カテゴリー

最新記事

白石隼也の映画コラム

『ゲーテの恋』~白石隼也・映画コラム~(AG)

2011/10/25


BUTAKOME

リンリンリンリン、虫は一晩中鳴き続け

ガツガツガツガツ、鹿は命を懸けて闘い

チュンチュン、鳥は歌って踊り

ムンムンムンムン、ゴキブリはフェロモンを出す。

1772年、ドイツのある田舎町で23歳の青年もまた恋に落ちました。

今回、紹介する作品は10月29日公開の映画
『ゲーテの恋』

そう、その青年の名前は、後にドイツが世界に誇る文豪となったヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ
この物語は、ゲーテが23歳で恋に落ち、彼を一躍有名にした『若きウェルテルの悩み』を書き上げるまでを描いた「若きゲーテの悩み」
小難しい文学的な映画ではありません。
今からたった240年前の恋のお話です。

詩人になることを夢見ていたゲーテであったが、その才能は認められず父親の強い勧めで田舎町の裁判所で働くことになった。
刺激のない田舎町で飽き飽きするゲーテは、ある晩の舞踊会で酔っ払いの女、シャルロッテとぶつかりワインをかけられてしまう。
じゃじゃ馬と罵るゲーテだったが、明くる朝、礼拝堂のミサで歌う美人で気品のあるまるで別人の彼女に心を奪われる。

すっかりシャルロッテに恋に落ちたゲーテは、様々なアプローチを仕掛け彼女を落としにかかるわけだが、そこは他の家族が出ないことを願う家の電話もなければ、赤外線通信で連絡先が交換できるケータイもない、Facebookでキーワードを検索するだけで繋がるなんてことは有り得ない時代なのだ。
当時の男女が唯一繋がる方法は二つ。
直接家に出向くか手紙を書くか。

BUTAKOME

もし、この時代の男が皆“草食系男子”だったら僕は生まれてこなかったかもしれないとちょっと思った。
が、それはないだろう。何故なら彼らにとって恋に落ちるということは、それ以外の何物でもなかったからだ(と思う)。
虫が一晩中鳴き続け、鹿が命を懸けて雄同士で闘うのと同じように、人間の雄も知恵を酷使して雌を落とす。
それがごくごく普通の行動であり、それが自然の摂理だからだ。

では何故、“草食系男子”が誕生してしまったのか。
僕の見解を述べさせて頂くと、我々人類による環境破壊で生態系がおかしくなり自然の摂理が保てなくなっているのと同様にこの240年間の科学の進歩により、人間の恋愛に関する価値観、考え方が変わってしまっただけのことのように思う。
かつては、自ら貪欲に直接アプローチするしか恋愛する方法がなかったわけだけど、今ではインターネット上で疑似恋愛をし、それで満たされる人がいるのだ。
だから昨今、日本で囁かれている“草食系男子”達が一方的に悪いわけではなく、必然的にそういう社会になってしまったのだろうと思う。
しかし、だからと言ってその社会の流れに何の抵抗もせず流されてしまうのはあんまりカッコイイことでないし、環境問題だって見直されているんだから“草食系男子”問題も少しは見直されてもいい気がするのだが・・・。

詩人らしいゲーテの小洒落たアプローチが見事に功を奏す。

BUTAKOME

ゲーテとシャルロッテは互いに愛し合い、順調に愛を育んでいくと思われた矢先。またもや時代が彼らの邪魔をする。

絶望するゲーテ。

自害寸前まで追いやった彼の悲しみを理解するのは難しいが、
この失恋こそが後の“ゲーテ”を創り出していったことは間違いない。

「僕は、生まれてこの方アルバイトをしたことがない」と言ったらある方からこんなことを言われたことがある。
「アルバイトすらしたことないガキに役者なんて名乗られたくないね」と。
本当にそうだと思う。そりゃ自分なりには、嫌なことも辛いことも結構あったつもりだが、働く大人からしてみればそんなもん新しく下ろしたばかりのスーツで出勤中、鳥に糞をかけられたくらいの事だろう(そのくらいは言わせて欲しい)。
さらに「君よりサラリーマンを辞めて役者になった人のほうがよっぽど魅力的だ」とも。本当にそうだと思う。

そんな僕が言うのも説得力がなさ過ぎるが、いい思いばかりでなく、ゲーテのように死すらも厭わないほどの辛い思いを乗り越えてきたっていう人は、どういうわけか挙って魅力的な人ばかりだ。
だから、その法則に従うと、僕ら若い衆は失敗して辛い思いをすることから避けるのではなく、どんどん高い壁にぶち当たりに行ってどんどん失敗していいんだ。
と、10回くらいこの映画を観ている最中に思った。

全国の高校と大学で上映したら、日本の青年達は全国的にちょっとカッコ良くなるんじゃないかなぁ。全国の学校の先生、どうか検討してみてください。

と、青臭い持論をかましてしまいました。

23歳のゲーテと今の自分をどこかで重ねて観ていた所もあると思うんだけど、それ以外にもこの映画にのめり込んでしまう要素はたくさん。

まず、注目してほしいのが忠実に再現された(であろう)18世紀のドイツが描かれていること
実際に18世紀を生きたわけじゃないので真実は誰にも分からないけど、細かい細かい所までセットや衣装にこだわりが感じられて。
驚いたのが、エキストラの通行人の女性たちがスカートを泥だらけにして道を普通に歩いてるシーン。
きっとそうなんだよね。
18世紀のドイツの田舎町なんだから、ちゃんと舗装されていない道だってあるわけで、そういう道は雨が降った後は泥泥になるのが普通なんだよね。
ああ、そうだったんだろうなぁ、って。
そういう演出の積み重ねがあるからこそ余計なことを考えずに彼らに恋バナに集中させてくれるんでしょうね。

他にも、男子が被るカツラの裏事情や恋文のちょっとしたルールなど、興味深いシーンが随所に散りばめてあるので、その辺もちょっと注目してみると面白いかもしれませんよ。

実は他にも色々書きたいことがあったんですけど、そろそろくどいかと思いますので終わりにしておきます。

遅ればせながらこれから『若きウェルテルの悩み』を読もうとしているので、読み終えたら追記で何か書こうと思ってます。

ので、是非とも皆さんも劇場で若きゲーテの悩みを覗いてみては如何でしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

BUTAKOME
『ゲーテの恋』

10月29日よりTOHOシネマズ シャンテ他
全国順次ロードショー

※公式HPはコチラから

©2010SenatorFilmProduktionGmbH/deutschfilmGmbH/WarnerBros.EntertainmentGmbH/SevenPicturesFilmGmbH/ErfttalFilm-undFernsehproduktionsGmbH&Co.KG/GoldkindFilmproduktionGmbH&Co.KG/herbXfilmFilmundFernsehproduktionGmbH/
SummerstormEntertainmentGmbH/magnolia FilmproduktionGmbH/CCMedienproduktions-undVerwaltungsGmbH


【プロフィール】白石隼也

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

19013003miurahiroki

三浦宏規

ミュージカル『レ・ミゼラブル』マリウス役に挑む

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2019/01/17

藤原竜也×中井美穂☆2019年新春Special対談~舞台『プラトー..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2019/01/31

【早霧せいなのビタミン“S"】其の十.ソウルSpecial編「本場の..

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2018/12/27

尾上松也さんSpecialインタビュー▷平成最後の『新春浅草歌舞伎』..

open

close

Profile

1985年1月30日生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。
5歳で『伽羅先代萩』の鶴千代役にて、二代目尾上松也の名で初舞台。様々な分野で活躍し、歌舞伎公演以外にも活動の幅を広げている。09年より歌舞伎自主公演『挑む』を主催。歌舞伎公演以外の主な出演作に舞台:『ロミオ&ジュリエット』、『スリル・ミー』、『アンタッチャブル』、『男の花道』、『騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談』、TVドラマ「天地人」、「永遠の0」、映画「源氏物語」ほか。今年は6月からはミュージカル『エリザベート』にルイジ・ルキーニ役としての出演。8月8日には7回目の歌舞伎自主公演『挑む ~更なる幕へ勇みし気迫(こころ)~』を神奈川芸術劇場にて開催する。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト
【Official blog】松也日記(アメブロ公式)  
【自主公演サイト】挑むオフィシャルホームページ  

2018/08/06

📹【加藤和樹のエンタメCafe 番外編】〈大阪・梅田..

open

close

Profile

1984年10月7日生まれ。愛知県出身。現在、LIVEや舞台・ミュージカルなどに参加幅広いファン層に支持され、歌手・俳優としても各界で注目を浴びている。

2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴び、2006年4月Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。
日本や韓国・台湾・中国でのCDリリースの他、自身のアルバムなどのTOURである「LIVE“GIG”TOUR」とラジオ公開放送のように投稿メールとリクエストを中心に構成されている「“KK−STATION”TOUR」や、日本武道館や日比谷野外音楽堂、アジア圏でも単独ライブを開催するなど精力的に活動。

同時に俳優としても活動しており、ドラマ「仮面ライダーカブト」「ホタルノヒカリ」「インディゴの夜」「赤い糸の女」「乾杯戦士アフターV」などに出演するほか、アニメ「家庭教師ヒットマンREBORN」桔梗役や時代劇アニメ「義風堂々」石田三成役、ゲーム「戦場の円舞曲」「イケメン戦国」「B-Project」などで声優としても活躍。

近年はミュージカル『ロミオ&ジュリエット』『レディ・ベス』や『タイタニック』など大型ミュージカルにも出演。2016年4月・5月『1789 バスティーユの恋人たち』で帝劇初主演、9月~10月『真田十勇士』霧隠才蔵役に挑む。2017年1月ミュージカル『フランケンシュタイン』に出演決定。

【Official HP】 公式サイト
【Official blog】 公式ブログ

2018/11/20

【柳亭こみちのちょいと一回のつもりで聴いて】Vol.7「女のお喋り」

open

close

Profile

東村山市出身。2003年、七代目柳亭燕路に入門。前座名「こみち」。2006年、「こみち」のまま二ツ目昇進。2017年、「こみち」のまま真打昇進。歌って踊れて落語のできる女、老若男女から友達になりたいと思われるような噺家を目指している。亭主は漫才師「宮田陽・昇」の宮田昇。漫才師と落語家の夫婦は史上初。二児の母として真打に昇進したのも、落語史上初。「落語坐こみち堂」「なかの坐こみち堂」をはじめ、日々多数の落語会に出演し、ナレーション、講演活動、執筆活動、学校寄席への出演も多々。こみちが大きな出世街道となるよう、鋭意奮闘中
【Official HP】 こみちの路

2018/02/23

【木ノ下裕一の歌舞伎の“ツボ”】 Vol.8『勧進帳』

open

close

Profile

木ノ下歌舞伎 主宰
1985年7月4日、和歌山生まれ。小学校3年生の時、上方落語を聞き衝撃を受けると同時に独学で落語を始め、その後、古典芸能への関心を広げつつ現代の舞台芸術を学ぶ。2006年に古典演目上演の演出や補綴・監修を自らが行う木ノ下歌舞伎を旗揚げ。
『黒塚』(’13)、『東海道四谷怪談—通し上演—』(’13)、『三人吉三』(’14)、『心中天の網島』(’15)、『義経千本桜ー渡海屋・大物浦ー』』(’16)
2015年に再演した『三人吉三』にて読売演劇大賞2015年上半期作品賞にノミネートされる。
その他古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。2015年3月に博士号(芸術博士)取得。

【Official HP】木ノ下歌舞伎 公式サイト
【Official Twitter】木ノ下裕一 Twitter

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん