コンサート

柚希礼音さんインタビュー▷『FRANK WILDHORN & FRIENDS 2019』10月12日~14日開催!▷9月14日(土)10時から一般発売開始!

2019/09/13


 

柚希礼音0010913

撮影/平岩 亨

 

ブロードウェイで活躍するフランク・ワイルドホーンさんの楽曲をご本人の演奏と共に日韓米の実力派歌手が会して歌うミュージカルコンサート『FRANK WILDHORN&FRIENDS 2019』が開催されます。10月12日(土)・13日(日)、その壮大なコンサートのメインアクトレスを務める元宝塚歌劇団星組トップスター・柚希礼音さんに意気込みを聞きました。

 
――ワイルドホーンさんとの出会いは?

忘れもしません。宝塚時代、『スカーレット・ピンパーネル』ショーヴランを演じた時です。星組の2番手になって大きなプレッシャーを抱いていた私に、ワイルドホーンさんはピアノをキーを変えて弾きながら、私の一番いい声を探して下さいました。強弱といい、どんどん転調していく具合と言い、なんて素晴らしいんだろうと思いました。あの時に歌った『君はどこに』は今や自分にとってなくてはならない曲となりました。

 

――宝塚歌劇団を退団されてから女優として意欲的な作品にチャレンジされていますが、傾国の美女を演じて好評だった『マタ・ハリ』もワイルドホーンさんの作品ですね。

はい。女優としての大きなターニングポイントになりました。女性をどう演じようか悩んでいた時期でしたが、この作品に出会って、女性はか弱くてか細い声で歌うものだというのは自分勝手な想像だと気づかされました。自分の声を活かして、“人間”を演じればいいんだということに気づかされた作品です。時には高くて細い声で歌ってみたいという憧れもありますが、人には持って生まれたそれぞれの声帯がありますから、自分に合った高音が出るようにと日々レッスンしています。今度のコンサートでもそのことが発揮できたらいいなと思っています。

 
――今回はワイルドホーンさんと久々の共演ですね。

ワイルドホーンさんのピアノ伴奏で歌わせていただいた感動は、その後も折々に思い出すほど素晴らしいものです。オーケストラ演奏で歌うことも感動的なことですが、作曲家ならではの抑揚ですとか、ワイルドホーンさんのピアノはとてもドラマティックなものでした。またその様な体験をさせていただけるなんて、本当に嬉しいです。

男役の時も、女優になってからも転機になった作品がワイルドホーンさんの作品だったので、20周年の節目の年にこのコンサートのお話をいただいて、これは挑戦するべきだと思いました。ワイルドホーンさんからのリクエストもあるようですので、できる限りご期待にお応えできたらという思いで挑みます。

ブロードウェイで活躍されている素晴らしい歌唱力のお二人と共演できることも光栄なことです。お稽古と本番の数日間で、皆さんから大いに刺激を受けながら、最終的には自分も楽しんで、お客様がわくわくするようなコンサートにしたいです。

 

柚希礼音0020913

 

取材・文/ 親松尚子
撮影/ 平岩 亨
ヘアメイク/ CHIHARU
スタイリスト/ YOSHI MIYAMASU

 

■□■ BUTAKOME☆Information ■□■
 
『FRANK WILDHORN & FRIENDS 2019』

公演日程:2019年10月12日(土)・13日(日)・14日(月・祝)13:00・17:30

出演:
10月12日・13日:柚希礼音、ジャッキー・バーンズ、マシュー・ジェームス・トーマス
10月14日:ベッツィ・ウルフ、マット・ドイル、チェ・ジェリム 

ゲスト演奏:フランク・ワイルドホーン

演奏:
10月12日・13日:フランク・ワイルドホーン / フランク・ワイルドホーンバンド
10月14日:ダット・ミュージック / 音楽スーパーバイザー:塩田明弘

劇場:日本青年館ホール
料金:指定S席 12,000円
指定U-20席 5,000円
※20歳以下のお客様席・指定席。入場の際に年齢判別ができる身分証の開示必要

※未就学児童入場不可
※車イススペースあり
※カメラ撮影・録画・録音は一切禁止
※本人へのプレゼント直接渡し不可。プレゼントボックスあり
※出演者はやむを得ない事情により変更になる可能性があります。
出演者の変更に際してのチケット払い戻しの対応はできませんので予めご了承ください。

 

※詳細は公式HP

9月14日(土)10時から発売開始

 
💡電話受付
チケットぴあ TEL 0570-02-9999 [Pコード:496-978]
(受付時間:24時間受付)

 

 

 

BUTAKOME【LINE@】

宝塚歌劇やミュージカルの先行販売情報やコラム等の記事更新情報をお届けします♪

LINEアプリの「友だち追加」から
ID:@butakome を検索するか、
下記の友だち追加ボタンから登録してください。

友だち追加数

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

前山剛久003

前山剛久

▷シェイクスピアの傑作喜劇『十二夜』▷2.5次元もミュージカルも、全ジャンルや...

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2020/02/06

【中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪ Vol.46】麻実れい×中井美穂 S..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2020/02/29

【早霧せいなのビタミン“S”】其の二十三.「影響しあうこと」

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2019/06/07

尾上松也さんSpecialインタビュー▷第二回『百傾繚乱』8月24日..

open

close

Profile

1985 年生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。父は六代目尾上松助。1990 年 5 月、「伽羅先代萩」の鶴千代役にて二代目 尾上松也を名のり初舞台。近年は立役として注目され、2015年より、次世代の歌舞伎界を担う花形俳優が顔を揃える「新春浅草歌舞伎」に出演し、「仮名手本忠臣蔵」早野勘平、「義経千本桜」狐忠信、「義経千本桜 吉野山」佐藤忠信 実は 源九郎狐などの大役を勤める。一方、2009 年からは歌舞伎自主公演 「挑む」を主宰している。

歌舞伎の以外でも、ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」(2013)ベンヴォーリオ役、「エリザベート」(2015)ルイジ・ルキーニ役、ディズニーアニメーション映画「モアナと伝説の海」日本語吹替版のマウイ役、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK)今川氏真役、初の主演ドラマ「さぼリーマン甘太朗」等、活躍の場を広げている。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん