カテゴリー

最新記事

白石隼也の映画コラム

『ヒミズ』 ~白石隼也・映画コラム~

2012/01/12


BUTAKOME

この間、トークライブという名のファンイベントみたいなやつをやった。
ファンイベントという言い方がどうも好きでないという自分のプライドのためにわざわざ名前を変え、色々やった。
やる前、結構な人にバカにされた。(決して全てが悪い意味ではなく。)
で、最後にみんな言う。「まぁがんばってね」
彼らなりに色々言いたいことはあるのだろうが、なんだかんだ応援してくれているのだ。
「がんばれ」、時に物凄くむかつく言葉であるのだけど、それと同時に物凄いエネルギーを持った変な言葉だ。

今日紹介する映画は、
古谷実原作、園子温監督作品『ヒミズ』

おそらく、公開と同時に反響に反響を呼んで、是枝監督の『誰も知らない』、もしくはそれ以上のおかしな現象が起こると思うので僕がこの映画を紹介する必要は全くないことは分かりきっているんだけど、2011年のマイベストムービーに触れないわけにはいかないと思ったので書かせて下さい。

主人公は、大きな夢を持たず、ただ誰にも迷惑をかけずに「普通」に生きていきたいと願う
住田くん、15歳。
そして、その住田くんを愛してやまない同級生の茶沢さんもまた、15歳。
借金を作ってはたまに帰ってきて、暴力を振るい金を持っていく父親。
実家の貸しボート屋で母親と暮らす住田くんであったが、ある日、母も男と駆け落ちをして、去る。
茶沢さんもまた、両親から虐待を受ける日々を送る。

そう、この二人の中学生は親から愛されていないのだ。

BUTAKOME

今、僕は21歳。両親と二人の兄妹の間で何不自由なく、生きてきた。
室内プールの脇にある観葉植物のように、気温も湿度も調整された場所で、外敵から攻撃を受けることもなく、温々と、生きてきた。
大学にも行かせてもらっている。
きっと僕が15歳だった頃は、住田くんや茶沢さんのような子供達がいるという事実を「そんなはずはない」と本気で信じていただろう。
この映画の試写会に行った日の深夜、テレビで親に捨てられた少年達のドキュメンタリーがやっていて運命を感じたように、事実、子を愛さない親はいる。
ということがこの歳になってようやく分かってきた。
子を愛せない親は、いる。

僕が観たドキュメンタリーには、親に捨てられた子供達を命懸けで助けようとする金八先生のような男の人が出てきたけど、住田くんにも茶沢さんをはじめ彼を命懸けで助けようとする仲間がいた。
なにも、愛は親からだけ受けるものではないのだ。
兄弟でも友達でも恋人でも隣人でも里親でも犬でも猫でも、誰からか本物の愛を受けたものは誰かを愛することがきっと出来る。と思う。また逆も然り。

BUTAKOME

が、事件は起こった。

「普通」の中学生でいられなくなった住田くんは、その日からの人生を「オマケ人生」と名付け、
悪い人間を見つけ出し、自らの手で殺すことに決める。
住田くんの異変に気づいた茶沢さんは、彼を助けようと奔走するのであったが…。

BUTAKOME

四半世紀にも満たない短い人生だけど、きっとそうなんだなって確信することもちょっとはある。

苦しみ、悲しみを知っている人は、強い。
とにかく、強い。ってこと。

そりゃあもう、僕みたいなやつが普通に戦ったらコテンパンにやられる。
正直な話、ちょっと前まで根性がない自分は
「なんか不幸が訪れないかな」、「不幸になったらもっと頑張れるんじゃないかな」
なんてアホらしいことを本気で思っていたのだから、そりゃあもう相当強い。
もちろん、今ではそんなことは思ってない。
そんなこと思っても時間の無駄だし、俺は幸せな家庭に育ったのは変えられない変える必要もない事実。

だから、住田くんみたいな人が「がんばる」ことをしたらどんなに強いのか。
絶対勝てなくなるからやめてほしい気もするけど、やっぱり見てみたいな。

「スミダ、ガンバレ!」

さぁ、住田くんはどんな決断を下すのか。

そして、その時、あなたはどういう想いを感じるのか。

是非、劇場で確かめて欲しいと思います。

BUTAKOME

追記
それともう一つ。
この映画は原作の漫画と決定的に違う所がある。
それは、舞台が大震災後の日本になっていること。
これは、クランクインする直前に起きた東日本大震災を受け園監督が急遽脚本を書き直したそうです。
去年、僕も被災地に行ってボランティアをさせてもらったのですが、その時一番感じたのが、みんな悲しそうにしていたこと。
すごく当たり前なことだけど、やっぱりテレビ越しで見ているのとでは全く違うわけで。
それによって説得力が増したとか、そういうことももちろんあるんだけど、もっともっと大きくて堅くて明確なメッセージになっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『ヒミズ』

2012年1月14日(土)新宿バルト9、シネクイント他全国ロードショー

製作・配給:ギャガ
(C)2011「ヒミズ」フィルムパートナーズ

※公式HPはコチラから


【プロフィール】白石隼也

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

19013003miurahiroki

三浦宏規

ミュージカル『レ・ミゼラブル』マリウス役に挑む

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2019/01/17

藤原竜也×中井美穂☆2019年新春Special対談~舞台『プラトー..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2019/01/31

【早霧せいなのビタミン“S"】其の十.ソウルSpecial編「本場の..

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2018/12/27

尾上松也さんSpecialインタビュー▷平成最後の『新春浅草歌舞伎』..

open

close

Profile

1985年1月30日生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。
5歳で『伽羅先代萩』の鶴千代役にて、二代目尾上松也の名で初舞台。様々な分野で活躍し、歌舞伎公演以外にも活動の幅を広げている。09年より歌舞伎自主公演『挑む』を主催。歌舞伎公演以外の主な出演作に舞台:『ロミオ&ジュリエット』、『スリル・ミー』、『アンタッチャブル』、『男の花道』、『騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談』、TVドラマ「天地人」、「永遠の0」、映画「源氏物語」ほか。今年は6月からはミュージカル『エリザベート』にルイジ・ルキーニ役としての出演。8月8日には7回目の歌舞伎自主公演『挑む ~更なる幕へ勇みし気迫(こころ)~』を神奈川芸術劇場にて開催する。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト
【Official blog】松也日記(アメブロ公式)  
【自主公演サイト】挑むオフィシャルホームページ  

2018/08/06

📹【加藤和樹のエンタメCafe 番外編】〈大阪・梅田..

open

close

Profile

1984年10月7日生まれ。愛知県出身。現在、LIVEや舞台・ミュージカルなどに参加幅広いファン層に支持され、歌手・俳優としても各界で注目を浴びている。

2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴び、2006年4月Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。
日本や韓国・台湾・中国でのCDリリースの他、自身のアルバムなどのTOURである「LIVE“GIG”TOUR」とラジオ公開放送のように投稿メールとリクエストを中心に構成されている「“KK−STATION”TOUR」や、日本武道館や日比谷野外音楽堂、アジア圏でも単独ライブを開催するなど精力的に活動。

同時に俳優としても活動しており、ドラマ「仮面ライダーカブト」「ホタルノヒカリ」「インディゴの夜」「赤い糸の女」「乾杯戦士アフターV」などに出演するほか、アニメ「家庭教師ヒットマンREBORN」桔梗役や時代劇アニメ「義風堂々」石田三成役、ゲーム「戦場の円舞曲」「イケメン戦国」「B-Project」などで声優としても活躍。

近年はミュージカル『ロミオ&ジュリエット』『レディ・ベス』や『タイタニック』など大型ミュージカルにも出演。2016年4月・5月『1789 バスティーユの恋人たち』で帝劇初主演、9月~10月『真田十勇士』霧隠才蔵役に挑む。2017年1月ミュージカル『フランケンシュタイン』に出演決定。

【Official HP】 公式サイト
【Official blog】 公式ブログ

2018/11/20

【柳亭こみちのちょいと一回のつもりで聴いて】Vol.7「女のお喋り」

open

close

Profile

東村山市出身。2003年、七代目柳亭燕路に入門。前座名「こみち」。2006年、「こみち」のまま二ツ目昇進。2017年、「こみち」のまま真打昇進。歌って踊れて落語のできる女、老若男女から友達になりたいと思われるような噺家を目指している。亭主は漫才師「宮田陽・昇」の宮田昇。漫才師と落語家の夫婦は史上初。二児の母として真打に昇進したのも、落語史上初。「落語坐こみち堂」「なかの坐こみち堂」をはじめ、日々多数の落語会に出演し、ナレーション、講演活動、執筆活動、学校寄席への出演も多々。こみちが大きな出世街道となるよう、鋭意奮闘中
【Official HP】 こみちの路

2018/02/23

【木ノ下裕一の歌舞伎の“ツボ”】 Vol.8『勧進帳』

open

close

Profile

木ノ下歌舞伎 主宰
1985年7月4日、和歌山生まれ。小学校3年生の時、上方落語を聞き衝撃を受けると同時に独学で落語を始め、その後、古典芸能への関心を広げつつ現代の舞台芸術を学ぶ。2006年に古典演目上演の演出や補綴・監修を自らが行う木ノ下歌舞伎を旗揚げ。
『黒塚』(’13)、『東海道四谷怪談—通し上演—』(’13)、『三人吉三』(’14)、『心中天の網島』(’15)、『義経千本桜ー渡海屋・大物浦ー』』(’16)
2015年に再演した『三人吉三』にて読売演劇大賞2015年上半期作品賞にノミネートされる。
その他古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。2015年3月に博士号(芸術博士)取得。

【Official HP】木ノ下歌舞伎 公式サイト
【Official Twitter】木ノ下裕一 Twitter

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん