カテゴリー

最新記事

白石隼也の映画コラム

『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉』~白石隼也・映画コラム~

2011/05/19


BUTAKOME
(c)Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

どうもこんにちは。白石隼也です。 お待たせしました。(待ってない?)映画コラム、第二弾です。

今日紹介する映画は
『パイレーツ・オブ・カリビアン/生 命(いのち) の 泉』。

おいおい、白石くんよ。
『パイレーツ・オブ・カリビアン』なんて君に紹介されなくたって知ってるし観るさ。

ああ、いえ、そうなんですけど、僕、『パイレーツ・オブ・カリビアン』の大ファンで、今回このタイミングで新作が公開されるということで、いいことを思いついちゃったんです。映画コラムを書くという口実で、ジャパンプレミアに行ける!!と。

てなわけで本当に行かせて貰って来ました。えへへへへ。
(もちろん、コラムもちゃんと書きますのであしからず)

BUTAKOME
(c)Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

ざっくり物語を説明すると、かつて愛しあった女海賊アンジェリカ(ペネロペ・クルス)と再会し彼女に騙されたジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)が、伝説の海賊・黒髭(イアン・マクシェーン)の船に乗せられ、彼らと一緒に永遠の命を手に入れることができる『生 命の泉』を目指す航海に出るというもの。

ん?なんか足りなくない? と思った人も少なくないでしょう。そうです、(すでに知っている人も多いと思いますが)今回のシリーズにはいつものあの二人は出てきません。そう、パイレーツのさわやかイケメン担当ことオーランド・ブルームとパイレーツたちの目の保養担当ことキーラ・ナイトレイ。
さらに言うと、出演者だけではなく実は監督もこれまでの三部作を指揮したゴア・ヴァービンスキーから『シカゴ』『NINE』などを手掛けてきたロブ・マーシャルに変わっています。

いくらプロデューサーや脚本家、その他スタッフ陣が同じといえ、監督が変われば映画全体の雰囲気というか色は少なからず変わるわけで、これまでのシリーズを何度何度も見返している僕は気付いちゃいました。
特に感じたのは、これまでのシリーズよりリズミカルにストーリーが展開される構成になっていたのでディズニー・ランドのアトラクション『カリブの海賊』に乗っているかのような気分を味わえたこと。
逆に、ちょっと残念だったのが、ジャック・スパロウを含め各キャラクターたちの個性を出す場面が少なかったせいか、なかなか入り込めないシーンも多かったこと。「むかつく連中だがどこか愛嬌がある海賊たち」という本作の決まり事みたいなものもあまり感じれらなかったかなあと。

BUTAKOME
(c)Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

しかししかし、なんやかんや言ったってこの映画は『パイレーツ・オブ・カリビアン』なのである。
莫大な制作費を投じた、そのスケールのデカさは半端じゃない。この潤沢な資金がもたらすものは、豪華な役者陣をキャスティング出来ることや美味しいお弁当が出ることだけではなく、世界中から優秀なスタッフ陣を集められることも含まれるのです。
衣装、メイク、音楽、編集、撮影、VFX、アクション、舞台セット、ロケーション、大道具、小道具などなど、どのセクションを見てもユーモアやこだわりが感じられてとっても素敵だと思います。VFXの技術なんか本当に凄いよ。CGがあまりにも自然過ぎて、その映像がVFXで作られていることをつい忘れちゃうもんね。

そしてそして、本シリーズの支柱。
最大の魅力は、(僕の永遠のアイドル)
ジョニー・デップ扮するキャプテン・ジャック・スパロウでしょう。
監督ではなく、ジョニーが変わってしまったらそれは間違いなく『パイレーツ・オブ・カリビアン』ではなくなるだろうね。本作では、黒髭の登場のおけげでキャプテンとしてのジャックは見られないけど、それでも随所にその魅力を見せてくれます。もう最高。

BUTAKOME
(c)Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

ジョニーいわく、このジャック・スパロウというキャラクターはローリング・ストーンズのキース・リチャーズ(本シリーズでは、ジョニーの懇願によりジャックの父親役として出演)を参考に役作りをしたらしいんだけど、その理由がまた粋でさ。
「海賊は、現代のロックスターだ」、「自由を愛するところとか似ているよね」なんですって。もちろん、ジョニーの誰にも真似できないコミカルな演技もさることながら、ロックスター風でありながら決していやらしくない衣装やメイクも注目してほしい所だよね。ちなみにプチ情報だけど、ジャックが腰から下げている白地で赤線が入った布があるんだけど、その布はトルコの農民が作ったもので。第一部の撮影が終わったときに紛失しちゃったらしいんだけど、第二部、三部の制作が決まってからその農民の人を探し出してもう一度作ってもらったんだって。レプリカを作っちゃえば一瞬で済む話だからね。まぁ、そういうことです。

あと、個人的に是非とも注目してほしいのが、本シリーズ初の日本人俳優松崎悠希さんというお方。面識があるわけでも何でもないんですが、日本でのキャリアはなくアメリカでゼロからスタートし実績を重ね、『パイレーツ・オブ・カリビアン』に出演された方で。その生き様に魅せられ、ファンになってしまったわけです。(俺も出たいー)

以上。

それでは是非、映画館で!

追記

ふぅ。公開までに間に合ったぜ。
よかったよかった。

『パイレーツ・オブ・カリビアン』もオススメなんだけど、
今週の土曜(21日)は『Butakomeトーク&ライブ』もあるよん。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

BUTAKOME
白石隼也
俳優
神奈川県出身。1990年8月3日生まれ。
2007年「第20回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で準グランプリを受賞し、芸能界デビュー。4月23日公開「GANTZ」に出演。夏には映画「スノーフレーク」が公開される。4月からは「ヒルナンデス!」(日テレ系)金曜サブMC担当として出演。趣味・特技 : サッカー、スノボー、サーフィン、フットサル
※公式ブログはコチラから

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

BUTAKOME 
『パイレーツ・オブ・カリビアン

   -生 命(いのち) の 泉-』

5月20日(金)全国ロードショー
3D同時公開!

※公式HPはコチラから

(c)Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

19013003miurahiroki

三浦宏規

ミュージカル『レ・ミゼラブル』マリウス役に挑む

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2019/01/17

藤原竜也×中井美穂☆2019年新春Special対談~舞台『プラトー..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2019/01/31

【早霧せいなのビタミン“S"】其の十.ソウルSpecial編「本場の..

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2018/12/27

尾上松也さんSpecialインタビュー▷平成最後の『新春浅草歌舞伎』..

open

close

Profile

1985年1月30日生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。
5歳で『伽羅先代萩』の鶴千代役にて、二代目尾上松也の名で初舞台。様々な分野で活躍し、歌舞伎公演以外にも活動の幅を広げている。09年より歌舞伎自主公演『挑む』を主催。歌舞伎公演以外の主な出演作に舞台:『ロミオ&ジュリエット』、『スリル・ミー』、『アンタッチャブル』、『男の花道』、『騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談』、TVドラマ「天地人」、「永遠の0」、映画「源氏物語」ほか。今年は6月からはミュージカル『エリザベート』にルイジ・ルキーニ役としての出演。8月8日には7回目の歌舞伎自主公演『挑む ~更なる幕へ勇みし気迫(こころ)~』を神奈川芸術劇場にて開催する。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト
【Official blog】松也日記(アメブロ公式)  
【自主公演サイト】挑むオフィシャルホームページ  

2018/08/06

📹【加藤和樹のエンタメCafe 番外編】〈大阪・梅田..

open

close

Profile

1984年10月7日生まれ。愛知県出身。現在、LIVEや舞台・ミュージカルなどに参加幅広いファン層に支持され、歌手・俳優としても各界で注目を浴びている。

2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴び、2006年4月Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。
日本や韓国・台湾・中国でのCDリリースの他、自身のアルバムなどのTOURである「LIVE“GIG”TOUR」とラジオ公開放送のように投稿メールとリクエストを中心に構成されている「“KK−STATION”TOUR」や、日本武道館や日比谷野外音楽堂、アジア圏でも単独ライブを開催するなど精力的に活動。

同時に俳優としても活動しており、ドラマ「仮面ライダーカブト」「ホタルノヒカリ」「インディゴの夜」「赤い糸の女」「乾杯戦士アフターV」などに出演するほか、アニメ「家庭教師ヒットマンREBORN」桔梗役や時代劇アニメ「義風堂々」石田三成役、ゲーム「戦場の円舞曲」「イケメン戦国」「B-Project」などで声優としても活躍。

近年はミュージカル『ロミオ&ジュリエット』『レディ・ベス』や『タイタニック』など大型ミュージカルにも出演。2016年4月・5月『1789 バスティーユの恋人たち』で帝劇初主演、9月~10月『真田十勇士』霧隠才蔵役に挑む。2017年1月ミュージカル『フランケンシュタイン』に出演決定。

【Official HP】 公式サイト
【Official blog】 公式ブログ

2018/11/20

【柳亭こみちのちょいと一回のつもりで聴いて】Vol.7「女のお喋り」

open

close

Profile

東村山市出身。2003年、七代目柳亭燕路に入門。前座名「こみち」。2006年、「こみち」のまま二ツ目昇進。2017年、「こみち」のまま真打昇進。歌って踊れて落語のできる女、老若男女から友達になりたいと思われるような噺家を目指している。亭主は漫才師「宮田陽・昇」の宮田昇。漫才師と落語家の夫婦は史上初。二児の母として真打に昇進したのも、落語史上初。「落語坐こみち堂」「なかの坐こみち堂」をはじめ、日々多数の落語会に出演し、ナレーション、講演活動、執筆活動、学校寄席への出演も多々。こみちが大きな出世街道となるよう、鋭意奮闘中
【Official HP】 こみちの路

2018/02/23

【木ノ下裕一の歌舞伎の“ツボ”】 Vol.8『勧進帳』

open

close

Profile

木ノ下歌舞伎 主宰
1985年7月4日、和歌山生まれ。小学校3年生の時、上方落語を聞き衝撃を受けると同時に独学で落語を始め、その後、古典芸能への関心を広げつつ現代の舞台芸術を学ぶ。2006年に古典演目上演の演出や補綴・監修を自らが行う木ノ下歌舞伎を旗揚げ。
『黒塚』(’13)、『東海道四谷怪談—通し上演—』(’13)、『三人吉三』(’14)、『心中天の網島』(’15)、『義経千本桜ー渡海屋・大物浦ー』』(’16)
2015年に再演した『三人吉三』にて読売演劇大賞2015年上半期作品賞にノミネートされる。
その他古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。2015年3月に博士号(芸術博士)取得。

【Official HP】木ノ下歌舞伎 公式サイト
【Official Twitter】木ノ下裕一 Twitter

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん