カテゴリー

最新記事

白石隼也の映画コラム

『ブラック・スワン』~白石隼也・映画コラム~

2011/04/01


BUTAKOME
(c) 2010 Twentieth Century Fox

はじめまして。白石隼也と申します。

以前から念願だった映画コラムを書かせてもらうことになりました。
役者、そして20歳の男子(の思考を持ち得ているかは疑問ですが)という二つの目線から色々な面白い映画を紹介していけたらいいなと思っています。
まぁ一口に映画と言っても様々なジャンル、目的のものがありますが、このコラムでは大作系も単館上映系の作品も関係なしに僕が皆さんにオススメしたいと思った作品だけを厳選していくつもりですのでよろしくお願いします。

まず、コラムを書き始める前に一つお話ししておきたいのですが、映画を観て皆さんがどんな感想を抱くのも自由です!
仮に僕がオススメした作品でも、ある人からしてみれば、つまらないものかもしれない…。

何が言いたいのかと言うと、皆さん自身が素直に感じたり思ったことを大切にして欲しいなと。
人間なんだから好きものも苦手なものも誰にでもあって、好きなものは好き、苦手なものは苦手でいいと思うんです。だから僕のコラムを読んで「こんな見方もあるのか」って思って貰えたらそれでいいです。というか皆さんにそう思って貰えるようなコラムに出来るよう精進しますのでよろしくお願いします。

記念すべき第一回目に紹介する作品は、昨年、数々の映画賞を受賞した
『ブラックスワン』

BUTAKOME
(c) 2010 Twentieth Century Fox

もともと僕自身がナタリー・ポートマンの大ファンで、第一回目で紹介するのはこれしかないなとずっと睨んでいた作品でようやく試写会に行かせてもらったんだけど、やっぱり間違いありませんでした。

瞬きするのを忘れて目がショボショボになるほど、気付けば作品の世界観に引き込まれてました。試写室を後にして数時間はナタリーの顔とチャイコフスキーの曲が。

物語は、純真な白鳥と邪悪な黒鳥の二役を演じる「白鳥の湖」のプリマに抜擢された主人公のニナが、王子様を誘惑する自分にはない黒鳥のエキゾチックな魅力を表現することに苦労し、周囲からのプレッシャーにさらされ幻想を見るようになる程追い込まれていく様が描かれています。
これは僕も役者を始めてから凄く感じたんだけど、自分自身に無いものを芝居だけで表現するのって非常に難しい作業なんですよ。
いくら表面を飾ったって内面はそんなすぐに変わらないですからね。僕なんかでもいつもぶち当たるテーマなので、演者だったら誰もが一度は苦労したことがあるであろうこのテーマにニナも挑みます。

とまぁ、これだけだったらよくありがちな話だけど、この映画の面白いところは
白と黒、現実と幻想の描き方

BUTAKOME

BUTAKOME
(c) 2010 Twentieth Century Fox

心理スリラーと言うだけあって、まるでニナと共にお化け屋敷に入ったような臨場感というか緊迫感に終始包まれているんだけど、映像、音楽、作品構成、などなど何処を見ても本当に洗練されていて、最初から最後まで描き方に全くブレる所がないんですよ。

数時間経っても映画の世界観から離れられなかったのはまさにそのせいだと思う。ここまで一貫して長い長いお化け屋敷を監督はどうやって作ったんだろうと思いプレスリリースを見返してみると、それもそのはず。撮影監督や音楽、衣装デザインなどのスタッフ陣がダーレン・アロノフスキー監督の常連ばかりなんですね。要は、これまでチームで積み上げてきたものがあったからこそ今回の『ブラックスワン』が完成したわけです。
日本の監督で例えるなら、『嫌われ松子の一生』や『告白』の中島哲也監督の作品をイメージしてもらえるとそれに近いかもしれない。美しいアーティスティックな映像の中にもがっしりした確固たるものが詰まっている、そんな風に感じました。

そのアロノフスキー監督の世界観にプラスして、ニナを演じるナタリー・ポートマンの演技、そしてバレエ。本当に素晴しいです。幼い頃にバレエを習っていて基礎があったとは言え、役作りの為に撮影前の10ヶ月間、連日5時間に及ぶハードトレーニングをこなしていたそうです。
技術的なことももちろんだけど、プロのダンサーかと思うほどの表現力も凄かったです。特にバレエって正解の形がちゃんと決まっているものだから小手先だけで誤魔化せるものではないと思うんですよ。その中でのあの演技。感服します。

そんな様々な職人達がそれぞれの業を結集して作り上げた最高級の芸術品のような作品でした。
映画館に行くというより美術館に行くようなイメージで観て貰えたらきっとより楽しんでもらえるんじゃないかなぁ。

特に女性にオススメしたいです。僕は女性じゃないんでハッキリとは言えないんだけど、コミュニティ内の複雑な人間関係や嫉妬など、きっと女性だからこそ共感出来るシーンが沢山あると思います。

それでは是非、映画館で!

追記

実は僕の出演映画
『GANTZ PERFECT ANSWER』も4月23日(土)に公開になります。『GANTZ』のパート2ですね。
アクション、VFX、舞台セット、確実に今までの日本映画ではありえなかった規模になっています。
パート1を観てくれた方は分かると思いますが、パート2はこれまでの「GANTZ」ワールドだけでなく人間模様やラブストーリーがより描かれているので、女性にもより楽しめる作品になっていると思います。
是非ともこちらの方もよろしくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

BUTAKOME

『ブラック・スワン』
5月13日(金)よりTOHOシネマズ日劇ほか全国ロードショー

※公式HPはコチラから

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

BUTAKOME
白石隼也
俳優
神奈川県出身。1990年8月3日生まれ。
2007年「第20回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で準グランプリを受賞し、芸能界デビュー。4月23日公開「GANTZ」に出演。夏には映画「スノーフレーク」が公開される。4月からは「ヒルナンデス!」(日テレ系)金曜サブMC担当として出演。趣味・特技 : サッカー、スノボー、サーフィン、フットサル
※公式ブログはコチラから

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

19013003miurahiroki

三浦宏規

ミュージカル『レ・ミゼラブル』マリウス役に挑む

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2019/01/17

藤原竜也×中井美穂☆2019年新春Special対談~舞台『プラトー..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2019/01/31

【早霧せいなのビタミン“S"】其の十.ソウルSpecial編「本場の..

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2018/12/27

尾上松也さんSpecialインタビュー▷平成最後の『新春浅草歌舞伎』..

open

close

Profile

1985年1月30日生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。
5歳で『伽羅先代萩』の鶴千代役にて、二代目尾上松也の名で初舞台。様々な分野で活躍し、歌舞伎公演以外にも活動の幅を広げている。09年より歌舞伎自主公演『挑む』を主催。歌舞伎公演以外の主な出演作に舞台:『ロミオ&ジュリエット』、『スリル・ミー』、『アンタッチャブル』、『男の花道』、『騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談』、TVドラマ「天地人」、「永遠の0」、映画「源氏物語」ほか。今年は6月からはミュージカル『エリザベート』にルイジ・ルキーニ役としての出演。8月8日には7回目の歌舞伎自主公演『挑む ~更なる幕へ勇みし気迫(こころ)~』を神奈川芸術劇場にて開催する。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト
【Official blog】松也日記(アメブロ公式)  
【自主公演サイト】挑むオフィシャルホームページ  

2018/08/06

📹【加藤和樹のエンタメCafe 番外編】〈大阪・梅田..

open

close

Profile

1984年10月7日生まれ。愛知県出身。現在、LIVEや舞台・ミュージカルなどに参加幅広いファン層に支持され、歌手・俳優としても各界で注目を浴びている。

2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴び、2006年4月Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。
日本や韓国・台湾・中国でのCDリリースの他、自身のアルバムなどのTOURである「LIVE“GIG”TOUR」とラジオ公開放送のように投稿メールとリクエストを中心に構成されている「“KK−STATION”TOUR」や、日本武道館や日比谷野外音楽堂、アジア圏でも単独ライブを開催するなど精力的に活動。

同時に俳優としても活動しており、ドラマ「仮面ライダーカブト」「ホタルノヒカリ」「インディゴの夜」「赤い糸の女」「乾杯戦士アフターV」などに出演するほか、アニメ「家庭教師ヒットマンREBORN」桔梗役や時代劇アニメ「義風堂々」石田三成役、ゲーム「戦場の円舞曲」「イケメン戦国」「B-Project」などで声優としても活躍。

近年はミュージカル『ロミオ&ジュリエット』『レディ・ベス』や『タイタニック』など大型ミュージカルにも出演。2016年4月・5月『1789 バスティーユの恋人たち』で帝劇初主演、9月~10月『真田十勇士』霧隠才蔵役に挑む。2017年1月ミュージカル『フランケンシュタイン』に出演決定。

【Official HP】 公式サイト
【Official blog】 公式ブログ

2018/11/20

【柳亭こみちのちょいと一回のつもりで聴いて】Vol.7「女のお喋り」

open

close

Profile

東村山市出身。2003年、七代目柳亭燕路に入門。前座名「こみち」。2006年、「こみち」のまま二ツ目昇進。2017年、「こみち」のまま真打昇進。歌って踊れて落語のできる女、老若男女から友達になりたいと思われるような噺家を目指している。亭主は漫才師「宮田陽・昇」の宮田昇。漫才師と落語家の夫婦は史上初。二児の母として真打に昇進したのも、落語史上初。「落語坐こみち堂」「なかの坐こみち堂」をはじめ、日々多数の落語会に出演し、ナレーション、講演活動、執筆活動、学校寄席への出演も多々。こみちが大きな出世街道となるよう、鋭意奮闘中
【Official HP】 こみちの路

2018/02/23

【木ノ下裕一の歌舞伎の“ツボ”】 Vol.8『勧進帳』

open

close

Profile

木ノ下歌舞伎 主宰
1985年7月4日、和歌山生まれ。小学校3年生の時、上方落語を聞き衝撃を受けると同時に独学で落語を始め、その後、古典芸能への関心を広げつつ現代の舞台芸術を学ぶ。2006年に古典演目上演の演出や補綴・監修を自らが行う木ノ下歌舞伎を旗揚げ。
『黒塚』(’13)、『東海道四谷怪談—通し上演—』(’13)、『三人吉三』(’14)、『心中天の網島』(’15)、『義経千本桜ー渡海屋・大物浦ー』』(’16)
2015年に再演した『三人吉三』にて読売演劇大賞2015年上半期作品賞にノミネートされる。
その他古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。2015年3月に博士号(芸術博士)取得。

【Official HP】木ノ下歌舞伎 公式サイト
【Official Twitter】木ノ下裕一 Twitter

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん