中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪

【中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪ Vol.44】生瀬勝久×中井美穂 Special対談▷KERA CROSS第二弾『グッドバイ』2020年1月〜2月上演!

2019/11/15


 

生瀬勝久さん

 
生瀬君は八方美人だ!
 
中井:生瀬さんって小さい頃からそういうタイプだったのですか?

生瀬:耐えるとか、我慢しなきゃいけないというのが嫌なんです。

中井:では、運動部には入らなかった…。

生瀬:入ってました。(一同笑)

中井:運動部なんて、忍耐の権化みたいなところじゃないですか(笑)。

生瀬:だから、やめました。高校の時にバレーボール部に入ったんですけどね。もお〜ホント、理不尽なことばっかり。(一同笑)昭和の時代ですから、水も飲んじゃいけない。

中井:そうですよね(笑)。うさぎ跳びをやったり?

生瀬:うさぎ跳び! 逆立ちして腕立てとか、意味がわかんない!(一同笑)で、もうやめさせてくれ、って言ったら「やめさせない」って先輩に言われて。

中井:色々なハラスメントが(笑)。

生瀬:そう。「でも僕、大学受験したいんで」って言ったら、「俺もする」。「いやいや、先輩は頭がいいから〜〜」って(笑)。そんなこともありましたよ。

中井:演劇を始めてからは、理不尽なことはなかったですか?

生瀬:演劇も僕、うまくやってきたので先輩にからまれたことないですよ。

中井:へええ〜〜〜。

生瀬:僕、酒弱いから、飲み会では「イッキ飲みができないので、今から卵を10個飲みます!」って言って、ガーッと飲むんです。それがウケたりして、「アイツ、ちょっと面白いな」となる。

中井:なるほど〜。そのワザはいつ身につけたのですか? そのワザがあれば、いじめにあう子が少なくなると思うのですが。

生瀬:そうですね。人の顔色を見ればいいんですよ。人が怒っていたり、悲しんでいたり、そういうことを察知できないと、どんどん人を傷つけたり、怒らせてしまう。とにかく謝れば済む、なんて思っちゃいけない。謝らなきゃいけないことを、まずしないことです。人の顔色を見ていれば、「コレやったら怒られるな〜」とわかって、やらないわけじゃないですか。自分のことしか考えていないと、人に迷惑をかけたり、何かしら叩かれることになるんです。

中井:すごいですね! 小さい頃にいじめられたわけでもないですよね。

生瀬:いじめられたことはないですね。唯一言われたのは、「生瀬君は八方美人だ」って。

中井:ハハハハハ!

生瀬:ホント、その通りなんです。皆に美人でいよう、という生き方をしているから。唯一の悪口がそれですね。女の子たちから「生瀬君は八方美人だから」って……すごく傷つきましたけど(笑)。でも事実。人に好かれてなにより。僕はとにかく、好かれるために生きてきた。

中井:へえ〜〜。そんな生瀬さんでも、つらかった現場ってありましたか?

生瀬:もちろん、あります。

中井:原因は何ですか?

生瀬:やっぱり自分のやり方と違う人とか、自分と常識の違う人と一緒だとダメですねえ。でも、そこでケンカする気もないんですよ。

中井:すごいなあ…。あの〜私、忘れていらっしゃると思いますけど、過去に夫婦役で共演させていただいて……。(注:2015年のドラマ『いま、会いにいきます』

生瀬:もちろん覚えてますよ!

中井:よくこんな素人とやって、文句とか言わないですよね。生瀬さん、本当に優しかったから。

生瀬:文句なんて言わないですよ(笑)。

中井:だって、やりにくいじゃないですか。私、監督に「中井さん、セリフはね、相手のセリフを聞いて、それに反応して返してください」って、そんな基本的なことを言われていたんですよ!(一同笑)

生瀬中井さんがお芝居ができなかったとか、そんな記憶は僕はまったくないですよ。

中井:その話を織田裕二さんにしたら、織田さんが「相手が生瀬さんでよかったね」って。「芝居ができない人にとって何が一番大切かというと、上手い相手と組むことです」って言われました(笑)。

生瀬:ハハハ、僕はね、揉めることが一番嫌なんですよ。誰かの“我”が、相手にとっては無理と思うから揉めるわけでしょ。そこを理解すればいいんですよね。重要なのは、何か問題が起きた時、失敗した時に、どう考えるかってこと。この性格、いろいろ考えてみたんだけど、たぶんウチの母親の影響が大きいと思うんです。どういうことかと言うと、阪神大震災の時に、ウチ、実家が全壊したんですよ。でも両親はケガもなく無事だったんです。それで僕が住んでた大阪のマンションに来てもらったんだけど、親父は寝込んじゃったんです。自分が建てた家が全壊したショックでね。でも母親は毎日、後片付けに行ってた。で、ある日、息子に「今度、どんな家を建てようか。モデルハウス見に行こう」って……。すごいなこの人!と思いましたね。ワクワクしているんですよ。

中井:すごい、なくしたもののことを考えないんですね!

生瀬:そう! なくしたものは、しょうがない。次に何をするか、ってことに前向きで。親父は病気みたいになってるのに……男って弱いなあ〜と。母親が「自分は運命論者だ」って言うんですね。どういうこと?って聞いたら、「失敗する、ダメになることはある。でも、それは運命という大きな流れ。その次に何を選択するかが重要。その選択肢を考えなさい」と。

中井:素晴らしいですね!

生瀬:いや、ホントにその通りだと。彼女の生き方がまさにそうで、「次、どんな家建てる?」ってワクワクできる彼女はすごいなと思った。なぜ震災で全壊しない家を建てなかったのか…なんて今更考えたってもう遅い。それは学習して、次に建てる時に活かせばいい。だってその時は大きな地震が起きるなんてありえないと思っていたわけだからね。そんなこと後悔してても、しょうがない。

中井:お母さんとお父さん、まったく性格が違うのですね(笑)。

生瀬:違うから、今もバランスが取れているんでしょう。そんな母の影響を受けているから、挫折をあまり感じていないんです。つらいことは、本当に記憶になくて(笑)。ま、どこかでつらい目にも遭っているとは思うんですけどね。

 

 

<次のページ>
樹木希林さんを独占取材した経験も!?

 

1 2 3 4

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

KAIさん191226002

KAI

2020年1月12日(日)マイクレスコンサート第3弾を東京で開催!『ファントム...

チケット購入

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2020/01/17NEW

【中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪ Vol.45】浦井健治×中井美穂 S..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2019/12/27

【早霧せいなのビタミン“S"】其の二十一.「故郷・佐世保からもらうエ..

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2019/06/07

尾上松也さんSpecialインタビュー▷第二回『百傾繚乱』8月24日..

open

close

Profile

1985 年生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。父は六代目尾上松助。1990 年 5 月、「伽羅先代萩」の鶴千代役にて二代目 尾上松也を名のり初舞台。近年は立役として注目され、2015年より、次世代の歌舞伎界を担う花形俳優が顔を揃える「新春浅草歌舞伎」に出演し、「仮名手本忠臣蔵」早野勘平、「義経千本桜」狐忠信、「義経千本桜 吉野山」佐藤忠信 実は 源九郎狐などの大役を勤める。一方、2009 年からは歌舞伎自主公演 「挑む」を主宰している。

歌舞伎の以外でも、ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」(2013)ベンヴォーリオ役、「エリザベート」(2015)ルイジ・ルキーニ役、ディズニーアニメーション映画「モアナと伝説の海」日本語吹替版のマウイ役、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK)今川氏真役、初の主演ドラマ「さぼリーマン甘太朗」等、活躍の場を広げている。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん