早霧せいなのビタミン“S”

【早霧せいなのビタミン“S”】其の十九.「セッションし続けること」

2019/10/31


 

早霧せいなビタミンS19-001

写真家・Leslie Kee (右)さんと早霧せいなさん
“繋がり”をテーマにしたアート展「接続 UNITES」会場にて

 

最近とても刺激的な“セッション”を体験しています✨

 
9月~10月にかけて、私が所属する事務所とグループ会社(ボンイマージュ、シグノ)がそれぞれ周年記念ということで、所属するクリエーター、女優、モデル、現代アーティストによるアート展『接続 UNITES』が開催されました。

アート展には写真家・Leslie Keeさんも作品を出展されるという事で、私と現代アーティストのスプツニ子!さんがコラボレーションするという企画で、初めて一緒に撮影をし、スプツニ子!さんとトークショーを開催することになったのですが、ご本人といろいろお話をして、とてもたくさんの刺激をもらいました。
 
スプツニ子!さんはテレビの「情熱大陸」を観て知っていて、宝塚を退団したあとに行った旅行先の香川県の豊島(てしま)で彼女のアートスペース(豊島八百万ラボ)もあり作品を見ていたんです。

スプツ二子!さんは、小さい頃から女性が社会進出していく上で困難なことがあることを感じていて、社会の偏見や女性に対する考えを変えたいとアートを通じて表現、発信しているということを話してくれました。
 

早霧せいなビタミンS19002

スプツニ子!さん(右)とトークセッション後にパチリ

 
そしてアートの世界にとどまらない活動も視野にいれているとのこと!! お話すると物腰が柔らかくおっとりとした口調で、メッセージ性の強い作品とのギャップがたまらない素敵な方。‟非凡な才能を持ち、ちょっと遠い世界で活躍しているアーティスト”という印象が興味へと変わり、彼女の考えていることをもっと深く知ってみたい!と強く思うようになりました。これから、どういう形になるかはわからないけれど、また2人で何かできたらいいですね、と前向きな話もしています!

 

そして“セッション2”はLeslie Keeさん!

宝塚時代に「歌劇」の表紙撮影や『るろうに剣心』のポスター撮りなどでご一緒してきて、今回、事務所が偶然にも同じグループ会社ということで、約2年ぶりくらいに撮影をしてもらい、フレンドリーな人柄は変わらないのですが、とにかく仕事に対するバイタリティがすごい! スピード感、一瞬にかけるスピリット、熱い想いがあらためてプロフェッショナルな方だと感じました。前へ前へという推進力になります。
 
宝塚では“すみれコード”があって撮れなかったような写真をどんどん提案してくれます。「歌劇」の表紙を撮り続け、来年10年目を迎えられることをとても誇りに思っていらっしゃって、宝塚歌劇のことをよく理解されているので、挑戦的な写真とはいっても安心感があるんです。光を操ったり、アップでもひいても動きの美しさをより引き出せる方なんだなと。ちなみに2020年の私のカレンダー(編集部注:早霧さんのファンクラブ限定発売)もLeslieさんによる撮影です。

 

早霧せいなビタミンS19-003

Leslieさんとファッションショー()へ

「Rakuten Fashion Week TOKYO 2020S/S」ヨシキモノ(YOSHIKIMONO)

 
超多忙な中だからこそ、本気で挑むし、プライベートも本気で楽しまれている感じがします。Leslieさんに誘われて、ファッションショーを見にもいきました! すごい方なんですが、ラフに行動しているなぁと思います。

 
ここで撮影の時の話を一つ。Leslieさんは、強要はしないけれど、いい具合に注文がくるんです。自然と自分を出していけるというか、引き出し方がとても上手なんです。自分を試されているようなところもあり、負けず嫌いな私はつい応えてしまう。
 
撮影って一瞬一瞬カメラで切り取られるわけなんですけど、それが一つの真剣勝負みたいな感じで改めて面白いなと感じました。
 
現在進行形で刺激的な新しい出会いが続き、人生がより豊かになっていることを感じます。
 

セッションし続けること
それが私のビタミン“S”!

 

💡ビタミン“S”とは…
Sagiri Seina(早霧せいな)さんの“S”。
Shiawase、Smile、Special、Surprise…の“S”。このコラムでは、早霧さんにとってHappy、元気の源となるビタミン“S”をお届けしていきます。

 

早霧せいな(Sagiri Seina)
a0070_000266
 プロフィール
長崎県佐世保市出身。2001年宝塚歌劇団に入団、宙組『ベルサイユのばら2001』で初舞台。
同年宙組に配属。2009年雪組に組替え。2014年9月雪組トップスターに就任。主演作品に『ルパン三世/ファンシー・ガイ!』『星逢一夜/La Esmeralda』『るろうに剣心』など。
在籍時には宝塚歌劇団史上初となる、主演大劇場公演5作すべて観客動員100%超の偉業を成し遂げた。2017年7月『幕末太陽傳/Dramatic “S”!』で宝塚歌劇団を退団。

その後は『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』『るろうに剣心』で主演、『まほろば』で初のストレートプレイに挑み好評を博した。現在、舞台・テレビなどで幅広く活躍中。
今年8月に書籍『夢のつかみ方、挑戦し続ける力―元宝塚トップスターが伝える―』を発売。

■公式ファンクラブ https://seinasagiri.com/
 
■公式 Instagram

 

■ Information ■

SAGIRI BOOK

14歳の世渡り術シリーズ📖

『夢のつかみ方、挑戦し続ける力
-元宝塚トップスターが伝える-』

早霧せいな

河出書房新社より発売中

※詳細は河出書房新社 公式HP

 

 

 

BUTAKOME【LINE@】

宝塚歌劇やミュージカルの先行販売情報やコラム等の記事更新情報をお届けします♪

LINEアプリの「友だち追加」から
ID:@butakome を検索するか、
下記の友だち追加ボタンから登録してください。

友だち追加数

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

インタビューTOP

中村隼人

スーパー歌舞伎II(セカンド)『新版 オグリ』▷若さと熱量でオグリを演じたい

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2019/11/15NEW

【中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪ Vol.44】生瀬勝久×中井美穂 S..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2019/10/31

【早霧せいなのビタミン“S”】其の十九.「セッションし続けること」

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2019/06/07

尾上松也さんSpecialインタビュー▷第二回『百傾繚乱』8月24日..

open

close

Profile

1985 年生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。父は六代目尾上松助。1990 年 5 月、「伽羅先代萩」の鶴千代役にて二代目 尾上松也を名のり初舞台。近年は立役として注目され、2015年より、次世代の歌舞伎界を担う花形俳優が顔を揃える「新春浅草歌舞伎」に出演し、「仮名手本忠臣蔵」早野勘平、「義経千本桜」狐忠信、「義経千本桜 吉野山」佐藤忠信 実は 源九郎狐などの大役を勤める。一方、2009 年からは歌舞伎自主公演 「挑む」を主宰している。

歌舞伎の以外でも、ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」(2013)ベンヴォーリオ役、「エリザベート」(2015)ルイジ・ルキーニ役、ディズニーアニメーション映画「モアナと伝説の海」日本語吹替版のマウイ役、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK)今川氏真役、初の主演ドラマ「さぼリーマン甘太朗」等、活躍の場を広げている。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん