中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪

堤 真一×中井美穂 スぺシャル対談▷6月16日開幕!『お蘭、登場』

2018/06/09


 

堤さん・中井さん

 

芝居をやっていてしんどいと思う時期もあった

 
中井 「子育ては、親が子供から学ぶのよ」ってよくウチの親が言ってました。
 
 確かにそう。でも僕は、子供を持ったのが歳を取ってからで本当によかったと思う。「子供は思い通りにならない。思い通りにさせようとすること自体が大間違いだ」という大前提を、この歳だから受け入れられているけれど、20代、30代では無理だっただろうなと。仕事で忙しくて自分自身でいっぱいいっぱいの時期だったし……。
 
中井 そうね、アイドルだったしね。
 
 誰がアイドルやねんっ(笑)!
 
中井 トレンディ俳優? だって、まさにそうだったじゃないですか。
 
 そんなの、30代の一時期だけの話ですよ。
 
中井 でも皆さん、そこからどういうふうに歳をとって、仕事をしていくか、ということに悩むわけじゃないですか。かつてアイドルやトレンディ俳優と呼ばれた方々が、歳をとって、結婚したり、離婚したり、子供ができたり。それでも俳優として第一線で活躍し続けている人って、そんなに多くはいないと思う。
 
 まあ、それは出会いというか、運なんじゃないかな。僕も芝居をやっていても、しんどいなと思う時期もあったし。そもそも人前に出たいと思うタイプじゃないので。
 
中井 一時期“トレンディ俳優”みたいに呼ばれて、「憧れの男の人」のように見られていたことがうっとおしかったんですか? そこで勘違いはしなかった?
 

堤さん・中井さん

 
 僕は絶対に勘違いはしなかった。
 
中井 なぜ? 普通はしてもおかしくないけれど。
 
 そもそも役者は、芝居が良くなければ何の意味もないと思うんですよね。見た目だけで勝負したって、若い時期はいいですよ。でも芝居がちゃんと……ま、僕自身ができているかどうかは別として(笑)、芝居ができない限り、役者の仕事は続かない。それは当たり前のことで。僕は20代の時は、「舞台の仕事しかやらない」って言ってたの。スペシャルドラマとか、大河ドラマにはちょっとだけ出たりしたけど。ようは、「売れる」ことだけを考えて仕事をしていたら、そりゃ一時的には売れっ子になるかもしれないけど、死ぬまで役者でいられるか?と考えると、到底無理だと思ってた。

だから20代の頃はお金が入ったら海外に行くようにして、ブロードウェイやウエストエンドの芝居を観たりしてたんです。イギリスで芝居を観た時は、「うわ、俺、この国に生まれていたら通行人すらもできない!」と思った。もっともっと上のレベルはあるんだと。一時ちやほやされただけで勘違いすることが一番危険だと思って。それでもいろいろと周囲に推されて、ドラマ出演も経験しましたけど、その後でベニサン・ピット(編集部注:東京・森下にあった小劇場で、2009年に閉鎖)で芝居をやっていたら、これまでとはまったく違うお客さんが来ていることに気づいて。その中には残念なことに、上演中に写真を撮ったりする人もいたんですよね。
 
中井 え~!
 
 当時は“写るんです”とかだからガリガリガリガリ音立てて!(一同爆笑)その時、ああ〜、本当に舞台を観たいと思って来てくれる人たちに申し訳ないことをしているんじゃないかって思ったし、“ドラマに出てた俺”を観に来ることだけを目的とした人たちにも、作品の面白さやメッセージをちゃんと伝える芝居をしていかなきゃいけない!と思った。まあ30代でそうした経験ができたのは良かったかなと思いますよ。
 
中井 ハハハ! まあ、そうしてドラマにも出演しつつ、 その一方で“舞台俳優の堤真一”が確立されていくわけですよね。
 
 そうですね。僕の場合はやっぱり、デイヴィッド・ルヴォーとの出会いが一番大きかったかな。でも彼とやったのは翻訳劇で、面白いんだけど、そのうちにだんだんと「日本で今、作られている舞台に参加したい」という気持ちが出てきて。そのタイミングで野田秀樹さんと出会えたことはとても良かったなと思いますね。野田さんみたいに自分で戯曲を書いて、演出して、自らも舞台に出るという人との出会いは、とても刺激的だったし。本当に自分は何も知らなかったんだな、と思い知らされた感もありましたね。

 

<次のページ>
六十歳までには演出をやってみたい

 

1 2 3 4 5

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

0524Matsuya

尾上松也

『百傾繚乱』&『メタルマクベス』

チケット購入

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2018/08/10

岩井秀人×中井美穂 スぺシャル対談▷ハイバイ15周年記念『て』『夫婦..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2018/07/31

【早霧せいなのビタミン“S”】其の四 .「幸せを届けること」

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2018/07/17

尾上松也のエンタメ異文化交流録▷ミュージカル『モーツァルト!』

open

close

Profile

1985年1月30日生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。
5歳で『伽羅先代萩』の鶴千代役にて、二代目尾上松也の名で初舞台。様々な分野で活躍し、歌舞伎公演以外にも活動の幅を広げている。09年より歌舞伎自主公演『挑む』を主催。歌舞伎公演以外の主な出演作に舞台:『ロミオ&ジュリエット』、『スリル・ミー』、『アンタッチャブル』、『男の花道』、『騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談』、TVドラマ「天地人」、「永遠の0」、映画「源氏物語」ほか。今年は6月からはミュージカル『エリザベート』にルイジ・ルキーニ役としての出演。8月8日には7回目の歌舞伎自主公演『挑む ~更なる幕へ勇みし気迫(こころ)~』を神奈川芸術劇場にて開催する。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト
【Official blog】松也日記(アメブロ公式)  
【自主公演サイト】挑むオフィシャルホームページ  

2018/08/06

📹【加藤和樹のエンタメCafe 番外編】〈大阪・梅田..

open

close

Profile

1984年10月7日生まれ。愛知県出身。現在、LIVEや舞台・ミュージカルなどに参加幅広いファン層に支持され、歌手・俳優としても各界で注目を浴びている。

2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴び、2006年4月Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。
日本や韓国・台湾・中国でのCDリリースの他、自身のアルバムなどのTOURである「LIVE“GIG”TOUR」とラジオ公開放送のように投稿メールとリクエストを中心に構成されている「“KK−STATION”TOUR」や、日本武道館や日比谷野外音楽堂、アジア圏でも単独ライブを開催するなど精力的に活動。

同時に俳優としても活動しており、ドラマ「仮面ライダーカブト」「ホタルノヒカリ」「インディゴの夜」「赤い糸の女」「乾杯戦士アフターV」などに出演するほか、アニメ「家庭教師ヒットマンREBORN」桔梗役や時代劇アニメ「義風堂々」石田三成役、ゲーム「戦場の円舞曲」「イケメン戦国」「B-Project」などで声優としても活躍。

近年はミュージカル『ロミオ&ジュリエット』『レディ・ベス』や『タイタニック』など大型ミュージカルにも出演。2016年4月・5月『1789 バスティーユの恋人たち』で帝劇初主演、9月~10月『真田十勇士』霧隠才蔵役に挑む。2017年1月ミュージカル『フランケンシュタイン』に出演決定。

【Official HP】 公式サイト
【Official blog】 公式ブログ

2018/07/23

【柳亭こみちのちょいと一回のつもりで聴いて】Vol.4「シュークリー..

open

close

Profile

東村山市出身。2003年、七代目柳亭燕路に入門。前座名「こみち」。2006年、「こみち」のまま二ツ目昇進。2017年、「こみち」のまま真打昇進。歌って踊れて落語のできる女、老若男女から友達になりたいと思われるような噺家を目指している。亭主は漫才師「宮田陽・昇」の宮田昇。漫才師と落語家の夫婦は史上初。二児の母として真打に昇進したのも、落語史上初。「落語坐こみち堂」「なかの坐こみち堂」をはじめ、日々多数の落語会に出演し、ナレーション、講演活動、執筆活動、学校寄席への出演も多々。こみちが大きな出世街道となるよう、鋭意奮闘中
【Official HP】 こみちの路

2018/02/23

【木ノ下裕一の歌舞伎の“ツボ”】 Vol.8『勧進帳』

open

close

Profile

木ノ下歌舞伎 主宰
1985年7月4日、和歌山生まれ。小学校3年生の時、上方落語を聞き衝撃を受けると同時に独学で落語を始め、その後、古典芸能への関心を広げつつ現代の舞台芸術を学ぶ。2006年に古典演目上演の演出や補綴・監修を自らが行う木ノ下歌舞伎を旗揚げ。
『黒塚』(’13)、『東海道四谷怪談—通し上演—』(’13)、『三人吉三』(’14)、『心中天の網島』(’15)、『義経千本桜ー渡海屋・大物浦ー』』(’16)
2015年に再演した『三人吉三』にて読売演劇大賞2015年上半期作品賞にノミネートされる。
その他古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。2015年3月に博士号(芸術博士)取得。

【Official HP】木ノ下歌舞伎 公式サイト
【Official Twitter】木ノ下裕一 Twitter

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん