中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪

【中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪ Vol.43(後編)】稲垣吾郎×中井美穂 Special対談▷『君の輝く夜に〜FREE TIME, SHOW TIME〜』9月23日まで上演中!!

2019/09/01


 

nakai42006

 

舞台のルーティンの中でお仕事する、
そのリズムが大好き

 

中井:吾郎さんは、舞台の時はこう、映画の時はこう…というように、仕事によってスイッチを切り替えるように意識されているところはありますか?
 
稲垣:そうですね~。舞台に向かう時は、自然と舞台の体質に変わってくる感じはありますね。舞台のルーティンの中でお仕事する、そのリズムが大好きで。やっぱりテレビのお仕事は不規則だし、自分でも予測つかないじゃないですか。もちろん舞台も、ステージの上で起きることは予測のつかないことも多いんですけど、でも時間も決まっているし、景色も変わらない。そういった中で日々、良くしていく、磨き上げていくという作業が、すごく好きなんですね。だから僕は舞台を毎日やっていても、まったく飽きることはないです。日々良くなっていくものだと思っているので。今回はとくに、すでに京都からスタートしている舞台なので、さらにいいものになるのは間違いないと思って、すごく楽しみですね。あと、うま~く観客の空気とかを抱え込んでいく、掌握する…といった感覚は、舞台のほうがテレビや映画よりはありますね。
 
中井:観客の空気の重さ、軽さ、ザワッとした感じとか、日々ありますよね。
 
稲垣:そう、そこのコントロールというか。カッコ良く言うと指揮者じゃないけど、観客を含めての皆で奏でている作品を、まあマエストロとして(笑)、コントロールしていけたらいいな……なんてことは、舞台ではずっと意識してやっていることですね。そういう気配を感じられるようになって来るんです。お客さんも、演者も、スタッフも含め、その一体感が僕は好きなんだと思います。
 
中井:今後年齢を重ねて、自分自身のこれからのことなど、より考える時間もとれるようになったのではと思いますが、演劇はこれからもずっとやっていきたいと思っていらっしゃいますか?
 
稲垣:もちろん!
 
中井:この「恋と音楽」シリーズは今のところは2年毎にやっていらっしゃるけど、それ以外にもまだやったことのないものに挑戦していきたいお気持ちは?
 
稲垣:もちろん、すっごくあります! 僕は海外の戯曲にしても、シェイクスピアもまだやったことがないし、オスカー・ワイルドとか、いろいろやってみたいものはあります。舞台好きとか言っているわりにはそんな、年間に何本もやってきているわけじゃないですからね。翻訳モノはまだやっていないものが多いので、すごく興味がありますね。最初に言いましたけど、演劇を毎年やっていくと何年かに一回くらい、ちょっと大きな波みたいなものが現れて、それがまた自分を変えてくれる。だから、舞台はずっとこれからもやり続けたいですね。
 
中井:すごく嬉しいです。楽しみですし。やっぱり舞台って体温が感じられますから。
 
稲垣:そうなんですよ。僕も、テレビとかだと意外と恥ずかしい気持ちが出てきて、体温とか感じられたくないと思っちゃうんで。(一同笑)舞台だったら、裸になろうと何をしようと平気。演じているわけですから。やっぱりそこが自分の生きる場所なのかな…って思いますね。もちろん素の部分を喜んでくださるファンの方もいらっしゃると思うので、バラエティも、トーク番組もやりますけど。根本的に、自分の表現する場所は舞台だなと僕は思っているので、これからもやっていきます。
 
中井:楽しみに、追いかけさせていただきます。
 
稲垣:はい、ありがとうございます。

 

構成・文/ 演劇ライター・上野紀子
撮影/ 吉原朱美
スタイリスト(稲垣吾郎)/ 細見佳代
ヘアメイク(稲垣吾郎) / 金田順子
衣裳(稲垣吾郎) / ネイビーダブルジャケット(ボリオリ / 三崎商事)
ネイビーストライプスーツ組下(TMB / 三崎商事)
スニーカー(ロシニョール / 三崎商事)
※三崎商事 TEL03-5775-1211

 

<次のページ>
稲垣吾郎さんとの対談後記

 

1 2 3

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

前山剛久003

前山剛久

▷シェイクスピアの傑作喜劇『十二夜』▷2.5次元もミュージカルも、全ジャンルや...

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2020/02/06

【中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪ Vol.46】麻実れい×中井美穂 S..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2020/02/29

【早霧せいなのビタミン“S”】其の二十三.「影響しあうこと」

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2019/06/07

尾上松也さんSpecialインタビュー▷第二回『百傾繚乱』8月24日..

open

close

Profile

1985 年生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。父は六代目尾上松助。1990 年 5 月、「伽羅先代萩」の鶴千代役にて二代目 尾上松也を名のり初舞台。近年は立役として注目され、2015年より、次世代の歌舞伎界を担う花形俳優が顔を揃える「新春浅草歌舞伎」に出演し、「仮名手本忠臣蔵」早野勘平、「義経千本桜」狐忠信、「義経千本桜 吉野山」佐藤忠信 実は 源九郎狐などの大役を勤める。一方、2009 年からは歌舞伎自主公演 「挑む」を主宰している。

歌舞伎の以外でも、ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」(2013)ベンヴォーリオ役、「エリザベート」(2015)ルイジ・ルキーニ役、ディズニーアニメーション映画「モアナと伝説の海」日本語吹替版のマウイ役、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK)今川氏真役、初の主演ドラマ「さぼリーマン甘太朗」等、活躍の場を広げている。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん