カテゴリー

最新記事

白石隼也の映画コラム

追悼・森田芳光監督 ~「僕達急行 A列車で行こう」~白石隼也・映画コラム~

2012/04/05


これまでに数え切れない人の重みを支え続けてきたせいか、
お尻の形に窪み少し硬くなった柔らかい椅子に座り、
純白とは言えないほんのり日焼けしたような横長のスクリーンに齧り付く。

左右のサラウンドスピーカーから本編の音声が聞こえる他にも、
ガタンガタンと定期的に電車が通る音、
そして、ガハハハハというまるでラム酒を喰らい酒焼けした海賊のように
しゃがれた大きな笑い声があちこちから聞こえてくる。

ん?何か匂うなぁと辺りを見回すと、大笑いしている一人である杖を持ったオジサンが
汗でふやけた臭い臭い足を靴から出してこちらに向けているではないか。

ははーん、そういうことか。

ただ、人間ってやつは臭いに慣れるようになってるんだよ。
と自分に言い聞かせたが、後にきつい臭いは慣れるのに時間が必要なんだと思い知らされることになる。
いきなり話が逸れたがこれは銀座シネパトスで3月いっぱい開催されていた
『時を掴み、人を見つめ続けた天才監督 追悼 森田芳光』での一幕である。

BUTAKOME

今月紹介するのは、今作が遺作となった
森田芳光監督
『僕達急行 A列車で行こう』

今回の為というわけではないが、
前述した銀座シネパトスで今月の頭からやっている森田監督の過去14作品が
一挙に公開される上映会に週二のペースでそこに通っている。
本当は14作品全て観た上でコラムを書きたかったのだが、
そうすると公開に間に合わないのでギリギリのこのタイミングで。

小町圭(松山ケンイチ)小玉健太(瑛太)はともに
鉄道を愛する者同士。」
とだけ映画のチラシには書いてあり、今や世界共通語となりつつあるあの言葉は使われていないのだが
ここは分かりやすくお伝えしたいので敢えて言わせて頂きたい。

二人の主人公は、要するに「鉄道オタク」(鉄道ファンの方々はこの呼び方を好まないと
後から聞いたのですが、決して蔑称しているわけではありません)である。
映画を観ているうちに森田監督もその一人だったんだろうなと確信する理由の一つに、
一口にオタクと言っても色んなオタクがいて、
対象の物事に人それぞれ違った愛し方をすることを
「受け入れる」という点が描かれていたこと。

BUTAKOME

僕自身も「サッカーオタク」(今作にサッカーに関する台詞やキャラクターが出てくるから
森田監督もきっとそうだ)で暇さえあればスタジアムに行っているのだが、
例えばサッカー観戦にしても楽しみ方は色々だ。

いわゆるゴール裏と呼ばれる所で大声を出して歌いながら観戦する人もいれば、
メインスタンドで静かに集中して観戦する人もいる。

またその中に各々見ている所が違ったりするから人の数だけ楽しみ方がある。
で、そうなってくると声を出して応援している人達がそうでない人達に
『お 前らも声出して応援しようぜ』ってなりそうだが、そうはならない。

不思議な案配だが、ならないのである。

僕がサッカーオタクであるように
誰しもオタクと言わないまでも精通している物事はあると思うので、
鉄道の知識、または興味がなくても当事者である森田監督が描いた
小町や小玉のキャラクターに共感し笑えるはずだ

BUTAKOME

物語はこの愛すべき二人が仕事に恋愛に紆余曲折しながら成長していく様が描かれているのだけど、
見所の一つに挙げたいのがそこで出会う魅力的な登場人物の数々。
過去の森田監督作品を観ていても必ずと言っていいほど、共通して言えることがある。

それは、全ての登場人物が魅力的なキャラクターであること。

たとえワンシーンだけの出演だとしても必ず印象に残るような役設定、撮り方をされている。
役者目線として嬉しい有り難いというのもあるんだけど、
それよりも何よりも単純に終始にワクワクさせられてしまう。

これは映画やドラマや小説やら何でも当てはまる僕の中でのちょっとした法則なんだけど、
魅力的なキャラクターが描かれている作品はその他の要素関係なしにおもしろい。
もちろん森田監督作品はストーリーも監督のメッセージが含まれた素晴らしいものばかりだ。

そして、僕が一番注目してほしいのは、
やはり森田監督にしか表現出来ないユーモラスな世界観
例えて言うならば、今にも死にそうな危機的状況の中でもギャグをかますような大人の余裕みたいな。

遊び心みたいな。

そういうやつ。

自分が映画に出る立場になってからいつも痛感させられることがあって、
それは、直接的に本筋のストーリーに関係ないシーンは尺の問題や色々な諸事情などで
格好のカット対象になるということ。
ただ、今作にも遺憾なく発揮されているけど、
森田監督作品には「今の何だったの?」っていうような

最高に無駄なシーンが沢山散りばめられている。

それも斬新に。

今作だって還暦を迎えた人が撮っているなんてとてもじゃないけど思えない。
スタンリー・キューブリックやオーソン・ウェルズなんかの作品っていうのは
間違いなく彼らにしか出来ないものだったから
いつ観ても新鮮に映るのと同じことが
森田監督にも当てはまると言っても過言じゃない気がする。

BUTAKOME

ここでようやく最初のシネパトスでの話に戻るのだが、
僕が思うにあの足の臭いオジサンを含めガハハハハと笑っていた人達は
リアルタイムでもそうだし何度もあの映画を観ていたと思う。

ガハハハハと笑ってなかった人達の中にもそういう人は何人もいただろう。

エンターテイメントを知り尽くしたオジサンたちの心をも掴んで離さない、
こんなことそうあるもんじゃない。

きっと俺も言っちゃうんだろうな、ガハハハハって。

シネパトスを後にする度にブルーになる。

足の臭さにやられたわけじゃない、
森田監督の作品に携わりたかったなぁとね。

BUTAKOME

と、ついつい本編より森田監督についての熱く語ってしまったが、
僕が言いたいのはつまりそういうことで。

まさにこの『僕達急行 A列車で行こう』
監督にしか描けない世界観が展開されている。

それはやはり実際に観て感じるものだから
今回は敢えてストーリーにはあんまり触れないでみました。

とにかく。

世界観ってなんぞやと思っている人たち、
森田監督を知らない若い人たち、

凄い日本人映画監督の作品をリアルタイムで観る最後のチャンスだということです。

追記

松山ケンイチさん演じる小町の台詞で印象に残っている言葉がある。
「女の人の気持ちは考えたって分からないから、考えない」
と、そんな台詞。
女心を掴むという男の永遠のテーマのようなものをあっさりと放棄。
僕は「いいの?」と呆気にとられたのだったが、
映画を見終わる頃にはすっかり小町に同意していた自分がいたのに驚いた。
なんだろう。たぶん、重みだろうなぁ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『僕達急行 A列車で行こう』

BUTAKOME

©2012「僕達急行」製作委員会

全国公開中!

※公式HPはコチラから


【プロフィール】白石隼也

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

栗山千明さんTOP

栗山千明

『十二番目の天使』~シンプルなメッセージが心を打つ作品です~

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2019/01/17

藤原竜也×中井美穂☆2019年新春Special対談~舞台『プラトー..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2019/01/31

【早霧せいなのビタミン“S"】其の十.ソウルSpecial編「本場の..

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2018/12/27

尾上松也さんSpecialインタビュー▷平成最後の『新春浅草歌舞伎』..

open

close

Profile

1985年1月30日生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。
5歳で『伽羅先代萩』の鶴千代役にて、二代目尾上松也の名で初舞台。様々な分野で活躍し、歌舞伎公演以外にも活動の幅を広げている。09年より歌舞伎自主公演『挑む』を主催。歌舞伎公演以外の主な出演作に舞台:『ロミオ&ジュリエット』、『スリル・ミー』、『アンタッチャブル』、『男の花道』、『騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談』、TVドラマ「天地人」、「永遠の0」、映画「源氏物語」ほか。今年は6月からはミュージカル『エリザベート』にルイジ・ルキーニ役としての出演。8月8日には7回目の歌舞伎自主公演『挑む ~更なる幕へ勇みし気迫(こころ)~』を神奈川芸術劇場にて開催する。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト
【Official blog】松也日記(アメブロ公式)  
【自主公演サイト】挑むオフィシャルホームページ  

2018/08/06

📹【加藤和樹のエンタメCafe 番外編】〈大阪・梅田..

open

close

Profile

1984年10月7日生まれ。愛知県出身。現在、LIVEや舞台・ミュージカルなどに参加幅広いファン層に支持され、歌手・俳優としても各界で注目を浴びている。

2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴び、2006年4月Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。
日本や韓国・台湾・中国でのCDリリースの他、自身のアルバムなどのTOURである「LIVE“GIG”TOUR」とラジオ公開放送のように投稿メールとリクエストを中心に構成されている「“KK−STATION”TOUR」や、日本武道館や日比谷野外音楽堂、アジア圏でも単独ライブを開催するなど精力的に活動。

同時に俳優としても活動しており、ドラマ「仮面ライダーカブト」「ホタルノヒカリ」「インディゴの夜」「赤い糸の女」「乾杯戦士アフターV」などに出演するほか、アニメ「家庭教師ヒットマンREBORN」桔梗役や時代劇アニメ「義風堂々」石田三成役、ゲーム「戦場の円舞曲」「イケメン戦国」「B-Project」などで声優としても活躍。

近年はミュージカル『ロミオ&ジュリエット』『レディ・ベス』や『タイタニック』など大型ミュージカルにも出演。2016年4月・5月『1789 バスティーユの恋人たち』で帝劇初主演、9月~10月『真田十勇士』霧隠才蔵役に挑む。2017年1月ミュージカル『フランケンシュタイン』に出演決定。

【Official HP】 公式サイト
【Official blog】 公式ブログ

2018/11/20

【柳亭こみちのちょいと一回のつもりで聴いて】Vol.7「女のお喋り」

open

close

Profile

東村山市出身。2003年、七代目柳亭燕路に入門。前座名「こみち」。2006年、「こみち」のまま二ツ目昇進。2017年、「こみち」のまま真打昇進。歌って踊れて落語のできる女、老若男女から友達になりたいと思われるような噺家を目指している。亭主は漫才師「宮田陽・昇」の宮田昇。漫才師と落語家の夫婦は史上初。二児の母として真打に昇進したのも、落語史上初。「落語坐こみち堂」「なかの坐こみち堂」をはじめ、日々多数の落語会に出演し、ナレーション、講演活動、執筆活動、学校寄席への出演も多々。こみちが大きな出世街道となるよう、鋭意奮闘中
【Official HP】 こみちの路

2018/02/23

【木ノ下裕一の歌舞伎の“ツボ”】 Vol.8『勧進帳』

open

close

Profile

木ノ下歌舞伎 主宰
1985年7月4日、和歌山生まれ。小学校3年生の時、上方落語を聞き衝撃を受けると同時に独学で落語を始め、その後、古典芸能への関心を広げつつ現代の舞台芸術を学ぶ。2006年に古典演目上演の演出や補綴・監修を自らが行う木ノ下歌舞伎を旗揚げ。
『黒塚』(’13)、『東海道四谷怪談—通し上演—』(’13)、『三人吉三』(’14)、『心中天の網島』(’15)、『義経千本桜ー渡海屋・大物浦ー』』(’16)
2015年に再演した『三人吉三』にて読売演劇大賞2015年上半期作品賞にノミネートされる。
その他古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。2015年3月に博士号(芸術博士)取得。

【Official HP】木ノ下歌舞伎 公式サイト
【Official Twitter】木ノ下裕一 Twitter

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん