カテゴリー

最新記事

演劇・ミュージカル

良知真次インタビュー ~「ロミオ&ジュリエット」~

2011/09/06

BUTAKOME

今までにない役柄、マーキューシオで
新しい良知真次を見てもらいたい

こんにちは。
編集部Iです。

いよいよ開幕迫るミュージカル「ロミオ&ジュリエット」
直前予習スペシャル第2弾!

マーキューシオ役の良知(らち)真次さんのインタビュー!
良知さんはグローリーデイズ、アルターボーイズなどの作品を通じて、
リビング読者にはおなじみ、の人も多いのでは?

会見で小池先生が「一番最初に死ぬかわいそうな男」
とおっしゃっていた、ロミオの親友マーキューシオを演じる良知さんに突撃!
[ 続きを読む.. ]

演劇・ミュージカル

2人のジュリエットインタビュー ~「ロミオ&ジュリエット」~

2011/08/31

BUTAKOME BUTAKOME

「無垢で新鮮でピュアであること」
小池先生の理想のジュリエットがこの2人

こんにちは。
編集部Iです。
いよいよ9月7日(水)に開幕するミュージカル
「ロミオ&ジュリエット」!

9月17日(土)のリビング新聞の貸切DAYもチケットは完売です!
こんな近来まれなほどの高い期待を集めている本作品。
中でもずっとベールに覆われていた2人のジュリエットのことが気になっている方も多いのではないでしょうか。

2人のお披露目の日に決行した直撃インタビューをご紹介します。

編集部Iと事業部W、ともに初めて見たジュリエットたちが
想像以上にかわいくって、きゅん♪としちゃいました。
[ 続きを読む.. ]

伊礼彼方の物見遊山

「三銃士」~伊礼彼方・演劇コラム~

2011/08/20

はぁはぁはぁ・・・あぢぃ~よ~!

今年はなんて元気な夏なんだ。この前までは機嫌損ねて暴雨でめっちゃ寒かったくせに・・・。階段昇り降りするだけで「はーはーゼーゼー」。人とぶつかるだけで「べたべたヌルヌル」。ぎゃー!!!
とどまる事を知らない体内の液。
あんなに夏が好きだった幼少時代なのに、「もうやめてー!」と叫びたくなる20代最後の夏。30代に入ったら日傘を買ってしまいそうな勢いです(笑)
ちなみに、この原稿を書いているたった今、外気温34度と表示されている。信じられない。
こっちは節電しなきゃいけないんだよ!まったく!
燃やす気か!溶かす気か!乾かす気か!

BUTAKOME

そんな暑い中、帝国劇場100周年記念公演「三銃士」を観てきました。
久しぶりの帝劇。
今現在の建物自体は何度か建て替えられたそうなので100年経ってはいないけど、隣は皇居だし、なぜか端々に高級感が漂ってるし、やはり歴史を感じる。100年前の帝劇を生で見てみたかったな。
[ 続きを読む.. ]

イベント・その他

田代万里生 fine! concert 2011 in 大阪 レポート!

2011/08/11

BUTAKOME

田代万里生fine!conecert2011

大阪ライブ、元気にFineに無事終了しました◎

fine主催者、事業部・Wです。

大阪公演も東京公演に負けず劣らず、万里生くんの笑顔&パワー炸裂☆

大阪オンリーの選曲「悲しい色やね」では男の哀愁たっぷり漂わせ、
せつなく歌いあげていた万里生さんでしたw

BUTAKOME

今年のfineは「夏」に開催!!ということもあり

夏っぽく、熱く、万里生さんの歌を間近に聴いていただきたい!!と東京、大阪ともに
初めての「ライブハウス」で開催。

ご参加いただいた皆様、いかがだったでしょうか?
[ 続きを読む.. ]

落語

6月/柳家三三独演会 (2011年6月24日(金))

2011/08/10

6月24日(金)の「J亭」は「柳家三三独演会」。当日の演目は以下のとおり。

古今亭菊六『猿後家』
柳家三三『ねずみ』
~仲入り~
柳家三三『青菜』

開口一番を務めた菊六は古典をきれいに演じる本格派の若手として評価が高い二ツ目。『猿後家』は、元は上方落語。猿に似た顔であることを気にしている大店のおかみさんの前で「サル」という言葉を発することはタブーであることを知りつつつい失敗してしまう噺。
[ 続きを読む.. ]

落語「J亭」

広瀬和生の「J亭を聴いた」(平成23年5月分)<23>

2011/08/10

5月27日(金)の「J亭」は立川志らく独演会。当日の演目は以下のとおり。

立川らく人『道灌』
立川らく太『ざるや』
立川志らく『らくだ』
~仲入り~
立川志らく『お化け長屋』

開口一番のらく人は志らくの12番目の弟子で、今日が初高座だが、堂々と務めた。続いて高座に上がったのも志らく一門の前座で、らく太。『ざるや』は十代目金原亭馬生が寄席でしょっちゅう演じていた滑稽噺。
[ 続きを読む.. ]

伊礼彼方の物見遊山

『三銃士』速報!~伊礼彼方・演劇コラム~

2011/08/06

BUTAKOME

帝国劇場100周年記念公演『三銃士』を観て来ました!

今の日本に必要不可欠なテーマ。

一人はみんなのために!

みんなは一人のために!

どんな時代にもあてはまる共通な言葉。

こういう気持ちを大事にしたいです。

あなたはこのミュージカルを観て、何を感じますか・・・

三銃士が帝国劇場であなたをお待ちしてます。
[ 続きを読む.. ]

伊礼彼方の物見遊山

『ピーター・パン』~伊礼彼方・演劇コラム~

2011/08/06

BUTAKOME

きっとさっきまで混雑していただろう後の、少し静けさを取り戻した電車を降りて、私は10時30分に有楽町駅の改札を通った。

毎年夏に行われているブロードウェイミュージカル「ピーターパン」を観に、いつもより少し早起きをした。
まだ午前中だというのに、眩しい日差しに「あっちぃ~」と無意識に声を漏らしながら、国際フォーラムCの入り口まで歩みを進める。
入り口では色鮮やかな風船や、ピーターパンとフック船長のポスターが出迎えてくれた。

扉を開けると「わぁ!ママ見て!」「すごいよ!」という素直でストレートな歓喜の声や、期待に胸を膨らませながらも「こわいよ!」と言いながら泣き出す子供たちの、様々な声が飛び交っていた。

「ここはテーマパーク?」それとも「幼稚園?小学校?」と勘違いするくらい、溢れんばかりの子供でロビーが埋め尽くされていた。なんだか、空気が柔らかい。
[ 続きを読む.. ]

伊礼彼方の物見遊山

『ピーターパン』速報!~伊礼彼方・観劇コラム~

2011/07/28

BUTAKOME
フック船長役の橋本じゅんさんと

子供たちの憧れ

ピーター・パン

座席は8割子供で埋めつくされていました

作品にも感動したが、劇を観てる子供たちの真っすぐな反応に心が温かくなりました

『後ろ!』『やっちゃえ!』『危ない!』『バイバイ』

シーン事に子供たちの発する掛け声は演出の一つであるかのように、作品に色を注ぎ込む

そんな感想を橋本じゅんさんに伝えたら

『こういう作品は日本にピーター・パンだけだよ』

とおっしゃってました!
[ 続きを読む.. ]

イベント・その他

田代万里生 fine! concert 2011 in 大阪2

2011/07/27

BUTAKOME

田代万里生fine! concert 2011
初のライブハウスでの全公演、無事終了いたしました!!

3days5回公演、毎回たくさんのお客様にご来場いただき有難うございました!

皆様にお喜び頂けて何よりでございます☆

さて、息つく間もなく今週末の30日(土)は
fine! concert 初の大阪公演です。

大阪ならではの曲も歌いますので
ぜひお楽しみに♪

そして、そして大阪公演で、なんとなんと・・・
[ 続きを読む.. ]

※画像およびテキストの転載を禁止します。

インタビュー

0524Matsuya

尾上松也

『百傾繚乱』&『メタルマクベス』

チケット購入

一覧はこちら

BUTAKOME動画チャンネル

連載☆エンタメコラム

2018/09/14

中村七之助×中井美穂 スぺシャル対談▷10月歌舞伎座、11月平成中村..

open

close

Profile

ロサンゼルス生まれ。87年~95年、フジテレビアナウンサーとして活躍。「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」などの番組で人気を集める。
現在、「鶴瓶のスジナシ」(CBC,TBS)、「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)にレギュラー出演。97年から連続してメインキャスターを務めるTBS「世界陸上」をはじめスポーツ・情報・バラエティと幅広い分野のテレビ番組やCMに出演している。
演劇コラムの執筆や、クラシックコンサートにおける司会や朗読などでも活躍中。
2013年~読売演劇大賞選考委員を務める。
【Official HP】 中井美穂 INFORMATION
【Official blog】中井美穂(アメブロ公式)

2018/09/21NEW

【早霧せいなのビタミン“S”】其の六.「太陽を浴びること」

open

close

Profile

長崎県佐世保市出身。2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台は『ベルサイユのばら2001』。 2014年に雪組トップスターに就任。『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!』『るろうに剣心』『星逢一夜(ほしあいひとよ)』などで主演を務め、2017年7月『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!』で、宝塚歌劇団を退団。
退団後初のステージ『SECRET SPLENDOUR』も大好評を博し、2018年5~6月にミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演を務める。

【Official HP】https://seinasagiri.com/
【Official Instagram】seinasagiri_official

2018/07/17

尾上松也のエンタメ異文化交流録▷ミュージカル『モーツァルト!』

open

close

Profile

1985年1月30日生まれ。東京都出身。歌舞伎俳優。
5歳で『伽羅先代萩』の鶴千代役にて、二代目尾上松也の名で初舞台。様々な分野で活躍し、歌舞伎公演以外にも活動の幅を広げている。09年より歌舞伎自主公演『挑む』を主催。歌舞伎公演以外の主な出演作に舞台:『ロミオ&ジュリエット』、『スリル・ミー』、『アンタッチャブル』、『男の花道』、『騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談』、TVドラマ「天地人」、「永遠の0」、映画「源氏物語」ほか。今年は6月からはミュージカル『エリザベート』にルイジ・ルキーニ役としての出演。8月8日には7回目の歌舞伎自主公演『挑む ~更なる幕へ勇みし気迫(こころ)~』を神奈川芸術劇場にて開催する。

【Official HP】 尾上松也公式ウェブサイト
【Official blog】松也日記(アメブロ公式)  
【自主公演サイト】挑むオフィシャルホームページ  

2018/08/06

📹【加藤和樹のエンタメCafe 番外編】〈大阪・梅田..

open

close

Profile

1984年10月7日生まれ。愛知県出身。現在、LIVEや舞台・ミュージカルなどに参加幅広いファン層に支持され、歌手・俳優としても各界で注目を浴びている。

2005年ミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴び、2006年4月Mini Album「Rough Diamond」でCDデビュー。
日本や韓国・台湾・中国でのCDリリースの他、自身のアルバムなどのTOURである「LIVE“GIG”TOUR」とラジオ公開放送のように投稿メールとリクエストを中心に構成されている「“KK−STATION”TOUR」や、日本武道館や日比谷野外音楽堂、アジア圏でも単独ライブを開催するなど精力的に活動。

同時に俳優としても活動しており、ドラマ「仮面ライダーカブト」「ホタルノヒカリ」「インディゴの夜」「赤い糸の女」「乾杯戦士アフターV」などに出演するほか、アニメ「家庭教師ヒットマンREBORN」桔梗役や時代劇アニメ「義風堂々」石田三成役、ゲーム「戦場の円舞曲」「イケメン戦国」「B-Project」などで声優としても活躍。

近年はミュージカル『ロミオ&ジュリエット』『レディ・ベス』や『タイタニック』など大型ミュージカルにも出演。2016年4月・5月『1789 バスティーユの恋人たち』で帝劇初主演、9月~10月『真田十勇士』霧隠才蔵役に挑む。2017年1月ミュージカル『フランケンシュタイン』に出演決定。

【Official HP】 公式サイト
【Official blog】 公式ブログ

2018/08/30

【柳亭こみちのちょいと一回のつもりで聴いて】Vol.5「噺家とお茶」

open

close

Profile

東村山市出身。2003年、七代目柳亭燕路に入門。前座名「こみち」。2006年、「こみち」のまま二ツ目昇進。2017年、「こみち」のまま真打昇進。歌って踊れて落語のできる女、老若男女から友達になりたいと思われるような噺家を目指している。亭主は漫才師「宮田陽・昇」の宮田昇。漫才師と落語家の夫婦は史上初。二児の母として真打に昇進したのも、落語史上初。「落語坐こみち堂」「なかの坐こみち堂」をはじめ、日々多数の落語会に出演し、ナレーション、講演活動、執筆活動、学校寄席への出演も多々。こみちが大きな出世街道となるよう、鋭意奮闘中
【Official HP】 こみちの路

2018/02/23

【木ノ下裕一の歌舞伎の“ツボ”】 Vol.8『勧進帳』

open

close

Profile

木ノ下歌舞伎 主宰
1985年7月4日、和歌山生まれ。小学校3年生の時、上方落語を聞き衝撃を受けると同時に独学で落語を始め、その後、古典芸能への関心を広げつつ現代の舞台芸術を学ぶ。2006年に古典演目上演の演出や補綴・監修を自らが行う木ノ下歌舞伎を旗揚げ。
『黒塚』(’13)、『東海道四谷怪談—通し上演—』(’13)、『三人吉三』(’14)、『心中天の網島』(’15)、『義経千本桜ー渡海屋・大物浦ー』』(’16)
2015年に再演した『三人吉三』にて読売演劇大賞2015年上半期作品賞にノミネートされる。
その他古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。2015年3月に博士号(芸術博士)取得。

【Official HP】木ノ下歌舞伎 公式サイト
【Official Twitter】木ノ下裕一 Twitter

NYから直送!「最新ブロードウェイミュージカルレポート」

ブタコメ編集部

関連サイト

  • LIVING
  • CITY LIVING
  • あんふぁん