カテゴリー

最新記事

白石隼也の映画コラム

「おとなのけんか」~白石隼也・映画コラム~

2012/02/17


BUTAKOME

大学に入って一ヶ月が経とうとしていた頃の話。
数学の授業中、僕が必死に黒板の計算式かなんかを書き写していたらセンセーがやってきた。
「なんやこの落書きは」
反対側のページに前の日にお芝居のワークショップで使った文字やら絵が描いてあったのだ。
「なんでもないです」
「なんでもないことないやろが」
「これは昨日書いたやつですので、大丈夫です、なんでもないです」

それとなく流していたら、センセーはノートに書いてある文字を大きい声で読み始めた。
「『おはようございます、私の名前は白石しゅんやと申し…』」
「ちょっとやめてくださいよ」
かまわずさらに大きな声で読むセンセー。
「ちょっと本当にやめてください」
「お前が授業中にこんなこと書いてるからだろ」
「だからこれは授業中に書いたわけじゃありませんよ、ちゃんと授業受けてるじゃないですか」
「あ?お前センセーに向かってなんだその口の利き方は!」
「勘弁してくださいよ」
「その口の利き方はなんだって言ってんだよ!」
「勘弁してくださいよ」
「その口の利き方はなんだって言ってんだよ!」

        …中略…
「こんな授業もう受けねぇよ」バタン!

今日紹介する映画は、ロマン・ポランスキー監督の最新作
『おとなのけんか』

いわゆるケンカをしなくなったのはいつの頃からだろうか。
小、中学校までは取っ組み合いのケンカをして教室の窓ガラスを割ったとかそういう類いの記憶が鮮明にあるからちょうど高校生くらいからだろう。瞬間的な感情を理性で抑えることが出来るようになったのは。
それからというのは確かに突発的なケンカはしなくなったように思う。
が、それは突発的なケンカをしなくなっただけであって、ネチネチとした意地の張り合いからケンカに発展することは今でも多々ある。
いや、むしろ、歳を重ねるにつれて己の自尊心や虚栄心を保とうとするために増えていってる気さえする。
そう、それは「大人の喧嘩」なんて言うようなちょっと悪そうなお兄さんが出てきそうなやつじゃなくて、僕と大学教授のような特に重大な理由など何もないしょうもない「おとなのけんか」だ。

ニューヨーク、ブルックリン。11歳の子供同士の喧嘩の後、話し合いのため集まった2組の夫婦、リベラルな知識層であるロングストリート夫妻(ジョン・C・ライリージョディ・フォスター)とカウワン夫妻(クリストフ・ヴァルツケイト・ウィンスレット)。冷静に平和的に始まったはずの話し合いは、次第に強烈なテンションで不協和音を響かせ、お互いの本性がむき出しになっていき、やがては夫婦間の問題までもが露わになっていく。(公式HPから引用)

舞台はロングストリート邸。粛々と始まった大人の話し合いだったが、両夫婦の子供への意識のズレから次第に雲行きは怪しくなっていく中で最大の悲劇が起こる。客人であるカウワン婦人が体調不良を訴えた末に、ロングストリート婦人が大切にしていた画集の上にげろをぶちまけたのだった。(失礼、嘔吐したのだった。)

BUTAKOME

この決定的な出来事を機に二組の夫婦は今まで必死に保っていた理性がついに崩壊する。

BUTAKOME

要するに普段必死に体裁を整えている我々大人という生き物もブチ切れる沸点が子供よりちょっと高くなっただけであって本質的なところでは何も変わっていないのだ。
もちろん、ガンジーとかナイチンゲールのような特殊な人達も中にはいるだろうが、僕や両夫妻のような凡人は残念なことにこの事実を否定できないだろう。
僕はもう間違いなくそうだ。幼稚園のお遊戯会で隣の子と髪の毛の引っ張り合いをしていた頃と大学の教授と言い争いになって教室を飛び出した昨今の自分とを比べるとお恥ずかしいことに何ら変わっちゃいない。
唯一言い訳できることと言ったら、昔ならもっと早く喧嘩になってた。くらいのことだろう。

故にこの映画はおもしろい。

それこそガンジーやナイチンゲールには共感できないかもしれないが、
「ここで描かれているのは、言葉や国、環境に関係なく誰もが経験することよ。」ケイト・ウィンスレットが言っているように
普通の人なら誰もが一度は直面したことのある小さな問題が次々に降りかかる

この実にリアルな問題の数々を4人の役者陣が抜群のテンポで笑いに変えていく。

BUTAKOME

おっと、言い忘れていたがこの映画をジャンル分けするならば、
ワンシチュエーションコメディだ。
あんまりお芝居のことでどうこう言いたくはないのだが、僕自身このジャンルが演じ手にとって一番力量を試されるお芝居だと(身をもって)感じていて、結果がどうであれこういう企画の作品を製作するという事実だけでも僕は賞賛したいと思うのだが、この映画はそんな僕の心配など軽々しく超越していて。ちょっと情けなくなった。

さすがは、ロマン・ポランスキー監督本当に凄い人だと思う。

こういう人がガンジーやナイチンゲール側じゃなくて良かったよ。と、ちょっと安心した。

追記
ちなみに個人的にワンシチュエーションもので好きな映画は『12人の怒れる男』で、僕の実質的なデビュー作でありワンシチュエーションコメディの難しさを身をもって感じた映画『大洗にも星はふるなり』も個人的に大好きな映画です。(笑)
よろしければこちらも合わせて是非。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『おとなのけんか』

2月18日(土)TOHOシネマズシャンテほか全国順次ロードショー!

※公式HPはコチラから


【プロフィール】白石隼也

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

栗山千明さんTOP

栗山千明

『十二番目の天使』~シンプルなメッセージが心を打つ作品です~

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2019/01/17

藤原竜也×中井美穂☆2019年新春Special対談~舞台『プラトー..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2019/01/31

【早霧せいなのビタミン“S"】其の十.ソウルSpecial編「本場の..

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2018/12/27

尾上松也さんSpecialインタビュー▷平成最後の『新春浅草歌舞伎』..

open

close

Profile

1985年1月30日生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。
5歳で『伽羅先代萩』の鶴千代役にて、二代目尾上松也の名で初舞台。様々な分野で活躍し、歌舞伎公演以外にも活動の幅を広げている。09年より歌舞伎自主公演『挑む』を主催。歌舞伎公演以外の主な出演作に舞台:『ロミオ&ジュリエット』、『スリル・ミー』、『アンタッチャブル』、『男の花道』、『騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談』、TVドラマ「天地人」、「永遠の0」、映画「源氏物語」ほか。今年は6月からはミュージカル『エリザベート』にルイジ・ルキーニ役としての出演。8月8日には7回目の歌舞伎自主公演『挑む ~更なる幕へ勇みし気迫(こころ)~』を神奈川芸術劇場にて開催する。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト
【Official blog】松也日記(アメブロ公式)  
【自主公演サイト】挑むオフィシャルホームページ  

2018/08/06

📹【加藤和樹のエンタメCafe 番外編】〈大阪・梅田..

open

close

Profile

1984年10月7日生まれ。愛知県出身。現在、LIVEや舞台・ミュージカルなどに参加幅広いファン層に支持され、歌手・俳優としても各界で注目を浴びている。

2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴び、2006年4月Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。
日本や韓国・台湾・中国でのCDリリースの他、自身のアルバムなどのTOURである「LIVE“GIG”TOUR」とラジオ公開放送のように投稿メールとリクエストを中心に構成されている「“KK−STATION”TOUR」や、日本武道館や日比谷野外音楽堂、アジア圏でも単独ライブを開催するなど精力的に活動。

同時に俳優としても活動しており、ドラマ「仮面ライダーカブト」「ホタルノヒカリ」「インディゴの夜」「赤い糸の女」「乾杯戦士アフターV」などに出演するほか、アニメ「家庭教師ヒットマンREBORN」桔梗役や時代劇アニメ「義風堂々」石田三成役、ゲーム「戦場の円舞曲」「イケメン戦国」「B-Project」などで声優としても活躍。

近年はミュージカル『ロミオ&ジュリエット』『レディ・ベス』や『タイタニック』など大型ミュージカルにも出演。2016年4月・5月『1789 バスティーユの恋人たち』で帝劇初主演、9月~10月『真田十勇士』霧隠才蔵役に挑む。2017年1月ミュージカル『フランケンシュタイン』に出演決定。

【Official HP】 公式サイト
【Official blog】 公式ブログ

2018/11/20

【柳亭こみちのちょいと一回のつもりで聴いて】Vol.7「女のお喋り」

open

close

Profile

東村山市出身。2003年、七代目柳亭燕路に入門。前座名「こみち」。2006年、「こみち」のまま二ツ目昇進。2017年、「こみち」のまま真打昇進。歌って踊れて落語のできる女、老若男女から友達になりたいと思われるような噺家を目指している。亭主は漫才師「宮田陽・昇」の宮田昇。漫才師と落語家の夫婦は史上初。二児の母として真打に昇進したのも、落語史上初。「落語坐こみち堂」「なかの坐こみち堂」をはじめ、日々多数の落語会に出演し、ナレーション、講演活動、執筆活動、学校寄席への出演も多々。こみちが大きな出世街道となるよう、鋭意奮闘中
【Official HP】 こみちの路

2018/02/23

【木ノ下裕一の歌舞伎の“ツボ”】 Vol.8『勧進帳』

open

close

Profile

木ノ下歌舞伎 主宰
1985年7月4日、和歌山生まれ。小学校3年生の時、上方落語を聞き衝撃を受けると同時に独学で落語を始め、その後、古典芸能への関心を広げつつ現代の舞台芸術を学ぶ。2006年に古典演目上演の演出や補綴・監修を自らが行う木ノ下歌舞伎を旗揚げ。
『黒塚』(’13)、『東海道四谷怪談—通し上演—』(’13)、『三人吉三』(’14)、『心中天の網島』(’15)、『義経千本桜ー渡海屋・大物浦ー』』(’16)
2015年に再演した『三人吉三』にて読売演劇大賞2015年上半期作品賞にノミネートされる。
その他古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。2015年3月に博士号(芸術博士)取得。

【Official HP】木ノ下歌舞伎 公式サイト
【Official Twitter】木ノ下裕一 Twitter

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん