中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪

【中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪ Vol.19】木ノ下裕一×中井美穂 Special対談▷木ノ下歌舞伎10周年公演・BUTAKOMEコラム「木ノ下裕一の歌舞伎の”ツボ”」もスタート♪

2016/05/05


 

_AAA4073

 

10周年の総決算は木ノ下”大”歌舞伎
 

中井:木ノ下歌舞伎は今年で10周年なんですよね。10周年記念公演は?

木ノ下:10周年の総決算として、「木ノ下”大”歌舞伎」と銘打って、この10年で出会った5人の演出家全員と2年をかけてタッグを組んで上演します。いわば、ベストアルバムみたいなものですね。短期間で連続にやることで、「演出家によってこんなにも違うんだ。古典の現代化ってこんなにもフリーダムなんだ」という多様性を見せていきたいなと思います。今年度はまず、『義経千本桜-渡海屋・大物浦-』(演出:多田淳之介)、『勧進帳』(演出:杉原邦生)。そして、『隅田川』(振付・出演:白神ももこ)と『娘道成寺』(演出・振付・出演:きたまり)のソロダンス2本を上演します。

中井:木ノ下さんは杉原邦生さんと組まれることが多いですが、杉原さんの特徴は?

木ノ下:批評性とエンタメ性の絶妙なバランスだと思います。あるときはテンションが上がるような演劇の楽しさを周到に仕込んでくるんですけど、その中に批評性を込める。両方あることで相乗効果を発揮していくんです。

中井:『勧進帳』は松本公演(まつもと市民芸術館 小ホール)があるんですね(※ほかに豊川、京都、北九州で上演)。

木ノ下:ちょうど同時期に大ホールではコクーン歌舞伎(『四谷怪談』)を上演しているんです。『四谷怪談』という、映画にもなり、新劇でも上演されている演目を歌舞伎俳優がやって、一方歌舞伎以外ではあまりやられてない『勧進帳』を木ノ下歌舞伎がやっている。そのクロスオーバー感がいいんじゃないかなと思います。

 

中井さん050502

 
中井:それはいいですね。松本の市民芸術館の取り組みは発信力があるし。

木ノ下:宣言しますけど、木ノ下歌舞伎は毎年、地方公演をやる! もう決めたんです。次回作の『義経千本桜』も、名古屋や豊川で上演しますし。僕は元々和歌山という地方で生まれ育って、大学生になってからは京都に住んでるんですけど、地方でなかなか演劇が見られなかった。そういうところに演劇を届けたい。「こんなに面白い演出家がいるんですよ」と紹介もしたいですし。特に『義経千本桜』の多田さんは、ずっと地方に対して高い意識とモチベーションを持って創作されている演出家ですから、どんな出会いが待っているのか楽しみです。そして、『勧進帳』は東京公演がないです。松本公演を見に行くのは一日空けてもらわないといけないですけど、それも含めて楽しんでいただければ嬉しいですね。

中井:演劇って自分で出かけないと味わえないものですから。劇場に出かけて、見て、何かを得るという時間を大切にした方がいいですよね。

 

構成/大原薫
撮影/吉原朱美

 

<次のページ>
中井美穂の対談後記
1 2 3 4 5

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

前山剛久003

前山剛久

▷シェイクスピアの傑作喜劇『十二夜』▷2.5次元もミュージカルも、全ジャンルや...

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2020/02/06

【中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪ Vol.46】麻実れい×中井美穂 S..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2020/02/29

【早霧せいなのビタミン“S”】其の二十三.「影響しあうこと」

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2019/06/07

尾上松也さんSpecialインタビュー▷第二回『百傾繚乱』8月24日..

open

close

Profile

1985 年生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。父は六代目尾上松助。1990 年 5 月、「伽羅先代萩」の鶴千代役にて二代目 尾上松也を名のり初舞台。近年は立役として注目され、2015年より、次世代の歌舞伎界を担う花形俳優が顔を揃える「新春浅草歌舞伎」に出演し、「仮名手本忠臣蔵」早野勘平、「義経千本桜」狐忠信、「義経千本桜 吉野山」佐藤忠信 実は 源九郎狐などの大役を勤める。一方、2009 年からは歌舞伎自主公演 「挑む」を主宰している。

歌舞伎の以外でも、ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」(2013)ベンヴォーリオ役、「エリザベート」(2015)ルイジ・ルキーニ役、ディズニーアニメーション映画「モアナと伝説の海」日本語吹替版のマウイ役、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK)今川氏真役、初の主演ドラマ「さぼリーマン甘太朗」等、活躍の場を広げている。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん