カテゴリー

最新記事

白石隼也の映画コラム

『ユナイテッド-ミュンヘンの悲劇-』~白石隼也・映画コラム~

2012/07/27


BUTAKOME

先日、サッカー日本代表の香川真司選手がイングランド、マンチェスター・ユナイテッドへの入団会見が行われた。
マンチェスター・ユナイテッドと言えば、ボビー・チャールトン、ジョージ・ベスト、デイビッド・ベッカム、クリスティアーノ・ロナウドらが名声を上げ、現在でもウェイン・ルーニーなど世界トップクラスの選手が所属。
アメリカのフォーブス誌が発表する世界のサッカークラブ資産価値ランキングでは、資産価値およそ1558億円で7年連続の1位という快挙を成し遂げているまさに超ビッグクラブだ。
“赤い悪魔”と他クラブから最も恐れられるこのクラブも、かつては消滅の危機に瀕したことがあった。

今日紹介する映画は現在公開中の
「ユナイテッド-ミュンヘンの悲劇-」

1956年9月、前季のリーグ戦で優勝し今季も勢いに乗るマッド・バスビー監督(ダグレイ・スコット)率いるユナイテッド。
そんな中、入団して3年が経つボビー・チャールトン(ジャック・オコンネル)は未だベンチにすら入れない状況が続いていた。
苦悩するボビーに手を差し伸べたのが選手から圧倒的な人望を得るチーフコーチのジミー・マーフィー(デイヴィッド・テナント)だった。
彼はボビーのために特別練習を用意し感化させた。それに答えようと練習に励んだボビーバスビー監督にも認められ、デビュー戦でいきなり2ゴールを挙げ見事スタメンに定着した。

BUTAKOME

プロスポーツの世界だけでなく、一部例外を除くほとんどの社会でもサッカークラブでいうトップチームとセカンドチームのような構図を為していると思う。
この二つ(或いは、三つ四つ…)の境というのは見た目ではとてつもなく大きいもののように感じるが、実は紙一重だという気がしてならない。
もちろん先天的に圧倒的な能力や技術を持ち得る人も中にはいるだろうが、そんな人はごく僅かでそれ以外の多く人は後天的なわずかな差でしかないのだ。
3年間控え選手だったボビーが瞬く間に活躍しスタメンに定着できたのは、コーチによる特別練習をした技術的な成長よりもそれによるメンタル面での成長が大きかったように思う。
努力に裏付けされた自信が彼の思考を転換し、結果に繋がったのではないだろうか。
ボビーの場合にはコーチの存在という運もあったのは忘れてはならないが、
ほんのちょっと思考を変えるだけで何かが変わる。どの社会でも。

BUTAKOME

1958年、前年のリーグ制覇でUEFAチャンピオンズカップ(現UEFAチャンピオンズリーグ)。
現在では世界最高峰の舞台と言われている)への出場権を獲得し、国内リーグとチャンピオンズカップの二つのタイトルを目論むユナイテッドだったが、イングランドリーグを運営するフットボール協会は「すぐに消滅する大会だ」とそれを許さなかった。
しかし、強気の姿勢を見せたバスビー監督率いるユナイテッドは国内リーグの穴を開けないことを条件にチャンピオンズカップへ出場。
2月5日、ユーゴスラビアのレッドスター・ベオグラードとのアウェイでの戦いに勝利し準決勝進出を決めたユナイテッドは、週末の国内リーグを戦うため翌日イングランドへ帰路につく。
途中、給油のためミュンヘンのリーム空港へ立ち寄ったが、その後、離陸に失敗。
ユナイテッドの選手、新聞記者、クラブ関係者ら17名の命が犠牲になった。
当時の社会情勢や渡航手段の問題も大いにあっただろうと予想がつくが、両者の歩み寄りが全くなかったことが悔やまれる。
もし仮に…という様な議論をどうしてもしたくなるが、
すでに起こってしまった事であることに変わりはなく、より重要なのはその後どう変われるか
そして、この事実を忘れたい過去にしてしまわず後世に語り継がなくてはならない真実の歴史として我々が記憶しておかなくてはならないことだろう。

BUTAKOME

危機的状況にあるユナイテッドの今後を決めるクラブの理事会が開かれ、一時的なクラブ閉鎖を提案する理事たちに「今こそ存続を!」と遠征に帯同していなかったジミーは彼らを説得する。
一方、これまで頑なだったフットボール協会から「状況を考慮して」とリーグ戦の日程変更を認める連絡が入る。
ジミーはユナイテッド存続のため選手を急遽寄せ集め国内カップ戦であるFAカップに事故後僅か二週間足らずで試合に臨むと、途中精神的なダメージからボールを蹴れずにいたボビーの復帰もあり快進撃を巻き起こし奇跡の優勝を成し遂げたのだった。

ジミー役のデイヴィッド・テナントはこの映画について
『運命の偶発性、人生の無常さ、不屈の精神の勝利について考察している。』
とインタビューで述べている。
まさにそう思う。そして、これらは全て何か行動した上で起こったことなのだ。実行力。それがないとまず何も始まらないし、大きな成功を掴むのは不可能だろう。
もちろん、アクションが大きければ大きいほど同じようにリスクも増えてくるが、それを恐れていてはそれ自体もその社会も進歩していかない。
発想力や想像力、それを体現する技術力ももちろん大切で欠かせない要素なのだが、最も必要な要素はこれなのではないかと思わされた。

BUTAKOME

『不屈の精神の勝利』。
学校の授業でこんな言葉が出てきたら暑苦しくて綺麗事のように聞こえてしまうかもしれない。
しかし、それを実際に誰もが知っている名門クラブが実現させ証明した。ミュンヘンの悲劇を乗り越えそれをたえにしたクラブ、そして、ボビー・チャールトンジミー・マーフィーマッド・バスビーの功績は計り知れない。

今、こうして名実ともに世界一に君臨するマンチェスター・ユナイテッドの片鱗を垣間見た気がした。

追記

皆さまにご報告。

もうすでに公表されているのですが、
テレビ朝日系にて9月2日朝8時スタートの新番組
「仮面ライダーウィザード」の主演を務めさせて頂くことになりました。今回は、絶望する人々を救うことの出来る仮面ライダーを演じさせて頂きます。

ミュンヘンの悲劇から約50年。
去年の3月11日。この日本でもとても大きな悲劇が起こりました。
直接的に関係がなかった僕ですら心のどこか詳しくは分からないけど、何かが変わった気がします。
もちろん色々な気持ちはあるだろうけど、こういう時こそ何か大きな変化を起こせるチャンスなんじゃないかとも思います。
そんな想いを抱き、行動に移すきっかけに演劇がなれれば嬉しいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ユナイテッド-ミュンヘンの悲劇-

BUTAKOME

絶賛公開中!

© World Productions(United) Limited MMX1.

監督:ジェームズ・ストロング 
出演:デイヴィッド・テナント、ダグレイ・スコット、ジャック・オコンネル
脚本:クリス・チブナル
音楽:クリント・マンセル 
主題歌:ポール・ウェラー「Devotion」
2011/イギリス/94分/ヴィスタサイズ/原題:United 

提供:パラディソ 配給:ゴー・シネマ

※公式HPはコチラから

白石プロフィール

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

19013003miurahiroki

三浦宏規

ミュージカル『レ・ミゼラブル』マリウス役に挑む

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2019/01/17

藤原竜也×中井美穂☆2019年新春Special対談~舞台『プラトー..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2019/01/31

【早霧せいなのビタミン“S"】其の十.ソウルSpecial編「本場の..

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2018/12/27

尾上松也さんSpecialインタビュー▷平成最後の『新春浅草歌舞伎』..

open

close

Profile

1985年1月30日生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。
5歳で『伽羅先代萩』の鶴千代役にて、二代目尾上松也の名で初舞台。様々な分野で活躍し、歌舞伎公演以外にも活動の幅を広げている。09年より歌舞伎自主公演『挑む』を主催。歌舞伎公演以外の主な出演作に舞台:『ロミオ&ジュリエット』、『スリル・ミー』、『アンタッチャブル』、『男の花道』、『騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談』、TVドラマ「天地人」、「永遠の0」、映画「源氏物語」ほか。今年は6月からはミュージカル『エリザベート』にルイジ・ルキーニ役としての出演。8月8日には7回目の歌舞伎自主公演『挑む ~更なる幕へ勇みし気迫(こころ)~』を神奈川芸術劇場にて開催する。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト
【Official blog】松也日記(アメブロ公式)  
【自主公演サイト】挑むオフィシャルホームページ  

2018/08/06

📹【加藤和樹のエンタメCafe 番外編】〈大阪・梅田..

open

close

Profile

1984年10月7日生まれ。愛知県出身。現在、LIVEや舞台・ミュージカルなどに参加幅広いファン層に支持され、歌手・俳優としても各界で注目を浴びている。

2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴び、2006年4月Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。
日本や韓国・台湾・中国でのCDリリースの他、自身のアルバムなどのTOURである「LIVE“GIG”TOUR」とラジオ公開放送のように投稿メールとリクエストを中心に構成されている「“KK−STATION”TOUR」や、日本武道館や日比谷野外音楽堂、アジア圏でも単独ライブを開催するなど精力的に活動。

同時に俳優としても活動しており、ドラマ「仮面ライダーカブト」「ホタルノヒカリ」「インディゴの夜」「赤い糸の女」「乾杯戦士アフターV」などに出演するほか、アニメ「家庭教師ヒットマンREBORN」桔梗役や時代劇アニメ「義風堂々」石田三成役、ゲーム「戦場の円舞曲」「イケメン戦国」「B-Project」などで声優としても活躍。

近年はミュージカル『ロミオ&ジュリエット』『レディ・ベス』や『タイタニック』など大型ミュージカルにも出演。2016年4月・5月『1789 バスティーユの恋人たち』で帝劇初主演、9月~10月『真田十勇士』霧隠才蔵役に挑む。2017年1月ミュージカル『フランケンシュタイン』に出演決定。

【Official HP】 公式サイト
【Official blog】 公式ブログ

2018/11/20

【柳亭こみちのちょいと一回のつもりで聴いて】Vol.7「女のお喋り」

open

close

Profile

東村山市出身。2003年、七代目柳亭燕路に入門。前座名「こみち」。2006年、「こみち」のまま二ツ目昇進。2017年、「こみち」のまま真打昇進。歌って踊れて落語のできる女、老若男女から友達になりたいと思われるような噺家を目指している。亭主は漫才師「宮田陽・昇」の宮田昇。漫才師と落語家の夫婦は史上初。二児の母として真打に昇進したのも、落語史上初。「落語坐こみち堂」「なかの坐こみち堂」をはじめ、日々多数の落語会に出演し、ナレーション、講演活動、執筆活動、学校寄席への出演も多々。こみちが大きな出世街道となるよう、鋭意奮闘中
【Official HP】 こみちの路

2018/02/23

【木ノ下裕一の歌舞伎の“ツボ”】 Vol.8『勧進帳』

open

close

Profile

木ノ下歌舞伎 主宰
1985年7月4日、和歌山生まれ。小学校3年生の時、上方落語を聞き衝撃を受けると同時に独学で落語を始め、その後、古典芸能への関心を広げつつ現代の舞台芸術を学ぶ。2006年に古典演目上演の演出や補綴・監修を自らが行う木ノ下歌舞伎を旗揚げ。
『黒塚』(’13)、『東海道四谷怪談—通し上演—』(’13)、『三人吉三』(’14)、『心中天の網島』(’15)、『義経千本桜ー渡海屋・大物浦ー』』(’16)
2015年に再演した『三人吉三』にて読売演劇大賞2015年上半期作品賞にノミネートされる。
その他古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。2015年3月に博士号(芸術博士)取得。

【Official HP】木ノ下歌舞伎 公式サイト
【Official Twitter】木ノ下裕一 Twitter

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん