カテゴリー

最新記事

中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪

宝塚歌劇団・演出家 上田久美子さん×中井美穂 -前編-

2013/11/04


 
上田久美子さん×中井美穂対談

 
今年5月、宝塚歌劇月組・バウホール公演『月雲の皇子―衣通姫伝説より―』(珠城りょう主演)で鮮烈な演出家デビューを飾った宝塚歌劇団・演出家の上田久美子さん。舞台は好評を博し、異例の東京特別公演が上演決定! 来年、100周年を迎える宝塚歌劇で、今後の活躍が期待される若き演出家のお一人です。今回は、デビュー作品が生まれた背景、同作品の見どころを伺ってきました。

 

宝塚ならではの様式で
劇場で人々が興奮する瞬間を作れたら

 
中井:今年5月にバウ・ロマン『月雲の皇子』で演出家デビューされて、年内には東京で再演、さらには来年2月には次回作…と、続々と演出が続きますが、手応えみたいなものはありましたか?
 
上田:いえいえ。実はデビューするときは、かなり悲観的な思いでした。ずっと皿洗いしかしていなかった人が、いきなりお客様に食べていただくお料理を出すようなものでしたから。
 
中井: 私もバウホールで拝見しました。脚本の持つ構造、ヴィジュアル面、それぞれのキャラクターの造形も見事でしたし、何より宝塚歌劇らしさを存分に感じる作品になっていたことが素晴らしかったです。主演の珠城(たまき)りょうさんと鳳月杏(ほうづき・あん)さんの顔立ちや身長のバランス、個性の違いが並べて見た時にお互いを引きたて合っていたこと。ヒロイン咲妃(さきひ)みゆさんの持つ品の良さと愛らしさ、加えて歌、ダンス、演技の技術の高さ。脇を固める個性豊かで芝居心のある役者陣。すべてが見事にハマった感じを受けました。

上田久美子さん×中井美穂

 
上田: ありがとうございます。私、この世界に入るまではミュージカルや演劇はそれほど詳しいわけでなく、歌舞伎や文楽、お能を観ていたほうでして…でも、宝塚は独特の様式を持っていて、しかもそれは人を興奮させるメカニズムがある。宝塚の様式を使って、劇場で人々が興奮する瞬間を作れたらいいなと思っていたんです。
 
中井: この脚本は、宝塚歌劇団に入られてから、書きためていたものの一つなのですか?
 
上田: 私は宝塚歌劇団に入って8年目なのですが、5年目くらいに、2~3年後にデビューしなくてはいけないのに…人生で台本を書いたことがあるのは入団試験のときの原稿用紙10枚の小脚本だけ。これはまずいぞ、練習しなくちゃと思って、2~3本書いたものの一つでした。

上田久美子さん×中井美穂

 
中井: もともと古事記などの時代の書物に興味がおありだったのですか?
 
上田: そもそも、人間が文字を獲得する意味に興味がありました。『悲しき熱帯』というフランスの文化人類学者のクロード・レヴィ=ストロースが書いた本があるのですが、文字は原初的には権力とか所有権を確立するために発明されたというのを読んだ時に、感じるところがありまして。政治のために使われていた文字がいつから文学という一見役に立たないもののために使われるようになったのだろうと。そこからいろいろな伝説を調べていく中で、たまたま衣通姫伝説を見つけて、日本書紀と古事記でストーリーが違うということを知って、さらに興味が深まりまして…。
 
中井: 宝塚バージョンでは兄の木梨軽皇子(きなしかるのみこ)と妹の衣通姫(そとおりひめ)は血がつながっていないというお話でしたね。
 
上田: 古事記では同母兄妹の話で、兄が流刑になり、妹が追って行って、二人が自害したというお話です。でも、それはちょっと作り事めいているような・・・。たぶん、後々の人たちがそうだったらいいなと思って作ったのではないかと。「愛のために死す」。そういう願望があったのだろうなと思ったんです。だから『月雲の皇子』では、その伝説を偽りとした上で、誰がなぜそのような偽りを語り、書き残したのかということ、文学の起源のようなことをテーマにしました。
 
中井: 言葉と物語と真実。そういったものが一体どこにあるんだろうというのが作品のテーマなんですね。恋愛や感情的なことをテーマにすることが多いと思いますが、言葉に対する根源を探ろうという柱もあるのが面白いですね。やっぱり史実って、勝った人の目線で書かれていくわけで、改ざんもされているだろうし…物語は物語で、その言葉にならない感情や目に見えないものを何とか書き記そうとしたときに、真実ではないけれども言葉に嘘を引き受けてもらう…そういうことのために物語が生まれるのでしょうね。
 
上田久美子さん×中井美穂
 
 
上田: まさしくその通りだと思います。
 
中井: どれくらいで書き上げたのですか?
 
上田: ネタ集めは何年間もしていましたが、あらすじを考えるのは1カ月くらい。そのあと、セリフを書いたのは1~2カ月で。でも、実際に上演することが決まったのはさらに1年以上あとだったので、読み返して、相当直しました。

 
後編へ続く

 

撮影/崎元 栄一郎

 

■□■BUTAKOME☆Information ■□■
宝塚歌劇月組公演
バウ・ロマン『月雲の皇子』-衣通姫伝説より-
作・演出/上田久美子

中井美穂 月雲の皇子
珠城りょう (C)宝塚歌劇団

公演期間:2013年12月17日(火)~12月24日(火)
劇  場:天王洲 銀河劇場 
料  金:S席6500円、A席5500円

11月10日(日)から一般発売開始!!
購入方法など詳細は宝塚歌劇公式HP

 

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

尾上松也a

尾上松也

平成最後の『新春浅草歌舞伎』は節目の5年目。成長した姿をお見せしたい

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2019/01/17NEW

藤原竜也×中井美穂☆2019年新春Special対談~舞台『プラトー..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2019/01/03

【📺1月4日午前11時からOA】早霧せいなのビタミン..

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2018/12/27

尾上松也さんSpecialインタビュー▷平成最後の『新春浅草歌舞伎』..

open

close

Profile

1985年1月30日生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。
5歳で『伽羅先代萩』の鶴千代役にて、二代目尾上松也の名で初舞台。様々な分野で活躍し、歌舞伎公演以外にも活動の幅を広げている。09年より歌舞伎自主公演『挑む』を主催。歌舞伎公演以外の主な出演作に舞台:『ロミオ&ジュリエット』、『スリル・ミー』、『アンタッチャブル』、『男の花道』、『騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談』、TVドラマ「天地人」、「永遠の0」、映画「源氏物語」ほか。今年は6月からはミュージカル『エリザベート』にルイジ・ルキーニ役としての出演。8月8日には7回目の歌舞伎自主公演『挑む ~更なる幕へ勇みし気迫(こころ)~』を神奈川芸術劇場にて開催する。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト
【Official blog】松也日記(アメブロ公式)  
【自主公演サイト】挑むオフィシャルホームページ  

2018/08/06

📹【加藤和樹のエンタメCafe 番外編】〈大阪・梅田..

open

close

Profile

1984年10月7日生まれ。愛知県出身。現在、LIVEや舞台・ミュージカルなどに参加幅広いファン層に支持され、歌手・俳優としても各界で注目を浴びている。

2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴び、2006年4月Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。
日本や韓国・台湾・中国でのCDリリースの他、自身のアルバムなどのTOURである「LIVE“GIG”TOUR」とラジオ公開放送のように投稿メールとリクエストを中心に構成されている「“KK−STATION”TOUR」や、日本武道館や日比谷野外音楽堂、アジア圏でも単独ライブを開催するなど精力的に活動。

同時に俳優としても活動しており、ドラマ「仮面ライダーカブト」「ホタルノヒカリ」「インディゴの夜」「赤い糸の女」「乾杯戦士アフターV」などに出演するほか、アニメ「家庭教師ヒットマンREBORN」桔梗役や時代劇アニメ「義風堂々」石田三成役、ゲーム「戦場の円舞曲」「イケメン戦国」「B-Project」などで声優としても活躍。

近年はミュージカル『ロミオ&ジュリエット』『レディ・ベス』や『タイタニック』など大型ミュージカルにも出演。2016年4月・5月『1789 バスティーユの恋人たち』で帝劇初主演、9月~10月『真田十勇士』霧隠才蔵役に挑む。2017年1月ミュージカル『フランケンシュタイン』に出演決定。

【Official HP】 公式サイト
【Official blog】 公式ブログ

2018/11/20

【柳亭こみちのちょいと一回のつもりで聴いて】Vol.7「女のお喋り」

open

close

Profile

東村山市出身。2003年、七代目柳亭燕路に入門。前座名「こみち」。2006年、「こみち」のまま二ツ目昇進。2017年、「こみち」のまま真打昇進。歌って踊れて落語のできる女、老若男女から友達になりたいと思われるような噺家を目指している。亭主は漫才師「宮田陽・昇」の宮田昇。漫才師と落語家の夫婦は史上初。二児の母として真打に昇進したのも、落語史上初。「落語坐こみち堂」「なかの坐こみち堂」をはじめ、日々多数の落語会に出演し、ナレーション、講演活動、執筆活動、学校寄席への出演も多々。こみちが大きな出世街道となるよう、鋭意奮闘中
【Official HP】 こみちの路

2018/02/23

【木ノ下裕一の歌舞伎の“ツボ”】 Vol.8『勧進帳』

open

close

Profile

木ノ下歌舞伎 主宰
1985年7月4日、和歌山生まれ。小学校3年生の時、上方落語を聞き衝撃を受けると同時に独学で落語を始め、その後、古典芸能への関心を広げつつ現代の舞台芸術を学ぶ。2006年に古典演目上演の演出や補綴・監修を自らが行う木ノ下歌舞伎を旗揚げ。
『黒塚』(’13)、『東海道四谷怪談—通し上演—』(’13)、『三人吉三』(’14)、『心中天の網島』(’15)、『義経千本桜ー渡海屋・大物浦ー』』(’16)
2015年に再演した『三人吉三』にて読売演劇大賞2015年上半期作品賞にノミネートされる。
その他古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。2015年3月に博士号(芸術博士)取得。

【Official HP】木ノ下歌舞伎 公式サイト
【Official Twitter】木ノ下裕一 Twitter

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん