝撃を受けると同時に独学で落語を始め、その後、古典芸能への関心を広げつつ現代の舞台芸術を学ぶ。2006年に古典演目上演の演出や補綴・監修を自らが行う木ノ下歌舞伎を旗揚げ。
『黒塚』(’13)、『東海道四谷怪談—通し上演—』(’13)、『三人吉三』(’14)、『心中天の網島』(’15)、『義経千本桜ー渡海屋・大物浦ー』』(’16)
2015年に再演した『三人吉三』にて読売演劇大賞2015年上半期作品賞にノミネートされる。
その他古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。2015年3月に博士号(芸術博士)取得。

【Official HP】木ノ下歌舞伎 公式サイト
【Official Twitter】木ノ下裕一 Twitter

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん