中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪

【中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪ Vol.43(前編)】稲垣吾郎×中井美穂 Special対談▷『君の輝く夜に〜FREE TIME, SHOW TIME〜』9月23日まで上演中!!

2019/08/31


 

nakai42-001

撮影/ 吉原朱美

 
お待たせしました! 予告通りにスペシャルゲスト、稲垣吾郎さんの登場です!アイドルとしてデビューした十代の頃の稲垣さんとお仕事をご一緒していた中井さんは、その後、舞台俳優としても進化し続ける稲垣さんの活躍を、しっかり見つめ続けて来られたそうです。今回は、8月30日に開幕した主演舞台『君の輝く夜に~FREE TIME, SHOW TIME~』のお話を中心に、和やかな雰囲気でのお二人の弾んだおしゃべりを、たっぷりとお楽しみいただきたいと思います♪
 

 
何か自分が変わる時
転機のきっかけは、舞台であることが多かった

 
中井:私たぶん、稲垣さんが出演されたほとんどの舞台を拝見していると思います。このあいだの『No.9—不滅の旋律—』も、それから『LIFE LIFE LIFE』も。
 
稲垣:そう、中井さんは本当によく観に来てくださっている印象があります。僕自身、もちろん演じることは好きですけれども、あまり人のお芝居をそこまで観に行くほうではないので。観に行きたいとは思うんだけど、気持ちに波があるというか。自分が舞台をやったすぐ後、“舞台モード”に入っている時は、たとえば共演した方がすぐ次にやる舞台を観に行ったりはするんです。でも観たとしても年に4、5本くらいかもしれないです。
 
中井:最近は、何かご覧になりましたか?
 
稲垣:イキウメさんの『獣の柱』を。『No.9』でご一緒させていただいた村川絵梨さんが客演で出ていらしたので。面白かったですね~!
 
中井:面白かったですよね! 
 
稲垣:僕、イキウメの舞台は初めてだったんですよ。噂には聞いていたし、村川さんも「すごくいい」って言っていて。僕、『散歩する侵略者』って映画(注:イキウメの同名舞台の映画化作品)がすごく好きだったので…。
 
中井:ああ~。あれは映画もいいけど、私は舞台のほうが好みでした。
 
稲垣:演劇で、それもあれだけ小さい小屋で、実際に宇宙船が出てくるわけでもないのに、ああいった超常の世界を表現するっていうのがすごいな~と思って。知らないだけで、面白いお芝居はまだまだいっぱいあるんだなって思いました。これからはもっと観に行きます。
 
中井:そうですね、KERAさん(注:『LIFE LIFE LIFE』を演出したケラリーノ・サンドロヴィッチさんの通称)の作品も観るべき舞台だと思います。
 
稲垣:うん、そうですね。KERAさんとは、僕は13年前に初めて……。

中井『ヴァージニア・ウルフなんかこわくない?』(2006年)ですよね。拝見しました。
 
稲垣:あ、そうですか。うわ~嬉しい。
 
中井:同じ顔合わせでの『LIFE LIFE LIFE』も、すごくユニークで他にない魅力がいっぱいで楽しめました。
 
稲垣:僕もやっていて面白かったですね。僕は映像の仕事のほうも多くやらせていただいて、そこで育ってきているのはあるんだけど、でも、何か自分が変わる時…、転機のきっかけは、舞台であることが多かったりするんですね。
 
中井:そうなんですね、どういった転機?
 
稲垣:たとえば、初めて演劇をやったのはまだ20代前半の頃で、つかこうへいさんの戯曲だったんですけど…。
 
中井:あ、『広島に原爆を落とす日』(1997年、98年再演)ですね。
 
稲垣:そう、それもやっぱり自分の中では革命的なことだったし、その後、いのうえひでのりさんとお仕事させていただいたことなども同様で。たとえば今回の舞台の前にやっていた『恋と音楽』シリーズ(2012年、2014年、2016年上演)だったら、ミュージカルも、生バンドも、ジャズなどの音楽に触れたのも初めてだったし。転機というと大袈裟ですけど、やっぱり自分を大きく変えてくれるジャンルではあるなと。中井さんは、年間、舞台をどれくらいご覧になるんですか?
 
中井:年間ですか? 250本くらいですかね……。
 
稲垣:それ、すごくないですか!?映画だって僕、200いってないですもん。
 
中井:これは中毒的な感じですね。演劇依存みたいなものがあって。劇場に行っていると安心する、っていう(笑)。
 
稲垣:作品についてものすごく分析されていますよね、きっと。比べるものがいっぱいあり過ぎて…。
 
中井:演劇は生モノですから「今、観ておかないと!」と後悔しそうで。
 
稲垣:そうですよね。映画だったら今も、たまに昔の映画を見直したりしますけど。深夜にモノクロ映画とか放送していたら、ウッカリ観ちゃう。(一同笑)こないだも『カサブランカ』をやっていたんですよ。テロップで「1940何年」とか出ていると、戦時中にこの映画は公開されていたのか~とか、いろんなことを考えて観ちゃいますね。演劇は、それとはまた違いますね。
 
中井:そうなんですよ。演劇はやっぱり同じ空間で、今生きている時間を俳優さんたちと共有するので。そこが特別なことだなと。
 
稲垣:そうですね。僕も、演劇を映像に残すことはあんまり好きじゃないかな。もちろん、劇団☆新感線さんみたいなスタイルだったら効果的な場合もあるけど。たまに映像で自分の芝居を観ると、照れくさいですね。
 
中井:映像と舞台ではお芝居のやり方が全く違いますものね。
 
稲垣:そう、すっごいヘタに見えるし。(一同笑)演劇は本当に、その時のリアルを感じるものだと思う。
 
中井:あと、その時にどんな社会現象があったか、ということもすごく大きいですよね。震災前と震災後では、同じ作品を見ても全然感じ方が違うし。
 
稲垣:そうですね! 僕も震災の年に演劇をやったことがあって、やっぱり違うなと感じていました。
 

<次のページ>
劇場の椅子の肘掛けって、
右を使うんですか?左を使うんですか?

 

関連記事
稲垣吾郎さんが案内人として出演決定!
『ウォルト・ディズニー・アーカイブス・コンサート』2020年1月に開催!
会見レポートはコチラから

 

■□■BUTAKOME☆Information ■□■
 

『君の輝く夜に~FREE TIME, SHOW TIME~』

作・演出:鈴木聡
音楽:佐山雅弘

出演:稲垣吾郎
/安寿ミラ、北村岳子、中島亜梨沙

演奏:佐山こうた(pf.)  高橋香織(vln.) バカボン鈴木(b.)
三好“3吉”功郎(g.) 仙波清彦(perc.)

 
日程:2019年8月30日(金)~9月23日(月・祝)
会場:日本青年館ホール
料金:S席:10,000円 A席8,000円 車椅子スペース席10,000円
※未就学児入場不可

 
チケットぴあ 
公演専用URL: https://w.pia.jp/t/kimino/

イープラス
公演専用URL: https://eplus.jp/kiminokagayakuyoruni/

ローソンチケット
公演専用URL:https://l-tike.com/kimino/

 
※詳細は『君の輝く夜に~FREE TIME,SHOW TIME~』公式HP

 

 

BUTAKOME【LINE@】

宝塚歌劇やミュージカルの先行販売情報やコラム等の記事更新情報をお届けします♪

LINEアプリの「友だち追加」から
ID:@butakome を検索するか、
下記の友だち追加ボタンから登録してください。

友だち追加数

 

1 2 3

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

インタビューTOP

中村隼人

スーパー歌舞伎II(セカンド)『新版 オグリ』▷若さと熱量でオグリを演じたい

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2019/09/01

【中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪ Vol.43(後編)】稲垣吾郎×中井..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2019/10/31

【早霧せいなのビタミン“S”】其の十九.「セッションし続けること」

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2019/06/07

尾上松也さんSpecialインタビュー▷第二回『百傾繚乱』8月24日..

open

close

Profile

1985 年生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。父は六代目尾上松助。1990 年 5 月、「伽羅先代萩」の鶴千代役にて二代目 尾上松也を名のり初舞台。近年は立役として注目され、2015年より、次世代の歌舞伎界を担う花形俳優が顔を揃える「新春浅草歌舞伎」に出演し、「仮名手本忠臣蔵」早野勘平、「義経千本桜」狐忠信、「義経千本桜 吉野山」佐藤忠信 実は 源九郎狐などの大役を勤める。一方、2009 年からは歌舞伎自主公演 「挑む」を主宰している。

歌舞伎の以外でも、ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」(2013)ベンヴォーリオ役、「エリザベート」(2015)ルイジ・ルキーニ役、ディズニーアニメーション映画「モアナと伝説の海」日本語吹替版のマウイ役、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK)今川氏真役、初の主演ドラマ「さぼリーマン甘太朗」等、活躍の場を広げている。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん