BUTAKOME編集部

中井美穂さん司会☆「ミヨウカフェ」イベントレポ♪ 第1回ゲスト:大貫勇輔さん

2013/10/30


ミヨウカフェ
Photographs:Tamihito Yoshida(C.A.T. Inc.)

 
この秋、大注目のミュージカル『ロミオ&ジュリエット』2013バージョンが大きな感動とともに、大千秋楽を迎えられました。
フランス発のミュージカル、POPでロックな心踊るナンバーとともに、究極のラブロマンスを堪能された方も多いかと・・・
 
そして、この作品は初めて舞台(ミュージカル)を観る方にもオススメ!!ということで、BUTAKOMEでもあらゆる角度からご紹介してまいりましたが


 
“うれしい事が世界で一番多いお店”と、これまた心躍るキャッチフレーズのukafeで、魅力的な〝観劇企画”を実施されると情報をキャッチ!!

 
題して・・・
観よう!食べよう!「ミヨウカフェ」

miyoukafe3

記念すべき第1回の観劇作品は『ロミオ&ジュリエット』、トークイベントのゲストが死のダンサー役の大貫勇輔さん☆

そして、「ミヨウカフェ」トークイベントの司会が、わがBUTAKOMEスペシャルコラムニストの中井美穂さん☆というので、こりゃウカウカしてられないと、六本木・ミッドタウンの「ukafe」におじゃましてきました♪

 

ティボルトを演じてみたい!
尾崎豊さんに通じる、孤高な感じに共感

 大貫勇輔さんといえば、ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』2011年初演(男女混合版)で"死のダンサー”役で、ミュージカルデビュー!!彼の"死”は、とってもセンセーショナルで、新しいスター誕生!と話題に。。
 2013年版ロミジュリで、さらにブラッシュアップした“死のダンサー”を魅せてくれると期待の大貫さん。「ミヨウカフェ」では、大貫さんが出演するロミジュリを観劇、ukafeでロミジュリスペシャルディナーを堪能、そしてトークイベント!というオリジナルプランです。

  
 大貫さんからどんなお話が飛び出すか、お客様がワクワクソワソワする中・・・大貫さんの登場です!!〝死”は一切、声も台詞も発しない役なので、大貫さんの〝声”を聴くのが初めて!というお客様もいらっしゃったかもしれません。。明るく元気良くご挨拶される大貫さんは、実は〝おしゃべり大好き”だそう♪

  
 今回の「ミヨウカフェ」のスペシャルディナーのメインメニューは、大貫さんがお好きだという〝親子丼”をukafe風におしゃれに美味しくアレンジ☆このイベントのためだけのSpecialメニューと知った大貫さんもいたく感激!!

 最近、料理をすることにハマっていて、死のダンサー・宮尾俊太郎さんのお家でカレーを作ったり、鍋を作ったりしたという〝ご飯エピソード”も教えてくれた大貫さん。〝死のダンサー”のイメージとは違う、大貫さんの素顔の一面に親近感がわいたところで、ロミジュリTalkに突入!

   
 初演では〝魂を吸い取る、悪魔のような死”を目指していたという大貫さんに、中井さんが小気味よいリズムで直撃していきます。

 
中井美穂 :死のダンサーは、高いところで宙吊りで踊っていますが、高所恐怖症ではないですか?
 
大貫勇輔 :僕、高いところ大丈夫です!!〝壁登り”が趣味なんです(笑)。体操の「吊り輪」もしていたのでその感覚と似ているので、苦労せずに出来ました!(死のトリプルキャスト)中島(周)さんや宮尾さんは、かなり大変だったようです。
 
中井 :死のダンサーの振り付けが、3人とも同じに見えないのですが…
 
大貫 :ルーツが違うからだと思います。僕のダンスは、ジャズやストリート系の要素が強いので。中島さんは、ラインの美しさを大事にされていると思うのですが、僕は不思議に見えるような動きを入れています。パントマイムのような動きですね。
 
中井 :なるほど~。中島さんの〝死”は空気のようなもので、肉体が見えたり、見えなかったりっていうのが中島さんの求めている死のイメージだと思うのですが、大貫さんの死は「エリザベート」のトートのようなイメージで、最初は死神だったのに、そこに感情が入ってきて(人を)操っていく。そして人が死ぬと嬉しそう!!(笑)
 
大貫 :嬉しいんですよ(笑)僕が一番好きなのは「ジュリットが亡くなったよ!」というシーンで、(僕の〝死”は)帽子をかぶっていて目は見えないのですが、口元は微笑んでいるんです。「(ジュリエットは)まだ死んでないんだけどね…」的な(笑)

 
ミヨウカフェ 2
Photographs:Tamihito Yoshida(C.A.T. Inc.)

 
中井 :お客様からたくさん質問が寄せられていますが・・・〝死のダンサー役、かなりおいしいと思っていますか?と(笑)
 
大貫 :おいしいと思っています!(会場一同爆笑)有難い演出だと。ロミジュリに出逢うまでは、ダンスが一番!と思っていました。この作品に出逢えてミュージカルを好きになったんです。物語の中にちゃんと生きて、自分も舞台でお客様に感動を与えたいと思うようになりました。
 
中井 :ロミジュリで演じてみたい役はありますか?
 
大貫 :ティボルトを演じたいです!
 
中井 :ティボルトのどこが魅力ですか?
 
大貫 :尾崎豊さんっぽいところが好きなんですよね。孤高な感じがいいんです。誇り高くて、でも孤独で、自分の気持ちを押し殺しながら、怒りを爆発させていく。心の叫びを歌いあげるティボルトの曲が好きです!!共感しています。
 
中井 :そうなんですね!では、関係者の皆さま、よろしくお願いします!(笑)死のダンサーは台詞も歌もないですが、歌いたくなりますか?
 
大貫 :すごく歌いたいですよ!〝世界の王”と〝マブの女王”のところ、(舞台の)後ろで、身体を冷やさないためにも全力で歌っています!!(笑)
 
中井 :好きなシーンはどこですか?
 
大貫 :自分が出ているところでは、2幕のロミオが(ティボルトを)殺した後の〝憎しみ、エメ”のシーン。踊りがいがあります!自分が出ていないシーンでは、バルコニー!!「あっ、気をつけて」のあとキスするところ(会場一同、大爆笑)素敵なシチュエーションですよね?!
 
中井 :(笑)大貫さん、壁に登るの得意なんですから、がんばってください!
 
大貫 :がんばります!!(笑)

 

 
最後に大貫さんからご挨拶。。
「ロミオ&ジュリエットは、僕にとって大きな転機となった作品です。今回も死のダンサーを演じらる、踊れることに感謝しています。初心に返って、毎公演ごとに大事に演じています。今後の活動としては、来年春にBADBOYS OF DANCEのメンバーとして世界ツアーに参加します!来年8月には日本公演もありますので観にいらしてください。そして6月に新国立劇場で、僕の大好きなダンス作品『春の祭典』を平山素子さんとデュエットで踊ります。そして、これからもミュージカルをやっていきたいので、歌のレッスンに励んでいます!是非これからも応援していただければ嬉しいです」

 
注目の若手俳優・大貫勇輔さんと舞台通・ロミジュリ通の中井美穂さんとのトークを至近距離で堪能できるとは、なんとも贅沢なイベントでした!!
大貫さんの本音トーク、ここだけしか聴けない数々のエピソードをたっぷり聴けて、たくさん笑って、楽しさマックス☆

 

舞台を観たいけど、一人で行くのはちょっと・・・

チケット取るのって大変なのかな?

そんな不安を抱く観劇初心者にも優しい、そして舞台大好きな人にも嬉しい、アットホームな雰囲気で楽しいこといっぱいの「ミヨウカフェ」。今後も不定期で開催予定。

いつか「ミヨウカフェ」×BUTAKOMEのコラボレーションを実現したいなぁ・・・思った秋の夜更けでした。。

 

BUTAKOME編集部・W

 

■□■BUTAKOME☆Information ■□■

大貫勇輔さん出演公演

「霧矢大夢コンサート The Gentlewoman]

【東京公演】
日時:2013年11月22日(金)18:30、23日(土)12:00・17:00
会場:国際フォーラム ホールC 
料金:全席指定・9500円
お問い合わせ:サンライズプロモーション東京 TEL0570(00)3337

【大阪公演】
日時:2013年12月5日(木)13:00、6日(金)13:00
会場:サンケイホールブリーゼ
料金:全席指定:9500円
お問い合わせ:キョードーインフォメーション TEL06(7732)8888

 
■ダンスカンパニーBADBOYS OF DANCE 『Rock the Ballet2』
2014年8月28日(木)~31日(日)東京芸術劇場中ホール
2014年9月2日(火)梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
 
『春の祭典』
2014年6月7日(土)・8日(日)新国立劇場

※詳細は大貫勇輔オフィシャルHP

 
[関連記事]
ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』大貫勇輔インタビュー

※画像およびテキストの転載を禁止します。

バックナンバー

インタビュー

前山剛久003

前山剛久

▷シェイクスピアの傑作喜劇『十二夜』▷2.5次元もミュージカルも、全ジャンルや...

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2020/02/06

【中井美穂のヅカヅカ行くわよ♪ Vol.46】麻実れい×中井美穂 S..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2020/02/29

【早霧せいなのビタミン“S”】其の二十三.「影響しあうこと」

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2019/06/07

尾上松也さんSpecialインタビュー▷第二回『百傾繚乱』8月24日..

open

close

Profile

1985 年生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。父は六代目尾上松助。1990 年 5 月、「伽羅先代萩」の鶴千代役にて二代目 尾上松也を名のり初舞台。近年は立役として注目され、2015年より、次世代の歌舞伎界を担う花形俳優が顔を揃える「新春浅草歌舞伎」に出演し、「仮名手本忠臣蔵」早野勘平、「義経千本桜」狐忠信、「義経千本桜 吉野山」佐藤忠信 実は 源九郎狐などの大役を勤める。一方、2009 年からは歌舞伎自主公演 「挑む」を主宰している。

歌舞伎の以外でも、ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」(2013)ベンヴォーリオ役、「エリザベート」(2015)ルイジ・ルキーニ役、ディズニーアニメーション映画「モアナと伝説の海」日本語吹替版のマウイ役、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK)今川氏真役、初の主演ドラマ「さぼリーマン甘太朗」等、活躍の場を広げている。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん