歌舞伎

【会見レポート】新作歌舞伎『風の谷のナウシカ』▷10月19日(土)10時から一般発売開始!

2019/10/18


菊之助さんと七之助さん

(左より)G2さん、中村七之助さん、尾上菊之助さん、

 

期待が高まる新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」
制作会見で明らかになった、作り上げる人々の熱い思い


 
今、歌舞伎ファン以外からもアツい注目を集めているのが、今年12月に新橋演舞場で上演される新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」
「風の谷のナウシカ」は“火の七日間”と呼ばれる戦争によって産業文明が崩壊し、大地のほとんどが、巨大な蟲や有毒な瘴気を発する菌類が息づく腐海(ふかい)に覆われた世界を舞台に、“風の谷”の族長の娘・ナウシカを描く物語。漫画は1982年から1994年にかけてアニメージュで連載。1984年には劇場アニメ化され、いまだに高い人気を誇っています。

今回は原作の漫画の1~7巻すべてを昼夜通しで舞台化。脚本はスタジオジブリの丹羽圭子さんと松竹の戸部和久さんが担当。誰もが知る名作をどのように歌舞伎化するのか、考えただけでもワクワクする人も多いのではないでしょうか。
 
先日行われた制作発表会見には、松竹の安孫子副社長、スタジオジブリのプロデューサーの鈴木敏夫さん、演出を担当するG2さん、尾上菊之助さん、中村七之助さんが登場。
 
『風の谷のナウシカ』製作発表記者会見

(左より)G2さん、中村七之助さん、尾上菊之助さん、スタジオジブリの鈴木敏夫代表取締役プロデューサー、松竹の安孫子正代表取締役副社長

 
――まずは、安孫子副社長のご挨拶から。

『風の谷のナウシカ』を12月に新橋演舞場で上演することになりました。実は長い間、この作品をいずれ歌舞伎の作品として上演することはできないかと常々考えておりました。また、今回、主演を致します菊之助さんが、だいぶ前から強い思いを持って” この作品を歌舞伎に”と語られていました。そういったそれぞれの思いが重なり合い、実現となりました。昼夜通しでの新作は、さかのぼると多分、江戸時代以来になるのかと思います。素晴らしい歌舞伎作品として上演できることを、私も楽しみにしております。
 
――続いてスタジオジブリの鈴木プロデューサーからのご挨拶。

今回、僕らは原作を提供する、”期待する”立場なので、非常に気が楽なんです(笑)。七之助さんには『かぐや姫』で帝の役をやっていただきましたが、大変素晴らしかったです。菊之助さんは、ナウシカを歌舞伎にしようと思った張本人です。先般、僕も歌舞伎座に出かけて『寺子屋』を拝見させていただきましたが、菊之助さんが演じられた千代が大変素晴らしかった。改めて、歌舞伎とは役者さんの力なんだと感じました。

宮崎駿にとってナウシカという作品は、一番大事な作品。彼の中心にあるのはナウシカなんです。ナウシカを歌舞伎にすることを、彼は嫌がるんじゃないかと危惧していました。ハリウッドからも実写映画にしたいなど、さまざまな話がありましたけれど、全部お断りしてきたんです。ところが、今回に限っては「やろうよ」と言ってくれたんです。OKを出したとき、宮崎が出した条件が2つ。ひとつは「ナウシカというタイトルを変えないでほしい」。ふたつめは、会見などは全部鈴木さんに担ってほしい」ということでした。僕は、新作歌舞伎『風の谷のナウシカ』を非常に楽しみにしております!
 
――演出のG2さん

映画『風の谷のナウシカ』が上演されたのが1984年、当時大変な衝撃を受けたことを今でも覚えております。今回『風の谷のナウシカ』の歌舞伎版ということで、光栄であるとともに責任を感じております。なにしろ、150年ぶりになるかもしれない、新作歌舞伎の通し上演、しかも原作は濃密な全7巻。先ほども七之助さんに「多分これを演出する人は初日の後に灰になっているよ」(笑)と言われました。今回、古典歌舞伎の手法でやりたい!と菊之助さんからのご要望もあります。知力と気力と体力の限界まで頑張っていきたいと思います。

 

――主人公・ナウシカを演じる尾上菊之助さん
 
尾上菊之助
 
この度、『風の谷のナウシカ』のナウシカを勤めさせていただきます。鈴木さんもおっしゃられていたように、約5年ほど前から準備が始まりまして、この記者発表の日を迎えられたこと、今、とても武者震いがしています。初めてジブリに伺った時、ご了承いただいた時の興奮を胸に、ジブリの作品に寄り添い、歌舞伎ファンの方に納得して頂ける、そしてジブリファンの方にも納得していただける作品に絶対しようと、鋭意頑張ってまいります。宮崎監督、スタジオジブリさんが大切にしている作品をお預けいただいた責任を感じております。今の日本のラグビーではないですが、” One for All、All for One”、ひとりはみんなのために、みんなはひとりのために。力を合わせて作り上げていきたいと思っています。

 

――クシャナを演じる中村七之助さん
 
中村七之助
 
菊之助のお兄さんから電話がかかってきまして、『風の谷のナウシカをやるから力を貸してほしい』と言われたとき、純粋に驚きました。うちの兄もジブリ作品の大ファンで、特に兄はナウシカが初恋の人なんです(笑)。なので、私がジブリの作品に出演させていただいたとき、ジブリのスタジオには、兄と、運転手として兄の妻の愛さんと3人で行ったんです。兄たちはジブリのスタジオにいく!と盛り上がっていますが、私は、愛しているジブリの作品を今から仕事として出演するというプレッシャーでずっと胃が痛くて(笑)。でも、すごくうれしかったことを覚えています。そして、今回、新作歌舞伎として挑戦させていただけることを本当にうれしく思いますし、先ほど鈴木プロデューサーからお話があったとおり、宮崎監督のかける思いを肝に銘じて、一日一日一生懸命励んでいきたいと思っております

 

<次のページ>
菊之助さんと七之助さんの熱い思い

 

■□■BUTAKOME☆Information ■□■
 

新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」

新作歌舞伎『風の谷のナウシカ』
 
出 演:
ナウシカ:尾上菊之助
クシャナ:中村七之助
ユパ:尾上松也
セルム/墓の主の精:中村歌昇
ミラルパ/ナムリス:坂東巳之助
アスベル/オーマの精:尾上右近
道化:中村種之助
ケチャ:中村米吉
第三皇子/神官:中村吉之丞
ミト/トルメキアの将軍:市村橘太郎
上人:嵐橘三郎
クロトワ:片岡亀蔵
ジル:河原崎権十郎
城ババ:市村萬次郎
チャルカ:中村錦之助
マニ族僧正:中村又五郎
ヴ王:中村歌六

 
会 場:新橋演舞場
公演日:12月6日(金)~12月25日(水)
昼の部 午前11時~
夜の部 午後4時30分~
※昼の部・夜の部 通し上演
 
料金:1等席17,000円、2等A席10,000円、2等B席6,500円、3階A席6,500円、3階B席3,000円、桟敷席18,000円

 
※公演スケジュール・配役と演目はコチラから
 

10月19日(土)10時から一般発売開始!購入はコチラ↓↓

※パソコン、スマートフォンより24時間受付。
※チケットWeb松竹についてのお問い合わせ 03-3545-2200(10:00~18:00)
※携帯版サイトは松竹歌舞伎会会員の方のみのご利用となります

1 2

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

インタビューTOP

中村隼人

スーパー歌舞伎II(セカンド)『新版 オグリ』▷若さと熱量でオグリを演じたい

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2019/11/15NEW

【中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪ Vol.44】生瀬勝久×中井美穂 S..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2019/10/31

【早霧せいなのビタミン“S”】其の十九.「セッションし続けること」

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2019/06/07

尾上松也さんSpecialインタビュー▷第二回『百傾繚乱』8月24日..

open

close

Profile

1985 年生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。父は六代目尾上松助。1990 年 5 月、「伽羅先代萩」の鶴千代役にて二代目 尾上松也を名のり初舞台。近年は立役として注目され、2015年より、次世代の歌舞伎界を担う花形俳優が顔を揃える「新春浅草歌舞伎」に出演し、「仮名手本忠臣蔵」早野勘平、「義経千本桜」狐忠信、「義経千本桜 吉野山」佐藤忠信 実は 源九郎狐などの大役を勤める。一方、2009 年からは歌舞伎自主公演 「挑む」を主宰している。

歌舞伎の以外でも、ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」(2013)ベンヴォーリオ役、「エリザベート」(2015)ルイジ・ルキーニ役、ディズニーアニメーション映画「モアナと伝説の海」日本語吹替版のマウイ役、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK)今川氏真役、初の主演ドラマ「さぼリーマン甘太朗」等、活躍の場を広げている。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん