Shining star of Classic music

【チケット発売直前SP】本能のピアニスト・反田恭平インタビュー(前編)

2016/04/05


 
IMG_2228 (2)
■ 反田さんとリストの【初めての出会い】は何歳のときでなんという曲だったか、またそのときの印象を教えてください
 
中学生になり、身体も伸び、手も大きくなってきた頃に、当時の先生からリストの作品を勧められました。「リゴレット・パラフレーズ」でした。「ラ・カンパネラ」「超絶技巧練習曲」といった曲は知っていたので、”リスト=難しい” といった印象でした。
リストは、奏者がどの様に弾けば聴衆が喜ぶ、と言うのを分かっていた気がします。だから、ピアニストという職業を確立出来たのかと思います。
 
■ 収録時のエピソードがあれば教えてください
 
3日間の収録を経て自宅に着いてから計ったのですが、なんと40℃の熱がありました。初日の夜から体調が優れないなぁ。なんて思っていましたが、まさかここまでの熱があるとは思いもしませんでした。
1月でしたし、ホールの暖房をしっかり止めてからでないと雑音が入ってしまいますし、色々と勉強になりました(笑。
 
貴重なお話はまだまだ続きます。次回は『反田恭平 3夜連続ピアノコンサート』のチケット一般発売日前日に公開します。現在、チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院に在学中の反田さんに、プライベートについてのお話を伺いました。どうぞお楽しみに!
 

取材・文/事業部(BUTAKOME担当)・K

 

反田恭平 プロフィール

1994年生まれ
2012年 高校在学中に、第81回日本音楽コンクール第1位入賞(高校生での優勝は11年ぶり、併せて聴衆賞を受賞)。2013年、桐朋学園大学音楽学部に入学するも、同年9月M.ヴォスクレセンスキー氏の推薦によりロシアへ留学。2014年チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院に首席(日本人初の最高得点)で入学。2014、15年度(財)ロームミュージックファンデーション奨学生。

2015年5月「チッタ・ディ・カントゥ国際ピアノ協奏曲コンクール」古典派部門で優勝。同年7月、デビューアルバム「リスト」を日本コロムビアより発売。
9月には、東京フィルハーモニー交響楽団定期への異例の大抜擢を受け、ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲 を(指揮:Aバッティストーニ)熱演し、満員の会場で大きな反響を呼び、同月27日は、新日本フィルハーモニー交響楽団と「フレッシュ名曲コンサート」にてチャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番(指揮:円光寺雅彦)を演奏し観客を魅了した。

12月には「ロシア国際音楽祭」にてマリインスキー劇場管弦楽団とのコンチェルト「パガニーニの主題による狂詩曲」と、リサイタルでマリインスキー劇場デビューを果たす。

2016年1月のデビュー・リサイタルは、サントリーホール2000席が完売し、圧倒的な演奏で観客を惹きつけた。現在、M.ヴォスクレセンスキー、S.クドリャコフ、A.ガマレイ各氏に師事し、ロシアを拠点にし、国内外にて演奏活動を意欲的に行っている。

オフィシャルHP http://soritakyohei.com/
オフィシャルファンクラブ http://soritakyohei.club/
YouTube Channel https://www.youtube.com/channel/UCBnjvF0bRbyP2lX1qYc_aqA/
Facebook https://www.facebook.com/KyoheiSorita        
Twitter @kyohei0901

 
= 反田恭平 関連過去記事 =
 
◆【4/9発売】サントリーホールを満員御礼にした新人ピアニスト・反田恭平の次なる挑戦とは!
https://ent.living.jp/concert/56191/
◆異例の新人ピアニスト・反田恭平、待望のデビューアルバムを発売☆
https://ent.living.jp/other/46320/

1 2 3

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

前山剛久003

前山剛久

▷シェイクスピアの傑作喜劇『十二夜』▷2.5次元もミュージカルも、全ジャンルや...

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2020/02/06

【中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪ Vol.46】麻実れい×中井美穂 S..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2020/02/29

【早霧せいなのビタミン“S”】其の二十三.「影響しあうこと」

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2019/06/07

尾上松也さんSpecialインタビュー▷第二回『百傾繚乱』8月24日..

open

close

Profile

1985 年生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。父は六代目尾上松助。1990 年 5 月、「伽羅先代萩」の鶴千代役にて二代目 尾上松也を名のり初舞台。近年は立役として注目され、2015年より、次世代の歌舞伎界を担う花形俳優が顔を揃える「新春浅草歌舞伎」に出演し、「仮名手本忠臣蔵」早野勘平、「義経千本桜」狐忠信、「義経千本桜 吉野山」佐藤忠信 実は 源九郎狐などの大役を勤める。一方、2009 年からは歌舞伎自主公演 「挑む」を主宰している。

歌舞伎の以外でも、ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」(2013)ベンヴォーリオ役、「エリザベート」(2015)ルイジ・ルキーニ役、ディズニーアニメーション映画「モアナと伝説の海」日本語吹替版のマウイ役、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK)今川氏真役、初の主演ドラマ「さぼリーマン甘太朗」等、活躍の場を広げている。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん